CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

意欲的な人の6個の特徴と、意欲的になる方法


何事にも意欲的な人は、そうでない人に比べて社会的な地位が高かったり、周囲からの評価が高かったりします。

意欲とはすなわちやる気のことですので、何事にもやる気がある人が積極的に行動すれば、自ずと結果もついてくることでしょう。

そんな意欲的な人にはどんな特徴があるのか、また自分が意欲的になりたいと思った時にはどう行動すればいいのか、意欲的になるための方法をご紹介します!

この記事の目次

意欲的な人の6個の特徴!こんな人は意欲的?

あなたの周りに、意欲的な人はいますか?趣味に意欲的な人もいれば、仕事もプライベートにも意欲的な人もいるでしょう。

何に対して意欲的なのかは人それぞれですが、何かに意欲的な人というのは、大抵前向きで積極性もあり、活力に満ちていることが多いです。

意欲とはやる気のことですので、やる気に満ち溢れている人は見るからに活動的に見えることでしょう。

そんな意欲的な人と一緒にいると、自分まで何だかやる気が湧いてくることってありますよね。

だからこそ意欲的な人の周りには、同じように意欲的になりたい人や、積極性のある人が集まる傾向があります。

元々前向きな性格の人は常に意欲的ですが、ある物事に対してだけ意欲的になる人もいます。

どちらも性格はさまざまですが、何かに意欲的になっている時には同じような特徴がみられます。

では、意欲的な人にはどんな特徴があるのでしょうか?まずは意欲的な人の特徴をご紹介していきます。

1.積極的


意欲的な人はとても積極的です。

何事にも積極的な人もいれば、自分が意欲に燃えていることに対してのみ積極的な人もいるでしょう。

前者の場合には積極的なのが当たり前に思われますが、後者の場合にはその人がいったい何に対して意欲的なのかがとても分かりやすいです。

例えば普段はあまりやる気を見せないタイプの人が、お金が絡んだ勝負事に対してのみメラメラと意欲に燃え、積極的に行動している時には、その人がいかに金銭面において意欲的なのかが見てとれるでしょう。

また、普段は譲り合いの精神が強い人でも、自分の趣味に関してだけはとことん自己主張をしたり、またはせこい行動に出たりと、あからさまに普段と行動パターンが違っているのも分かりやすいですよね。

自分の仕事に積極的な人もいれば、中には上司におべっかを使うことに積極的な人もいます。

何に対して積極的なのかは人それぞれですが、何かに積極的になっている姿は、周りから見た時に意欲的に映っていることでしょう。

行動に起こすのが早い

積極的な人は、行動に起こすのが早いです。

仕事に積極的な人は、上司から仕事を任されたら直ぐに仕事に取り掛かります。

「面倒臭い」と愚痴を零すこともせず、また後まわしにすることもなく、与えられた仕事を最優先にこなそうという積極性がうかがえます。

また、職場ではあまり積極性を見せない人でも、プライベートの予定を立てる時には行動が早かったり、休みの申請は誰よりも早く行ったりすることもあります。

どのような内容であれ、いち早く行動に起こすことはその人の積極性をよく表しています。

それが自分勝手な都合の時にだけ発揮される人の場合には、周囲からの非難を買うこともあるかもしれません。

しかし一方で、仕事や周りの人のためになることに対して行動が早い人は、その意欲の姿勢を買われて高い評価を得ることが多いです。

2.執着心がある

執着心と聞くと、あまり良くない印象を思い浮かべる人もいるでしょう。

執着心は悪い方向へと働くと、断捨離ができなかったり、人間関係に執着することで周りに迷惑をかけてしまったりすることがあります。

しかし、人は何かに執着するからこそ、積極的に行動に移したり、意欲に燃えたりすることができます。

執着心は何かや、誰かに対して「これが欲しい」や「あの人とこうなりたい」といった自分の願望が込められています。

それを現実のものとするために積極的に行動することは、場合によっては決して悪いことではないでしょう。

例えばある人を好きになった時に、その人に振り向いて欲しいと思う執着心からストーカーをしてしまうのは悪いことです。

しかし、振り向いてもらうために必死で自分磨きをすることは良いことでしょう。

執着心があることで意欲的な気持ちが生まれますので、執着心を持つこと自体は悪いことではないのです。

執着心があると意欲的にもなる?

そもそも意欲とは、「こうなりたい」や「あれが欲しい」といった自分の強い気持ちから生まれます。

休日を楽しみにするからこそ、平日の仕事を意欲的に頑張れることだって、自分が休日に対して執着心を持っているからこそ生まれる意欲なのです。

そう思えば執着心は決して悪いものではありませんし、また何かに執着しなければ同じく意欲も湧いてはこないとも言えるでしょう。

すなわち、執着心と意欲的な気持ちとは深い繋がりがあるのです。

興味や関心がある

執着心は元々、興味や関心といった気持ちから生まれます。

自分が何かに対して興味を抱き、それを知っていく度にどんどんのめり込めばその気持ちは執着心になります。

そしてある物事に執着するからこそ、それを得るために意欲的になって行動に移します。

これらの一連の流れは繋がっているため、どんな物事に対する意欲も元々はちょっとした興味や関心から始まっているのです。

例えば仕事で出世に対して意欲的な人がいるとします。

この人は元々、周りで出世している人たちの羽振りの良さや社会的地位や名誉を持っていることに対して興味を抱き、そこから自分も出世したいと願望を抱くようになりました。

そして毎日のように出世を意識する内に段々と出世するという望みに執着するようになり、その結果自分が出世するために日々意欲的に仕事に取り組むようになりました。

この流れの中で、もし出世のために汚い道を選ぶのだとすれば、その執着心はあまり良いものではなくなってしまうでしょう。

しかし、出世のために一生懸命に努力をするのなら、その意欲的な態度は周りに良い刺激を与えることになるでしょう。

このように、意欲に至る前の執着心もまた、自分の興味や関心から始まっていることが多いです。

3.ポジティブ

意欲的な人は基本的にポジティブな性格をしています。

何かに対する意欲があると、それを叶えようと自ら積極的に前向きな行動をとります。

「ポジティブになろう」と意識するまでもなく、自然とポジティブな思考になることが多いです。

また、元々ポジティブな性格をしている人も、定期的に自分で目標を設定したり、何かに対して意欲を抱いたりすることが多いため、やはり意欲的に前向きに行動することが多いでしょう。

ポジティブな性格の人は意欲的になりやすく、また何かに対して意欲的になったからこそ、ポジティブ思考になるという人も少なくはありません。

4.情熱的

意欲的な人は情熱的な一面を持っています。

情熱とは何かに対して強い熱意を注ぐことですので、ある物事に対して意欲的になることと同じと言えるでしょう。

情熱的と聞くと、よく恋愛に関することを想像する人が多いですよね。

自分の好きな相手や愛する相手に対して、積極的に想いの丈をアプローチしていくことが情熱的であるため、熱心に女性を口説いたり、男性を追いかけたりする女性を「あの人は情熱的な人だね」と言うことがあります。

そんな情熱的な面を持った人は、何か夢中になれることがあれば、それに対してとても意欲的になることが多いです。

情熱は熱しやすく冷めやすいとも言いますが、自分にとっての目標がきちんと定まっているのなら、安易に冷めることなく意欲的でい続けることができるでしょう。

意欲があると情熱的にもなる

情熱と意欲とは、表現が違うだけであっておおまかな意味は同じです。

どちらも何かに夢中になっている状態を指していて、それが恋愛や一時の熱意によるものの場合には、「情熱的」と使われることが多いです。

一方の意欲は、プライベートや仕事など、幅広い用途で使われることが多いです。

情熱のように一時や限られた期間を指すことはあまりないため、よりポジティブな意味として使われることが多いでしょう。

また、情熱的であることが意欲的であると結びつけるよりも、意欲があると情熱的にもなると考えることの方が一般的です。

情熱が人の感情的な部分を主に表しているのに対して、意欲は人の理性的な部分を主に表しているため、何かに対して熱意を燃やしている時には、「情熱的」よりも「意欲的」と好んで使われることの方が多いでしょう。

5.責任感がある

意欲的な人の中には、一方的に自分が意欲に燃えていることだけに突き進む人もいますが、大抵の人は自分の行動や発言にきちんと責任感を持って動いています。

仕事に対して意欲的な人は、ただ自分がやりたい仕事だけを選んでやっているわけではありません。

与えられた仕事をきちんと意欲的にこなしながらも、自分勝手に仕事を進めるのではなく、その都度周りの人たちともしっかり連携をとって仕事をこなします。

また、自分が与えられた仕事を途中で投げ出したり、他人任せにしたりせず、最後まで責任を持ってやり遂げます。

その仕事に対する姿勢で周りから評価されることも多いです。

社会人ともなれば、自分の発言や行動には責任を持って然るべきですが、意外とそれができていない人も大勢います。

そんな中できちんと責任感を持って動いている人は、周りからの評価も高く、また人望も厚いでしょう。

6.几帳面


意欲的な人は、何でも勢いに任せて突き進むイメージがあるかもしれませんが、実際にはなかなか几帳面な部分も持っています。

何か目的を作ったら、その目的を達成させるために必要な目標をきちんと一つずつ立てて、その通りに意欲的に進んでいこうとします。

自分が意欲を向けるものに対しては、確実にそれを叶えるために几帳面に計画を立てることがよくあるため、意欲的な人には几帳面な特徴があると言えるでしょう。

また、几帳面な性格をしていると、物事を進める時には失敗がないように、毎回細かく確認をしながら行動に移します。

例え目標とするものと関係のないことに手をつけてしまったとしても、直ぐに反省して軌道修正をすることもできます。

計画的である

几帳面な人は、とても計画的です。

良い意味で細かい性格をしているため、何か行動に移す前には、必ずそれなりの準備や計画を立ててから行動に移します。

考えなしで行動してしまうと、いざ壁にぶつかった時にそこでタイムロスをしてしまいます。

ですが、予め壁にぶつかった時のことを想定して対策を練っておけば、実際に壁にぶつかったとしてもたいして苦戦することなくその壁を乗り越えることができるでしょう。

慎重なタイプの人も、行動する前には何かと計画を練ることが多いです。

ですが、慎重すぎる人は石橋を叩いた上で、危なそうだと判断したら渡るのを止めてしまいます。

しかし意欲的な人はどんなに石橋が脆くても、基本的に先に進むことを前提に考えています。

回り道をするなり他の方法を考えるなりして、どうにか先に進むことを考えてから行動に移します。

そこが同じ慎重派でも、ネガティブな人とポジティブな人との行動の差になっています。

意欲的な人は、どんなに壁が高くても、道が困難でも、前に進むことを前提にしっかりと計画を立ててから行動に移します。

意欲的になる方法とは?どんなことをすればいい?

意欲的になれば、これまで以上に自分が成長することが可能になります。

できなかったことに果敢に挑戦した結果、それができるようになったり、ポジティブな思考になったりすることで行動も積極的になり、成果をより上げられるようにもなるでしょう。

そう思えば、誰でも今以上に意欲的になりたい、意欲的な自分に変わりたいと望むことでしょう。

しかし、自分が意欲的になるためには、どんな考えや行動が必要なのでしょうか?

意欲的になるためにどんなことをすればいいのか、その具体的な方法をご紹介していきます。

趣味や関心を持つようにする

意欲的な人は自分が夢中になれるものや、目標としていることがあります。

それらに執着するからこそ物事に意欲的に取り組むことができていますが、その意欲も元々は自分の趣味や関心から生まれています。

ゲームやアウトドア、読書や料理など、自分の趣味と呼べるものがある人は、趣味に対しては意欲的になることができます。

何かちょっとした趣味がある人は、この機会に趣味を極めてみましょう。

また、何も趣味がないという人は、自分の身の回りのあらゆることに関心を持つように意識しましょう。

普段は一人で過ごすことが多く、家にこもっているとなかなか新しいことを始める機会には恵まれません。

そのため、友達や誰かと一緒に過ごす時間を増やしたり、飲み会や遊びに誘われたりすれば積極的に参加するようにして、自分が関心が持てるものと出会えるチャンスを自ら作っていきましょう。

どんな事に対しても興味を持つようにする

関心や興味は、元々自分が好きなことに対してはアンテナが敏感です。

そのため、特別に意識しなくても、自分の興味がありそうなことには無意識に目を向けることが多いです。

しかし、そうでないことに対しては、例え目の前で大事が起きていても、意識していないため視界に入ってはきません。

道端に何か落ちていても、周りで何事かのトラブルが起きていても、自分が気にしていなければ何も頭には入ってこないでしょう。

しかしそれでは、なかなか新しい関心や興味を抱くことはできませんよね。

自分の興味のないことは一切シャットアウトするのではなく、どんな事に対しても興味を持つようにしましょう。

興味を持てれば、積極的に自分からそれに関わっていこうという気持ちにもなります。

夢や目標を持つ

夢や目標がある人は、それに向けて意欲的に取り組んでいくことができます。

例えば現在宇宙飛行士や野球選手になっている人たちは、大抵子どもの頃から同じ夢を持ち続け、その夢を見事に叶えて宇宙飛行士や野球選手になっています。

なかなか一つの夢を追い続けることは難しいですが、夢を叶えた人たちはそれだけ強い意欲を持っていたからこそ、途中で挫折をすることなく自分の夢を叶えることができたのでしょう。

そこまで大きな規模でなくても、自分が目標を立てたものに対しては、諦めることなく意欲的に行動していれば、いずれはその目標を達成させることができるでしょう。

そうした夢や目標は、自分が設定した時から自然と意欲が湧いてくるものです。

「あれをしたいから頑張ろう」や「これができたら目標が達成できる!」といった具体的な目標を立てることでやる気が起こりやすくなり、意欲的になることができます。

行動力もつけることができる

夢や目標を立てることで、意欲的な気持ちになることができます。

意欲的になると、自分の夢や目標に対して前向きに行動しようという気になりますので、同時に行動力もつけることができます。

例えば一定額のお金を貯めて、大きな買い物をするのが目標なら、収入を得た時には率先して必要な金額を貯金して、コツコツ貯めた通帳を確認しては一歩ずつ自分が目標に近づいていることを噛みしめることができるでしょう。

また、会社の営業成績でトップになると目標を立てたのなら、自分がトップになるために、日々積極的に足を動かして営業に励むようになるでしょう。

目標だけを立てたところで、実際に行動しなければ目標を達成させることはできません。

形から入る人の場合は、時々目標を立てて終わってしまうことがありますが、目標を立てた時に意欲的になることができれば、それに比例して行動力もつくようになるでしょう。

自分自身を知る

何事にも意欲的になれない人の中には、自分がどんなことに対して興味が湧きやすいのか、またどんなことになら関心が持てるのかを自分でよく分かっていない人もいます。

自分自身のことをよく理解していないため、自分から積極的に物事に対して意欲を持つことができません。

「意欲的になりたいけど、何を試してもいまいちその気になれない」という人は、まずは自分自身を知ることから始めましょう。

自分自身について理解を深めれば、意欲的になる方法を今よりも見つけやすくなるでしょう。

自分自身を知るためには、紙に思いつく限りの自分の特徴を書き出していきます。

自分がどんなものが好きで嫌いか、普段は何をして過ごすことが多いのか、今までにコレクションしたものがあるかどうか、夢中になったものはあるかどうかなど、事細かにリストアップしていきましょう。

次に周りの人たちに、自分に対しての印象を聞いて同じようにメモしていきます。

すると自分でも知らなかった自分自身の姿を、客観的な意見で知ることができるかもしれません。

自分で書き出したメモと人に聞いて書き出したメモをまとめた時に、少なからず自分がどんなことに対して興味を持ちやすいのか、傾向を探れるでしょう。

そこから自分が関心を持てそうなことを積極的に探したり、チャンスを逃さないようにしたりすれば、意欲的になることもできるでしょう。

チャレンジ精神を持つ

せっかく自分が意欲的になれることを見つけても、周りの人に遠慮してやめてしまったり、または誰かに譲ってしまったりして、自分は行動することを途中で諦めてしまう人がいます。

例えばダイエットをしようと決意をして行動を始めた時に、恋人から「痩せる必要はない」と言われて素直にそれに従ってしまっては、せっかく生まれた意欲もなくなってしまいます。

また、今の職場よりも待遇の良い会社に転職したいと考えてはいたものの、意欲的に行動する前に「もし転職が上手くいかなかったら・・」とマイナス面ばかりを考えてしまいます。

結局転職の意欲が削がれてしまう、なんて人もいるかもしれません。

諦め癖がある人や、新しいことにチャレンジしたその先が不安になってしまいやすい人は、意欲的になっても直ぐにそれがなくなってしまうことがよくあります。

しかし、諦め癖がついてしまうと、他のどんなことにチャンレンジしようとしたところで、意欲が途中で折れてしまうことが増えます。

そのため、できるだけ途中で挫折をせずに、最後までやり遂げられるように意欲を持続させる努力をしましょう。

チャレンジ精神を持ち、一度持ったらそのチャレンジ精神を途中で止めてしまうことなく、最後までやり切りましょう。

一度でも意欲的に行動して達成できれば、それが自信に繋がりさらに意欲的になることができるでしょう。

物事に挑戦をする人は意欲的な人が多い

チャレンジ精神を持つことで、物事に対して意欲的になることができます。

また、チャレンジ精神を持つ習慣を作ると、常に自分が意欲的であり続けることもできます。

元々、物事に何かと挑戦をする人には意欲的な人が多いです。

お祭りに参加したがる人や、真新しいことがあれば何でもやってみたがる人も、意欲的な人と言えるでしょう。

意欲は人の「やってみよう」という気持ちから生まれます。

物事に挑戦する気持ちさえ持つことができれば、そこから意欲的に行動していくこともできるでしょう。

読書をすることで知識を深める

自分が知っていることが多ければ多いほど、世の中のあらゆる出来事に興味や関心を抱きやすくなります。

毎日新聞を読んでいれば、政治や世の中の動きが分かるようになってきます。

テレビで時事に関するニュースが流れた時には、自分が知っていることがあれば関心を持ってテレビを見ることができます。

それに対する自分の意見も積極的に発言していくことができるでしょう。

知っていることが多い人は、それだけあらゆる機会で活躍できる場面があり、また自分から意欲的に行動していくことができます。

一方で知らないことが多い人は、周りの情報にただ流されるだけで話にもついていけないため、何も行動することができません。

物事をよく知っている人ほど意欲的になれますので、意欲的になりたいと思ったら、読書をして今よりも知識を深めましょう。

時事に関する本や歴史の本、政治や思想の本など、多ジャンルの本を読むことで、あらゆる方面の知識を増やすことができます。

読書の習慣がない人は、いきなり分厚い本を読むのは辛いので、まずは薄い小冊子から読み始めるといいでしょう。

通勤時間や休憩時間など、隙間時間を使えば一ヶ月で一冊は読むことが可能です。

知識欲は意欲にも繋がる

本を読む習慣を身に付けると、たくさんの知識を得ることができるようになります。

そして自分が知っていることが増えれば増えるほど、あらゆることに自信を持って発言ができるようになります。

以前よりも自分の頭で考える力もつくでしょう。

知っていることが増えてきて自信がついてくると、「もっといろいろと知りたい」と知識欲がついてきます。

その知識欲が意欲に繋がって、より読書に励んだり、知らないことを辞書やネットで調べたりと、より積極的に自分から行動していくことができるようになるでしょう。

意欲的な人になりたい!

意欲的な人は何事にもチャレンジ精神を持ちやすく、また積極的に行動するためそれだけ成果や結果を出しやすいです。

プライベートでも積極的に周りと関わってチャンスを逃さないようにしていれば、自然と友人は増えて得られるものも多くなるでしょう。

また、仕事でも意欲的に働いていれば、成績は伸びやすく仕事に対する姿勢で周囲からも評価されやすくなります。

意欲的に行動した結果、自分に自信がつくことで、より意欲的に行動できるようになりますので、意欲的な人はプラスになるものがたくさんあります。

性格もポジティブ思考になりやすいため、辛い出来事があっても挫けずに前向きに進んでいくことができるでしょう。

意欲を持つだけで、人は明るく積極的になれます。

また得られるものもたくさんあるため、意欲的な人が周りにいる人ほど、「自分も意欲的な人間になりたいなぁ」と思う機会があるでしょう。

意欲がない人はどんな人?

意欲的な人は、何事にも前向きで積極性があり、行動力もあります。

その結果手に入るものや得られるものもたくさんあるため、人生を充実させることができるでしょう。

しかし世の中は意欲的な人ばかりではありません。

隣の人が意欲的でも、自分が意欲的でないこともあります。

意欲がない人や、意欲的になり難い人はどのような人なのでしょうか?意欲がない人の特徴を挙げていきます。

ネガティブ

ネガティブ思考の人は、意欲的になろうと思っても、なかなか意欲的になるのが難しいです。

何故なら、何かに意欲を持ったところで、すぐに「どうせ上手くいかない」や「ダメだったらどうしよう」などと、悪い結果ばかりを想像してしまうからです。

まだろくに行動に移してもいないのに、動く前から悪い結果ばかりを思い浮かべてしまうため、行動するのが怖くなって、結局は挫折をして意欲もなくなってしまうことが多いです。

会社でも、与えられた仕事であればこなさなければなりませんが、「失敗したらどうしよう」と常に悪い結果を考えながら仕事をしていますので、積極的に仕事に取り組むことができません。

ネガティブ思考の人が意欲的になるためには、まずネガティブな考えから改善していかなければならないでしょう。

興味関心がない

周りの物事や出来事に対して、興味関心がないという人も、意欲的になり難いです。

意欲的に行動することで得られるものは多いですが、その経験がない人は、意欲的になろうともしないでしょう。

「別に無理にやる気になってまでやりたいわけじゃないし」「興味がないから意欲も湧かない」とあらゆる出来事に対して冷めた考えを持ってしまい、自分から意欲的に行動しようとはしません。

意欲の有無も、本人が「自分がどうなりたいか」という考えによって大きく変わってきます。

自分が少しでも今より良くなりたい、できることを増やしたいと思えるのなら、意欲的になることは十分に可能でしょう。

しかし、今のままでも十分だと思う人や、夢や目標があるわけではない人の場合には、本人が意欲的になろうとしていないため、意欲的になることはできないでしょう。

意欲的な人になって積極的に行動しよう!

意欲的になれば、人生を充実させることができます。

積極的に行動することでチャンスを掴みやすくなりますし、前向きに行動していれば同じようにポジティブな人たちと人間関係の幅を広げていくこともできます。

また、意欲的に行動した結果、自分に自信が持てるようになれば人生はもっと楽しくなるでしょう。

一度きりの人生を、どうせならば大いに楽しんで充実させたいと思う人は、今よりも意欲的な自分を目指して積極的に行動していきましょう!

ページトップ