世の中には成長している人間としていない人間がいます。

成長していない人間などいないと思うかもしれませんが、学習能力がない人間という言い方をすればお分かりになるでしょうか?

人間というのは学習をして生きるものです。

学習をしてこそ人間は成長出来るというものでしょう。

成長していない人間は、学習能力以前の問題となります。

仕事で成長していないと言われた方は、是非ともこの記事を読んで下さいませ。

実際に成長していないと他者から言われた事のある人間が、実体験を交えて特徴と解決策をお伝え致しましょう。

「この人いつまでも成長しないな」なんて思われたくない

仕事のできない人間は結構多いものです。

実際私も過去に何度も上司から言われた事がありますし、何も成長していないと言われたともありました。

結構ネットで調べてみたらそのように言われた方も多いようですね。

この人いつまでも成長しないなと思われたくない気持ちは、誰にでもあるでしょう。

しかしその気持ちのみを強く持っているだけでしょうね。

気持ちはある癖に何もしていなかったという人の方が、圧倒的に多いんですよ。

自分なりに頑張っているのにと思うかもしれませんが、そういう事ではありません。

気持ちのみ強くてもどうするんだという話ですよね。

そう思われてしまうのには理由があると思って下さい。

成長できない人の13個の特徴って?

成長できない人間の特徴は、1つでも当てはまったらアウトだと思って下さいませ。

そこまで厳しいの!?と思うかもしれませんが、成長する人間の特徴は前向きであり失敗で恐れない事です。

成長できない人間の特徴は、どれも自分をダメにしてしまうものとなります。

嫌な言い方をすると、自分悪くないという考えを持っている人間に近いですね。

これドキッとしてしまった方、いるのではないですか?

成長できない人間というのは仕事だけではなく、日常生活にも支障が出ると思って下さいませ。

特にこういう人間は失敗を恐れている割に、大した事をしていないので甘いんですよ。

その甘さの濃度とは生クリームに砂糖を思いっきりぶち込んだ上に、ハチミツをぶっかけたくどいくらいの甘さだという自覚をお持ち下さい。

消極的

消極的なのは悪い事ではありません。

ただ全てにおいて消極的なのが良いのか?と聞かれてしまうと、そうでもないんですよ。

消極的なのがダメな理由は、何もしないからです。

嫌な言い方をすれば何もしたくないんですよ。

そのままの自分でいけると思ってしまっているのと、変化を恐れているに過ぎません。

積極的すぎるのは良いとは言いませんが、最低限の事が出来ない限り、消極的でいる資格はありません。

消極的でいても良いのは、自分の仕事をきっちりとこなす無難な人間だけです。

自分の仕事を全く出来ていない人間が、消極的であって言い訳がないんですよ!

反省しない

反省しない人って結構いますよね。

ただ反省ではなく、自分の失敗で落ち込んでしまう人間は多いです。

落ち込むというのは愚か者であると思って下さいませ。

人間は失敗するものです。

むしろ失敗しない方がおかしいでしょう。

自分の失敗のせいで上司から激怒され、周りからも注意を受けるという事はよくある事です。

ただ反省しないのは決して良いやり方ではありませんよ。

失敗から目を背ける方いますよね?

そんな事をして何も良い事はないですし、また同じ事をやるだけです。

ミスを何度も繰り返してしまうような人は反省をしていないため、怒られて当然だと思って下さいませ。

自分がミスをした事実ですら目から背けてしまうので、絶対に良くないですよ!

失敗から学ばない

失敗を学ばない方、結構多いんですよね。

何故失敗を学ばないかと申しますと、面倒くさいが勝っているんですよ。

そして責任感がありません。

あえて言いますが、こういう人は何を言っても無駄という訳でもないです。

こういう人ほど是非とも医療系に転職して頂きたいですね!

何故医療系に転職して頂きたいかと申しますと、失敗は生死に繋がるからだと思って下さい。

つまり1つの小さなミスが、後々大きなミスにつながってしまう可能性が高いんですよ。

医療系の場合、自分のミスを書くというやり方を病院内全体で行っています。

名前を聞いた事があるかもしれませんが、ヒヤリハットという紙に書いているのです。

ヒヤリハットの由来はその名前の通り、ひやりハッ気が付いたというものですね。

事故を未遂で防げたものとなります。

私は昔病院で医療事務をしていました。

これ結構やらかしたら書かないといけないので、医療事務でも普通に書いていたんですよ。

本来は医療事務は書かなくても良いのですが、透析施設という難易度が高い所であったため、書かなくてはいけないと言われてしまっていたのです。

ただヒヤリハットで済まない時は、医療事故報告書を提出しなければいけません。

この医療事故報告書がめちゃくちゃ面倒くさいもので、何回か書き直しをさせられた事があります。

特に大変だったのは解決策についてですね。

何回も同じようなミスを繰り返していると、ただ単に医療事故報告書を提出しても受理してもらえないんですよ。

正直こんなものどうしろというんだと切れそうになった事が何回かあります。

当時の私は文章を書くのも嫌いで、自分の非を認めていない最低な人間でした。

ただ今考えるとこのくらいしないと、失敗って防げないのでは?と思います。

メモを取らない


メモを取らない人間って結構多いですよね。

何故メモを取らないのか?というと、面倒くさいから、記入した所で間違えている可能性もある、走り書きのメモを清書するのが手間になるという理由からしていない方が多いんですよ。

当然ですがそんな状態ですと失敗するのは目に見えています。

そもそもメモってどういう意味があるのかご存知ですか?

メモは自分が失敗をしないように書くものなのです。

しかしメモは取っているけど見返さないという人間も中にはいます。

メモがなくて何とか出来ると思ったら大間違いですよ!

こういう人ほど先輩の教え方が悪いという方がいるのですが、教えてもらうのにも態度がわるいのかもしれません。

メモを取らなくてどうやってその場を切り抜けられるのでしょうか?

自分の限界を決める

人間には限界などありません。

自分の限界を決めてしまうと、その場で人間は終わりです。

よくTVなどで限界を超えたとかいうセリフありますよね?

そういうセリフは邪魔なだけですよ。

自分の限界を決めてしまうと行動制限がかかってしまうので、いい仕事など出来ません。

ただ限界を超えてしまうと、翌日に体が動けないほどの負担がかかってしまう恐れがあります。

さすがに支障が出ない程度で限界は超えすぎないで頂きたいものです。

精神的に甘い方ですと、自分の限界を決めてしまうような方というのは、基本的にデブが多いと思って下さいませ。

デブの場合本当に甘えた根性の人が多いので、自分の限界を勝手に決めてしまう方が非常に多いんですよ。

限界を超えた事がない人間ほどこれはもうしんどいと思い込み、甘えてしまう精神を持っているのです。

最初の内は体調面に気を付けながら、自分の限界を超えるようにしておかないと、本当の自分の限界に辿り着く事など出来ませんよ!

新しいことにチャレンジしない

新しい事にチャレンジする事って怖いですよね。

この時点ですでに失敗していると思って下さい。

精神が退化しています。

何故人間は新しい事にチャレンジしなければならないのか?という点ですが、新しい事にチャレンジする事によって脳が活性化されるのです。

刺激が得れる、新しい発見が出来て視野が広まるという風になります。

反対に新しい事にチャレンジしていない人間は、刺激が得れずに視野が狭いままですね。

視野を広くしておかないと、つまらないものになってしまいます。

確かに新しいことにチャレンジすることは、成功がある事ばかりではありません。

例としては新商品のお菓子を試すのもそうでしょう。

過去に新商品のお菓子を購入してみた事がありましたが、運が悪かったのか全て私の口には合いませんでした。

新しい事にチャレンジしていない方からすれば無駄な事をと思うかもしれませんが、チャレンジした事で新しい発見が出来ましたよ。

新商品は自分の口には合わないというのが大きな収穫になります。

世の中には無駄な事などないです。

文句ばかり言っている


果たして文句ばっかり言ってるような人間が、成功するとするなんて思うのでしょうか?

文句ばかり言っているような人間は、視野が狭いと思って下さいませ。

世の中を自分の価値観でしか見ていない為、見解があまりにも自分中心すぎるのです。

こういう方は自分の固定概念のみでしか生きていないため、非常につまらない生き方しかできないのですよ。

文句ばかり言っていてもうまく行くわけがありませんよね?

確かにたまに文句はいう事はありますし、誰だって不満を抱えている人はいます。

ただずっと言っている訳ではないでしょう。

文句を言う前に自分がどうこうしてやらないと、言う資格なんてないですよ!

ちゃんとしている方が不満をもらす事はあるのですが、それは単純に愚痴なだけですね。

文句ばかり言っていると、何も成長する事は出来ません。

それ以前の他の人から嫌われてしまう行動となってしまうので、気を付けて下さいませ。

尊敬している人がいない

尊敬している人がいないというのは、気持ちは分からなくもないです。

芸能人を手本にしろという方もいますが、芸能人なんて身近な存在ではありませんし、現実味がなさ過ぎてむりでしょう。

尊敬している人物かどうかとなると、自分がすごい人だと認めないと出来ない芸当です。

出来れば尊敬している方は、身近な存在が一番良いですね。

私は尊敬している人物は結構多いですよ。

自分の姉、親友や友達などでしょうか。

全てにおいて尊敬しているというよりも、ここがすごい!と思って尊敬している形になります。

何も全て尊敬しないといけないという事はないのです。

こういう面を見習った方が良いと思ったら、その人物を尊敬しても良いでしょう。

しかし尊敬などする必要がないと思っている方は、傲慢な人間だという自覚はもっておいて下さいませ。

尊敬する気持ちがないと、人間は傲慢不遜な人間となってしまいます。

簡単に諦める

諦める事は時には大切です。

はっきり言って諦めない事の方が大変ですからね。

しかし簡単に諦めてしまうような人間というのは、人間として尊敬される事はないでしょう。

嫌な事を言いますが簡単に諦めてしまうような人間というのは、転職を何度も繰り替えている人物ではないでしょうか?

実際今の世の中こういう方非常に多いのです。

ゆとり世代という訳ではないのですが、簡単に諦めてしまうような根性なしが増えています。

職を転々と繰り返している人ほど簡単に諦めてしまう方が多い上に、自分は悪くなく相手が悪いという身勝手な事を言っているのです。

残念ですがそういう人ほどニートになったり、孤独死をしてしまう方がたくさんおられます。

諦めてしまってもまた気が向いたらやるというやり方が良いですけどね。

私自身も簡単に諦めてしまう事が多いですよ。

ただ諦めるにしても、後日またチャレンジします。

少し時間をおいて行うというやり方が、所見ではないので上手く行くような可能性がある気がしますね。

目標がない

何に対して目標を持てと言われるかは微妙ですが、目標を作る事を大げさに思っている方が多いのではないでしょうか?

目標は常にでかくなくても良いのです。

成長していない人間が成長できないのは、目標を作成する際自分のキャパシティーを考えずに無謀な事をしているためと考えて下さいませ。

人間には限界がある訳ではないですが、段階を間違えてしまうと当然失敗します。

いい例としてはダイエットでしょうね。

100㎏以上のデブの方ならともかく、よくネットで1ヶ月5㎏以上痩せたという広告に踊らされ無茶をする方もいます。

当然ですが人間本体自体の体に負担をかけてしまうと、後々酷い事が待っているんですよ。

最初に無茶苦茶をしたせいで、目標を持って頑張ってもしんどいだけだと思ってしまっている方多いですね。

目標というのは段階を踏んで上手くやるしかないのですよ。

単純な話としては、最初に出来そうな所からやっていけば成功率が高まります。