人はそれぞれ性格や考え方が異なるように、物事に対する価値観なども全く異なることが当たり前です。

だからこそ、自分と同じような価値観を持っている人や、同じような性格をしている人は仲良くなりやすい傾向にあります。

しかし、その反対に自分といつも異なる価値観を持っていたり、正反対の性格をしている場合、喧嘩になったりすることもよくあります。

例えば、おとなしい人が普段から騒がしい人と意見が合わないように、普段騒がしい人はおとなしい人とは気が合わない可能性が高いということです。

しかし、社会人になるとどのような人とでも平等に接していかないといけませんし、嫌でも交流ししなければならないこともあります。

つまり、ある程度のコミュニケーション術であったり、対処法などを身に着けておかないといけないということです。

そこで、今回はハイテンションな人をテーマにして、ハイテンションな人の特徴や、接し方についてご紹介していきたいと思います。

ハイテンションな人と接するのが苦手と思っている方は、どうすれば無理なくコミュニケーションを交わせるのか、チェックしてみましょう。

あなたの周りにもいる?ハイテンションな人

人によって性格は異なりますが、ハイテンションな性格をしている人は探してみるとあなたの周りにもひとりくらいはいるはずです。

そもそもハイテンションとはどういう意味合いなのかと言うと「高揚した状態や、やる気が高い状態」を指す言葉でもあります。

つまり、よくしゃべったり、いつも声が大きかったり、早口だったり、動きが機敏な人などがハイテンションに該当しているといえます。

このような特徴を持った人は職場に一人くらいはいることも多く、想像してみれば該当する特徴を持った人が思い浮かぶはずです。

しかし、この時に該当する人を良い印象で考えている人もいれば、反対に苦手な印象で考えている人もいるはずです。

元気で明るいという特徴を考えてみると、良い印象のほうが強そうに感じますが、自分と異なる場合、逆にマイナスな印象につながる可能性もあるといえます。

ハイテンションの人はムードメーカー?

ハイテンションの人は気持ちが高揚した状態であったり、やる気が高い状態を表す言葉だとお伝えしました。

これを別の言葉で表現してみると、ムードメーカーという言葉で表現することもできます。

ムードメーカーとは、その場にいるだけでその場の空気が雰囲気を好転させることができる力を持っている人のことを意味しています。

つまり、その人がいるだけで明るく楽しい雰囲気になったりすることができる力だということです。

ハイテンションな人は、明るく元気な人が多いので、そのような人が一人いれば周りも明るくなる傾向にあります。

なので、ハイテンションな人がいれば、ムードメーカーとしての役割を担ってくれる可能性は高くなります。

しかし、ハイテンションな人がすべてムードメーカーかと問われると、決してそうではありません。

中にはハイテンションなだけで、周りに空気を読まない人も存在しているからです。

空気を読んで、適切な行動ができ、なおかつ周りに対して協調性があるようなハイテンションな人がムードメーカーになることができます。

なので、両者が同一な存在なのかというよりかは、ムードメーカーになる素質を秘めていると考える方が適切であるといえます。

周囲からはどう見られている?

ハイテンションな人を想像した時に、どのような印象を持つのかということは人によって全く異なります。

それはその人の性格や価値観などによって異なるからであり、良い印象を持つ場合もあれば、悪い印象を持つ場合もあるからです。

では、一般的に考えてハイテンションな人は周囲からどのような見られているのでしょうか。

自分自身のハイテンションな人に対する価値観が該当しているか、そしてハイテンションな人は自分がどう見られているのか、チェックしてみましょう。

落ち込んでいるときは元気をもらえる

ハイテンションの人が周囲からどのように見られているのかというと、「落ち込んでいるときは元気をもらえる」という意見があります。

日常生活を送っていると嫌な気分になったり気が滅入ってしまうような出来事が起きることがよくあります。

例えば、仕事において失敗をしてしまったり、何か悩み事などが生まれたりする際などが該当しています。

しかし、そのような状況の中でハイテンションな人と会話をすることができればどのような気持ちになるでしょうか。

おそらく、落ち込んでいる中で、明るく楽しい会話をしてくれると元気をもらえるようになるはずです。

ハイテンションな相手の様子を見ると、自分の悩みがばかばかしくなったり、頑張ってみようと、ポジティブな考え方にしてもらえるはずです。

なので、ハイテンションな人は元気を与えてくれるような存在であると考えている人が多いといえます。

だからこそハイテンションな人の周りには明るく楽しい人が集まりやすく、人から人気があるような存在である可能性が高いといえます。

飲み会にいると楽しい


ハイテンションの人が周囲からどのように見られているのかというと、「飲み会にいると楽しい」という意見があります。

お酒が飲める年齢になると飲み会が開催されることも多くなりますが、飲み会では決まってハイテンションな人の周りに人が集まります。

そもそもハイテンションな人は常に明るく、周りを楽しませようとしている人が多いので、人気が高い人が多いです。

人気が高い人の周りに自然と人は集まりますし、明るい人柄もあり一緒にいると楽しいと感じられることが多くなります。

なので、ハイテンションな人が飲み会にいるとそれだけで楽しい気持ちになれるという意見が非常に多いです。

その反対にせっかくの飲み会なのにテンションが低かったり、暗い人などは周りに人が集まってこなくなります。

なので、ハイテンションな人は飲み会にいると楽しいので、飲み会などの場に誘われやすいといえます。

ちなみに、これは飲み会などの場だけに限ったことではありません。

飲み会以外でも、楽しい人は誘われるようになりますし、一緒にいて楽しい存在だと思ってもらえるようになります。

なので、ハイテンションな人は楽しい気持ちにさせてくれ人気者になりえる可能性が高いと判断できます。

ずっとハイテンションでいられるのがすごい

ハイテンションの人に対する他の意見として「ずっとハイテンションでいられることがすごい」という意見もあります。

常にハイテンションでいる人からすると、なんてことはないかもしれませんが、一般的に考えると常にハイテンションでいること自体がすごいことだといえます。

なぜかというと、ハイテンションでいるということは常に気持ちを高揚させ続けなければできることではありません。

多くの場合、何かしらの出来事がきっかけで一時的に気分が高揚することがあっても、それを継続して行うということはしない場合がほとんどです。

つまり、何かしらのきっかけがない状態でハイテンションを保ち続けられるということが誰もができることではないということです。

その証拠に、普段ハイテンションではない人がハイテンションになった場合、ハイテンションを継続させるのが疲れてしまうことが多いからです。

ある程度ハイテンションになると、やがて疲れて次第に普通のテンションに戻るように、長い時間ハイテンションでいることは難しいことです。

しかし、いつもハイテンションの人はずっとそのテンションのまま過ごしているため、常にハイテンションでいられることがすごいと感じられるようになります。

これが一般的な人から見たハイテンションの人に対する意見だといえます。

ずっと一緒にいると疲れる

ハイテンションの人に対する他の意見として「ずっと一緒にいると疲れる」という意見もあります。

ハイテンションな人といると明るい気持ちになれますし、楽しい気分になれるということは先ほどお伝えしました。

しかし、人によってはハイテンションな人と一緒にいると疲れてしまうと感じる人も多いです。

そもそもハイテンションな人同士であれば楽しい気分を常に分かち合えるようになりますので、疲れたりすることはあまりないといえます。

しかし、普段からおとなしく、ハイテンションが苦手という人の場合、ハイテンションでい続けないといけないことに対して疲れが勝ってしまいます。

無理をして自分もハイテンションにならないといけないと思っていると、余計に疲れてしまいますし、自分には合わないと思ってしまいがちになります。

その結果、ハイテンションな人が苦手に感じたり、一時的に一緒にいるくらいがちょうどよいと考えてしまうことも多くなります。

なので、ハイテンションな人に対する意見として、ずっと一緒にいると疲れてしまうという意見も非常に多いといえます。

ハイテンションな人の8個の特徴


ここまではハイテンションな人が周囲からどのような見られ方をしているのかご紹介していきました。

ある程度ハイテンションな人に対する印象を理解いただけたところで、ここからはハイテンションな人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

ハイテンションな人は共通した特徴を持っていることが非常に多いです。

つまり、ハイテンションな人になりたいのであれば、ハイテンションの人に共通する特徴を兼ね備えることが重要だといえます。

ハイテンションな人になることで、メリットデメリットありますが、周りの人からは楽しい人と思われることも多くなります。

様々な人から好まれる可能性も高まりますので、ハイテンションな人の特徴をこの機会に身に着けてみてください。

あまり落ち込まない

まずはじめにご紹介するハイテンションの人の特徴として「あまり落ち込まない」ということが挙げられます。

そもそもハイテンションな人は、何事に対してもあまり落ち込んだりすることがない特徴を持っているといえます。

例えば何かしらの失敗をしてしまったとしても、落ち込んだりするのではなく、それを笑いに変えたりするなどのポジティブさを持っています。

ちょっとした失敗をしても、うじうじ悩んだりせずに、切り替えて常に明るく楽しくいられるような人が多いということです。

だからこそ、一緒にいて楽しいと感じられるようになりますし、その場の雰囲気を明るくしてくれる存在だと認識してもらいやすいといえます。

あまり落ち込まずにポジティブな考えを持つということは仕事をする上でも非常に重要なことです。

世の中の成功者や経営者などを考えてみても、ポジティブな考え方を持っている人は出世していることが多いです。

人から好かれるだけではなく、チャレンジ精神も旺盛な人が多いので、ハイテンションな人の良い特徴の一つだといえます。

周囲の人の目を気にしない

次にご紹介するハイテンションの人の特徴として「周囲の人の目を気にしない」ということが挙げられます。

日本人は特にそうですが、多くの場合自分以外の周囲の人の目を気にしたりする傾向が非常に強いです。

しかしながら、ハイテンションな人は周囲の人の目をあまり気にしたりすることが少ない特徴を持っています。

例えば、静かな部屋なのに、ハイテンションな人だけが大きな声でしゃべっていたりすることなどはよくあります。

これも、周囲の人の目を気にしていない証拠であり、気にしている人ほど小声でしゃべったりすることが多くなります。

他の人にはできないようなことを軽々やってのけるという意味でおいては非常に良い特徴にも考えることができます。

しかし、場合によってはその場の空気を読むことができない人だと思われてしまう可能性もありますので、一長一短の特徴であるといえます。

目立ちたがり

次にご紹介するハイテンションの人の特徴として「目立ちたがり」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、ハイテンションの人は周りの人から注目を浴びたりすることに対して快感を感じているということです。

引っ込み思案な考え方を持っている人は周りの人から注目浴びることに対して恐怖を抱いていることが多いです。

しかし、その反対に目立ちたがり屋な人などは周りの人から注目を浴びることが得意であり、好んでいる傾向にあります。

なぜならば、注目を浴びるということは人から存在を認められているということになります。

言い換えてみれば、承認欲求が満たされているということにもなり、自己主張が強い人間であると考えることもできます。

目立ちたがりな人は周りから目立とうと、周りがしないようなことをしたり、人よりも高いテンションを醸し出すことが多いです。

常にハイテンションな人は、常にこれを意識しているため、ハイテンションでいられることも多いので、特徴として該当するといえます。

明るい

次にご紹介するハイテンションの人の特徴として「明るい」ということが挙げられます。

この特徴に関しては説明するまでもないかもしれませんが、そもそもハイテンションな人とは明るい人のことを意味しています。

よくしゃべったり、いつも声が大きかったり、早口だったり、動きが機敏な人などが該当しているので、結果的に明るい人が該当することが多いということです。

それは、周囲の人を楽しませたいと思っている協調性の高さから現れる場合もあれば、単純に楽しいことが好きな気持ちからくる場合もあります。

いずれにしても、明るく元気な特徴を持っているからこそハイテンションでいられるといえます。

逆に、低いテンションの人はどちらかといえば暗い人が多く、ハイテンションとは反対の立場にいることが多いです。

なので、ハイテンションな人は明るいという特徴を持っていると考えられます。

周囲の人にちょっかいを出す

次にご紹介するハイテンションの人の特徴として「周囲の人にちょっかいを出す」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、ハイテンションな人は基本的に面白いことが好きな人が多いです。

なので、面白そうだと思ったことを積極的にチャレンジすることも多く、その結果、周囲の人に対してちょっかいをかけたりすることなども多くなります。

例えば、ハイテンションな人が誰かをいじって笑いをとったりしている光景などを見たことがある人も多いはずです。

これも、ちょっかいをかけることが好きなだけではなく、その延長線上にある笑いを誘い、その場の雰囲気を楽しいものに変化させようとしているといえます。

その場の空気を楽しいものにしようと努力することも多いので、自然と周りから明るく楽しい人だと思ってもらいやすくなります。

これもハイテンションな人の特徴であり、面白い人だと思ってもらえる理由であるといえます。

感情的

次にご紹介するハイテンションの人の特徴として「感情的」ということが挙げられます。

ハイテンションの人を想像してみればわかると思いますが、ハイテンションな人は自分の感情を常に前面に押し出している人が多いです。

そもそもハイテンションということは楽しい気持ちを全面に押し出していることにもなりますので、その時点で感情的な特徴を持っています。

あまり悲しい気持ちや、落ち込んだ様子などを見せたりすることはありませんが、楽しいときや嬉しい時は目に見てわかるような行動をとります。

なので、ハイテンションな人は感情的な人が多く、自分の気持ちをそのまま行動や言動に表す人が多いといえます。

友達が多い

次にご紹介するハイテンションの人の特徴として「友達が多い」ということが挙げられます。

ハイテンションの人になぜ友達が多いのかと言うと、ハイテンションの人は根本的に性格が明るく、楽しいことが好きな場合が多いです。

明るい性格をしていると自然と周りの人から好かれるようになり、その人のもとに人が集まってくるようになります。

また、楽しいことが好きなので人がたくさんいる場所に積極的に行動でき、コミュニケーションも取ることができます。

その結果、多くの人と知り合える機会が増え、かつ人が集まってくるので、自然と友達が多くなる傾向にあります。

ハイテンションな人ほどそれに比例して友達も増えやすいので、一つの特徴であると考えられます。

実は寂しがり屋

次にご紹介するハイテンションの人の特徴として「実は寂しがり屋」ということが挙げられます。

ハイテンションな人は一見して考えてみるといつも明るく楽しくポジティブな考え方を持っている人だと思われやすいです。

それは間違っていませんが、実は寂しがり屋な一面も持っているということが考えられます。

なぜかと言いますと、人と積極的にコミュニケーションを取ったり面白い人と思われるように行動しているのは、根本的に人が好きだからだといえます。

また、一人でいることが嫌いで、寂しいことが苦手なので、人が集まってきやすいような雰囲気づくりをしているととらえることもできます。

なので、ハイテンションな人は多くの場合誰かと行動を共にしていることが多く、一人で行動することなどが少ないことがほとんどです。

なので、ハイテンションの人は実は寂しがり屋なので人が集まってくるような努力をしていると考えることもできます。

ハイテンションな人との接し方

ここまではハイテンションの人の特徴についてご紹介していきました。

ハイテンションな人は一緒にいると楽しいという意見もありますが、その反対に一緒にいると疲れてしまうというマイナスな意見もあります。

そのため、ハイテンションな人とどのように接するのかということが人によっては大きな問題として認識していることもあります。

そこで、ここからはハイテンションな人との上手な接し方についてご紹介していきます。

ハイテンションの人とどのような時に接するべきなのか、そしてハイテンションな人とどのように接すれば疲れないでいられるのか、チェックしてみましょう。

元気が欲しい時に話しかける

まずはじめにご紹介するハイテンションの人との接し方として「元気が欲しい時に話しかける」ということが挙げられます。

ハイテンションな人と接する時には自分自身が元気がなくなっている時に話すことがおすすめです。

なぜかと言いますと、嫌なことがあったり、失敗をした時など自分自身の元気がない時にハイテンションの人と話をすることで元気をもらえるようになります。

ハイテンションな人が嫌なことがあったり失敗をしても、つらい顔を見せずに常に明るく振舞っている人が多いです。

なので、ハイテンションな人と話をすることで、元気をもらえるだけではなく、自分も頑張ろうという前向きな考え方を勉強することができます。

落ち込みやすい性格をしていたり、マイナスな考え方をしてしまいがちの人はハイテンションな人と話をすることで、良い方向に自分を改善できます。

なので、元気がないときや、失敗をしてしまった時などはハイテンションな人と積極的に関わるようにしてみてください。

そして、自分の周りの人が落ち込んでいるときはマイナスな考え方をしている時には、今度は逆に自分が元気を与えられるような存在になることも大切です。

疲れているときは距離を置く

次にご紹介するハイテンションの人との接し方として「疲れているときは距離を置く」ということが挙げられます。

これは人によって考え方が違うかもしれませんが、自分自身がローテーションな人はハイテンションな人と一緒にいると疲れてしまうこともあります。

ハイテンションが悪いというわけではありませんが、ローテーションの人がハイテンションと無理に居続けるとストレスがかかってしまうこともあります。

なので、もともと自分自身がハイテンションというわけではないのであれば、無理をしてハイテンションの人に付き合う必要性はありません。

無理をして長く居続けてハイテンションの人にストレスを感じるのも、逆にハイテンションの人からしてみると負担になってしまいます。

なので、その点は割り切り、自分が疲れている時であったり、ハイテンションの人と絡みたくない時には少し距離を置いてみるのも一つの方法です。

そうすることで上手にハイテンションの人とコミュニケーションをとることもできるようになりますし、自分自身に負担がのしかかってくることもなくなります。

ハイテンションの人とどのように付き合っていくのかということを考えながらコミュニケーションをとることも重要だと言えます。

楽しい場に呼ぶ

次にご紹介するハイテンションの人との接し方として「楽しい場に呼ぶ」ということが挙げられます。

ハイテンションの人は明るく楽しい人柄であることも多いので、ムードメーカーとしての役割を担っている人も非常に多いです。

ハイテンションの人を1人選んでおくことによってその場の空気を良くすることができるので、結果的に楽しい時間を過ごせることが多いからです。

そのため、ハイテンションの人とうまく接していくためにはハイテンションの人を楽しい場に呼ぶことを意識することも重要です。

例えば、身近な例を一つ挙げるとすれば飲み会などがある時にハイテンションの人を誘ってみることも一つの方法です。

誰かひとりくらいハイテンションの人が飲み会に参加してくれることによって、ハイテンションの人が盛り上げ役に徹してくれるようになります。

あまりにも長時間ハイテンションの人と言い続けると疲れてしまう人もいるかもしれませんが、飲み会程度の時間であればそれも苦にならないことが多いです。

特に初めて参加する人や、コミュニケーションが不得意な人などがいる場合だと、ハイテンションの人が一人いれば流れに身を任せられるようにもなります。

なので、ハイテンションの人とうまく付き合うためには、飲み会などの楽しい場に呼ぶなどの接し方がおすすめだといえます。

自分もハイテンションになってみる

次にご紹介するハイテンションの人との接し方として「自分もハイテンションになってみる」ということが挙げられます。

ハイテンションの人に対して苦手意識を持っているという人も多く存在しています。

それは自分自身がハイテンションになることを苦手としている場合であったり、どのように対応すればいいのかわからない人が多いです。

しかし、ハイテンションの人とうまく対応するためにはあえて自分がハイテンションになってみることを一つの対処方法だと言えます。

ハイテンションの人は楽しいことが好きな場合がほとんどであり、相手もハイテンションであることをうれしく思います。

なので、あえて自分自身もハイテンションになってみることで、相手と理解しあえるようになることが多くなります。

また、自分自身があえてハイテンションになってみることによって、ハイテンションになってみるのも悪くないと思える可能性もあります。

新しい価値観であったり、考え方が身につく可能性もありますので、ハイテンションになってみることも、一つの接し方だといえます。

要点だけ手短に済ませて去る

次にご紹介するハイテンションの人との接し方として「要点だけ手短に済ませて去る」ということが挙げられます。

ハイテンションの人と接することを苦手としている人も多く、中にはハイテンションの人となるべく関わらないようにしたいと思っている人もいます。

しかしながら、仕事なのでハイテンションな人と関わらなければいけない場合はその関わりをなくすことは不可能だと言えます。

だからこそ、どのように関わるようにするのかということを事前に考えておくことが重要です。

そこでおすすめなのが、相手と話をする機会があるのであれば、要点だけ手短に伝えるという方法です。

相手と長く話しをすることになると、どうしてもハイテンションが目についてしまいやすくなります。

しかし、短い間だけの会話であれば、相手のハイテンションが目につくこともないですし、うまくやり過ごせられる可能性が高いです。

なので、相手とはなるべく長く会話をしないように意識し、手短に内容を伝えることを意識してみることをおすすめします。

短い会話であれば、負担になることもなく、相手から嫌われることもないので、上手な対処方法の一つになるといえます。

真面目な話だけするようにする

次にご紹介するハイテンションの人との接し方として「真面目な話だけするようにする」ということが挙げられます。

ハイテンションの人と会話をすることが苦手な人は、ハイテンションの人と話をする時には真面目な話に限定するように意識してみてください。

真面目な話に限定して話をすることによって、相手のハイテンションを防ぐことができる可能性が高まります。

なぜかといいますと、ふざけた話であればハイテンションになりやすいですが、真面目な話だとハイテンションになりにくいことが多いからです。

なので、プライベートの話や普通の話などは降らずに、まじめな話などを相手とすることで、ハイテンションから逃げることができます。

ちょっとした工夫をすることによってハイテンションの人と普通のテンションで話をすることができますので、一つの対処方法として覚えておきましょう。

まとめ

今回はハイテンションな人をテーマにして、ハイテンションな人の特徴や、接し方についてご紹介していきました。

人によって価値観は異なり、ハイテンションな人が好きな人もいれば嫌いな人もいると思います。

しかしながら、社会に出ると馬が合わない人とでも関わりを持たなければいけないことも多くなります。

だからこそ、求められるのは上手な対処方法であり、無難に相手とコミュニケーションを取れる術を身につけることです。

ハイテンションな人を苦手としている人は多いですが、こちらが上手く工夫することによってそれを上手に利用することもできるようになります。

悪い人間関係を作らず、良い人間関係を形成していけるように、上手な接し方をこの機会に心得て使ってみてください。