CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

気持ち悪い人からなぜか好かれる人の7個の特徴と対処法


「自分が気持ち悪いと嫌っている人から何故か好かれてしまう」そんな悩みを持つ人は少なくないでしょう。

自分の好きな人や親しい人とだけ関わりたくても、何故か嫌悪感を抱いてしまう人までいつも寄ってきてしまい、精神的なストレスに感じてしまうことがあります。

そんな気持ち悪い人から何故か好かれてしまう人の特徴や、気持ち悪い人への対処法をご紹介します!

この記事の目次

気持ち悪い人からなぜか好かれる人の7個の特徴!普通の人とは違う?

「あの人ってなんか生理的に気持ち悪い・・」や、「どうにも言動が気持ち悪い」と感じてしまう人ってどこにでもいますよね。

学生時代に、クラスに一人は気持ち悪がられる人がいたように、会社でも周りの人間関係の中でも、どうにも「気持ち悪い」と感じてしまう人はいるものです。

そして、自分は相手のことを「気持ち悪い」と嫌っているのに、何故かそんな相手から好かれてしまう人というのもいます。

普通はこちらが嫌そうな態度を取れば、相手は自分が嫌われていることに気付いて離れるなり、相手もこちらのことを嫌いになるなりするでしょう。

しかし、こちらの感情に関係なく何故か好きだと近づいてくる人は少数であれ存在します。

また、トラブルにはしたくなくて八方美人に振舞っていると、余計に相手が嫌がられていることに気付かずに近寄ってくることもあるでしょう。

そんな風に、何故か自分が気持ち悪いと思う人から好かれてしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか?その特徴を以下に挙げていきます。

1.可愛い・カッコイイ


可愛い・カッコイイと他人から評される人の回りには、自然と人が集まりやすいです。

容姿の優れた人が好きな人はもちろん、可愛かったりカッコ良かったりする人と親しくなりたいという人達は積極的にその相手に対して近づこうとするでしょう。

その中には、言動や態度が人よりも気持ち悪いとされる人も少数ながらいるでしょう。

自分で気持ち悪さを自覚しているかどうかは不明ですが、容姿が優れている人に憧れを抱いたり、「付き合いたい」と夢見たりする人が、自らの気持ち悪さを棚に上げて親しくなろうと近づいてくることがあります。

人並み以上に容姿が優れている人は、良くも悪くも多くの人が周りに集まってくるため、時には自分が望まない人が近寄ってきてしまうこともあります。

容姿が他の人に比べて際立っている

容姿が優れていたり、頭脳が優れていたりする人の回りには、どんなに本人が嫌がったとしてもそれなりに人が集まってきます。

頭脳が優れている人は、実際にその人と接してみなければ分からないことが多いですが、その一方で容姿が優れている人は、一見して他の人に比べるとその姿形が際立っているため、誰が見ても可愛い・カッコイイことが分かるでしょう。

見た目で目立ってしまうからこそ、本人が意図しない内に生理的嫌悪感を抱く人や、気持ち悪いと思う相手まで自分に近寄ってきてしまうことがあります。

人から「気持ち悪い」と言われることの多い人が、もしも好意から相手に近寄っているとすれば、ハッキリとこちらが嫌悪感を表わさない限りは憧れを抱いて近づいてこようとするのを止めないでしょう。

しかしその一方で、もしも容姿が良いことを妬んでいるのだとすれば、一定の距離は置いていても嫉妬心でずっと一方的な粘着をしてくることもあります。

どちらにしても、気持ち悪い人から常に一方的な感情を寄せられることには変わりないため、容姿が優れた人はうんざりとしてしまうでしょう。

2.頼られる存在

誰からも頼られる存在の人は、常にたくさんの人たちが自然と周りに集まってくることが多いです。

「この人なら何とかしてくれる」や「きっと自分を助けてくれるだろう」といった思いから、頼りがいのある人の側にはたくさんの人たちが集まってきます。

そしてまた、人から頼られることの多い人自身も、面倒見が良かったり、頼られることが嫌いではなかったりすることが多いため、周りの人たちから頼られれば快くその助けになることがあります。

そうして周りの人たちのことを助けていると、中には自分が「気持ち悪いなぁ」と感じる人も自分を頼ってくることがあるでしょう。

気持ち悪いという感情はネガティブな要素があるため、そんな相手から頼られた時には、流石に本心では嫌だと思うこともあります。

自分が気持ち悪いと思う人をわざわざ助けたいとは思いませんし、その人のために自分が労力を使うことにも抵抗があるでしょう。

しかし気持ち悪いと思われている当人は、「自分のことだって他の人と同様に助けてくれるはずだ」という思いがあるため、こちらの思惑など関係なしに頼ってくることでしょう。

信頼感がある

誰からも頼りにされている人は、「皆に頼りにされている」というその事実によって、直接関わっていない人たちからも最初から信頼感を持たれていることが多いです。

そのため、会ってまもない人から「頼りにしているよ」と気軽に言われたり、そこまで信頼関係を築いているわけでもないのに他人から全面的に信頼されていたりすることがあります。

最初から信頼感があると、それだけこちらの言動を信じてくれることもある反面、何も約束していないのにこちらが相手の期待に応えることが前提となってしまうため、相手の期待に応えられなかった時には理不尽に文句を言われてしまうこともあります。

そして自分が「気持ち悪い」と感じている人からも、同じように勝手に信頼されたり、理不尽に文句を言われたりしてしまうことがあるため、ストレスに感じてしまうことがあるでしょう。

3.アピールをしている

自分から何かしらのアピールをしている人は、それだけ周囲の注目を集めます。

例えばリーダーシップがあると自らアピールをしている人は、周りに人を集めたがりますし、いいところを見せて人望を集めようとしたりするでしょう。

また、「できるやつアピール」をしたがる人は、わざと人目につくことで自分の特技を見せつけて、「自分はこれだけの能力があるんだぞ」と無言でアピールしようとするでしょう。

何かをアピールする人は、人目を集めることを目的として行動することが多いため、必然的に周りの視線を集めます。

しかしその中には、自分が意図していない気持ち悪い人の視線まで含まれていることが少なからずあるでしょう。

自分からアピールしようとする人は、自分が意図した人だけの視線を集めることができないため、しばしば気持ち悪い人の注目まで受けたり、相手が寄って来たりすることがあります。

4.ナルシスト


ナルシストは自分のことが大好きです。

周りの誰よりも自分が優れていると思っているため、それが言動や行動に表れることも多いでしょう。

例えば自分の顔に自信を持っている人は、鏡を見つければしょっちゅうそこに自分の姿を映し、髪型を弄ったり、メイクのノリを気にしたりします。

また、自分の能力に自信を持っている人は、自分が得意なことをわざわざ周りに見せつけるような行動を取ることが多いです。

そうした自信過剰とも取れるような行動は、一般的には周りの人たちから嫌がられてしまいます。

「ナルシストだよね~」や、「自意識過剰すぎない?」などと陰口を叩かれることもありますが、それらの悪口ですらも、「自分のことを妬んでいるから言っているんだな」とポジティブに受け止めてしまうのがナルシストの特徴です。

そんなナルシストの前向きな自分大好き具合は、気持ち悪いと人から言われてネガティブになっている人から見た時に、羨望や憧れの対象となることがあります。

「自分もあんな風に自信を持ちたいなぁ」と思う人がふらふらとナルシストの周りに集まることもあるでしょう。

周りにカッコイイと自分から言う人は好かれてしまう傾向もある?

自分のことを自分で「カッコイイ」と言う人はあまりいませんよね。

仮に思っていたとしても、わざわざ口に出すと敵を増やしてしまうことが分かっているため、そんなことは言わないという人が多いでしょう。

しかしあえてそれを堂々と口にすることで、反対に「自信過剰だけど何だか憎めないやつ」のポジションに上手く収まる人もいます。

また、周りに嫌われたとしてもお構いなしで自信のある言動をしている人もいますが、どちらも気持ち悪い人から見た時には憧れの対象になったり、「近づきたい」と思うきっかけになったりすることがあります。

「周りに好かれる人になりたい」や「誰に何も言われても堂々としていたい」という望みを持つ人ほど、自らナルシストに近寄っていき、自分も同じようになろうとすることも少なくはないでしょう。

5.ノリがいい

ノリがいい人は、基本的に明るくて社交的な性格をしています。

本心はどうであれ、表面上は誰とでも上手くコミュニケーションを取っているため、ごく一般的な人からも人気者からも、そして気持ち悪い人からも好かれることがあるでしょう。

一般的な人や人気者から好かれることに関しては、誰でも嬉しいと思いこそすれ嫌だとは感じないものです。

しかし、気持ち悪い人からやたらと好かれてしまうと、ノリのいい自分の性格を恨めしく思えてしまうかもしれません。

ノリがいい人は、例え自分が「気持ち悪いなぁ」と思う人から話しかけられたとしても、あまり邪険にすることはないでしょう。

むしろ無理してでもノリの良さを発揮して、その場の空気を気まずいものにしないようにと頑張ってしまうこともあります。

しかしそれをすることで、気持ち悪い人からも「この人とは仲良くなれそうだなぁ」と思われてしまうため、余計に気持ち悪い人が自分の周りに寄ってきてしまうこともあるでしょう。

誰とでも気軽に話せる

誰とでも気軽に話せる人は、皆から気持ち悪がられている人に対しても、物怖じせずに気さくに声をかけることができます。

しかし、自らの社交性の高さを発揮してしまったことで、思った以上に気持ち悪い人から好かれてしまうことがあります。

気持ち悪い人は、日頃から周りに冷たくされたり、避けられたりしていることが多いです。

そのため、自分に冷たくせずに、気さくに話しかけてくれる人に出会うと、急激にその相手に惹かれて、「仲良くなりたい」と自ら近づこうとするでしょう。

ノリがいい人は誰に対しても平等に接していたいのに、気持ち悪い人がいちいち絡んできたり、自分に執着してきたりすることで、本来の人間関係に支障が出てしまうこともあります。

6.弱々しい

弱弱しい性格の人は、相手から強い態度に出られたり、強引に言葉で押されたりすると、簡単に相手にやり込められてしまいます。

例え相手が悪くて自分の方が正しかったとしても、相手が声を大にして「いいや自分の方が正しいはずだ!」と言えば、それに押し切られてしまうこともあるでしょう。

そんな弱弱しく、断れないような雰囲気を醸し出している人は、気持ち悪い人からも目をつけられてしまうことが多いです。

「この人なら断れないだろう」と思った相手に対してべったりと執着するため、逃げたくても逃げられなくなってしまうことがあります。

7.コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い人は、誰とでも表面上は仲良く接することができますし、実際に話していても相手を楽しませることに長けています。

そのため良い意味で周りの人たちが近寄ってきますが、その中には気持ち悪い人が含まれていることも多いです。

気持ち悪い人は自分に対しても笑顔で気さくに接してくれる人に執着心を抱く傾向があるため、「仲良くなれるかも」という期待を抱いて自らコミュニケーション能力の高い人に近づこうとするでしょう。

そのせいで、近寄られた当人は他の友達を失くしてしまうこともあるため、そうなってから「厄介な人に好かれちゃったなぁ」と困惑してしまうことも少なくないでしょう。

気持ち悪い人から好かれることもありますよね

気持ち悪い人に対しては、生理的な嫌悪感を抱いてしまうことが少なくありません。

そうでないにしても、「気持ち悪いなぁ」と感じている相手に好意を抱く人はまずいないでしょう。

気持ち悪いと感じる相手を、自分だけがそう感じているのか、それとも周囲の人たちからもそう思われているのかは人によって違いますが、気持ち悪いと思う人にはできるだけ近づきたいとは思いませんし、極力関わり合いになりたくないとも思うでしょう。

しかしこちらがそう思っていても、相手は気付かずに近寄ってくることはありますし、また例えこちらが相手を嫌っていることを相手が承知していたとしても、それでもこちらを好いて寄ってこようとすることもあります。

気持ち悪い人から好かれて近寄られることで、精神的なストレスを感じてしまうことも少なくはないでしょう。

こちらは嫌なのに・・・

こちらが嫌だと思っていても、相手がこちらに対して好意を抱いていれば、相手の方からどんどん近づいてくることがあります。

気が弱い人や、誰とでも無難な関係を築いておきたいと考えている人は、表面上は気持ち悪いと感じる相手ともそれなりに親しく接しますので、相手にこちらの本心を伝えることができずに、ストレスを感じてしまうことも多いでしょう。

一方で、こちらが明確に相手に対する嫌悪感を表わしたところ、好意から一転逆恨みのような感情を抱かれて、厄介な粘着をされてしまうということもあります。

気持ち悪い人というのは、何かしら言動や行動で人を不快にさせますので、それらの行動によってますます気持ち悪い人への嫌悪感が増してしまうこともあるでしょう。

相手から近づいてくる

こちらがどんなに相手と関わらないようにしても、相手の方から近づいてこられたらたまったものではありませんよね。

けれども、どんなに嫌がったところで他人の行動を自分が制限することはできませんし、逃げようとしたところで同じ学校や職場に相手がいる場合には、少なからず相手と関わらなければならないこともあるでしょう。

気持ち悪いと感じる相手が自分と同じような環境や場所にいた場合には、どれだけ相手を避けようとしたところで、相手の方から近づいてこられたら逃げ場がなくなってしまうこともあります。

話したくもないのに話しかけてくる

気持ち悪い人とはできるだけ同じ空間にはいたくありませんし、相手と目を合わせることも、会話をすることに対しても生理的な嫌悪感を抱いてしまうことがあるでしょう。

そんな相手とは極力会話を交わすことにも抵抗がありますが、相手の方から積極的に話しかけてこられると、嫌でも話をしなければならなくなるため、うんざりしてしまうという人もいるでしょう。

気持ち悪いと感じる人との会話を避けるために、わざと他の人と話で盛り上がって話しかける隙を与えないようにしたり、イヤホンをつけて音楽を聞いていることをアピールしたりして、「話しかけるな」というオーラを出す人もいますが、相手が空気が読めなければそれでもしつこく話しかけてくることもあります。

嫌がられていることに気付いて離れていってくれるのならば良いですが、自分が嫌がられていることに対して無自覚だったり、気付いてもめげなかったりすると、こちらのストレスはより大きなものになってしまいます。

気持ち悪い人から好かれた場合の対処法!こういうことをしてみては?

気持ち悪い相手から好かれるというのは、思った以上にストレスを感じますし、困ってしまいます。

誰もが気持ち悪いと感じている相手であれば、そんな相手に好かれている自分に対して、周囲の人は同情的になってくれることもあるでしょう。

しかし、自分だけが気持ち悪いと感じている相手の場合には、自分が嫌がったところで周囲の理解を得ることは難しいですし、場合によっては「そんなに嫌がらなくてもいいのに」と言われてしまうこともあります。

そうなっては自分だけが特定の相手を気持ち悪がっていることになるため、周囲の理解を得るどころか、反対に周囲からの自分に対する評価が下がってしまうこともあるでしょう。

しかし嫌なものは嫌ですので、自分が気持ち悪い人から好かれてしまった時には、どうすればいいのか対処法を知っておくといいでしょう。

ここからは、気持ち悪い人から好かれた場合の対処法をご紹介していきます。

連絡をとらない

気持ち悪い相手には、こちらからは一切連絡をとらないようにしましょう。

仕事でどうしても連絡を取らざるを得ない場合には仕方ありませんが、人づてに伝達を頼めるのであれば、極力自分から連絡を取らずに、他の人に伝達を頼むようにしましょう。

自分から連絡しないことを徹底すれば、少なくとも相手と距離をあけることができますし、また相手に「自分は好かれている」と誤解を与えなくて済むでしょう。

下手に八方美人で連絡を取り合っていると、友達だと思われてしまいかねません。

そうなるとこちらが無視していても、頻繁に相手から連絡をしてくることもありますので、まずこちらから連絡をとらないことを徹底しましょう。

こちらから声をかけない

誰とでも無難な関係を築いておこうとする人や、誰からも嫌われたくないと思っている人は、例え相手が気持ち悪い人であっても、ついいい顔をしてしまうことがあります。

気持ち悪い人が皆から無視されて孤立しているのを見ると、それを可哀想だとは思わないものの、「自分も無視している一員だと思われるのはちょっと嫌だな」という気持ちが動いて、自分からつい話しかけてしまうことがあるでしょう。

しかしそうやって気持ち悪い人に対してもいい顔をしていると、相手が勘違いをして近づいてきたり、好かれてしまったりすることになりますので、自ら厄介を呼び込まないためにも、こちらから声をかけるのは止めておきましょう。

自分が気持ち悪いと思っているのなら、そんな相手に好かれる必要はありません。

それをしっかりと自覚して、徹底的に接しないようにしましょう。

声をかけられても無視をする

「嫌われてもいいや」と気持ちが割り切れるのなら、気持ち悪い人から話しかけられても一切無視をしましょう。

中途半端に優しく接すると、相手が付け上がったり勘違いをする可能性もあるので、それを防ぐためには相手を無視するのが効果的です。

ただし職場のような環境で無視をしてしまうと、周りの人たちまで巻き込んで人間関係でトラブルを引き起こす可能性がありますので、職場では必要最低限の会話だけをして、それ以外では無視するようにしましょう。

気持ち悪い相手を徹底的に無視することで、相手にこちらの気持ちを暗に伝えることができます。

誰しも自分を嫌っている相手にわざわざ近づこうとは思わないため、無視する行動によって相手の行動も変えられる場合もあります。

無視してもくる場合は要注意!

大抵の人は、自分を嫌っている人にわざわざ近づこうとはしませんし、例え最初は相手に好意を抱いていたとしても、相手が自分を無視したり、嫌いだと態度に出してきたりしたら、相手への好意もなくなってしまうでしょう。

しかし中には、どれだけこちらが無視をしてもめげずに好意を抱き、近づいてくる人がいます。

気持ち悪い人の中でも、こうした無視しても近づいてくる人の場合には要注意です。

何故ならどんなに敵意や嫌悪感を示しても平気で近づいてくる人の場合、こちらの態度を照れ隠しだと勘違いしていたり、もしくはこちらに対する嫌がらせでわざと近づいてきたりする可能性があるからです。

嫌がらせの場合には、相手もこちらに対して好意を抱いてはいませんが、もし照れ隠しだと勘違いしていると、こちらが何かしらの反応をすればするほどに、余計に相手は興奮して寄ってくることがあります。

そうなってはストーカーのように付きまとわれてしまうこともありますので、どんなに無視しても相手がめげない場合には、身近な友人や家族に相談しましょう。

友人に助けを求める

気持ち悪い人に好意を持たれ、やたらと近づいてこられて迷惑に感じた時には、自分の気持ちを理解してくれる友人に助けを求めましょう。

自分がどれだけ相手に迷惑し、嫌だと思っているのか、ストレスを感じているのかを友人に相談することで、友人が助けとなってくれるかもしれません。

気持ち悪い人への愚痴を聞いてもらうだけでも、少しは気持ちがスッキリしますし、気持ち悪い人が近づいてきたら咄嗟に友達に隠れることも、友達に協力してもらってその場を離れることもできるでしょう。

頼りになるのも、持つべきものも理解ある友人ですので、困った時には友人を頼りましょう。

極力一緒に行動する

一人でいると気持ち悪い人が近寄ってきた時に、上手く避けられないことがあります。

こちらが一人でいると、相手も「今は一人だから話しかけてもいいだろう」と思って近づいてきやすくなりますし、押しに弱い性格の人は、気持ち悪い人に押されて嫌々一緒に時間を過ごしたり、会話に付き合わされたりしてしまうこともあるでしょう。

そうなるとストレスが溜まってしまうため、友達が近くにいる時には、極力友達と一緒に行動することで気持ち悪い人と接する機会を減らすことができるでしょう。

赤の他人と一緒にいようとすれば当然嫌がられたり不審がられたりしますが、相手が仲の良い友達であれば、友達も積極的に協力してくれようとするでしょう。

そんな友達の手を借りることで、気持ち悪い人との接触を避けることができます。

自分の情報を出さない

自分が気持ち悪いと思う人のことは、それだけでも十分に不快に感じてしまいます。

それなのに、もしも自分のプライバシーを気持ち悪い人に知られてしまったら、何とも言えない精神的な不愉快さを感じてしまうことでしょう。

そしてもし、気持ち悪いと感じる相手が自分に好意を持っていて、「○○さんは✕✕が好きなんだよね」や「先週旅行に行ってきたの?」などとプライバシーの話題を振ってこられたら、非常に嫌な気持ちになってしまうことでしょう。

そんな精神的苦痛を感じなくても済むように、極力気持ち悪い相手に対しては自分の情報は出さないように気をつけましょう。

SNSなどは見られないように鍵をかける

気持ち悪い人が近くにいる時には、その人に自分の話が聞こえないように十分に注意を払っていたとしても、TwitterやFacebookなどのSNSで自分の情報が見られてしまっていたとしたら、せっかく個人情報を知られないように気をつけていても意味がありません。

SNSの多くは自分の呟きや投稿の閲覧制限をかけることができますので、例えばフォロー関係にある人以外は自分の投稿を見られないようにしておけば、余計な情報を相手に知られることなく済むでしょう。

また、相手が自分に好意を抱いている場合には、自分に関するいくつかの情報を元に、アカウントを特定しようとすることもありますので、SNSのアカウント名やプロフィールでは、自分と直ぐに分かるような内容は避けた方が賢明でしょう。

アピールをしない

つい自分の存在を周囲へとアピールしてしまう癖がある人は、極力そうしたアピールをしないように気をつけましょう。

気持ち悪い人と関わり合いになりたくなくても、自分が周りに対して自己アピールをしたり、目立つ行動をとったりしていては、向こうがこちらを気にして近づいてきてしまうことがあります。

相手にとって関心の湧かない自分でいることを心がけることで、相手との関わりの機会を減らすことができますので、できるだけ目立つ行動を避けたり、自己アピールを控えたりするようにしましょう。

自ら不特定多数の視線を集めることをしているのに、それで「あの人は気持ち悪いから嫌だ」と文句を言っていては、周りの賛同や理解が得られないこともあります。

そのため、自分の行動と意志が矛盾してしまわないように心がけましょう。

話しかけられたら直ぐに離れるように!

どんなに気持ち悪いと思う相手でも、どうしても関わらなければならない時というのがあります。

仕事で同じグループになってしまった時には、嫌でもコミュニケーションをとらなければなりませんし、仕事の伝達で会話をしなければならないこともあるでしょう。

気持ち悪い人と致し方なく接する時には、極力最低限の関わりのみに努めて、相手との距離をできるだけ近づけないようにしましょう。

例えば仕事で関わる必要があるという口実で食事に誘われた時には、「仕事の話は仕事の時だけで」とハッキリと断りましょう。

もしそれで「仕事以外で仲良くなりたいから」と言われたら、「自分にそのつもりはないので」ときちんと自分の意見を伝えれば、大抵の相手は引き下がります。

それでも引かない相手に対しては、相手を嫌いだということを態度で示したり、同僚や友達に相談したりしましょう。

気持ち悪い人に合わせていると、余計に相手から好かれてしまうことがありますので、それを防ぐためにも話しかけられたら直ぐに離れるようにしましょう。

ページトップ