CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「記憶がない…」飲みすぎて記憶をなくした次の日の5個の対処法


みなさんは記憶がなくなるまでお酒を飲んだ経験がありますか?

「周りに酒を勧められて、○杯目を飲んだあたりから記憶がない…」とか「○○さんと他のお店に移動したところまでは覚えているけど、そこからどうしたんだっけ…?」なんて事も1度はあるかもしれませんね。

仮に記憶をなくすまでお酒を飲んだとしても、特に何もトラブルが起きなかったのであれば良いのです。(それでも飲み過ぎは体に悪いので適量に抑えるのが理想ですが…)

しかし、お酒を飲んでいた時にとんでもない事をしでかしていた場合は大問題!

例えば、職場の飲み会で上司や先輩に向かって暴言を吐いたり、人には絶対に知られたくない秘密を大勢の前で自ら暴露してしまったり…。

しかも、そのことを自分ではすっかり忘れているとなれば…考えただけでゾッとしますよね?

飲み過ぎて昨日の記憶がないという状況になれば、「酔った勢いで何かまずい事をやらかしてはいないだろうか…」と、誰だって多少は不安になると思います。

特に、「目覚めたら知らない場所にいた…」とか「全く知らない人から身に覚えのない内容の連絡が入っている…」など、状況によっては恐怖や不安でパニックになり、どう対処すれば分からなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、“飲みすぎて記憶をなくした次の日の5個の対処法”をご紹介したいと思います!
これを覚えておけば、実際にそういう状況に遭遇したときに冷静な判断と適切な行動が取れるはずです。

この記事の目次

「記憶がない・・・」とショックを受けることも多い

「お酒を飲み過ぎて前日の記憶がない…」そういった状況に慣れている人はともかく、慣れていない人にしてみたら相当な衝撃でしょう。

いくら自分の事でも、翌日に記憶をなくす程ベロベロに酔っ払ったときの自身の言動なんて想像がつかないでしょうし、酔って理性や自制もまともに効かなくなっている状態では、失敗やトラブルを起こす恐れも非常に高いということは誰だって考えつくはず…。

何より、自分の事(しかも昨日起こった事)なのに全く思い出せないというのがショックだと思いますし、その事実は不安や恐怖を余計に煽るものになると言えます。

記憶がないと分かったとき、本人の頭の中は「一緒に飲んでいた人達に迷惑を掛けていないだろうか…」「誰かに失礼な態度を取って相手に悪い印象を与えていないだろうか…」という焦りと不安、それから、記憶がなくなるまでお酒を飲んでしまった事への後悔で一杯になってしまうでしょう。

ですが、お酒を飲み過ぎて記憶をなくしてしまう人は少なくありません。

記憶がないことに気付いてから「どうしてあんなに飲んでしまったんだ…」と後悔し、過去の自分をいくら責めたところで時間を巻き戻すことはできませんし、事態だって好転しないのです。(ただし反省することは大切ですよ?)

だからこそ、飲みすぎて記憶をなくしたときの正しい対処法をここで知っておくべきだと言えるのではないでしょうか?

記憶を無くしてしまう原因とは?


「記憶がなくなるまで酒を飲んだ」という他人の話を聞くことはあるでしょうが、これを見ている人の中には、「記憶がなくなるまでお酒を飲むことはないし、自分には関係のない話だ…」と軽く考えている人もいるかもしれませんね。

ですが、お酒を飲み過ぎて記憶をなくしてしまうことは、(少しでもお酒を飲む人なら)誰にでもあり得ることなのです。

「飲む量やペースをセーブすれば大丈夫なんじゃない?」という声も聞こえてきそうですが、実はそういったことに配慮していても記憶が飛んでしまうケースもあります。

確かに1人で飲む時はコントロールもしやすいでしょう。

ですが他人と飲むときは、“飲まざるを得ない状況”になってしまうことも…。

自分で注意するのはもちろん大切です。

でも、量やペースをセーブするだけで完璧に防げるのなら、悩む人はもっと少ないと言えるでしょう。

その証拠に、いつもより飲む量が少なくてもペースがゆっくりでも、記憶がなくなるまで酔ってしまうことだってあります。

では、その様に“記憶を無くしてしまう原因”とは何なのでしょうか?
以下にまとめてみました!

飲みすぎ

お酒を飲み過ぎれば当然、次の日に記憶をなくす可能性も高まります。

お酒をよく飲む人だけでなく普段はあまり飲まない人も、“飲まなくてはいけない状況”では普段の量を軽く上回ってしまうこともあるでしょう。

例えば、目上の人や職場の取引先の人などにお酒を勧められたときは無下にもできませんよね?

もちろん嫌がる部下に無理やりお酒を勧めるのはパワハラになりますが、お酒が入って状態だと相手も酔ってそこまで気が回らず、つい部下に飲ませてしまうことも珍しくないのです。

また、こちらがその場で上手く断れれば良いのですが、断ることで相手の印象を悪くしてしまう恐れもあるので、きっぱり断れる人は少ないでしょう。

結果、普段以上に飲み過ぎて次の日に記憶をなくしてしまうことがある訳ですね。

そもそも、普段あまり量を飲まない人は、自分の限界(=酒の強さ)を分かっていない傾向にあります。

そういったギリギリのラインを把握できていない人や、「このくらいの量なら飲んでも大丈夫だろう」と自身の酒の強さを過信している人は、油断をすると飲み過ぎてしまう恐れがあるので要注意かもしれませんね。

セーブが効かない

お酒を飲み過ぎてしまうのは、セーブが効かなくなってしまうのも一因と言えます。

お酒を飲む前は「飲み過ぎない様にしないと!」と考えていても、実際に飲み始めるとだんだんコントロールができなくなってしまうことも珍しくないでしょう。

お酒が入ると気分が開放的になりますし、お酒の席というのは基本的に明るく賑やかで楽しいものなので、そういった雰囲気も相まってテンションも上がりやすくなっています。

さらに、酔うと理性や自制が効かなくなってしまうので、最初は「飲み過ぎない様に」と気を付けていても最終的には飲み過ぎてしまうこともあるという訳ですね。

「毎回セーブできずに飲み過ぎてしまう」という人は、セーブができない理由を把握しておくことも大切です。

考えられる理由としては、以下の様なものが挙げられます。

・単にお酒が大好きだから
・酔ったときの感覚が好きだから
・自分の限界が分からないから
・雰囲気にのまれやすいから
・周りにお酒が強いとアピールしたいから
・酔いが回りやすい(自制が効かなくなってしまう)から
・気を使って周りのペースに合わせているから
・特に制限を設けていないから
・お酒の席が苦手で勢いをつけるために飲んでいるから
・周りに勧められたときに上手く断れずに飲んでしまうから
・お酒を飲むことでストレスを発散しているから
・アルコール依存症などの病気

お酒をセーブできない原因が明確なら対策も立てられるはずですし、「“毎回”飲み過ぎてしまう」ということはなくなるでしょう。

調子にのって飲むと記憶を飛ばしてしまう!

これは先程の話とリンクするのですが、調子に乗って飲むとセーブが利かず次の日に記憶を飛ばしやすいと言えます。

例えば、後輩から「お酒強いですね!」とおだてられ、「まだまだ余裕だから!」などと言って調子に乗って飲んだ結果、次の日には記憶がない…というのもあるあるでしょう。

そういうのはお酒に慣れていない元気な若者に多いイメージがあるかもしれませんが、普段お酒の失敗をあまりしないいい年をした大人でも、調子に乗って飲み過ぎてしまう事は十分にあり得るので気を付けなければなりません。

特にお祝いやイベントでお酒を飲むときや何か良い事があって嬉しいときなどは、テンションも上がって調子に乗りやすくなっているので要注意です。

調子に乗っている時というのは、普段の判断ができなくなっている状態にあるとも言えます。

いつもは「酔って具合が悪くなったらどうしよう」とか「周りに迷惑を掛けたら…」と考え徹底的にセーブしている人も、調子に乗っているときはそういった心配が頭から消えてしまいがちなのです。(不安はあっても、「まぁ、何とかなるだろう」「その時はその時だ!」などと無駄にポジティブになっている可能性が…)

お酒の席だけでなく普段から調子に乗りやすい性格の人や場の雰囲気に流されやすい人は特に注意した方がいいかもしれませんね。

疲れている


「自分はお酒に強いからそう簡単に記憶がなくなることはない」とか「いつもならこのくらい飲んでも酔わないから大丈夫!」と思っていても、疲れている時というのはアルコールが回りやすくなっているので注意が必要。

つまり、お酒の強さや飲むペースに関係なく、体が疲れていると酔いやすく記憶も飛んでしまいがちということです。

実感がなくても疲れは蓄積されているものなので、例えば、仕事・勉強・家事・育児などで忙しい日々が続いているとき・激しい運動をした後・徹夜をして睡眠不足に陥っているとき・生活習慣(特に食事)が不規則なときは体が疲れている可能性が非常に高いので、気を付けなければなりません。

そういうときは、いつもより飲む量が少なくてもペースがゆっくりでも次の日に記憶がなくなるまで酔ってしまう恐れがあるので、できるだけ飲酒を避ける、または、飲むとしても量をかなり控えた方がいいでしょう。

そもそも疲れていると普段より酔いやすい理由は、主に肝臓の働きが関係していると言えます。

知っている人も多いと思いますが、アルコールは肝臓で分解されるものです。

ただ体が疲れていると、肝臓の働きが衰えアルコールの分解機能も低下してしまいます。

そうやって肝臓で処理し切れなかったアルコールが血液に流れ全身(特に脳)に運ばれることで酔いやすくなってしまう訳です。

疲れているとき以外の酔いやすい体の状態

お酒の種類・度数や飲み方によって酔う速度が変わるのは当たり前ですが、同じ種類・度数のお酒で同じ飲み方でも体が疲れているときは酔うスピードが早いという話をしました。

実は疲れているとき以外にも、お酒に酔いやすい(=記憶をなくしやすい)状態があるのです。

ここではそんな酔いやすい状態をいくつか挙げておきたいと思います。

みなさんも以下の状態の時はできるだけ飲酒を控える様にしましょう。

・体調不良のとき
寝込んでしまう程具合が悪いときにお酒を飲む人はあまりいないと思いますが、風邪気味や軽い頭痛や腹痛(生理痛や下痢など)があるときに飲み会などでお酒を飲むことはあるのでは?

しかし体調が悪いときの飲酒は、普段より酔いやすいだけでなく体調不良を悪化させてしまう恐れがあるので、お酒は控えるのがベターです。

具合が悪い=体が弱っているということは当然、内臓の一つである肝臓が弱っている証拠。
(後は「体が疲れている時は酔いやすい」という話で説明した通り)

・薬を飲んでいるとき
具合が悪いときは薬を飲むこともあると思いますが、服用するものによっては、お酒を飲んだときに酔いやすくなってしまう可能性があります。(※もちろん、薬とお酒を一緒のタイミングで飲むのはNGですよ?)

これは、肝臓で薬とアルコールの両方を分解しなければならないから。

両方分解するとなると肝臓には大きな負担が掛かるだけでなく、基本的にはどちらか片方の分解が優先されるので、処理しきれなかった方の成分が体に悪影響を起こしてしまう恐れがあるのです。

例えば、アルコールの分解が優先され薬が体内に長く残った場合は薬が強く効きすぎたり副作用が出てしまう恐れがあり、薬の分解が優先されてアルコールが体内に長く残った場合は酔いやすくなってしまうということ。

特に頭痛薬には肝臓がアルコールを分解するのを阻害してしまう成分が含まれていると言われているので注意が必要です。

・空腹時
料理と一緒にお酒を飲むときは、アルコールと一緒に食べ物の栄養素も体に吸収されるので酔うスピードも比較的ゆるやか。

ですが、空っぽの胃の中にお酒を流し込めば、胃や腸はダイレクトにアルコールを吸収することになり当然酔うスピードも早くなります。

・血行が促進されている時
肝臓で分解し切れなかったアルコールは心臓に送られ血液と共に全身を巡ります。

そうしてアルコールが脳に到達して脳が麻痺した状態が、「酔っている」ということになるのです。

ちなみに、飲んだアルコールが脳に到達するまでには30分~1時間程度かかります。

ただし、血液の流れが早いとアルコールが脳に到達する時間も早まるので酔いやすくなると言えるでしょう。

例えば、入浴後や運動をした後などは体が温まっていると感じると思いますが、これは血行が良くなっている証拠であり、そういった状態でお酒を飲むといつもより酔いやすい訳です。

他にもリラックスした状態のときは緊張していたり興奮しているときと比べ血行が良くなるので、家で1人でお酒を飲むときや気心の知れた仲間と飲むときは酔いやすいかもしれませんね。

逆に、緊張感がある場所で飲むと全然酔えないのは、緊張により血流が悪くなっている=アルコールが全身に回りにくくなっているから酔いにくいのです。

ちゃんぽんにする

ちゃんぽんするのも次の日に記憶がなくなる飲み方と言えます。

ちなみに「ちゃんぽん」とは、1杯目にビール2杯目にワイン、次は日本酒でその後にカクテルやサワー…といった感じで違う種類のお酒を飲むことです。

そうやって次々と種類を変えると飲んだ量が分かりにくくなり、さらに味が変わることで量も沢山飲めるから酔いやすくなってしまうという訳ですね。

つまり、同じお酒をずっと飲み続けた方がセーブしやすい(=酔いにくい)ということでもあります。

ただし、ちゃんぽんをしてもその人の適量内であれば、酔いが急に回ったり次の日に記憶がなくなることはありません。

これはあくまで、ちゃんぽんしたせいでいつもより飲み過ぎてしまった場合の話になります。

様々な種類を飲み比べすると酔いやすく記憶が飛びやすい!

お酒好きな人なら特に「色々なお酒を楽しみたい!」という気持ちがあると思いますし、色々なお酒が揃っているのを見たらつい飲み比べをしてみたくなりますよね?

そうでなくても、周りに「このお酒、美味しいよ!」「このお酒はあなたも気に入ると思う」などと勧められたりすれば、誰だって「飲んでみようかな…」という気持ちになるでしょう。

ですが、そこであれもこれもと欲張ってしまえば、当然飲み過ぎになってしまいます。

ちゃんぽんしたり飲み比べが悪い訳ではありません。

先程も説明した様に適量内なら問題ないので、そういう飲み方をする際はくれぐれも記憶をなくすまで飲まない様にいつも以上に気を付ける必要があります。

一気飲み

一気飲みは酔って記憶をなくしやすいという問題以前に、急性アルコール中毒の危険が高まるので避けましょう。

一気飲みをすると短時間で大量のアルコールを摂取することになるので、肝臓の分解機能が追いつかず血中のアルコール濃度が急上昇すると同時に、脳が急に麻痺してしまい昏睡期の状態になってしまうのです。

急性アルコール中毒になると記憶の抜け落ちだけでなく、頭痛・めまい・吐き気・呼吸困難・動悸・筋肉の壊死・胃の中の出血による吐血などの症状を引き起こすだけでなく、最悪の場合は命を落とす危険もあります。

ちなみに、急性アルコール中毒は血中のアルコール濃度の上昇によって発生するので、お酒が強い弱いは関係ありません。

どんなにお酒に強い体質でも、一気飲みや通常より早いペースで飲み続ければ急性アルコール中毒になり得るという訳です。

コールに応えてしまった

職場の飲み会や合コンなどでは、場を盛り上げる為にコールを行うことがあると思います。

そんな周りからのコールに応えるべく、つい一気飲みをして記憶をなくしてしまう人は少なくありません。

コールには手拍子や合いの手が入り、指名された人はまさに飲まざるを得ない状況になりがちです。

実際、その場の空気を壊したくなくて無理に飲んでしまう人もいるでしょう。

コールで指名された場合は、無理に一気飲みはせず程々のところでグラスから口を離すのが安全ですね。

「一気しろよ~」などと文句を言う人もいるかもしれませんが、飲んでいる時に辛そうな表情を作ったり、飲んだ後に「これ以上は無理です!」ときっぱり言えば、相手も許してくれるはず。

さらに、飲ませる人へのヨイショが入るコールや有名な曲の替え歌コールでは、飲む人を気分良くさせ調子に乗らせたり、リズムに乗せて沢山飲ませたりすることができますが、特に「みんなの期待(=コール)に応えたい!」と考える人に使うのは、まさに危険行為と言えます。

そのまま飲ませ続ければ、冗談でなくその人を死に追いやってしまう恐れがあるので、自分が飲む側のときだけでなく飲ませる側のときも注意しなければなりません。

無理に飲んでしまった場合も・・・

上でも話しましたが、先輩や上司に「飲め」と言われ断れなかったり、無理に飲んでしまうというケースも少なくないでしょう。

一緒に飲む相手が理解ある人なら良いですが、中にはお酒を断ることで悪い印象を抱く人もいますからね…。

ですが、そこで無理をしても良いことなんて1つもありません。

そもそも、仮に無理にお酒を飲んで相手に迷惑を掛けた上、記憶を飛ばし自分では酔っていた時のことを全く覚えていない…という方がよっぽど相手に悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

断るのが苦手という自覚があるなら、上手な断り文句をいくつか事前に用意するなどの対策を取るべきでしょう。

あるいは、グラスを空にしない作戦も効果的です。

グラスの中身を常に3分の2程度残しておけば、周りからお酒を継がれても飲む量は少なくて済みます。

周りの人と話したり料理を食べる振りをして、お酒はちびちび少しずつ飲むのがポイントですよ。

記憶を無くした次の日の5個の対処法!すぐに行動しよう!

「昨日の記憶がない…」と気づいたとき、恐らく多くの人が不安な気持ちに駆られるのではないでしょうか?

ただ、中には「そうなってしまうのは自業自得だし仕方がない」と考える人もいるかもしれません。

しかしそれは、心のどこかで「自分には縁のない話だ」などと思っているからではないでしょうか。

上でも話した通り、お酒で記憶をなくしてしまうことはお酒を飲む人なら誰にでもあり得ることです。

いざ自分がそういう状況に陥ってしまったとき、果たしてそんな風に割り切ることができるでしょうか?

状況にもよるかもしれませんが、「記憶がない」となれば不安や焦りでパニックになってしまってもおかしくないはず…。

それに、もし何かトラブルを起こしていた場合、「仕方がない」などと開き直っている場合ではありませんよね?

実際、お酒による失敗例を挙げればキリがありません。

例えば、何かしらのトラブルに巻き込まれ危険な目に遭ったり、酔って醜態を晒したり、とんでもない失態を招いたり、周りの人達に大迷惑を掛けたり…。

つまり、「記憶がない」と気付いた時点で、すぐに昨日何が起こったのか確認すべきなのです。

という訳で、“記憶を無くした次の日の5個の対処法”をご紹介します。

みなさんも、そういう状況に陥ったらまずは落ち着いて、以下の対処法を実践してみて下さい。

1.友達や同僚に聞く

昨日の記憶がないことに気付いたら一緒に飲んでいた人、友達や同僚などに記憶がないときの状況を聞いてみるのも対処法の1つです。

一番に確認すべきは、「記憶がないときの自分はどういう状態だったのか」ということと、「自分は周りに迷惑を掛けていなかったか」ということでしょう。

ただし、聞く相手によってはこちらに気を使って、「(本当はものすごく迷惑を掛けられたけど…)特に何もなかった」などと誤魔化される可能性もないとは言い切れません。

特に相手が後輩だと気を使わせてしまうかもしれません。

できれば一緒に飲んでいた人数人(少数であれば全員)、あるいは本当のことをズバッと言ってくれそうな相手に確認するのが確実かもしれませんね。

2.思い出す

1対1のさし飲みで確認し辛い相手だった場合は、どの様な行動を取ったのか頑張って自分で思い出すしかありません。

記憶がない時のことを集中的に考えてもそう簡単には思い出せないと思うので、まずは昨日の記憶を順に辿ってみましょう。

あまり関係のなさそうな事がヒントとなる場合もあるので、思い出せることをできるだけ細かく具体的に確認していくのがポイントです。

紙に書き出してみるとより頭の中が整理され効果的かもしれませんね。

昨日は誰と何処でいつ頃、何のお酒をどの順番で飲んだか、食べた料理や一緒に飲んでいた人と話した内容など、とりあえず覚えているところまで一通り思い出してみます。

何か1つでも思い出すことができれば、そこから数珠つなぎで全ての記憶がよみがえるかもしれません。

さらに、家の中に昨日の事を思い出す形跡がないか探したり、携帯に昨日の写真や連絡などが入っていないか確認したりするのも忘れずに。

それから、昨日自分が着ていた服や身に着けていた小物、または飲んでいた場所を見る(お店なら公式HPなどで内装の写真が掲載されている可能性が高い)ことで、ふっと記憶が戻ることもあるでしょう。

3.謝る

一緒に飲んでいた人に何か迷惑をかけていた場合は、その相手に謝るのが先です。

時間を空ければ空けた分、「あんなに迷惑を掛けておいて、全然謝りに来ない!」と、相手の怒りも増してしまうでしょう…。

例え迷惑を掛けていなかったとしても記憶がなくなる程に酔っていたのは事実なので、一緒に飲んでいた人には一応謝っておいた方がいいかもしれませんね。

特に迷惑を掛けたのが上司や先輩など、目上の人だった場合は直ぐに謝るのが常識です。

誠意をもって謝れば相手に悪い印象を残すこともないでしょう。

それに、その人に飲まされたのが原因だった場合は相手にも責任があるので、相手自身も少なからずお酒を勧めてしまったことを反省しているはず。

どんな迷惑を掛けてしまったかにもよるかもしれませんが、しっかり謝罪すれば相手もきっと「お酒の失敗だから仕方がないか…」と許してくれるでしょう。

4.どの様にして酔ったのかメモをする

記憶がなくなった時の事を確認し一緒に飲んでいた人達に謝罪したら、どの様にして酔ってしまったのかメモを残しておくのも大切です。

例えば…
・どんな状態で飲んだのか(体調不良はなかったか、疲れてはいなかったかなど)
・何のお酒をどんな順番で、どのくらいの量飲んだか
・飲むペースは普段と比べてどうだったか
・飲む相手や雰囲気はどうだったか(リラックスして飲める相手だったり、楽しくてテンションの上がる雰囲気だったりはしなかったか)
・飲み過ぎてしまうきっかけはあったか(コールをされた、嬉しい事があった、人に褒められたなど)

記憶がなくなってしまう程に酔った原因を探ることで、飲み過ぎへの対策が練りやすくなりますし、次のお酒の席では上手くセーブすることができるはずです。

5.物の確認をする

記憶がないときは身の回りの物を確認してみましょう。

トラブルに巻き込まれていないか確認する必要がありますし、昨日の事を思い出すヒントになるかもしれません。

特に記憶がない時に何か買ったりしていないか、貴重品などが無くなっていないか、チェックしてみて下さい。

酔ってるときに高価な物(しかも不要な物)を衝動買いしているとか、酔っている隙を狙われて財布を盗まれてしまうなんて事も珍しくありません。

そして、もし異変に気付いたらすぐに適切な対処を行う様にしましょう。

飲みすぎで記憶を無くしたら先ずは確認をしよう!

今回は、“記憶を無くしてしまう原因”と“飲みすぎて記憶をなくした次の日の5個の対処法”をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

成人を迎えると(特に社会人や学生は)お酒を飲む機会も自然と増えるものです。

普段からお酒は一切飲まない、あるいはお酒は全く飲めないという人は別ですが、少しでもお酒を飲む人だと周りから飲まされることもあるでしょう。

なので、「飲み過ぎで記憶をなくすなんて、自分には関係ないだろう…」などと油断はできません。

上でも説明しましたが、実際に記憶がなくなってしまったときは、何が起こったのかすぐに確認しましょう!

仮に何か問題が起こっていた場合、それ以上被害が拡大する前に相応の対処をしなければなりません。

みなさんも飲み過ぎにはくれぐれも気を付けて、それでも記憶が飛んでしまったときは今回ご紹介したことを思い出してみて下さいね!

ページトップ