みなさんは記憶がなくなるまでお酒を飲んだ経験がありますか?

「周りに酒を勧められて、○杯目を飲んだあたりから記憶がない…」とか「○○さんと他のお店に移動したところまでは覚えているけど、そこからどうしたんだっけ…?」なんて事も1度はあるかもしれませんね。

仮に記憶をなくすまでお酒を飲んだとしても、特に何もトラブルが起きなかったのであれば良いのです。(それでも飲み過ぎは体に悪いので適量に抑えるのが理想ですが…)

しかし、お酒を飲んでいた時にとんでもない事をしでかしていた場合は大問題!

例えば、職場の飲み会で上司や先輩に向かって暴言を吐いたり、人には絶対に知られたくない秘密を大勢の前で自ら暴露してしまったり…。

しかも、そのことを自分ではすっかり忘れているとなれば…考えただけでゾッとしますよね?

飲み過ぎて昨日の記憶がないという状況になれば、「酔った勢いで何かまずい事をやらかしてはいないだろうか…」と、誰だって多少は不安になると思います。

特に、「目覚めたら知らない場所にいた…」とか「全く知らない人から身に覚えのない内容の連絡が入っている…」など、状況によっては恐怖や不安でパニックになり、どう対処すれば分からなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、“飲みすぎて記憶をなくした次の日の5個の対処法”をご紹介したいと思います!
これを覚えておけば、実際にそういう状況に遭遇したときに冷静な判断と適切な行動が取れるはずです。

「記憶がない・・・」とショックを受けることも多い

「お酒を飲み過ぎて前日の記憶がない…」そういった状況に慣れている人はともかく、慣れていない人にしてみたら相当な衝撃でしょう。

いくら自分の事でも、翌日に記憶をなくす程ベロベロに酔っ払ったときの自身の言動なんて想像がつかないでしょうし、酔って理性や自制もまともに効かなくなっている状態では、失敗やトラブルを起こす恐れも非常に高いということは誰だって考えつくはず…。

何より、自分の事(しかも昨日起こった事)なのに全く思い出せないというのがショックだと思いますし、その事実は不安や恐怖を余計に煽るものになると言えます。

記憶がないと分かったとき、本人の頭の中は「一緒に飲んでいた人達に迷惑を掛けていないだろうか…」「誰かに失礼な態度を取って相手に悪い印象を与えていないだろうか…」という焦りと不安、それから、記憶がなくなるまでお酒を飲んでしまった事への後悔で一杯になってしまうでしょう。

ですが、お酒を飲み過ぎて記憶をなくしてしまう人は少なくありません。

記憶がないことに気付いてから「どうしてあんなに飲んでしまったんだ…」と後悔し、過去の自分をいくら責めたところで時間を巻き戻すことはできませんし、事態だって好転しないのです。(ただし反省することは大切ですよ?)

だからこそ、飲みすぎて記憶をなくしたときの正しい対処法をここで知っておくべきだと言えるのではないでしょうか?

記憶を無くしてしまう原因とは?


「記憶がなくなるまで酒を飲んだ」という他人の話を聞くことはあるでしょうが、これを見ている人の中には、「記憶がなくなるまでお酒を飲むことはないし、自分には関係のない話だ…」と軽く考えている人もいるかもしれませんね。

ですが、お酒を飲み過ぎて記憶をなくしてしまうことは、(少しでもお酒を飲む人なら)誰にでもあり得ることなのです。

「飲む量やペースをセーブすれば大丈夫なんじゃない?」という声も聞こえてきそうですが、実はそういったことに配慮していても記憶が飛んでしまうケースもあります。

確かに1人で飲む時はコントロールもしやすいでしょう。

ですが他人と飲むときは、“飲まざるを得ない状況”になってしまうことも…。

自分で注意するのはもちろん大切です。

でも、量やペースをセーブするだけで完璧に防げるのなら、悩む人はもっと少ないと言えるでしょう。

その証拠に、いつもより飲む量が少なくてもペースがゆっくりでも、記憶がなくなるまで酔ってしまうことだってあります。

では、その様に“記憶を無くしてしまう原因”とは何なのでしょうか?
以下にまとめてみました!

飲みすぎ

お酒を飲み過ぎれば当然、次の日に記憶をなくす可能性も高まります。

お酒をよく飲む人だけでなく普段はあまり飲まない人も、“飲まなくてはいけない状況”では普段の量を軽く上回ってしまうこともあるでしょう。

例えば、目上の人や職場の取引先の人などにお酒を勧められたときは無下にもできませんよね?

もちろん嫌がる部下に無理やりお酒を勧めるのはパワハラになりますが、お酒が入って状態だと相手も酔ってそこまで気が回らず、つい部下に飲ませてしまうことも珍しくないのです。

また、こちらがその場で上手く断れれば良いのですが、断ることで相手の印象を悪くしてしまう恐れもあるので、きっぱり断れる人は少ないでしょう。

結果、普段以上に飲み過ぎて次の日に記憶をなくしてしまうことがある訳ですね。

そもそも、普段あまり量を飲まない人は、自分の限界(=酒の強さ)を分かっていない傾向にあります。

そういったギリギリのラインを把握できていない人や、「このくらいの量なら飲んでも大丈夫だろう」と自身の酒の強さを過信している人は、油断をすると飲み過ぎてしまう恐れがあるので要注意かもしれませんね。

セーブが効かない

お酒を飲み過ぎてしまうのは、セーブが効かなくなってしまうのも一因と言えます。

お酒を飲む前は「飲み過ぎない様にしないと!」と考えていても、実際に飲み始めるとだんだんコントロールができなくなってしまうことも珍しくないでしょう。

お酒が入ると気分が開放的になりますし、お酒の席というのは基本的に明るく賑やかで楽しいものなので、そういった雰囲気も相まってテンションも上がりやすくなっています。

さらに、酔うと理性や自制が効かなくなってしまうので、最初は「飲み過ぎない様に」と気を付けていても最終的には飲み過ぎてしまうこともあるという訳ですね。

「毎回セーブできずに飲み過ぎてしまう」という人は、セーブができない理由を把握しておくことも大切です。

考えられる理由としては、以下の様なものが挙げられます。

・単にお酒が大好きだから
・酔ったときの感覚が好きだから
・自分の限界が分からないから
・雰囲気にのまれやすいから
・周りにお酒が強いとアピールしたいから
・酔いが回りやすい(自制が効かなくなってしまう)から
・気を使って周りのペースに合わせているから
・特に制限を設けていないから
・お酒の席が苦手で勢いをつけるために飲んでいるから
・周りに勧められたときに上手く断れずに飲んでしまうから
・お酒を飲むことでストレスを発散しているから
・アルコール依存症などの病気

お酒をセーブできない原因が明確なら対策も立てられるはずですし、「“毎回”飲み過ぎてしまう」ということはなくなるでしょう。

調子にのって飲むと記憶を飛ばしてしまう!

これは先程の話とリンクするのですが、調子に乗って飲むとセーブが利かず次の日に記憶を飛ばしやすいと言えます。

例えば、後輩から「お酒強いですね!」とおだてられ、「まだまだ余裕だから!」などと言って調子に乗って飲んだ結果、次の日には記憶がない…というのもあるあるでしょう。

そういうのはお酒に慣れていない元気な若者に多いイメージがあるかもしれませんが、普段お酒の失敗をあまりしないいい年をした大人でも、調子に乗って飲み過ぎてしまう事は十分にあり得るので気を付けなければなりません。

特にお祝いやイベントでお酒を飲むときや何か良い事があって嬉しいときなどは、テンションも上がって調子に乗りやすくなっているので要注意です。

調子に乗っている時というのは、普段の判断ができなくなっている状態にあるとも言えます。

いつもは「酔って具合が悪くなったらどうしよう」とか「周りに迷惑を掛けたら…」と考え徹底的にセーブしている人も、調子に乗っているときはそういった心配が頭から消えてしまいがちなのです。(不安はあっても、「まぁ、何とかなるだろう」「その時はその時だ!」などと無駄にポジティブになっている可能性が…)

お酒の席だけでなく普段から調子に乗りやすい性格の人や場の雰囲気に流されやすい人は特に注意した方がいいかもしれませんね。

疲れている


「自分はお酒に強いからそう簡単に記憶がなくなることはない」とか「いつもならこのくらい飲んでも酔わないから大丈夫!」と思っていても、疲れている時というのはアルコールが回りやすくなっているので注意が必要。

つまり、お酒の強さや飲むペースに関係なく、体が疲れていると酔いやすく記憶も飛んでしまいがちということです。

実感がなくても疲れは蓄積されているものなので、例えば、仕事・勉強・家事・育児などで忙しい日々が続いているとき・激しい運動をした後・徹夜をして睡眠不足に陥っているとき・生活習慣(特に食事)が不規則なときは体が疲れている可能性が非常に高いので、気を付けなければなりません。

そういうときは、いつもより飲む量が少なくてもペースがゆっくりでも次の日に記憶がなくなるまで酔ってしまう恐れがあるので、できるだけ飲酒を避ける、または、飲むとしても量をかなり控えた方がいいでしょう。

そもそも疲れていると普段より酔いやすい理由は、主に肝臓の働きが関係していると言えます。

知っている人も多いと思いますが、アルコールは肝臓で分解されるものです。

ただ体が疲れていると、肝臓の働きが衰えアルコールの分解機能も低下してしまいます。

そうやって肝臓で処理し切れなかったアルコールが血液に流れ全身(特に脳)に運ばれることで酔いやすくなってしまう訳です。

疲れているとき以外の酔いやすい体の状態

お酒の種類・度数や飲み方によって酔う速度が変わるのは当たり前ですが、同じ種類・度数のお酒で同じ飲み方でも体が疲れているときは酔うスピードが早いという話をしました。

実は疲れているとき以外にも、お酒に酔いやすい(=記憶をなくしやすい)状態があるのです。

ここではそんな酔いやすい状態をいくつか挙げておきたいと思います。

みなさんも以下の状態の時はできるだけ飲酒を控える様にしましょう。

・体調不良のとき
寝込んでしまう程具合が悪いときにお酒を飲む人はあまりいないと思いますが、風邪気味や軽い頭痛や腹痛(生理痛や下痢など)があるときに飲み会などでお酒を飲むことはあるのでは?

しかし体調が悪いときの飲酒は、普段より酔いやすいだけでなく体調不良を悪化させてしまう恐れがあるので、お酒は控えるのがベターです。

具合が悪い=体が弱っているということは当然、内臓の一つである肝臓が弱っている証拠。
(後は「体が疲れている時は酔いやすい」という話で説明した通り)

・薬を飲んでいるとき
具合が悪いときは薬を飲むこともあると思いますが、服用するものによっては、お酒を飲んだときに酔いやすくなってしまう可能性があります。(※もちろん、薬とお酒を一緒のタイミングで飲むのはNGですよ?)

これは、肝臓で薬とアルコールの両方を分解しなければならないから。

両方分解するとなると肝臓には大きな負担が掛かるだけでなく、基本的にはどちらか片方の分解が優先されるので、処理しきれなかった方の成分が体に悪影響を起こしてしまう恐れがあるのです。

例えば、アルコールの分解が優先され薬が体内に長く残った場合は薬が強く効きすぎたり副作用が出てしまう恐れがあり、薬の分解が優先されてアルコールが体内に長く残った場合は酔いやすくなってしまうということ。

特に頭痛薬には肝臓がアルコールを分解するのを阻害してしまう成分が含まれていると言われているので注意が必要です。

・空腹時
料理と一緒にお酒を飲むときは、アルコールと一緒に食べ物の栄養素も体に吸収されるので酔うスピードも比較的ゆるやか。

ですが、空っぽの胃の中にお酒を流し込めば、胃や腸はダイレクトにアルコールを吸収することになり当然酔うスピードも早くなります。

・血行が促進されている時
肝臓で分解し切れなかったアルコールは心臓に送られ血液と共に全身を巡ります。

そうしてアルコールが脳に到達して脳が麻痺した状態が、「酔っている」ということになるのです。

ちなみに、飲んだアルコールが脳に到達するまでには30分~1時間程度かかります。

ただし、血液の流れが早いとアルコールが脳に到達する時間も早まるので酔いやすくなると言えるでしょう。

例えば、入浴後や運動をした後などは体が温まっていると感じると思いますが、これは血行が良くなっている証拠であり、そういった状態でお酒を飲むといつもより酔いやすい訳です。

他にもリラックスした状態のときは緊張していたり興奮しているときと比べ血行が良くなるので、家で1人でお酒を飲むときや気心の知れた仲間と飲むときは酔いやすいかもしれませんね。

逆に、緊張感がある場所で飲むと全然酔えないのは、緊張により血流が悪くなっている=アルコールが全身に回りにくくなっているから酔いにくいのです。