わがままに生きていると、周りからは「わがままに生きるのは良くない!」と批判されてしまうことがあります。

集団生活の中で皆がそれなりに協力しているのに、一人だけ好きに生きている人がいれば、文句を言われるのは仕方がないかもしれません。

けれども時には、自分の思う通りに生きることも必要でしょう。

わがままに生きるためにはどうしたらいいのか、またわがままに生きることによるメリットをご紹介します!

わがままに生きる7個の方法!こんな方法があります!

子どもの内はわがままに過ごしていても、ある程度は周りが見逃してくれます。

しかし、大人になってからもわがままに生きようとすると、周りはそれを非難したり、わがままに生きることを許さなかったりするでしょう。

大人になると、誰でも「協調性を持って生きるのが当たり前」や「自分勝手に生きて周りに迷惑をかけないのが普通」といった考えを持つようになります。

そしてそれが正しいことだと信じ込むため、周りでわがままに生きようとする人を見つけたら、堂々とその相手を攻撃します。

確かに大人になると、物事に対する分別や、時には周りに迷惑をかけないように気を付けて振舞うことなどが求められます。

しかし、個人の生き方に対してまでそれを強要するのは正しいことではありません。

しかしそれが分からずに、「大人はわがままに生きるべきではない」と思い込んでいる人が、周りの人にもその考えを押し付けてしまうことがあるでしょう。

自分の人生は自分だけのものですので、時にはわがままに生きて、後悔しないように人生を楽しむことも必要です。

どんな風に生きればわがままな自分を楽しめるのか、おすすめの方法をご紹介していきます!

1.やりたいことをやる!

わがままに生きようと思うなら、自分がやりたいことを思いついた時には即時行動に移しましょう。

映画が観たくなったら観に行く、買い物がしたくなったら出かけるなど、自分がやりたいことを思いついた時には、その欲求を我慢することなく発散させましょう。

それがどんなに些細なことであれ、自分がやりたいことの大半を叶えることができていれば、それだけストレスは少ないですし、充実感や幸福感を得ることもできるでしょう。

毎回でないのなら、たまには自分の欲求を満たすために有給を使ったり、思い切って他の予定を全てキャンセルしてしまったりするのも良いでしょう。

たまになら、周りの人たちにもそこまで迷惑をかけることはありません。

やりたいことをとことん突き詰めることで、「自分は好きに生きている!」と少なからず実感できることでしょう。

仕事も恋愛も自分のやりたいようにやる


会社によって仕事のやり方は決まっていますので、仕事ではあまり自分のやりたいように取り組むことができないかもしれません。

けれども、結果さえ出せればやり方は社員一人ひとりに任せているという会社の場合には、自分で好きなように仕事のやり方を決めることができます。

どんな風にスケジュールを組んで、どんな風に仕事を進めていくのか、やり方をわがままに決められるのなら、それだけ仕事でも成果が出しやすくなるでしょう。

また、仕事だけでなく恋愛でも自分のやりたいように振舞えれば、いつでも楽しく充実した恋愛を送ることができるでしょう。

色んな人と楽しみたいのなら、浅く広く異性と付き合えばいいですし、一人の人とずっと熱い恋愛をしていたいのなら、そのようにすれば毎日楽しめるでしょう。

ただし恋愛でも仕事でも、自分と関わる人たちの存在がありますので、周りの人たちにどう思われるのかはきちんと覚悟しておいた方がいいでしょう。

誰に何を思われてもいいと思うのなら、思いきり自由に振る舞えばいいですし、ある程度周りと上手くやっていきたいと思うなら、わがままはほどほどにした方がいいでしょう。

欲しいものは手に入れる

わがままに生きようと思うのなら、自分が欲しいと思ったものは積極的に手に入れていきましょう。

例えば欲しい服や鞄があるのなら、それを手に入れるために頑張ってお金を稼ぐべきですし、また手に入れたい人がいるのなら、その人と親しくなるためのあらゆる努力をするべきでしょう。

もしも手に入れたいものが物ではなく人であるのなら、略奪愛や権力を盾にしてなどの強引な手法で手に入れた後には、相手から酷く嫌われたり、周りの人間に何かしらの報復をされたりするリスクは覚悟しなければなりません。

自分が誰にどんな風に思われても、また何をされてもいいと思うのなら、思うままにわがままに振る舞うのもいいでしょう。

しかし自分が周りの人たちと上手くやっていきたい気持ちや、自分が求める相手に同じように自分も求められたいと思うのなら、相応の手段を選択する必要があるでしょう。

2.嫌なことはやらない!

嫌なことを我慢することで忍耐力は身に付きますが、世の中にはどんなに我慢したところでその忍耐力が活かされないこともあります。

例えば自分の周りに嫌いな人がいた場合、その相手と接するたびに強いストレスを感じますし、相手の存在によって自分が振り回されてしまったり、上手くいかなかったりすることがあります。

それでも人間関係の輪を乱したくなくてずっと自分だけが我慢していた結果、ふとしたことで向こうの方からこちらを見限った場合に、ほっとするのと同時に「こんなに簡単に関係が終わらせられたなら、今までの苦労は一体何だったんだ?」と虚しさに襲われることがあるでしょう。

一生懸命に我慢して、耐えて、それなのに結果的に自分が得られるものが何もなかったとしたら、我慢していた分だけ損をすることになります。

そんな無駄な損をしないためにも、あまりに嫌だと思ったことは思い切ってやらないという選択をしましょう。

もちろんやらないことを選択した後のリスクは覚悟しなければなりませんが、自分がどうしても嫌なら時にはやらないことを選ぶことも必要です。

やりたくない仕事は辞める

仕事をしていれば嫌なことはたくさんあります。

ほとんどの人たちは嫌なことでも我慢して仕事をしていますので、「やりたくないからやらない」という選択をしようとすれば、怒涛の批判にさらされてしまうでしょう。

好きな仕事であっても時には嫌なことがあるくらいですので、好きでもない仕事や、元々不向きな仕事の場合にはより「やりたくないなぁ」と思うことが多いでしょう。

お金を稼ぐためにはやりたくないことでもやらなければなりませんが、もし本当にどうしてもやりたくないと思うのなら、またそれを毎日のように思っているのなら、思い切って今の仕事を辞めてしまいましょう。

転職活動をして、いつでも辞められる状態を整えておき、限界がきたら辞めればいいのです。

今の会社を辞めたところで、あなたの人生が終わってしまうわけではありません。

また、今の会社に骨をうずめるつもりもなければ、大きなストレスを抱えてしまう前にさっさと会社を辞めてしまいましょう。

するとストレスがなくなって、開放的な気持ちになれるでしょう。

つまらない誘いは断る


年に一度の忘年会や新年会、また歓送迎会には出た方が無難ですが、そうした特別な意味を持たない親睦会やただの飲み会であれば、断ってしまってもいいでしょう。

毎回誘いを断っていると「あいつは付き合いが悪い」などと陰口を叩かれてしまうこともありますが、つまらない誘いに乗って無駄に時間とお金を消費して、さらに心身まで疲労してしまうよりは、きっぱりと誘いを断って、その時間を自分の好きに過ごした方がいいでしょう。

会社ではある程度の付き合いも必要ですが、毎回それに従っているとプライベートの時間がなくなってしまいますし、また面倒臭い人間関係の輪に組み込まれて、がんじがらめになってしまいます。

人によっては付き合いが多いことで家庭に悪影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。

どうしても仕事上の付き合いが気になるのなら、数回に一回は誘いに乗るようにして、それ以外のつまらないと思える誘いは全部断ってしまいましょう。

例え陰口を叩かれたとしても、ハッキリと態度に示すことで周りも必要以上の誘いはしないようになるでしょう。

3.会いたい人に会う

自分が会いたいと思う人がいるのなら、その人に会って楽しい時間を過ごしましょう。

「会いたいけど、相手が忙しくないかな」や「迷惑じゃないかな」などと、相手を気遣い過ぎてしまうと、いつまで経っても自分から誘いをかけることはできませんし、会えるまでに長い時間がかかってしまうでしょう。

会いたいと思ったなら、まず連絡をしてみましょう。

いきなり会えるか誘いをかけるのに抵抗があるのなら、「久しぶり!元気?」などとたわいもない会話からしていき、相手の返信の反応が良ければ会えないか誘いをかけましょう。

自分が会うのは、一緒にいて楽しいと思える人だけで十分です。

人間関係や付き合いを気にしていると、嫌な人とでも渋々顔を合わせなければなりません。

そうなっては自分の貴重な時間を割いてまでストレスを溜めることになりますので、あくまでも自分が会いたい時に、会いたい人とだけ連絡をとって楽しい時間を過ごせるようにしましょう。

4.誰かに甘える

誰かに甘えるのは、子どもだけの特権ではありません。

いい大人になってからも時には誰かに思い切り甘えたくなりますし、また甘えてしまっても良いでしょう。

例えば自分の家族であれば、わがままを言ったり甘えたりしても無償で受け止めてくれるでしょう。

また、親しい友人にも甘えることはできますし、恋人がいれば時にはベッタリと甘えることで、お互いに信頼関係や愛情を示すこともできるでしょう。

赤の他人にいきなり甘えることは難しくても、家族や恋人、友人などの親しい関係の人に対してなら、普段は見せないわがままや甘えた態度をとることもできますし、甘えた行動を非難されることもないでしょう。

口では「いい歳をして甘えるなぁ」と言われても、そう口にする相手の顔はきっと笑っていることでしょう。

自分が心から甘えられる相手がいるのなら、甘えられる内に甘えておきましょう。

5.失敗も受け止める

自分に厳しい人や完璧主義の人は、仕事や何かで失敗をしてしまうと、失敗した自分を執拗に責めたり、またはそんな失敗などなかったものとして認めなかったりすることがあります。

自分に厳しいのは自己の成長に繋がりますが、あまりに厳し過ぎては自分で自分に対してストレスを与えてしまうことになります。

また、失敗した自分が許せなくて現実逃避をしたとしても、結局はその事実が重みとなって圧し掛かってくるため、余計に自分を苦しめてしまうだけでしょう。

例えどれだけ大きな失敗をしてしまったとしても、そんな自分を反省はしても責めることはなく、失敗を素直に受け止める努力をしましょう。

素直に失敗した自分を受け止めることができれば、心に感じる負担も小さくなりますし、さして時間をかけずに前向きに気持ちを切り替えられるようになるでしょう。

それも自分なんだから仕方ない

失敗してしまったことを後悔したり、悔しがったりする人は少なくありません。

けれども、いつまでもその失敗を引きずっていては、前に進むのに時間がかかってしまいます。

ある程度の自己反省は次へ進むために必要ですが、必要以上に後悔に時間をかけてしまうのは逆効果ですし、人によっては失敗がトラウマとなってしまうこともあります。

失敗してしまったことは変えようのない事実ですので、後悔し続けたところでその事実を失くすことはできません。

ならば早めに失敗した事実を受け入れて、「失敗してしまったことも含めて自分なのだから仕方がない」と自分の中に収めてしまうことで、気持ちを次に切り替えていけるようになるでしょう。

次頑張ればいい

一つの失敗をいつまでも引きずっていると、失敗するたびに長々と後悔する羽目になりますし、反省して次へ活かすのにも時間がかかってしまいます。

失敗してしまったのなら、それが大なり小なり失敗という事実には変わりありませんので、「いつまでも後悔しても仕方がない。

次頑張ろう!」と自分の中で気持ちを切り替えることが大切です。

人生はそれなりに長く、失敗しても挽回する機会は次々とめぐってきます。

「また失敗したらどうしよう・・」と自ら機会を見逃すのではなく、「さっさと挽回してしまおう!」と自ら機会を掴みとって、前回の反省を活かして次は成功させるように努力します。

早く挽回できればそれだけ心の負担も軽くなり、前向きな気持ちを持つことができるようになるでしょう。

6.作り笑いをしない

学生の頃から、周りの人たちと上手くコミュニケーションを取っていくために、何かと作り笑いをしていた人もいるでしょう。

社会に出ればさらに愛想笑いやお世辞を言う回数は増え、社交辞令なるものも頻繁に使わなくてはなりません。

社会の中で上手くやっていくためには愛想笑いが必要な時もありますが、毎回のように作り笑いをしていると、顔では笑っても心に感じるストレスはどんどん増えてしまうでしょう。

作り笑いというのは、その場を上手く収めるためには必要ですが、必要以上にヘラヘラと作り笑いをしていると、接する相手に舐められたり、「自分がない」と思われてしまったりします。

必要な場面では最低限のみ作り笑いを浮かべても、それ以外では極力無理して作り笑いをするのは止めましょう。

周りで堂々と自分の感情を曝け出している人を参考にして、自分も喜怒哀楽をしっかりと主張していきます。

自分の感情を誤魔化さずに出すことができれば、それだけ精神的な負担も減らすことができるでしょう。

人に気を遣いすぎない

作り笑いをついしてしまう人は、常に他人に気を遣って生活しています。

一緒にいる相手の気分を害さないように、自分も楽しいのだとアピールするために作り笑いを浮かべているのですから、「嫌われないように」「相手の気分を害さないように」と内心では思いながら作り笑いを浮かべることが多いです。

例えばそれが職場の上司や取引先の人間であれば、作り笑いをする必要もあるでしょう。

しかし、自分と対等の人や、プライベートでもいちいち作り笑いを浮かべていると、周りの人たちからは下に見られてしまったり、八方美人に思われてしまったりします。

何よりも自分が人付き合いをする上で酷く疲れてしまいますので、人に気を遣い過ぎないように意識して、作り笑いをしそうになったら止めるようにしましょう。

7.泣きたいときは思い切り泣く

子どもの頃は自分の感情に素直に従い、怒る時には思い切り怒り、悲しい時には思い切り泣き喚いていたでしょう。

それが大人になると、安易に人前で涙を流して泣くことはみっともないとされ、羞恥やみっともなさから悲しくても中々泣くことが出来ないという人が増えています。

悲しい時には涙が出てくるのは当たり前ですが、それを無理に我慢したり、泣くのを抑えたりし続けていると、思いきり感情を発散できないことによってストレスが溜まってしまうでしょう。

確かに人前で泣くのは良くない場面もありますが、何でもかんでも泣くのを直ぐに我慢してしまうと、周りの人の視線や評価を気にして自分の感情を出せなくなってしまいます。

そうして自分らしさを失ってしまうよりは、泣きたいと思った時には思い切り泣いた方が気持ちもスッキリしますし、また自分の感情を素直に他人に対しても伝えることができます。

羞恥やみっともなさを気にするというのなら、極力人が少ない場所や、一人の空間で思い切り泣きましょう。

たくさん涙を流し、心に溜まった鬱憤を全て外に出してしまえば、泣き終えた後にはスッキリとして気持ちが冷静になれます。

自分の感情を上手くコントロールするためにも、悲しい時には思い切り泣いた方が良いでしょう。

わがままに生きるメリットとは?

「わがままに生きる」と聞くと、メリットよりもデメリットの方が思いつく人は多いでしょう。

わがままに生きることによって少なからず周囲に迷惑をかけるため、人間関係が上手くいかなくなったり、会社や学校といった集団社会の場においては、周りから浮いてしまったりすることもあります。

けれども、いつでも周りに合わせて生きていると、自分自身を見失ってしまいます。

自分がどんな風に生きたいのか、どうすれば充実出来るのかが分からなくなってしまっては、一体何のために自分が生きているのかが分からなくなってしまうこともあるでしょう。

自分の人生なのに、他人に気を遣ってばかりではつまりませんし、何も楽しくありません。

自分の人生を充実させるためには、適度に自分に対してわがままになり、欲求を解放させてあげることも大切です。

そうしてわがままに生きることで、たくさんのメリットを得ることもできます。

どんなメリットを得られるのかを具体的にご紹介していきます。

自分の人生を生きられる

あなたの人生は本来、あなた自身のものです。

どんな生き方をしたいのか、どんなことをしたいのか、自分の心のままに行動しても良いはずです。

それなのに、周りの人たちに気を遣い過ぎて、周りの都合の良いように自分の人生を送ってしまってはいませんか?集団社会の中で生きていくためには、必要な時には周りと協力し合うことも大切です。

けれども例えば自分の進路や就職先、結婚相手などの重要なことは、親や友人、教師や上司の意見に従うのではなく、自分自身でしっかりと考えて決定するべきです。

そうでなければ人生を終える頃には後悔ばかりが残ってしまうでしょう。

わがままに生きることは、すなわち自分の人生を好きなように生きるということです。

自分の思うままに生きられるのなら、例え大きな失敗をしたとしても悔いは少ないですし、また新しく道を考えて進んでいけばいいのです。

誰に決められるでもなく、自分が人生の主役として生きることができるため、わがままに生きるということは人にとって大切なことでしょう。

自分の好きなことができる

わがままに生きることで、自分の好きなことができます。

いつでもできるというわけではないでしょうが、周りに縛られるものがなければ、いつだって自分の好きなタイミングで好きなことができます。

例えば休日には自分の好きなことをして過ごせばいいですし、旅行に行きたくなったら有給を使って思い切って海外旅行に行くのもいいでしょう。

「職場の人たちに迷惑がかかるから・・」や、「会社はいつも忙しいから」などと、周りに気を遣って遠慮をしていては、いつになったって自分の好きなことなんてできるはずはありません。

もしも会社があなたを拘束して、その見返りに自由な時間をくれるのならばまだ良いでしょう。

しかし会社に気を遣い、会社のために自分の行動を制限し続けたとしても、それで会社からもらえる見返りなんて何もないでしょう。

働くことで給料を得るのは当然のことですので、それ以外で会社からの見返りがないのなら、周りに気を遣って我慢をし続けるのは馬鹿馬鹿しいことでしょう。

周りからどう思われたとしても、自分の好きなことをすれば間違いなく楽しいですし、人生も充実できるでしょう。

嫌なものを避けられる

わがままに生きていれば、自然と嫌なものを避けることができます。

自分にとって嫌だと思う人には近づかないことでストレスが軽減できますし、仕事が嫌だと思えば転職してしまうことも可能でしょう。

わがままに生きるということは、常に自分の人生における選択肢を増やせるということです。

「嫌だからやらない」や「嫌な事から逃げる」といった行為は周りから批判されることが多いですが、批判されたところで自分の心身がそれで快適さを保てるのであれば、嫌なものは避けるに越したことはないでしょう。

ましてや、逃げようが避けようが自分の人生ですので、自分の人生に他人が口を出したところで何の関係もありません。

自分の人生と深く関わりのある家族の意見ならばまだしも、赤の他人の意見に従う必要はないでしょう。

そうして嫌なものを避けていれば、少なくとも精神的なストレスを減らすことはできます。

ストレスが溜まらない

ストレスは自分が抑圧された環境で生まれやすいです。

何かを我慢している、または誰かに何かを強いられているといった、自分の本意ではない状況下にある時に生まれやすく、ストレスを感じている人は心にモヤモヤとした負の感情を感じていることが多いです。

ストレスはその度合いによりますが、心身に悪影響を及ぼすことがよくあります。

倦怠感や無気力感といった精神的なものから、体調不良などの肉体的なものまで、さまざまな悪影響を自身に及ぼしますので、できるだけストレスを溜めないように日々を送ることが望ましいとされています。

しかし、毎日生活していれば、嫌でも何かしらのストレスを感じてしまいます。

それでもわがままに生きていれば、ストレスを感じる機会や頻度を減らすことはできるでしょう。

そしてストレスが溜まらない生活を送ることで、充実感や幸福感を多く得られるようになります。

甘えることができる

大人になると、中々誰かに甘えるということが出来なくなってしまう人が多いです。

甘えることを恥ずかしいと思ったり、みっともないと思ったりするため、素直に甘えられないことがあります。

しかし、わがままに生きている人は、自分が甘えたい時には遠慮なく誰かに甘えられるため、ストレスを発散できるだけでなく、安心感や満足感、幸福感などを他の人よりも味わうことができるでしょう。

もちろん毎回自分が甘えてばかりでは、周りは離れていってしまいますので、上手に甘えることができる人は、同じ分だけ友達や恋人、家族を甘やかしています。

自分が甘えたことで得た幸福感や充足感を、同じように相手にも味わって欲しいと思う気持ちから、相手を思い切り甘やかしてあげようとするでしょう。

するとお互いに甘えることができるため、家族や友人、恋人ともいい関係を築くことができます。

わがままに生きてみたいと思いませんか?

誰もが大人になると、自分のわがままを我慢して生きています。

周りに気を遣って言いたいことが言えなかったり、やりたいことができなかったりするため、少なからずストレスに感じてしまうことがあるでしょう。

そして、日々我慢してストレスを感じているからこそ、心の奥底では「思うように生きたい!」という気持ちが強い人も多いです。

もしも一生お金に困らない生活ができて、周りに誰もいなくても平気な環境に自分を置けるのであれば、「もう怖いものはない」とばかりに自由気ままにわがままな振る舞いをすることができるでしょう。

しかし、そんな自由の利く環境ではないからこそ、言いたいことを我慢したり、やりたいことを我慢したりしているのです。

やりたいことを我慢している人ほど、心の奥底では「わがままに生きてみたい」という憧れが強いのかもしれません。

わがままはいけないこと?

大人になってからわがままに振る舞うと、「いい歳をしてみっともない」や「子どもじゃあるまいし」などとあれこれ周りの批判を浴びてしまうことがあります。

そうした批判を浴びることが分かっているからこそ、大人になってからわがままに振る舞うようなことはしない人が多いですが、わがままも相手や度合いをきちんと選んですることで、そこまで批判を浴びなくても済むでしょう。

誰彼構わずにわがままに振る舞っていれば、当然のように批判を浴びますし、周りの人たちからは嫌われてしまいます。

しかし友人や恋人など、自分の親しい人に対してだけわがままに振る舞うのであれば、笑って許してくれることもあるでしょう。

相手や時と場合を選ぶことで、わがままは「いけないこと」ではなく、「いいこと」になる場合もあります。

わがままに生きてみるのも悪くないかも?

子どものように常にわがままに振る舞っていては、社会の中でまともに生きていくことは難しいかもしれません。

けれども、周りに気を遣ってばかりの生き方も疲れてしまいますし、何より楽しくないでしょう。

どんなに周りに気を遣って生活したところで、世の中にはどうしても相性が悪い人もいますし、自分のことを嫌いになってしまう人もいます。

そんな人たちにまで気を遣って生き続けるよりは、時には自分の思うままにわがままに生きているのも悪くはないかもしれません。

普段からわがままに振る舞っている人は今のままで、またわがままとは無縁な生活を送っている人は、少しずつ自分のわがままを表に出していってみましょう。

わがままに生きてみることで、今までは思いもよらなかった新たな発見ができるかもしれませんし、人生がちょっと楽しくなるかもしれませんよ。