「人から注目されるようになりたい!」「有名になって色んな人に知られたい!」といった承認欲求を持つ人は案外少なくありません。

堂々と口にしないだけで、心の中では人から認められて、有名になりたいという願望を抱いているからこそ、SNSにたくさん投稿したり、色んな人に自分を知ってもらおうとしたりします。

自分が多くの人から知られる有名人になるためにはどんなことをすればいいのでしょうか?有名になりたい人がやるべきことをご紹介します!

有名になりたい!…でもどうすればいいの?

人は誰でも承認欲求を持っています。

「人から認められたい」「自分のことを見て欲しい」といった気持ちは誰でも当たり前に持っていますので、その欲求は悪いものではありません。

人に認めてもらいたい気持ちがあるからこそ、勉強や運動、仕事などで一生懸命に頑張ることができますし、認めてもらえるとそれが達成感や充実感、幸福感などに繋がり、人生が楽しくなります。

そうした承認欲求には、自分が求める特定の相手に認めてもらいたいと思う気持ちと、不特定多数の色んな人から認められたいと思う気持ちとがあります。

今回は不特定多数の、できるだけたくさんの人から認めて欲しいと思う人に向けた、有名になるための方法について記事の中でご紹介していきます。

「有名になりたい!・・・でもどうすればいいのか分からない。」そんな悩みを抱える人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

有名になるためのヒントを1つでも得られるかもしれません。

有名になりたい人がやるべき7個の方法


有名になりたいと思っている人は世の中にはたくさんいます。

堂々とそれを口に出すことを恥ずかしいと思っている人もいるため、普段は「有名になりたい!」と公言している人には出会う機会が少ないかもしれませんが、人から何かしらの形で注目されたいと思っている人は大勢いるでしょう。

しかし、有名になりたいと思ったところで、実際に自分が有名になるために何も行動しなければ、多くの人に自分の存在を認識してもらうことは不可能です。

人の注目を集めるためには、必ず何かしらの行動をとる必要があります。

どんな行動をとれば、有名になれるのでしょうか?有名になりたい人がやるべき行動や方法について具体的にご紹介していきます。

失敗しても自分で立ち上がる

たくさんの人から知られる有名人によっては、いい意味で有名な人もいれば悪い意味で有名な人もいます。

慈善活動を何十年と続けていて、周囲からの評判もとても良い有名な人がいる一方で、大勢の人たちを騙して犯罪を重ねたことで悪名高き有名人になった人もいます。

もしも自分が「たくさんの人から好かれるような有名人になりたい!」と思ったとしても、必ずしも皆から好きになってもらえるとは限りません。

好意的な意味で自分を知り、自分の存在をどんどん周りへと拡散してくれる人もいますが、一方で自分と相性が悪く、悪い噂を流すような人もいます。

また、有名になれると信じて行動したことが間違っていた場合には、大失敗をすることもあるでしょう。

自分の存在がたくさんの人たちに知られれば、それだけ悪評が広がることもありますし、また有名になろうとして失敗することもあります。

しかし、そうした失敗や傷つくことで挫けることなく、何度でも自分の足で立ち上がれるような精神面の強さを身に付けることが大切です。

名前が知られてくれば、必然的にいいことだけでなく、悪いことも自分の周りに起こりやすくなります。

それらに負けることのないような強い心を、今から育てておくことも重要でしょう。

人脈を広げる

有名になるためには、自分の存在をいかにたくさんの人たちに知ってもらうかということがポイントになってきます。

そして自分の存在を1人でも多くに認識してもらうためには、自分から積極的に人脈を広げていく必要があります。

親しい友達とだけ関係を保っていても、そこから自分の人脈が広がることはありません。

不特定多数が集まるようなイベントや、顔見知り程度の人たちが集まるような場、初対面同士が集まりやすい合コンや街コン、パーティなどに毎回欠かさずに顔を出して、そこで自分からどんどん集まっている人たちに話しかけていきましょう。

当たり障りのない挨拶程度でも、必ず自己紹介をして、1つでも自分の存在を相手に印象付けられるように心がけましょう。

相手が自分を覚えていてくれれば、またどこかで縁に繋がる可能性はあります。

また、会話が弾んだ相手とはお互いのアドレスやSNSのアカウントなどを交換し合い、その場限りの顔合わせで終わらずに済むようにします。

友達から友達へ、知り合った人からさらにその人の知り合いへと、自分なりに人脈を広げていくことで、知り合いを増やしていくことができます。

SNSを始める


SNSは、人脈を広げるのに効果的な手段です。

そしてそれだけでなく、SNSでは自分の個人情報を一切開示することなく、ネット上で有名になれる可能性があります。

Facebookの場合には、自分の本名でアカウントを登録している人が多いですが、それ以外のSNSでは基本的に素性は隠して写真や動画、文章などを投稿します。

身内しか見られないアカウントであれば、自分の写真を公開している人もいますが、不特定多数が見られるような設定になっていると、顔のところにアイコンを付けるなどして、本名や顔を出すことなく、好きなことを投稿できます。

そしてその投稿を誰かが面白いと感じれば、投稿した内容はどんどん世界中へと拡散されていきます。

その時のブームやトレンドなどを利用すれば、「いいね」や「リツイート」またフォロワーの人数をどんどん増やしていくことも可能でしょう。

素性は隠したいけれども有名にはなりたいという人であれば、SNSは最適な手段です。

また、自分の本名や顔などを公開すればより早く有名になることも出来ますが、その場合にはSNS上で嫌がらせや叩きに合うリスクも一気に増えますので、ある程度の覚悟は必要です。

Instagram

Instagramでは基本的に、写真や動画をメインで投稿しています。

文章を一緒に投稿する人もいますが、写真や動画がメインであることには変わりないため、有名になりたい人やフォロワーを増やしたい人は、一生懸命に撮影したものを加工して、見栄えを良くしています。

いわゆる「インスタ映え」ですが、いかに撮った写真が綺麗に投稿できるかによって、投稿した内容が広まりやすいか、人気が出るかが左右されますので、承認欲求を満たしたい人たちは他のユーザーと競い合うように写真を投稿していることが多いです。

文章を書くのが苦手でも、写真を撮ったり、加工したりするのが好きな人や、充実したスナップ写真を投稿して仲間同士でも楽しみたいという人は、Instagramを活用して有名人を目指す方法もあるでしょう。

YouTube

YouTubeで有名になろうと思ったら、必ず何かしらの動画を投稿する「YouTuber(ユーチューバー)」になる必要があります。

現在世界中ではたくさんのユーチューバーたちが活躍していますが、その多くのユーチューバーたちは、自分たちの動画の閲覧数を伸ばし、チャンネル登録数を増やすために、頻繁に新規の動画を投稿し続けています。

中には毎日1本何かしらの動画を投稿するという猛者もいるほどですので、YouTube界は今、有名になりたい人やアフィリエイトで稼ぎたい人たちでせめぎ合っている状態です。

その中で一旗揚げて有名になろうと思ったら、まずは動画の投稿内容や自分の動画のコンセプトからしっかりと決めて、テーマに沿って動画を作成していなければなりません。

動画編集が好きな人や企画を立てるのが好きな人、新しいものを生み出すのが好きな人などは、YouTubeを活用して有名人を目指すのがおすすめです。

Twitter

Twitterでは普段は言えないような、自分の本音を呟いて曝け出している人がたくさんいます。

そのため、すでに有名になっている人でもない限りは、大抵本名ではなく自分で考えたアカウント名でTwitterを活用している人が多いです。

Twitterでは、素性を隠したまま誰でも好きなことが呟けますので、投稿内容によってはしばしば炎上したり、リプライに批判が殺到したりすることもあります。

しかし、それらの炎上を利用することでリツイートの数を一気に増やすことが出来ますので、時々「炎上商法」を行っている人もいます。

Twitterは同時にいくつもアカウントを管理しやすいため、あるアカウントでは有名になるためにコンセプトを決めて呟きつつ、別のアカウントではバンバン本音を呟くことも可能です。

人によっては、あえて批判がくるような過激な投稿をすることで、リツイート数やフォロワーを増やしている人もいます。

Twitterではやり方次第で、短期間で一気にフォロワーを増やすこともできますので、さまざまなやり方を試行錯誤しながらアカウントを管理するのもいいかもしれません。

努力を続けていく

一朝一夕で有名になれる人というのはそうはいません。

例えば自分が3億円の宝くじを当てたとしても、それを周りの誰も知らなければ、とてもものすごいラッキーが起こったのに、誰1人して自分に注目してくれることはないでしょう。

宝くじを当てたのなら、それをSNSに投稿したり、マスコミに情報を流したりすれば、あっという間に世界中にラッキーな人物として自分の名前が知れ渡ります。

しかし、そうしたとんでもない奇跡のような出来事が起こらない限りは、たった1日で有名人になることなど普通はできないでしょう。

であれば、有名になるためには努力が必須です。

それも三日坊主ややる気のある時だけ努力するのではなく、毎日コツコツと地道な努力を続けていくことが大切です。

いずれはその努力が実を結び、有名になれ日も来るでしょう。

自分の強みを知る

自分の特技を活かすことで有名になっている人もいます。

登山が趣味の人は、世界中の山を登りながらその様子をSNSなどで伝えていくことで、同じように登山が好きな人や興味を持っている人、その他の人たちから存在が知られるようになるでしょう。

また、ゲームが人一倍上手な人は、ゲーム配信などを動画で投稿することにより、同じような趣味の仲間がたくさん出来て、その界隈ではちょっとした有名人になれるかもしれません。

自分の強みがどんなことを知り、それを上手く活用することさえ出来れば、少しの努力と時間で案外有名になれてしまうかもしれませんよ。

とにかく自分を信じる

有名になるためには、人一倍自分の存在を周りにアピールする必要があります。

しかしそれが時として周りからは「鬱陶しい」と言われたり、好意もあれば嫌悪の対象になったりすることもあります。

自分の理想とする「有名人の像」に自分がなることが出来ずに悩んでしまう人も多いでしょう。

そんな時には自信がなくなりますし、気持ちが落ち込んでしまうこともあります。

しかし、どんなトラブルがあっても、自分が有名になると決めたのなら、「自分ならやれる」と自分を信じて行動することが大切です。

自分を信じられない人が皆に好かれることは出来ませんし、また逆境に立ち向かうこともできません。

何があっても自分を信じて、がむしゃらに行動することが大切です。

周りの人を大切にする

有名になりたいからといって、どこでも激しく自己アピールをすればいいというわけではありません。

場の空気を読まずに出しゃばったり、いつでも自分の意見だけを押し出したりしようとすれば、例え有名になれたところでそれは悪評になってしまうため、名前は知られても周りの人たちが自分に寄ってくることはないでしょう。

人から好かれるような有名人になりたいと思うのなら、自己アピールはほどほどにして、常に周りの人を大切にしましょう。

何かをしてもらった時には相手に対する感謝の気持ちを忘れずに、また困っている人がいれば見返りがなくても積極的に助けていきましょう。

同じ有名になることでも、悪評ではなく高評で人から知られるようになれば、多くの人から慕われ、信頼されることも出来るでしょう。

有名になりたい人の心理とは

私たち人間は、承認欲求を持つのが普通です。

「親に認めてもらいたい」「好きな人に振り向いて欲しい」「人からちやほやされたい」などの感情は、誰もが持っているものです。

そうした感情が特に強く、またより多くの人から認められることで承認欲求を満たそうとする人が、自ら目立つ行動をして、有名になろうとすることが多いです。

特定の人物ではなく、あくまでも不特定多数の人から注目されて、有名になりたい人の心理とは、どのようなものなのでしょうか?有名になりたい人の心理をご紹介していきます。

注目されたい

有名になりたいという気持ちは、「人に注目されたい」「自分のことを知ってほしい」といった気持ちから生まれます。

それが特定の人物に対してではなく、不特定多数の人に向かうからこそ、誰にでも知られるような有名人になりたいという気持ちに繋がるのでしょう。

有名になるということは、それだけ人から注目されるということです。

そして「有名になりたい」と思う気持ちは、同時に「たくさんの人から注目されたい」と思う気持ちですので、有名になりたい人は、より多くの人から注目を受けることで、自分の承認欲求を満たそうとすることが多いです。

大抵の人は、自分を肯定的として捉え、また好感を抱いてくれる「注目」を望みますが、人によっては「とにかく注目されれば何でもいい」と考えることもあります。

この場合、犯罪を犯したり他人を傷つけたりする手段で有名になろうとすることもあるため、どのような感情でも厭わない強い承認欲求は、トラブルを引き起こすこともあるでしょう。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718