「人から注目されるようになりたい!」「有名になって色んな人に知られたい!」といった承認欲求を持つ人は案外少なくありません。

堂々と口にしないだけで、心の中では人から認められて、有名になりたいという願望を抱いているからこそ、SNSにたくさん投稿したり、色んな人に自分を知ってもらおうとしたりします。

自分が多くの人から知られる有名人になるためにはどんなことをすればいいのでしょうか?有名になりたい人がやるべきことをご紹介します!

この記事の目次

有名になりたい!…でもどうすればいいの?

人は誰でも承認欲求を持っています。

「人から認められたい」「自分のことを見て欲しい」といった気持ちは誰でも当たり前に持っていますので、その欲求は悪いものではありません。

人に認めてもらいたい気持ちがあるからこそ、勉強や運動、仕事などで一生懸命に頑張ることができますし、認めてもらえるとそれが達成感や充実感、幸福感などに繋がり、人生が楽しくなります。

そうした承認欲求には、自分が求める特定の相手に認めてもらいたいと思う気持ちと、不特定多数の色んな人から認められたいと思う気持ちとがあります。

今回は不特定多数の、できるだけたくさんの人から認めて欲しいと思う人に向けた、有名になるための方法について記事の中でご紹介していきます。

「有名になりたい!・・・でもどうすればいいのか分からない。」そんな悩みを抱える人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

有名になるためのヒントを1つでも得られるかもしれません。

有名になりたい人がやるべき7個の方法


有名になりたいと思っている人は世の中にはたくさんいます。

堂々とそれを口に出すことを恥ずかしいと思っている人もいるため、普段は「有名になりたい!」と公言している人には出会う機会が少ないかもしれませんが、人から何かしらの形で注目されたいと思っている人は大勢いるでしょう。

しかし、有名になりたいと思ったところで、実際に自分が有名になるために何も行動しなければ、多くの人に自分の存在を認識してもらうことは不可能です。

人の注目を集めるためには、必ず何かしらの行動をとる必要があります。

どんな行動をとれば、有名になれるのでしょうか?有名になりたい人がやるべき行動や方法について具体的にご紹介していきます。

失敗しても自分で立ち上がる

たくさんの人から知られる有名人によっては、いい意味で有名な人もいれば悪い意味で有名な人もいます。

慈善活動を何十年と続けていて、周囲からの評判もとても良い有名な人がいる一方で、大勢の人たちを騙して犯罪を重ねたことで悪名高き有名人になった人もいます。

もしも自分が「たくさんの人から好かれるような有名人になりたい!」と思ったとしても、必ずしも皆から好きになってもらえるとは限りません。

好意的な意味で自分を知り、自分の存在をどんどん周りへと拡散してくれる人もいますが、一方で自分と相性が悪く、悪い噂を流すような人もいます。

また、有名になれると信じて行動したことが間違っていた場合には、大失敗をすることもあるでしょう。

自分の存在がたくさんの人たちに知られれば、それだけ悪評が広がることもありますし、また有名になろうとして失敗することもあります。

しかし、そうした失敗や傷つくことで挫けることなく、何度でも自分の足で立ち上がれるような精神面の強さを身に付けることが大切です。

名前が知られてくれば、必然的にいいことだけでなく、悪いことも自分の周りに起こりやすくなります。

それらに負けることのないような強い心を、今から育てておくことも重要でしょう。

人脈を広げる

有名になるためには、自分の存在をいかにたくさんの人たちに知ってもらうかということがポイントになってきます。

そして自分の存在を1人でも多くに認識してもらうためには、自分から積極的に人脈を広げていく必要があります。

親しい友達とだけ関係を保っていても、そこから自分の人脈が広がることはありません。

不特定多数が集まるようなイベントや、顔見知り程度の人たちが集まるような場、初対面同士が集まりやすい合コンや街コン、パーティなどに毎回欠かさずに顔を出して、そこで自分からどんどん集まっている人たちに話しかけていきましょう。

当たり障りのない挨拶程度でも、必ず自己紹介をして、1つでも自分の存在を相手に印象付けられるように心がけましょう。

相手が自分を覚えていてくれれば、またどこかで縁に繋がる可能性はあります。

また、会話が弾んだ相手とはお互いのアドレスやSNSのアカウントなどを交換し合い、その場限りの顔合わせで終わらずに済むようにします。

友達から友達へ、知り合った人からさらにその人の知り合いへと、自分なりに人脈を広げていくことで、知り合いを増やしていくことができます。

SNSを始める


SNSは、人脈を広げるのに効果的な手段です。

そしてそれだけでなく、SNSでは自分の個人情報を一切開示することなく、ネット上で有名になれる可能性があります。

Facebookの場合には、自分の本名でアカウントを登録している人が多いですが、それ以外のSNSでは基本的に素性は隠して写真や動画、文章などを投稿します。

身内しか見られないアカウントであれば、自分の写真を公開している人もいますが、不特定多数が見られるような設定になっていると、顔のところにアイコンを付けるなどして、本名や顔を出すことなく、好きなことを投稿できます。

そしてその投稿を誰かが面白いと感じれば、投稿した内容はどんどん世界中へと拡散されていきます。

その時のブームやトレンドなどを利用すれば、「いいね」や「リツイート」またフォロワーの人数をどんどん増やしていくことも可能でしょう。

素性は隠したいけれども有名にはなりたいという人であれば、SNSは最適な手段です。

また、自分の本名や顔などを公開すればより早く有名になることも出来ますが、その場合にはSNS上で嫌がらせや叩きに合うリスクも一気に増えますので、ある程度の覚悟は必要です。

Instagram

Instagramでは基本的に、写真や動画をメインで投稿しています。

文章を一緒に投稿する人もいますが、写真や動画がメインであることには変わりないため、有名になりたい人やフォロワーを増やしたい人は、一生懸命に撮影したものを加工して、見栄えを良くしています。

いわゆる「インスタ映え」ですが、いかに撮った写真が綺麗に投稿できるかによって、投稿した内容が広まりやすいか、人気が出るかが左右されますので、承認欲求を満たしたい人たちは他のユーザーと競い合うように写真を投稿していることが多いです。

文章を書くのが苦手でも、写真を撮ったり、加工したりするのが好きな人や、充実したスナップ写真を投稿して仲間同士でも楽しみたいという人は、Instagramを活用して有名人を目指す方法もあるでしょう。

YouTube

YouTubeで有名になろうと思ったら、必ず何かしらの動画を投稿する「YouTuber(ユーチューバー)」になる必要があります。

現在世界中ではたくさんのユーチューバーたちが活躍していますが、その多くのユーチューバーたちは、自分たちの動画の閲覧数を伸ばし、チャンネル登録数を増やすために、頻繁に新規の動画を投稿し続けています。

中には毎日1本何かしらの動画を投稿するという猛者もいるほどですので、YouTube界は今、有名になりたい人やアフィリエイトで稼ぎたい人たちでせめぎ合っている状態です。

その中で一旗揚げて有名になろうと思ったら、まずは動画の投稿内容や自分の動画のコンセプトからしっかりと決めて、テーマに沿って動画を作成していなければなりません。

動画編集が好きな人や企画を立てるのが好きな人、新しいものを生み出すのが好きな人などは、YouTubeを活用して有名人を目指すのがおすすめです。

Twitter

Twitterでは普段は言えないような、自分の本音を呟いて曝け出している人がたくさんいます。

そのため、すでに有名になっている人でもない限りは、大抵本名ではなく自分で考えたアカウント名でTwitterを活用している人が多いです。

Twitterでは、素性を隠したまま誰でも好きなことが呟けますので、投稿内容によってはしばしば炎上したり、リプライに批判が殺到したりすることもあります。

しかし、それらの炎上を利用することでリツイートの数を一気に増やすことが出来ますので、時々「炎上商法」を行っている人もいます。

Twitterは同時にいくつもアカウントを管理しやすいため、あるアカウントでは有名になるためにコンセプトを決めて呟きつつ、別のアカウントではバンバン本音を呟くことも可能です。

人によっては、あえて批判がくるような過激な投稿をすることで、リツイート数やフォロワーを増やしている人もいます。

Twitterではやり方次第で、短期間で一気にフォロワーを増やすこともできますので、さまざまなやり方を試行錯誤しながらアカウントを管理するのもいいかもしれません。

努力を続けていく

一朝一夕で有名になれる人というのはそうはいません。

例えば自分が3億円の宝くじを当てたとしても、それを周りの誰も知らなければ、とてもものすごいラッキーが起こったのに、誰1人して自分に注目してくれることはないでしょう。

宝くじを当てたのなら、それをSNSに投稿したり、マスコミに情報を流したりすれば、あっという間に世界中にラッキーな人物として自分の名前が知れ渡ります。

しかし、そうしたとんでもない奇跡のような出来事が起こらない限りは、たった1日で有名人になることなど普通はできないでしょう。

であれば、有名になるためには努力が必須です。

それも三日坊主ややる気のある時だけ努力するのではなく、毎日コツコツと地道な努力を続けていくことが大切です。

いずれはその努力が実を結び、有名になれ日も来るでしょう。

自分の強みを知る

自分の特技を活かすことで有名になっている人もいます。

登山が趣味の人は、世界中の山を登りながらその様子をSNSなどで伝えていくことで、同じように登山が好きな人や興味を持っている人、その他の人たちから存在が知られるようになるでしょう。

また、ゲームが人一倍上手な人は、ゲーム配信などを動画で投稿することにより、同じような趣味の仲間がたくさん出来て、その界隈ではちょっとした有名人になれるかもしれません。

自分の強みがどんなことを知り、それを上手く活用することさえ出来れば、少しの努力と時間で案外有名になれてしまうかもしれませんよ。

とにかく自分を信じる

有名になるためには、人一倍自分の存在を周りにアピールする必要があります。

しかしそれが時として周りからは「鬱陶しい」と言われたり、好意もあれば嫌悪の対象になったりすることもあります。

自分の理想とする「有名人の像」に自分がなることが出来ずに悩んでしまう人も多いでしょう。

そんな時には自信がなくなりますし、気持ちが落ち込んでしまうこともあります。

しかし、どんなトラブルがあっても、自分が有名になると決めたのなら、「自分ならやれる」と自分を信じて行動することが大切です。

自分を信じられない人が皆に好かれることは出来ませんし、また逆境に立ち向かうこともできません。

何があっても自分を信じて、がむしゃらに行動することが大切です。

周りの人を大切にする

有名になりたいからといって、どこでも激しく自己アピールをすればいいというわけではありません。

場の空気を読まずに出しゃばったり、いつでも自分の意見だけを押し出したりしようとすれば、例え有名になれたところでそれは悪評になってしまうため、名前は知られても周りの人たちが自分に寄ってくることはないでしょう。

人から好かれるような有名人になりたいと思うのなら、自己アピールはほどほどにして、常に周りの人を大切にしましょう。

何かをしてもらった時には相手に対する感謝の気持ちを忘れずに、また困っている人がいれば見返りがなくても積極的に助けていきましょう。

同じ有名になることでも、悪評ではなく高評で人から知られるようになれば、多くの人から慕われ、信頼されることも出来るでしょう。

有名になりたい人の心理とは

私たち人間は、承認欲求を持つのが普通です。

「親に認めてもらいたい」「好きな人に振り向いて欲しい」「人からちやほやされたい」などの感情は、誰もが持っているものです。

そうした感情が特に強く、またより多くの人から認められることで承認欲求を満たそうとする人が、自ら目立つ行動をして、有名になろうとすることが多いです。

特定の人物ではなく、あくまでも不特定多数の人から注目されて、有名になりたい人の心理とは、どのようなものなのでしょうか?有名になりたい人の心理をご紹介していきます。

注目されたい

有名になりたいという気持ちは、「人に注目されたい」「自分のことを知ってほしい」といった気持ちから生まれます。

それが特定の人物に対してではなく、不特定多数の人に向かうからこそ、誰にでも知られるような有名人になりたいという気持ちに繋がるのでしょう。

有名になるということは、それだけ人から注目されるということです。

そして「有名になりたい」と思う気持ちは、同時に「たくさんの人から注目されたい」と思う気持ちですので、有名になりたい人は、より多くの人から注目を受けることで、自分の承認欲求を満たそうとすることが多いです。

大抵の人は、自分を肯定的として捉え、また好感を抱いてくれる「注目」を望みますが、人によっては「とにかく注目されれば何でもいい」と考えることもあります。

この場合、犯罪を犯したり他人を傷つけたりする手段で有名になろうとすることもあるため、どのような感情でも厭わない強い承認欲求は、トラブルを引き起こすこともあるでしょう。

好かれたい

誰だって、進んで人に嫌われようとするよりは、好かれようと思いますよね。

人から好かれることも、相手が自分を認めているという事実になりますので、たくさんの人たちから自分が好かれていると感じることで、同時に「自分は(とても良い意味で)注目されている」と思うことができます。

親や友人、好きな人といった、特定の相手から好かれたいと思う人もいれば、初対面の人や不特定多数の人たちから好かれたいと思う人もいます。

人に嫌われることを恐れている人や、争い事が嫌いな人、皆で仲良くしていきたいと考えている人はこの傾向が強く、例え見ず知らずの人から好かれたところで、自分に何のメリットがなかったとしても、「好かれる」ということを重要視するため好かれることさえ出来ればそれで満足感を覚えることが出来ます。

チヤホヤされたい

「人から好かれたい」という気持ちは誰にでもありますが、その中でも「いろんな人たちからチヤホヤされたい」と考えている人もいます。

自分を好いてくれて、チヤホヤしてくれるような人の存在は、自分にとっては「自分の存在を認めてくれて、尊重してくれている相手」ですので、大いに自尊心や満足感を感じさせてくれることでしょう。

人からチヤホヤされると、それだけ自分が相手に大切にされていて、求められているような気持ちになります。

それは快感にも似た幸福感ですので、それを味わいたいと思うことは少なからずあるでしょう。

例えば朝起きたら母親が甲斐甲斐しく食事や出かける準備をしてくれて、通勤途中では初対面の人が席を譲ってくれて、会社では同僚や上司からにこにこと笑顔で接してこられたり、褒められたりしたらどうでしょうか?

きっと1日ハッピーで、ストレスなどほとんど感じないかもしれません。

そうした「チヤホヤされる自分の理想像」を持っている人ほど、現実でもチヤホヤされたいという気持ちが強い傾向があります。

すごいと思われたい

人からすごいと思われたい気持ちも、自分が有名になりたい思いへと繋がっています。

「スポーツで賞を取った」「成績優秀で表彰された」「仕事振りで上司や社長から褒められた」など、大勢の中から秀でた才能や能力を持ち、それを発揮している人は妬まれることもありますが、大抵は周囲の人たちから「あの人はすごいね」と思われていることが多いです。

そんな人が近くにいれば、「自分もあんな風にすごいと思われたい、尊敬されたい」と思うこともありますし、自分で自分に対して「平凡な人間」だと評価している人ほど、そうした周囲の尊敬を集めるような存在になりたいという願望は強いです。

「すごいと思われて、有名になりたい」気持ちが人一倍強い人は、自分なりに努力を重ねて、実際に周囲の尊敬を集めるような存在になることもあります。

しかし、思うばかりで何をしたらいいのかも分からなかったり、いざ行動に移すことは出来なかったりして、気持ちだけがくすぶっている人も大勢いるでしょう。

たくさんの人に認められたい

人から認めてもらいたいという気持ちは誰にでもあります。

それが親や会社の上司といった、特定の相手に留まらず、不特定多数に対して求められる場合には、実際にたくさんの人から認めてもらうまでにかなりの努力と時間を要することになるでしょう。

例えば親に認めてもらいたいと思うのなら、どうすれば親が認めてくれるのかを考えて、他はともかく親に認めてもらえるように一生懸命に行動します。

そうすれば他の人は認めてくれなくても、自分の親は認めてくれるため、自身の承認欲求は満たされるでしょう。

しかしそれが「たくさんの人」になった場合、ある人に認めてもらうためにとった行動が、別のある人にとっては不快に思えてしまうことがあります。

人の価値観や好みは千差万別ですので、100人を相手にしたら、同時に100人から好かれるような自分になることは至難の業ですし、100人の好みや価値観が大きく異なっていたら、どうしたって全員から好かれるのは不可能になってしまうでしょう。

「一部には嫌われたけど、大半の人からは好かれたからいいや」と適当なところで妥協出来ればまだ承認欲求を満たすことは出来ます。

しかし「絶対に100人全員から認められたい」と思っていると、いつまで経ってもそれが上手く叶わずに、苦労してしまうこともあるでしょう。

有名になる人の特徴とは

「有名になりたい」と思っている人は世の中にたくさんいます。

しかしそうした願望を抱く人たちの中でも、実際に有名になることが出来るのは一部の人たちに限られるでしょう。

全員が全員有名になるという夢を叶えられるのなら、いちいちそんな悩みで落ち込んだり、苦労したりすることはありませんし、誰もがちょっと頑張っただけで有名になれてしまうでしょう。

そうでなく、「有名になりたい」という願望を抱いて実際に有名になれてしまう人や、そんな願望もなしに有名になれてしまうような人とは、どういった人なのでしょうか?

実際に有名になりやすい人の特徴を挙げていきます。

口数が少ない

口数が少ない人は、基本的に何を考えているのかよく分かりません。

親しい関係になれば、黙っていてもある程度は相手の考えを察することが出来ますが、初対面やたいして親しい関係でもなければ、口数が少ない人が何を考えているのかなど、分かるわけはないでしょう。

しかしだからこそ、周りの人たちは口数が少ない人に対して、「何を考えているのだろう」や「あんなことを思っているのではないか」など、自分たちで勝手に想像を巡らせます。

小説を読みながらそのシーンを頭に思い浮かべるように、口数が少ない人の態度や行動から、自分なりに相手がどう思っているのかを考えます。

そうして想像力を働かせることで、嫌でも口数が少ない相手に対して意識が集中しますし、一挙一動にも注目してしまうことが多いです。

その場に複数人いて、たった1人を除いて後は自分のことをベラベラと話す人たちであれば、その場にいる人たちは唯一何を考えているのか分からない人に対しては、しっかりと注目して相手のことを知ろうとするでしょう。

何を考えているのか分からないからこそ周囲の注目を集めて、有名になりやすいという特徴があります。

努力家

世界中にいるたくさんの人たちの中で、現在有名人として知られている人たちは、少なからず何かしらの偉業を達成したり、多くの人たちの心を慰めたりと、人の印象や心に残ることをしています。

例えばスポーツ界で活躍する一流アスリート、また世界中にその名を轟かせる優れたアーティスト、偉業を達成させ歴史に名を残している偉人たちなど、いずれも平凡とは言い難い実績や実力を持っています。

しかしそれらは、生まれながらのものよりも、当人たちの血のにじむような努力の末に掴んだものであることがほとんどでしょう。

どんなに優れた才能を持っていても、それを開花させるだけの知恵や力、技術は当人が努力しなければ得ることは出来ません。

それも人知れず、陰で努力を重ねてきた結果ですので、努力家の人ほど必然的に結果を出しやすく、またその結果によっては有名になることもあるでしょう。

オーラがある

有名になる人というのは、どこか人とは違うオーラを持っていることが多いです。

努力を重ねて有名になった後で、「有名人」というフィルターがかかることによってオーラが出る人もいますが、多くの有名人たちは、元々人を惹き付けるようなオーラを持っています。

何のオーラも持たない人は、どれだけ存在が有名になったところで、実際に見た人の目には「言うほどたいしたことはなさそうだなぁ」という地味な印象を与えます。

反対に、たいした偉業や功績を残していなくても、オーラだけで「何か普通の人とは違う・・」と見る人の目を惹き付けるような人もいるでしょう。

そして人とは少し違ったオーラを持っている人は、不思議なことに何かしらの結果を出すことが多く、それゆえに有名になることが多いです。

オーラがあるから成功するのか、もしくは成功することでオーラが出るのかは不明ですが、有名人の多くが人とは違ったオーラを持っていることからも、有名人とオーラとの関連性は強いと言えるでしょう。

物怖じしない

物怖じしない性格の人は、何にでも積極的に取り組むことが出来ます。

例え誰もやったことのないことに対しても、未知のものに対しても、恐れることなく自ら突き進んでいく精神的な強さを持っています。

前知識も何もなく、初めて目にするものに対しては、誰でも怖くて中々手が出せませんし、近づこうとしない人もいるでしょう。

しかし、物怖じしない性格の人は、知らないものに対しても「まずは近づいて、触ってみよう」という好奇心の方が恐怖心よりも強く働きますので、周りの誰よりも早く行動に起こすことが出来るでしょう。

いわゆる「先駆者」になりやすいタイプですので、他の人が成し遂げていないことをいち早く成し遂げたり、行動に起こしたりすることで注目され、有名になりやすいでしょう。

他人の目を気にしない

他人の目や評価を気にする人は、何か行動に移そうとする時でも、いちいちそれに対する周りの目を気にします。

「これをしたらどう思われるだろうか」ということを考えると、不安に陥りやすく、そのせいで動きたくでも身動きが取れなくなってしまうことも少なくはないでしょう。

一方で、人目を引き有名になりやすい人というのは、周りの目を気にすることなく自分のやりたいように行動します。

もちろん周りに迷惑をかければそれだけ周囲からは嫌われてしまいますが、迷惑をかけるわけでもなく、堂々と自分のやりたいように行動している姿は、見る人の好奇心や興味を惹きつけ、また「あんな人になりたい」と羨望を抱く人もいるかもしれません。

例え自分の行動で人から誹謗中傷を受けたとしても、それをも恐れずに突き進む姿勢は、さまざまな面からも有名になりやすいでしょう。

責任感が強い

どんなに人目を引いたところで、自分勝手で無責任な行動をとっている人は、その注目もその場限りで終わってしまうことが多いです。

しかし、自分の行動に責任感を持ち、ブレずにやりたいように突き進んでいる人は、例えそれが人から非難されることであったとしても、人目を集め有名になることが多いです。

大勢の人たちを救った聖人はもちろん、大罪を犯した大悪党であっても、自分なりのポリシーを貫き通して有名になったという点では同じと言えるでしょう。

もちろん人を不幸にしたり、傷つけたりすることは良くない事ですので、周りに迷惑をかけずに、責任感を持って自分のやりたいことを貫き通すことで、良い意味で有名になるのが最も望ましいことでしょう。

有名になりたいならば行動しよう!

有名になるためには、人と違ったことをしたり、注目を集めたりする必要があります。

どんなことで注目を集めて有名になるのかは人それぞれですが、「行動に起こす」ことで有名になれるチャンスを得られます。

それは逆に言えば、何も行動しなければ、有名になる機会など一生巡ってはこないということです。

有名になるためには人目を集めなければならず、人目を集めるためには何かしらの行動を起こすことが大切です。

今日からでも行動に移して、有名になるための土台を築いていきましょう!