みなさんは“はしたない人”と聞いて、どういう人を思い浮かべますか?

恐らく「はしたない」という言葉に対して良いイメージを持っている人は殆どいないでしょう。

なので、「周りから「はしたない人だ…」なんて思われたくない!」と考えるのが一般的だと思います。

しかし、自身の何気ない言動のせいで知らず知らずの内に他人にはしたない印象を与えてしまうこともあるのです…。

そこで今回は、“はしたないと思われてしまう人の15個の特徴”と“はしたないと思われない為の方法”をご紹介します!

周りからはしたない人間と思われていないか気になる人、過去に誰かから「はしたない!」と指摘されたことがある人、はしたない人間である自覚がある人は必見です。

はしたないってどういう意味?

「はしたない」という言葉にはいくつかの意味が存在します。

以下に辞書に載っている意味をまとめてみました。

・慎みがなく礼儀に外れたり品格が欠けており見苦しい様、不作法、下品、浅はか、卑しい、情けない、みっともない

・どっちつかずで落ち着きがない、中途半端、しっくりしない

・間が悪く恥ずかしい、決まりが悪くいたたまれない、ばつが悪い

・自分に向けられる他人の言動を、不快または迷惑に感じる様

・思いがけないことで不都合な様、困惑する様

・人に対する配慮が欠ける様、無情、無愛想、そっけない、つれない、むごい

・程度がはなはだしい、ひどい、激しい、したたか

「はしたない」の語源は、「はした(半端)=(一定の数量やまとまりにならない)足りない数や部分のこと」+「なし」からなる「はしたなし」の「はした」を接尾語によって形容詞化(=「はしたない」に)したものになります。

上の説明からも想像できる通り、元々の意味は「中途半端である」という意味。

「中途半端で収まりが悪い」という意味から、自身の感情を示す「身の置きどころがない、恥ずかしい」という意味が派生し、さらにそこから転じて、相手に不快な気持ちを抱かせる態度などを示す「見苦しい、行儀が悪い」といった意味を持つ様になったのです。

色んな意味があって驚かれたかもしれませんが、結局あまり良い意味の言葉でないことはみなさんの予想通りだったかもしれませんね。

はしたないと思われてしまう人の15個の特徴

言葉の意味を見て、ますます「周りに“はしたない人間”だと思われたくない!」と感じたかと思います。

ですが、どんなに自分で気を付けていたとしても、無自覚&何気ない言動で他人に不快な思いを抱かせてしまうこともないとは言い切れません。

つまり、はしたない言動だと自分では思っていなくても、他人にしてみたら十分はしたない言動に当てはまる可能性があるということなのです。

しかし、何がはしたない言動か自分では分からない・気付かないのでは、注意しようもありませんよね…?

ただこれについて別の見方をすると、はしたないと思われる言動をできるだけ多く把握しておけば、意識的にそれらを避けることができる=周りにはしたないと思われる可能性が低くなるということにもなります。

では、具体的にどんな言動が周りに「はしたない」と思わせてしまうのか…?

という訳でここからは、“はしたないと思われてしまう人の15個の特徴”をご紹介していきます!

「自分には関係のない話だ」と思っている人に限って意外と当てはまってしまうものなので、自覚のあるなしに限らず、みなさんも自分が以下の特徴に当てはまっていないか一応チェックしてみて下さいね。

1、言葉遣いが悪い


言葉遣いが悪い人もはしたないと思われがちです。

本人は「フランクな話し方で親しみやすさをアピールしているだけ」と思っているかもしれませんが、無意識に周りに不快な思いをさせている恐れもあります。

例えば「ヤバい」「マジ」「ウザイ」「~じゃね?」など、若者がよく使う砕けすぎた言葉遣いに対して、「頭が悪そう」「乱暴」「雑」「男性にも使って欲しくないけど、特に女性が使ってたら幻滅する」といった声も多いみたいです。

もちろん全ての若者言葉がはしたないという訳ではありませんし、学生ならそういった言葉を使っていても「まだ若いから仕方がない…」で許される部分もあるでしょう。

しかし、いい年をした大人なら言葉遣いにも気を付けたいところ。

気の置けない仲であっても相手に不快な思いをさせない為に、砕けた言葉遣いとはしたない言葉遣いとの線引きはちゃんとしておくべきしょう。

言葉遣いが悪い人に見られる特徴には、家族や友達も口が悪かったり(小さい頃からそういう環境で育ってきたので自分の言葉遣いが悪いことに気付いていないパターン)、

「自分が一番優れている」と勘違いして周りを見下していたり(「相手を気遣ったり丁寧な言葉を使う必要はない」と考えている)、

人の気持ちが分からず自分の言葉遣いで周囲が不快な思いをしていることに気付けなかったり、単純に敬語が使えないなどが挙げられます。

普段使っている言葉は無意識にポロッと出てしまうのもです。

口が悪いという自覚があるなら尚更、普段から丁寧な言葉を意識して使わないとダメなのかもしれませんね。

2、食事のマナーが悪い

食事のマナーが悪いのもはしたないと思われてしまう人の特徴です。

特に社会人になると付き合いで色々な人と食事をする機会も増えると思います。

美味しく食べるのが一番ですが、最低限のマナーを弁えていないと楽しい食事の時間も台無しになってしまうかも。

例えば、口いっぱいに物を詰め込む・口に食べ物がある状態でベラベラ喋る・口を開けながらクチャクチャ音を立てて咀嚼する・テーブルに肘を立てる・箸の持ち方が変、または「ねぶり箸」や「刺し箸」などお箸のマナーがなっていないetc…。

人の食べ方(特に悪い部分)は意外と目につくものですし、そんな人と食事をしていたら一緒にいる人の方が恥ずかしくなってしまうかもしれませんね。

仕事関係だけでなく、恋人と食事デートをする際も食事のマナーが悪いせいで相手に嫌われてしまう恐れもあるので、食事のマナーに自信がない人は気を付けた方が良いでしょう。

3、人の目を気にしない

はしたない人は人の目を気にしない傾向があります。

気にしないというより気にしなさすぎるせいで、自身の言動が周囲を不快にしていることにも気付けないのです。

本人にしてみたら「好きなことをしているだけ」「自分の思ったことを言っているだけ」といった感覚なのでしょう。

そういう人の目やTPOを全く気にせず好き勝手に行動してしまう人は、「はしたない」だけでなく「自己中」と思われ、気付かない内に周りに迷惑をかけていることもしばしば…。

もちろん人の目や周りからの評価を気にしすぎて何もできないのは逆に良くありませんし、時には人の目を気にしないのも一種の処世術と言えます。

しかし、周囲を完全無視し好き勝手に行動するのは流石にダメですよね?

4、声が大きい

声が大きいのもはしたない人によく見られる特徴です。

(※大きな声で話さなきゃならない事情がある場合は別)

図書館や病院や美術館など静かにしなければならない場所で、あるいは周りの人達が勉強や仕事などに集中している様な場面で、周囲への迷惑を考えずに大きな声でベラベラ喋り出す人は、周りからはしたないと思われても仕方がないでしょう…。

しかも、その話が状況にそぐわない極めて個人的なこと(=周りにとって非常にどうでも良いこと)だったりすると、やはり迷惑以外の何物でもありませんね。

また、特別静かにしなければならない場所&状況でなくても、声が大きいと一緒にいる人に恥をかかせてしまう恐れもあります。

例えば、騒音が溢れる街中で友達を会話をする場合であっても、大声で話せば周囲の人達は「何事だ?」「何かうるさい人がいる…」と思って自然と大声の主に注目するしょうし、一緒にいる友達はその視線に気付いて気まずい思いをしてしまうかもしれませんよね?

他にも大声でゲラゲラ笑う人もはしたないと思われてしまう可能性があります。

もちろん時には爆笑してしまう場面もあるとは思いますが、笑う度に大口を開けてガハハ笑いをしていたら「ワイルドな人」では済まされないかも…。

また大声とは少し違いますが、笑い方で他人を不快にさせてしまうこともあるでしょう。

例えば、「ヒーッ(引き笑い)」「ギャハハッ」「ドゥフフフ」といった癖のある笑い方は多くの人が「はしたない・下品」と感じる様なので、自分の笑い方に心当たりのある人は気を付けた方が良いかもしれませんね。

5、空気が読めない

空気が読めないのもはしたない人の特徴でしょう。

普通は状況を見極めて周りに迷惑をかけない様に行動するものだと思います。

ですが、はしたない人の場合は周囲の状況に合わせて行動するのではなく、本能のままに好き勝手行動する傾向があります。

その上空気が読めないので、実際に周りの人達が嫌な思いをしていてもそれを感じ取れませんし、そもそも自分の言動が周囲に迷惑・不快になるとも思っていないのです。

例えば、相手の話の腰を折ってまで自分の話をしたり、失礼な発言や相手を傷つける様な発言(「その服、あまり似合わないね」「太った?」etc)を連発したり、場の空気を壊す行動(緊張感のある雰囲気の中であくびをする、みんなが喜んでいるところに自分のイライラをぶつけて雰囲気を悪くするetc)を取ったり…。

上の様な空気が読めない行動ばかり取っていると、はしたないを通り越して周りの人に嫌われてしまう恐れもあるので気を付けなければなりません。

本人は無自覚なのかもしれませんが、恐らく空気が読めない人には「自分さえ良ければそれでOK」という深層心理があるのでしょう。

「好き・嫌い」「やりたい・やりたくない」と思ったことも、(隠した方がいい場面であっても)その場でハッキリ表現しますし、周りの迷惑を全く考えていないとしか思えない衝動的な行動がその証拠です。

正直・素直な性格は美徳とも言えますが、あまりにも空気が読めないとワガママな子供の様に映ってしまいます。

6、自分の失敗を認めない

自分の非を素直に認め周囲に詫びることができる人は立派に映るものですが、はしたない人は自分の失敗を認めない特徴があります。

誰がどう見てもその人が悪いのに、本人は自分の失敗を認めずグダグダと言い訳をしたり、それどころか他に責任をなすりつけ様とするので、周りからは「みっともない」「はしたない」と思われてしまうのです。

7、せっかち

特に時間に追われている訳でもないのに、バタバタと移動したり四六時中せかせかと動いている人は、周りから見て「落ち着きがなくてはしたない」「心に余裕がなくてはしたない」と思われてしまうことも…。

また、それが自分だけならまだしも、他人にまで強要する人は自分の都合だけで動いている様に映ってしまいます。

例えば、他人と話をしていて「それで?」「だから?」と結論を急いだり、「そうじゃなくてこうだよ」「こうすればもっと早く終わるのに…」などと他人のやること(しかも自分には全く関係のないこと)にあれこれ口を出して相手のペースを乱したり…。

「まだ~?」「早く!」などと他人を急かしてしまう癖がある人は特に注意した方が良いかもしれませんね。

8、一般常識がない

一般常識がなかったりマナーが欠けているとはしたないと思われてしまうでしょう。

例えば、周囲の人が「恥ずかしくないのかな…?」と思ってしまうくらい一般常識を知らなさすぎる人・特別仲が良い訳でもないのに目上の人に対してタメ口を使う人・挨拶ができない人・TPOを弁えた身だしなみができていない人etc…。

挙げたらキリがないですが、いい年をした大人なら最低限の常識やマナーは知っておくべきでしょう。

10、清潔感がない


清潔感がないのもはしたない人の特徴です。

例えば、服にシミや汚れがついているのをそのままにしたり、髪がボサボサだったり、お風呂や歯磨きをサボっていたり、爪を伸ばしっ放しにしていたり…。

やはり清潔感のない人は周囲からも「みっともない」「だらしない」と思われてしまいます。

やはり清潔感があって身綺麗にしている人の方が印象も良いですし、身だしなみがしっかりしていればそれだけで品良く見えるものです。

また清潔感からは少しズレますが、香水やタバコなどの臭いがキツかったり、TPOに合わない奇抜なファッションや派手な厚化粧をしている人も、「下品ではしたない」と思われる恐れがあるので注意したいですね。

11、自慢話ばかりをする

口を開けば自慢話ばかりなのもはしたな人の特徴です。

自慢話を聞いて貰いたい気持ちも分かりますが、相手が特に興味を持っていないのにも関わらず、「私or僕ってすごいでしょ!」とベラベラ話してしまえば、聞き手も流石にうっとおしく感じるでしょう。

それに、自慢話を通して「周りからチヤホヤされたい!」「みんなに羨ましがられたい!」「自分は優れている人間だと周りに認めさせたい!」という下心が丸見えな人は、どうしてもはしたなく見えてしまいます。

心理学的には、「自分に自信がないから周りに認めて貰いたくて自慢話をしてしまう」とも言われている様です。

ですが、自慢話ばかりでは周囲に認めて貰うどころか逆効果になってしまう恐れがあることを覚えておきましょう。

また、「能ある鷹は爪を隠す」ということわざがある様に本当に素晴らしい人はわざわざ自慢をしないものなので、自分に自信がある人は自慢話を控えた方が良いかもしれませんね。

12、頑固

頑固で自分の意見を通したがる人もはしたなく見えてしまいます。

上でも「周りのことを考えない自己中な言動ははしたない」という旨の話をしましたが、「自分の考えが正しい」と思い込んでいたり、何事も自分の物差しで考えてしまう(「自分はこうだから、相手も同じだろう」と決めつける様な)人は、無意識の内に自己中な言動を取りがちなので気を付けて下さい。

周囲にはしたない人だと思われない為には、もっと他人の意見を素直に聞き入れる心の余裕と柔軟な考えを身につけるべきでしょうね。

13、自分のことが大好き

「空気が読めない特徴がある」という話でも説明しましたが、自分のことが大好きで「自分さえ良ければ、他はどうでもいい」と考えている人も周りからはしたないと思われがち。

自分が一番なので他人に気を使うこともありませんし、周りの目を気にせず自分の好きな様に行動するので、それがはしたない言動に繋がってしまうのです。

14、デリカシーがない

はしたない人はデリカシーがないので、無意識に他人に対して失礼な言動を取ったりしてしまいます。

これは上で話した「空気を読まない」とも関連していますね。

相手が答えにくいことをしつこく聞いたり、聞いて欲しくないことを根掘り葉掘り聞いたりするのも、はしたない人と言えるでしょう。

15、ケチ

ケチな人も「みっともなくてはしたない」と思われてしまうことがあります。

例えば、後輩相手でも絶対に奢らなかったり、割り勘の際は端数まできっちり計算したり、会計の時に姿を決して他人に支払わせたり、他人へのプレゼントを安物で済まそうとしたり、どんな事情があっても他人に絶対お金を貸そうとしなかったり…。

「金銭管理がしっかりしている」と言えば聞こえは良いですが、上の様な行動は「ただのケチ」と言われても仕方がないでしょう。

また、お金の話が大好きな人も周りから「下品ではしたない」と思われない様に気を付けなければなりません。

人の興味はそれぞれですし、同じくお金の話が好きな人相手なら良いかもしれませんが、嫌がる人に話を振るのは良くありませんよね?

例えば、「給料やボーナスはいくら?」「その服・アクセサリーはいくらだった?」「美容にいくらくらいかけてるの?」「今、財布の中にいくら入ってる?」など、相手の金銭事情を無理やり聞き出そうとするのは無神経な行為と言えます。

会話の流れで聞くこともあるかもしれませんが、お金の話は嫌がる人も多いのでなるべく避けるべきでしょうね。

はしたないと思われないためにはどうしたらいい?

“はしたないと思われてしまう人の16個の特徴”はいかがでしたか?

思っていたよりも当てはまってしまい、「これからも周りに“はしたない人”と思われながら過ごしていかなければならないのか…」と落ち込んでいる人も中にはいるかもしれませんね…。

ですが、今まで全く自覚がなかったのならここで気付けてラッキーだったとも言えるでしょう。

このまま気付かずに、周りにはしたない印象を与え続ける方がみなさんも嫌じゃないですか…?

つまり、「はしたない人は一生はしたないままで終る」などと諦めるのは、まだ早いという話なのです。

周りから「はしたない」と思われている可能性が少しでもあるのなら、今からでも原因となる言動を直して周りの印象を変えていけば大丈夫!

そこで続いては、“はしたないと思われない為の方法”をご紹介していきます。

以下で説明することを普段から意識して過ごしていれば、周りから「はしたない人だな…」と思われることもなくなるでしょう。

それから“はしたないと思われる特徴”に当てはまらなかったとしても、何が相手を不快にさせるか分からないので、「自分は大丈夫!」と思っている人も一応目を通しておいた方が良いかもしれませんね。

それでは1つずつ確認していきましょう!

ルールや約束を守る

はしたない人と思われない為には、基本的なルールや人との約束を守るべきです。

例えば、先述した食事のマナーに気を付ける・状況に合わせて周囲を不快にさせない行動を取る・声のボリュームに気を付ける・一般常識を把握しておくことも含まれます。

他にも、嘘を吐かない(※相手を傷つけない為の嘘は別)とか、他人と約束したこと(時間や内緒話など)を守るなど、相手の信頼を損なわない様な行動を心がけることも大切ですね。

他人の立場になって考える

上でも「はしたない人は周りが見えていない・周りのことを考えていない」と説明しました。

自分を大切にするのはとても良いことですが、時には他人を優先するべき場面もあるでしょう。

やはり自分本位になってしまうと他人への配慮が足りなくなってしまうので、普段から他人の立場になって考えて行動するべきです。

思ったことをすぐに口走ったり行動に移してしまう人は、まず「周りに迷惑をかけないか」「相手が嫌な思いをしないか」と考える癖をつけましょう。

相手の気持ちになれない場合は、「自分が誰かにそういうことをされたらor言われたら、どんな気持ちになるだろう…」と自分に置き換えて考えると良いですよ。

言葉遣いを直す

はしたない人だと思われない為には、周りを不快にさせない言葉遣いを心がける必要があります。

もし過去に言葉遣いの悪さを他人に指摘されたことがあるなら早急に直すべきです。

(注意されるということは余程だと思うので…)

ただし、長年使い続けた言葉遣いを直すには相当の時間がかかるので、長期戦を覚悟しておいて下さい。

言葉遣いも性格や癖と同じで矯正するのが難しいのです。

「意識すればすぐにでも丁寧な言葉遣いができる」とか「本当は敬語も使えるけど、あえてフランクな喋り方をしているのだ」という人もいるかもしれませんが、その場だけ取り繕おうとしても高確率でボロが出るもの。

しかもそういう人に限って、いざというときに正しい言葉を使えない恐れがあります。

周りを不快にさせたり恥をかかない為にも、普段から丁寧な言葉を意識し地道に言葉遣いを直していくのが賢明かもしれませんね。

言葉遣いが綺麗な人をお手本にしてみたり(その人と積極的に会話をするのもオススメ)、本を沢山読んで日本語力の向上を目指すのも効果的ですよ。

謙虚な気持ちを持つ

上でも説明しましたが、「自分は他の人よりも優秀」だと思い込み他人を見下している様な人は、相手の事を尊敬することができないので無意識の内にはしたない行動を取ってしまいます。

普段から謙虚な気持ちを持つことで周りの人達を見下すことなく、相手に配慮し丁寧に接することができる様になり、はしたない言動も減るはずです。

謙虚を通り越して自身を卑下する必要はありませんが、相手を見下しそうになったり調子に乗りそうになった時は、「自分はまだまだ…」と思い直して謙虚な気持ちを忘れない様にしたいですね。

お手本になる人を見つける

言葉遣いや食事のマナーもそうですが、欠点を直すには自分のダメなところをしっかりと把握し、正しい方法を知る必要があります。

その点お手本がいれば、自分のダメなところも見つけやすいですし、その人の真似をすればOKなので、お手本となる人を見つけることも大切かもしれませんね。

お手本が身近にいればラッキーですが、もし見つからなかった場合はマナースクールに通ったりマナー本を参考にするのも良いでしょう。

むしろそちらの方がプロの教えなので確実ですし、様々な場面に対処できる様にマナースクールならテクニックを指導して貰えたり、マナー本なら色々な知識が掲載されているのでオススメです。

周りをよく観察するようにする

先程の「お手本になる人を見つける」という話ともリンクするのですが、周りをよく観察することで自分の理想や目標とする人が見つかることもあるでしょう。

また、周りを観察している時にはしたない人を見つけると、「自分もあんな行動は取っていないだろうか?」と確認する良い機会になったり、「自分はこうなりたくない…」と気持ちを引き締めることもできますよね。

さらに他人を観察する癖をつけることで、逆に自分に向けられる他人の目も気になる様になり、「はしたない行動は慎もう…」と普段の意識が高まる効果も期待できるのです。

「人の振り見て我が振り直せ」という言葉もありますし、周りの人達を観察することは色々なことに気付けるきっかけになるのかもしれませんね。

ただし、他人をまじまじと見つめるのは不躾な行動なので、観察の際はくれぐれも相手を不快にさせず気付かれない様上手く行いましょう。

あなたの行動一つではしたないって思われてしまうかも!?

今回は、“はしたないと思われてしまう人の15個の特徴”と“はしたないと思われない為の方法”をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

繰り返しになりますが、あなたの何気ない行動や言葉1つで、周りから「はしたない」と思われてしまうこともないとは言い切れません…。

もちろん、お互い人間ですし人によって感じ方や価値観や違うので、相手を全く不快にさせないというのは難しいと思います。

ですが、「はしたない」と思われる言動をできるだけ避けることができれば、お互いの精神衛生的にも良いのではないでしょうか?

自分の為にも周りの為にも、普段からできるだけ気を付けて快適に過ごしたいものですね。