CoCoSiA(ココシア)

心から笑うための6つの方法。みんな...(続き4)

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっている時には、気持ちはモヤモヤ、イライラとしてしまいやすいです。

鬱憤が溜まれば不機嫌になったり、落ち込んだりしてしまいやすいため、とても心から笑えるような余裕はなくなってしまうでしょう。

それどころか、周りで楽しそうに笑っている人がいれば、その人に対して「自分はこんなにも悩んでいるのに」「げらげら笑って馬鹿馬鹿しい」などと、悪い感情を一方的に抱いてしまうこともあります。

ストレスが溜まっている時には精神的な余裕がなくなってしまうため、とても笑顔を浮かべることなどできないでしょう。

笑えることがない人の4個の心理

人が笑顔でいられない時には、笑顔になれないだけの何かしらの原因があります。

代わり映えの無い退屈な時間を過ごしていたり、心にストレスを抱えていたりすることも、笑顔になれない原因の内でしょう。

笑顔になれない自分の心理に気付き、その原因が判明すれば、原因を取り除くことによって、毎日を笑顔で過ごせるようになるかもしれません。

普段は笑顔なのにある時から急に笑えなくなってしまった人は、その原因を排除できれば高確率でまた元のような笑顔のある生活に戻れるでしょう。

しかしそうではなく、日頃からあまり笑えることがない人の場合には、決定的な原因がなく、その人の性格に因るものであることが多いです。

笑えることがない人の心理とは、一体どのようなものなのでしょうか?

楽しむことが苦手


楽しむことが苦手な人は、普段からあまり笑顔になることができません。

捻くれたものの考え方をしている人は、誰かが面白いことを言って皆がそれに笑っていても、「あの人は目立ちたくてアピールしているだけだ」などと斜めから相手を見てしまうため、発言内容を素直に面白いと感じとることができません。

また、ネガティブで自責することの多い人も、「自分なんかが楽しむことは許されない」と考えてしまって、せっかく笑顔になれるような場面でも、自分から進んで楽しもうとはしないことがよくあります。

素直じゃない性格の人や、物事を卑屈に捉えてしまいがちな人、プライドが高い人や悲観主義の人など、その人の性格によっては楽しむという行為が苦手であり、それゆえに笑えることが少ない場合があります。

周りや自分のことが好きじゃない

周りや自分のことが好きじゃない人も、日頃から笑えるようなことがあまりないでしょう。

周りのことが好きじゃないと、周りのやることなすこと全てが気に入らず、素直に他人の言動を自分の中に受け入れることができません。

そのためお笑いを見ても「笑いをとるために必死だな」と捻くれた考え方をしてしまいますし、皆が笑顔で過ごしている時にも、「ヘラヘラしてバカみたいだ」と一人だけ冷めた考え方をしてしまうことが多いです。

本心はどうであれ、その場では皆に合わせて自分も笑顔を作れればいいですが、いかにもつまらなさそうな態度を取ってしまう人は、それが原因で周囲の人たちから避けられたり、嫌悪されたりすることがあるでしょう。

また、自分のことが好きじゃない人も、基本的に自分自身に対して否定的ですので、楽しいことや笑えることがあったとしても、そんな自分を叱咤して、素直に楽しもうとはしないでしょう。

自分を見せるのが苦手

笑顔になるということは、自分の感情を曝け出すことでもあります。

思い切り口を開けて「わははは」と笑うことで、自分が面白い、楽しいと感じている気持ちを周りに曝け出します。

しかし自分を見せるのが苦手な人は、楽しいと思うことがあっても、いかにも楽しいと感じている自分の姿を周りに見せることに抵抗があり、楽しい気持ちを隠してしまうことがよくあります。

皆が笑っていて、自分もおかしいと感じているのに、そんな自分の姿を周りの人たちには見せられずに、笑顔を押し殺したり、感情表現を堪えたりすることがあるでしょう。

それは周りから見た時には、感情表現の乏しい人に思えたり、いつもつまらなさそうにしていると思えてしまうことも少なくないでしょう。

何をしてもつまらなく感じる

何をしていてもつまらなく感じる人は、例え周りで誰かが面白いことを言って、皆がそれに笑っていたとしても、自分だけは相手の発言を面白いとは感じられずに、笑うこともできないでしょう。

物事をつまらなく感じていると、無気力感を覚えたり、外からの刺激に反応が鈍くなったりします。

自分から何かに対して関心を持たない限り、外から一方的に与えられる刺激に対しては心に感じることがあまりないため、面白いと思えずに笑うこともできないでしょう。

つまらなさや、退屈さを覚えている人は、よほど自分から関心を持てることがない限りは、その退屈な気持ちをただ持て余してしまうだけでしょう。

そして心底つまらない時には、周りに合わせて愛想笑いをすることもできないため、自分が原因でその場の空気を壊してしまったり、場を乱してしまったりすることがよくあります。

本人には悪気はなく、自分が場の空気を壊してしまっていることを例え自覚しても、それを改めることもできないことが多いです。

笑うことは大切なこと!

笑うという行為は、とても大切なことです。

人は笑顔になることで気持ちが明るく前向きになれますし、また自分にとっての幸運も呼び込みやすくなります。

人間関係でも、笑顔で人と接することができればコミュニケーションが上手くとれて、円滑な関係を築くことができるでしょう。

笑顔は自分だけでなく、周りにもいい影響を与えますので、自分が笑顔になることで他の人たちの気持ちまで明るくすることができます。

お金がない時やストレスを抱えている時などには、精神的な余裕がなくなってつい笑顔も失くしてしまいがちです。

けれどそんな辛い状況の時にこそ、笑顔でいるように心がけて過ごせば、その内現状を打開できるチャンスが巡ってくるかもしれません。

笑顔の大切さを噛みしめながら、日頃から笑顔の自分でいられるように努めましょう!