みなさんは、何事にも果敢にチャレンジすることができる人ですか?

初めての事であっても未知の分野であっても、臆することなく果敢にチャレンジしていく人って、とても格好いいですよね!

今回はそんな、“果敢にチャレンジする人の13個の特徴”をご紹介したいと思います!

「自分は果敢にチャレンジすることができる」と自負している人や「自分も果敢にチャレンジできる様な人間になりたい!」と思っている人だけでなく、「他の人が経験していないことをしてみたい!」とか「普通の人とは違った生き方をしてみたい!」と考えている人も必見ですよ!

果敢にチャレンジして人生を楽しもう!

色々なことに果敢にチャレンジすれば、その分、経験値が増え人間として大きく成長できますし、充実した人生が送れるはずです。

もちろん、確実で安全な道を行くのが悪いという訳ではないのですが、何事にも果敢にチャレンジしていく人は、どこかキラキラと輝いており、何かに挑戦している時は特に楽しそうですよね!

安全で確実だけど平凡な人生を送っている人からしたら、そんな果敢にチャレンジしていく人の姿は、とても羨ましく見えることもあるのではないでしょうか?

もし、少しでも「果敢にチャレンジしていける様な人間になりたい!」という気持ちを持っているなら、手始めに小さなチャレンジから行ってみるのも良いでしょう。

いきなり大きなことにチャレンジしようとしても、実際に行動するときになかなか決心がつかず躊躇してしまうかもしれませんし、そのチャレンジが思う様に行かなかったときに「やっぱり自分は何かにチャレンジすることに向いていないのかも…」などと心が折れてしまえば、人生をさらに楽しむ為のチャンスも今より遠くへ離れて行ってしまいます。

一方、小さなチャレンジならそこまで大きな失敗に恐れる必要もないでしょうし、完全に心が折れてしまう可能性も低いです。

また、小さなチャレンジでも成功すればそれが自信に繋がり、次第に大きなことにも果敢にチャレンジすることができる様になるでしょう。

「果敢」の意味とは?

ご存知の人もいると思いますが、ここで「果敢」の意味を説明しておきたいと思います。

「果敢(かかん)」とは、決断力が強く、思い切って物事を行うことです。

類語には、「勇敢」「大胆」などがあります。

なので、「果敢にチャレンジする」とは、困難・難題・大変なことは承知の上で、積極的に挑戦する…といった感じでしょうか?

危険を顧みず(軽視して)困難・難題・大変なことに挑戦する、といったニュアンスでは、「無謀(むぼう=事情や結果をよく考えずに行うこと、無茶)」・「向こう見ず(むこうみず=考えなしに行動する人やその様子)」・「無鉄砲(むてっぽう=是非や結果を考えず、無闇にこうどうすること)」といった言葉も使われることがあります。

しかし、そういったネガティブな意味を持つ言葉とは違い、「果敢」はポジティブな意味を持つ言葉であると言えるかもしれませんね。

普通のチャレンジじゃ物足りない!

チャレンジ精神がない人からすると、例え普通のチャレンジでも、実際に行動に移せる(=難題に立ち向かう勇気を持つ)こと自体が凄く感じるものだと思います。

きっとチャレンジした本人にとっても、(チャレンジの内容や結果は何であれ)達成感や自信が得られたり、色々なことを学ぶ良い機会になるでしょう。

ですが、果敢にチャレンジできる人の場合は、「普通のチャレンジじゃ物足りない!」と考えています。

例えばゲームをしていて、簡単・普通レベルに慣れてくると、難しいレベルに挑戦したくなると思いますが、感覚的にはそれと同じなのかもしれません。

そもそも、何事にも果敢にチャレンジする人にとって普通レベルのチャレンジは、「チャレンジ」とは呼べないのです。

普通の人と比べ、果敢にチャレンジする人は積み重ねてきた経験値が格段に高いで、さらなる成長や大きな達成感を得るには、普通を超えるものでないとダメなのでしょう。

果敢にチャレンジすることのメリットとは?


そもそも、果敢にチャレンジすることのメリットとは何なのでしょうか?
これを見ている人の中にも、「上手く行くかも分からない難しい事に、リスクを冒してまでチャレンジする人の気持ちが分からない…」という人もいると思います。

確かに、果敢にチャレンジすることは、あえて危険な道を選んでいる様にも見えるかもしれませんね。

それに、もし失敗すれば普通のチャレンジよりも損をするor多くのものを失うリスクだってあるでしょうし、恐らくそのチャレンジは成功する確率の方が低いのでしょう…。

一見、果敢にチャレンジすることはデメリットの方が多い様にも思えるかもしれませんね。

それでは次に、“果敢にチャレンジすることのメリット3つ”をご紹介していきます!
メリットを知れば、みなさんも果敢にチャレンジすることへの認識が変わったり、思わず何かにチャレンジしたくなるかもしれませんよ?

普通の人が経験できない世界を見ることができる

果敢にチャレンジすることのメリットその1は、普通の人が経験できない世界を見ることができるということです。

他にも、普段は経験できないすることで、今まで気付けなかった新たな才能や個性が見つかる可能性がある、というメリットもあります。

何事にも果敢にチャレンジする人も、それが1つの快感になっているのではないでしょうか?

難しいことにも果敢にチャレンジできる人は限られています。

そして、困難なことにチャレンジすると、普通に過ごしているだけでは経験できない感覚が得られるものです。

例えば、フルマラソンを走るときの辛さや苦しさ、走っているときに見える綺麗な風景、ゴールしたときの達成感や感動は、何気ない日常を送る中では経験できませんよね?

普通の人が経験できない世界を知るということは、視野を広げ価値観を大きく変えたり、人生を豊かにさせることにも繋がります。

なので果敢にチャレンジする人というのは、(本人は無自覚かもしれませんが)普通の人よりも「人生を楽しみたい!」という欲が強く、本能的に非日常的な刺激を求めている…それがチャレンジ精神の強さに結びついている、と言えるかもしれませんね。

精神的に強くなれる

果敢にチャレンジすることのメリットその2は、精神的に強くなれるということです。

困難なチャレンジを通して多くのことを学び、自分の実力を知ることで人として大きく成長できます。

何より、果敢にチャレンジするには、相当な勇気と忍耐力が必要になります。

大きなチャレンジを繰り返すことにより、それらが鍛えられ自信がつくと共に心が強くなる訳です。

上でも、「普通の人と比べ、果敢にチャレンジする人は積み重ねてきた経験値が格段に高い」という話をしましたが、やはり、普通のチャレンジと難しいチャレンジとでは、得られるものの大きさが全く違います。

中級のチャレンジと上級のチャレンジがあったとして、「チャレンジが成功した場合、どちらの方がより大きな達成感や自信が得られるか?」「どちらの方が自分の成長に繋がるか?」と問われれば、「上級のチャレンジ」と答える人の方が多いでしょう。

何事もそうですが、自分よりも下あるいは同じレベルに合わせるよりも、難しいレベルに挑戦していく方が成長の伸びは何倍も早いと言えるでしょう。

周囲に良い影響を与えることができる

果敢にチャレンジすることのメリットその3は、自分だけでなく、周囲にも良い影響を与えることができるということです。

果敢にチャレンジしていく人の姿は、周囲の人の士気を上げるきっかけにもなりますし、普段はそこまでチャレンジ精神に溢れている人でなくても、その姿から刺激を受けて「自分も何かに挑戦してみたい!」と思うものではないでしょうか?

それに、果敢にチャレンジしている人を見ると、不思議とその人を応援したくなる気持ちに駆られるものですが、そんな応援している人達の間で仲間意識や強い絆が生まれることもあります。

そういった仲間意識や絆はやがて大きな力となることも!

そしてこれは、チャレンジする本人の立場から見ても、応援してくれる人=自分の味方が増えることになるので、それもメリットの1つと言えるでしょう。

果敢にチャレンジする人の13個の特徴

それではいよいよ、“果敢にチャレンジする人の13個の特徴”をご紹介していきます!
みなさんも、自分が以下の特徴にどれくらい当てはまるか、確認しながら見てみて下さいね。

「普段は果敢にチャレンジするタイプじゃない…」という人も、もしかしたら予想以上に多く当てはまるかもしれませんよ?
そしたら、これをきっかけに色々なことにも果敢にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

それでは見ていきましょう!

時間の大切さを理解している


果敢にチャレンジする人は、時間が有限であり価値あるものだとよく理解しています。

だからこそ、「いつかできたらいいな…」で終わらず、「チャンスは今しかない!」と考え、何事にも積極的にチャレンジできるのです。

さらに、果敢にチャレンジする人は、時間の使い方も効率的で無駄がないので、何事もスムーズに進めることが得意でもあります。

その為、職場ではチャレンジ精神の強さも相まって、一目置かれる存在になることも珍しくありません。

ただし、仕事においても難しいことにチャレンジしたがる癖がある為、時に周囲が「無謀…」とも思える挑戦をしようとすることも…。

そういう人が同じ職場にいる場合、その無謀とも言えるチャレンジに巻き込まれてしまう恐れもあるので、周囲の人は少し注意した方が良いかもしれませんね。

失敗を恐れない

果敢にチャレンジする人は、失敗を恐れないのも特徴の1つです。

誰しも幼い頃は失敗への恐怖心が薄いせいか、色々なことに挑戦して「できた(=成長した)!」と実感する機会も多かったと思います。

しかし大人になるにつれ、過去の経験から「こうしたら失敗するだろう…」と、ある程度予測ができる様になるもの。

それで失敗を恐れて、子供の頃に比べ積極的にチャレンジできなくなってしまう人も少なくありません。

そう考えると、果敢にチャレンジする人は、子供の様に純粋な面があるとも言えるのかもしれませんね。

恐らく、チャレンジ精神がない人の心理には、“失敗は多くのものを失うことであり、恥ずかしいこと”といったネガティブな認識があり、そのせいで「失敗するのが恐い・嫌だ」という強い思いがあるのだと考えられます。

他にも、「成功するかも分からないチャレンジ(努力)は時間と労力の無駄だ」といった、果敢にチャレンジすることに否定的な思いを抱いているのかもしれませんね…。

特に自分に自信がない人やプライドが高い性格の人は、自分を守る為に失敗を避ける傾向にあると言われています。

確かに、失敗をして何かを失ってしまうこともあるかもしれませんが、それ以上に学べることや得られるものも沢山あるはずです。

「失敗は成功の元」という言葉もある様に、成功者や人格者は数多くの失敗を経験しているもの。

それから、「失敗は恥ずかしい」という気持ちも分かりますが、失敗しない人間なんていませんし、何より経験豊富な振りをしている方がよっぽど恥ずかしいのでは…?

とにかく、果敢にチャレンジする人の様に失敗を恐れなければ、チャレンジ精神がない人でも、「あれもしたい!」「これもしたい!」と思える様になるかもしれませんね。

迷いが少ない

そもそも、果敢にチャレンジする人は自分の好きなことをしているから、失敗を恐れず迷いなく、挑戦していけるとも考えられます。

きっとみなさんだって、自分がやりたくないことや興味のないことに、無理して挑戦し失敗するのは嫌でしょう。

ですが、それが好きなことへのチャレンジなら、「多少失敗しても続けられる」とか「失敗することで成長できるかも!」と失敗を前向きに捉えることができるのではないでしょうか?

「好きなことでも躊躇してしまう…」という人は、チャレンジする前にあれこれ考えてしまうから、迷いが生じるのかもしれません。

考えている内に失敗のリスクが頭をよぎって、最終的に行動できなくなってしまうのです。

果敢にチャレンジできる様になりたいのなら、頭の中で「挑戦してみたい!」と考えているだけではダメです。

当たり前ですが、実際に行動して初めて、果敢にチャレンジしていると言えるので、考え過ぎて決心が鈍ってしまうタイプの人は、迷いが出る前にあまり深く考えず、行動に移すのも手かもしれませんね。

目標を持つことを楽しむ

果敢にチャレンジする人は目標を持つことを楽しんでいます。

それは何かにチャレンジするときだけでなく、日常生活を送る上で何をするにも、明確な目標を持って行動しているのです。

例えば、「今日は残業なしで〇時までには帰れる様に仕事を進めるぞ!」とか「午後までに水回りの掃除を全て終わらせるぞ!」など…。

中には、「達成できなかったときが嫌だから、目標はあまり立てない」とか「目標を立てるだけ立てて満足してしまう…」という人もいるかもしれませんが、果敢にチャレンジする人にはそういう考えはありません。

むしろ、目標を持つことで「絶対に達成する!」と常にモチベーションを維持し続けることができるのです。

実際、目標を持っているおかげか、果敢にチャレンジする人は基本的に良い結果を出している傾向にあります。

果敢にチャレンジする人は、目標を持ちそれを達成するまでの過程を楽しむと同時に、目標達成を積み重ねることで挑戦することへの自信をつけているとも言えるのかもしれませんね。

ちなみに、目標を持つことは以下の様なメリットがあります。

例えば、モチベーションが上がる・目標達成時に達成感や自信が得られる・考え方がポジティブになる(※目標を持たないこと自体がストレスになり得る)・物事を効率良く進められる様になる=時間の使い方が上手くなる・人生が充実する・チャレンジ精神が身につくetc…。

それから、あまり高すぎる目標ではなく、達成できるレベルの目標を立てるのもポイントです。

普段、目標を持たない人もこれを機に、まずは達成できそうな小さい目標を立ててみてはいかがでしょう?

人と違うことをするのが好き

果敢にチャレンジする人は、周りの人と違うことをするのが好きな傾向にあります。

果敢にチャレンジする人には「人と同じじゃつまらない!」という思いがある人もいます。

困難なことへの挑戦は、人と違うことを経験させてくれる手っ取り早い方法でもありますし、何より色々なことが得られます。

「人と違うことをしたい!」と考える人にとって、果敢にチャレンジすることは避けては通れない道なのかもしれませんね。

目立ちたがる気質もある

「人と違うことをしたい」とか「普通のチャレンジじゃ物足りない」という思いの裏には、「目立つことをして、人々の注目を集めたい!」とか「偉業を成し遂げて周りに、自分の凄さを認めて貰いたい!」といった心理があるとも考えられます。

なので、果敢にチャレンジする人には目立ちたがり屋な気質があるのかもしれませんね。

ネットでもチャレンジ動画を配信する人が沢山いますが、それはまさに「注目されたい!」という思い故の行動かもしれません。

人生の儚さを理解している

上でも、「果敢にチャレンジする人は、時間の大切さを理解している」と話しましたが、さらに具体的に言うと、果敢にチャレンジする人は人生の儚さを理解している、とも考えられます。

何がきっかけで人生の儚さを実感したのかは、その人によって違うと思いますが、果敢にチャレンジする人には共通して、「人生は一度きりなのだから、色々なことに挑戦したい」とか「自分に残された時間が分からない以上、今できることをしておきたい」といった強い思いがあるのです。

世の中にはそういった思いを抱いている人も沢山いると思いますが、実際に行動に移せるのは、人生の儚さを理解しているからこそと言えるのではないでしょうか?

だからこそ貴重な時間を有意義に使いたい

果敢にチャレンジする人は人生の儚さを理解しているからこそ、貴重な時間を有意義に使おうと常に意識しています。

だから、無駄な時間の使い方をしないのはもちろん、物事を効率良く進められる様に色々と工夫して(今までの経験から効率の良い進め方も理解しているのでしょう)、自分の為に使える時間を確保しているのです。

それから、果敢にチャレンジする人は基本的に「何時でも(チャレンジ)できるだろう」という考えはあまりなく、「後でやろう」と物事を先延ばしにする(そして、最終的にやらない)ことも少ないです。

いつ何が起こるか分からないからこそ、「チャレンジしたい!」と思ったら即行動に移すのが、果敢にチャレンジする人の特徴でもあります。

常識を疑う

果敢にチャレンジする人は常識を疑う特徴があります。

つまり、普通の人とはものの見方や考え方が異なるのです。

ちなみに「常識」とは、普通人が社会生活を営む上で有するもので、客観的に見て当たり前とされる知識・価値観・判断のこと。

周りの人と同じ知識や価値観を持ち、当たり前とされる行動を取る人は、「常識人」と言える訳ですね。

この「常識」という言葉ですが、思った以上に強力な力を持っています。

実際、「常識だから」とか「そんなの常識」などと周りから言われると、大抵の人は多少の違和感があっても、「そうなのか」と受け入れてしまうものではないでしょうか?

「常識」という言葉で納得してしまえばそれで終わりですが、実は常識を疑う力をつけることで、人間の可能性はぐっと広がるとも言われています。

例えば、「常識的に考えて、こんなの自分にできるわけがない」とか「誰も成し遂げたことがないことを、自分が成功させるのは無理だ」と考えていたらそれで終わってしまいます。

しかし、そこで常識を疑って「やってみなければ分からない!」と考える様にすれば、やらずに終わることがないので、自身の可能性が広がるきっかけにもなります。

簡単に諦めない

果敢にチャレンジする人は、何事も簡単には諦めない特徴があります。

普通の人は何かにチャレンジしたとしても、一度失敗したところで「やっぱり自分には無理理だった…」と諦めてしまうこともあるでしょうが、果敢にチャレンジする人はたった一度の失敗では心が折れることなく、成功するまで挑戦し続けることができるのです。

チャレンジし続けるのに必要な忍耐力を持っているのもそうですが、「絶対に成功する!」というイメージを持ち続けられるのもすごいですね。

周囲の人の意見を気にしない

周囲の人の意見を気にしないのも、果敢にチャレンジする人の特徴です。

だから、「無謀だ」「やめておいた方がいい」「できっこない」という、周囲の否定的な意見にもめげずにチャレンジすることができるのでしょう。

チャレンジするときに限らず、何をするにも自分の信じた道を突き進んで行きます。

そして、例え失敗しても「(誰のせいでもなく)自分のせい」と素直に受け入れることができるのです。

そう考えると、果敢にチャレンジする人は責任感があるとも言えるかもしれませんね。

自分の意思で動く

これは先程の「果敢にチャレンジする人は常識を疑う」という話とも関連した部分がありますが、周囲の人の意見を気にしないということは、自分の意志で動けるという証拠でもあります。

果敢にチャレンジする人は決断力に富んでいるのも特徴ですが、勢いだけではなく、ちゃんと色々なことを考えてるところもすごいところです。

物事をポジティブに捉える

果敢にチャレンジする人は物事をポジティブに捉えることができます。

「目標を持っているとポジティブ思考になれる」とか「失敗を恐れない(失敗を成長と捉えることができる)」というのとリンクする部分もあると思いますが、ポジティブ思考のおかげで、普段から明るくエネルギーに満ち溢れているのです。

そんなポジティブで元気な人柄に、周囲の人が惹かれることも多いです。

自分の限界を知らない

果敢にチャレンジする人は、自分の限界を知らない、または自分の限界を決めない、という特徴もあります。

チャレンジする前に「自分の力ではここまでだろう…」と、自分の限界を決めつけてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、果敢にチャレンジする人は最初から限界を決めつけることはしませんし、実際にチャレンジして「そろそろ限界かも…」と思う様な場面であっても、「自分に限界などないはずだ!」と考え直すことができるのです。

上でも、「果敢なチャレンジをする人はポジティブ」という話をしましたが、そんな風に考えられるのも、ポジティブ思考が影響しているのかもしれませんね。

百聞は一見に如かずを信じている

果敢にチャレンジする人は、「百聞は一見に如かず」を信じています。

本人が「自分の目で直接見てみたい!」と思えば、例え周りが止めても、すぐに決断し行動に移してしまうのです。

なので周りの人達は、果敢にチャレンジする人の決断力と行動力の早さに振り回されてしまうこともしばしば…。

しかし、「自分の目で見るまで信じない」というのは、常識を疑う力があり、意志が強いからこそとも言えるでしょう。

友達が多い

難しいことや新しいことにチャレンジするのは1人ではできないこともあります。

ですが、そのチャレンジをサポートしてくれる存在がいれば、色々なことに挑戦することも可能でしょう。

実際、果敢にチャレンジする人は友達が多いという特徴もあります。

友達なら信頼できる良い協力者になってくれるでしょう。

それに、上でも話しましたが、「果敢にチャレンジすることは、周囲に良い影響を与え、応援してくれる味方(=協力者)を増やすことに繋がる」ので、そういうことも相まって友達が沢山できるのかもしれませんね。

友達もポジティブで元気な人が多い

「類は友を呼ぶ」という言葉もありますが、果敢にチャレンジする人の友達も、ポジティブで元気な人が多い傾向にあると言えます。

だから、困難にチャレンジする際にも、他の人が心配して止めようとする中、友達だけは快く応援してくれることも。

さらに、ポジティブで元気な友達が多いことで、心が折れそうになったときも、友達が明るく励ましてくれるおかげで頑張れるというのもあるでしょう。

自分の健康管理に気を遣っている

健康管理が徹底しているのも、果敢にチャレンジする人の特徴です。

というのも、健康でないと色々なことにチャレンジできないということをよく理解している人も多いです。

なので、果敢にチャレンジする人は不摂生をせず、規則正しい生活を誰よりも心掛けています。

病気で亡くなった家族や友人の存在が影響している場合も

上でも、「人生の儚さを理解しているからこそ、貴重な時間を有意義に使いたいと考えている」と話しましたが、人生の儚さを理解するきっかけになったのが、家族や友達の死という場合もあると思います。

知人を病気などで亡くす経験をすると、「亡くなった人の分まで自分が生きて、後悔のない人生を送ろう…」という思いが芽生えますよね?
きっとそういった思いが、果敢にチャレンジすることにも繋がっているのかもしれません。

あるいは、自身が持病を抱えており、病気が発覚したのと同時に、「後悔しない様に、今できることにチャレンジしたい!」と考えることもあるでしょう。

まとめ

今回は、“果敢にチャレンジする人の13個の特徴”をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

果敢にチャレンジすることってすごく勇気が要りますし、それで成功する人は本当に凄いと思います。

例え思う様にできなくでも、ゴールが見えなくても、「いつかは成功する!」と上手くいくイメージを持ち、何度でも挑戦し続けることができる人も同じです。

「ダメでもいいから、とにかくやってみる!」という精神で、無心になってガムシャラにチャレンジしてみる…そういう機会が少ない人は、少しでも「やってみようかな…」と思ったときが行動に移すチャンスになります!

みなさんも今回ご紹介したことを参考に、何か新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
今よりもさらに充実した人生を送れるはずですよ!