CoCoSiA(ココシア)

いとこの子供って何て呼ぶ?いとこの...(続き3)

大人になっても必需品ですが、赤ちゃんの時も様々なシーンで活躍するようです。

赤ちゃんのお風呂上がりに繊細な身体をソフトに拭いたり、お昼寝の時にもタオルケットのように身体にかけたり、オムツを替える時には身体の下に敷いたりと、非常に役に立つものなのです。

普段から大人が使用しているタオルは、毎日洗濯はしているものの、お母さんにすれば衛生的なタオルを使いたいと思うはずです。

きっと、赤ちゃん用は別に分けておいて、それを繰り返し使うはずです。

とすると、赤ちゃん用のタオルとしては必ず5~10枚ほどは必要なはずです。

赤ちゃんには絶対に使う!

産院から退院したら、家ですぐに赤ちゃんの世話が始まります。

初めての赤ちゃんなら、両親ともに緊張の連続になるのです。

まずは緊張するのが、赤ちゃんの沐浴です。

赤ちゃんの沐浴は、肌を清潔にすることや乾燥肌になりやすいので潤いを与えることです。

そして、身体を温めてやるとリラックスするのです。

赤ちゃんの沐浴には、赤ちゃん専用の沐浴剤も市販されています。

産院から退院してきたばかりの赤ちゃんは、特に清潔にしてあげなければ行けません。

だから、夫婦で沐浴をさせた後は、赤ちゃんの身体を綺麗なタオルで拭くことになります。

吸湿性が良くて肌触りの良いタオルが好まれるのです。

こんなタオルで、愛情を込めて拭いてあげるのです。

赤ちゃんには絶対に必要なのがタオルなのです。

普段使っていないタオルがあると、お母さんは安心なのです。

家庭で使うことも多い

タオルは、家庭でもよく使う物なので、たくさん用意している家庭も多いはずです。

しかし、赤ちゃんができると赤ちゃん専用に分けて使いたいはずです。

だから、赤ちゃん用にタオルを贈ってもらうと、お母さんから大変喜ばれるのです。

タオルは何枚あっても困ることはありません。

古くなると、大人もまた使うこともできるのですから。

タオルは、赤ちゃんだけでなく、家庭でも使うことが多いので大変喜ばれるものなのです。

赤ちゃんにタオルを贈る時には、肌触りが良いこと、アレルギーの心配が少ないオーガニックコットンのものも人気なのです。

ちょっと品質に凝ってみると喜ばれます。

タオルは頻繁に洗濯しますから耐久性が良くて、しかも吸水性、柔軟性にも優れたものを選んでください。

また、大き目のタオルやバスタオルも喜ばれるようです。

2.ベビーカー

出産後何カ月が過ぎると、子供を抱いて外出する機会が増えてきます。

そんな時には、ベビーカーも大活躍する時期が来るのです。

ベビーカーはいつ頃から使うのが良いのでしょうか?それは、ベビーカーの構造によってだいたい決められているのです。

つまり、ベビーカーは日本の安全基準(SG安全基準と言います)によって、A型とB型に区別されています。

A型ベビーカーの場合は、2500g以上の体重で産まれた赤ちゃんなら、月齢1ヶ月から使用できます。

というのも、A型のベビーカーは、背もたれの角度が150度以上にリクライニングできる型だからです。

一般的には、赤ちゃんと対面した状態で移動できる「両対面タイプ」のベビーカーなのです。

産まれたばかりの赤ちゃんは、首が座っていないので、移動中の振動で首に負担がかかり過ぎないように、水平に近い状態までリクライニングできるものでないといけないのです。

これに対して、SG安全基準B型に合格したベビーカーは、月齢7ヶ月以上から使用可能なのです。

B型ベビーカーは、背もたれが110度以上リクライニングできるものです。

一般的には、背面からのも押すことができる「バギー」と呼ばれるタイプがそれに当たります。

月齢7ヶ月にもなると、首も座っているので、B型でも移動できるのです。

B型はほぼ背面タイプで、A型に比べると軽量で安価なものが多いのです。

産まれてすぐ(月齢0ヶ月)でベビーカーを使いたいと思っても、残念ながらSG安全基準のついたものはありません。

また、月齢0ヶ月の新生児は、感染症などの予防の意味からも、基本的には外出は控えるべきなのです。

新生児から使えるチャイルドシートはありますが、これをベビーカーに乗せて外出することはお勧めしません。

もう少し大きくなってからにすべきと思います。

ベビーカーを持っていない家庭は多い

ベビーカーを持っていない家庭も多いようです。

というのも、A型のベビーカーは大きくて結構重いので、赤ちゃんがぐずったりして抱いた時には邪魔になるのです。