CoCoSiA(ココシア)

いとこの子供って何て呼ぶ?いとこの...(続き5)

出産祝いに頂くと、記念になって嬉しいものです。

母親は、ブランドを希望する時があるので、確認してみることも必要です。

食器のギフトセットとして価格別に用意されているようです。

6.服

赤ちゃんが産まれたら、出産祝いに服を贈る人は多いようです。

タオルと同じように、服もよく利用するからです。

ミルクや離乳食をこぼしたリ、飲んだミルクを吐いたりすることが多いからです。

赤ちゃんが着る服と言っても、肌着関係と上着があります。

肌着もよく交換することが多いので、余分にあっても嬉しいのです。

梅雨時期や雨が続く時には乾きにくいので、数があると安心するのです。

可愛らしいベビー服を

赤ちゃんも段々と大きくなっていくと、やがてハイハイするようになって、1年もすれば捕まり立ちもするようになります。

1歳にもなると親もだいたい育児に慣れてきたころで、赤ちゃんを連れてお出かけする機会も増えてくるのです。

そのころになると、赤ちゃんに着せる可愛い服も必要になってきます。

それまでには、お宮参りやお食い初めなどの儀式も会って、ちょっとおめかしする機会もできるのです。

こんな時に可愛らしいベビー服が必要になってきますので、可愛らしいベビー服のお祝いも嬉しいのです。

その時に注意することは、やはり赤ちゃんのサイズです。

贈る前に、しっかりと相手とサイズを相談してからにするべきです。

肌着も喜ばれる

赤ちゃんはミルクをこぼしたり吐いたりして、肌着を着替えることが多いのです。

その都度肌着を替えるので、赤ちゃんには大切なものです。

だから、肌着も大変喜ばれる贈り物なのです。

赤ちゃんは、肌が薄くて柔らかいので、刺激に弱いのです。

また、体温は約37℃と大人よりも高めなので、汗をよくかくのです。

だから、肌着を選ぶ時には、肌に優しい素材を使っていること、汗を吸い取りやすい素材であることも重要なのです。

出産祝いには、これらのことも考えた肌着を選んであげることも大切なのです。

一般的には、綿100%素材のものが好まれます。

新生児の時には、着替えさせやすい前開きのもので、上着は重ね着しやすい着丈が短い短肌着がよく、オムツの上からくるむように着せるコンビ肌着は、股下をスナップボタンで留めるものが好まれるようです。

7.アルバム

出産後は、毎日変化していく赤ちゃんの記録を残すアルバムを作っておきたいと思うはずです。

いろんなイベントでも写真はドンドンと溜まっていくのです。

最近は、スマホですぐに写真を撮ったり、LINEで家族や友人に送信したりするようです。

スマホもいいのですが、やはり写真をアルバムにして残しておくことも良いと思います。

アルバムは、自分で写真を貼り付ける昔ながらの名入れベビーアルバムとか、写真を用意すれば赤ちゃんが主人公のアルバム絵本を、製本して作ってくれるようです。

また、写真のデータを提供すれば、写真を印刷したアルバムとして作ってくれるサービスもあります。

これらを一喝して依頼できるアルバムギフトが用意されています。

アルバムギフトは、出産祝いなどにも喜ばれるものです。

街の写真屋さんで相談すれば、いろんな取り組みをしているようなので、参考になると思います。

お宮参りやお食い初めなど、何かのテーマを決めておいてそれに沿ってアルバムを作成してくれるサービスのチケットもあるようです。

こんなお祝いも面白いのではないでしょうか。

赤ちゃんの思い出写真を積めてもらおう!

大切な赤ちゃんの思い出写真をまとめた思い出アルバムもありますが、それに加えてアルバムに関連した素敵な雑貨などを贈り物として届けることができるアルバムギフトもあるようです。

アルバムが届いた後で、ギフトの中から好きなプレゼントを選ぶことができるのです。

出産祝いにアルバムを贈るというのは定番のようですが、まだまだ面白い世界があるようなのです。

8.ブレンダー

離乳食を始める頃には、最適の贈り物なのです。

ブレンダーとは、簡単に言うとミキサーの事でもあります。

野菜のポタージュや赤ちゃんの離乳食を作ったり、野菜をみじん切りにすることもできるのです。

手軽なハンドブレンダーでは、「砕く」「すりつぶす」「混ぜる」という三役をこなすことができるのです。

離乳食作りに役立つ!

離乳食作りは、食材を潰してペースト状にしなくてはいけません。