CoCoSiA(ココシア)

フラグ回収とはどういう意味?意味や例文をわかりやすく解説!

あなたはこれまでに「フラグ」という言葉を聞いたことはありますか?

元々は英語で「旗」を意味する言葉でしたが、インターネット上で流行し始め徐々に 本来とは違う意味で使われる ようになりつつあります。

最近ではアニメや漫画、ドラマでもこの言葉を耳にする機会が多くなったことから、広く世間にその意味が浸透しつつあることが窺えます。

そこで今回は、「フラグ」という言葉の意味について詳しく解説していきます。

例文もいくつか取り上げているので、日常生活でどのように使われることが多いのかきちんと知っておきましょう。

フラグ回収ってどういう意味?

フラグ回収とは、 自分が予想した伏線が当たっていた という事を指す言葉です。

「きっとこうなるであろう」という予測に対して結果が伴った場合に、 フラグを回収する事ができた と言うのです。

ネットでもよく見かけるフラグ回収

この言葉は元々インターネットの世界で多く使用されていた言葉です。

その為、普段からインターネットを利用している人たちの中では当たり前に受け入れられている言葉なのでしょう。

ですが、実社会においてはどちらかと言うとまだ聞き慣れない言葉かもしれません。

このようにその世界の人しか知らない言葉というものは沢山あるものです。

そのため普段から周りに意識を向けて新しい言葉を自分の物にしようという気持ちが無い場合には、言葉の情報を更新していく事は難しいでしょう。

しかし言葉をアップデート出来ないでいると、 いつしか時代に取り残されてしまう 可能性もあります。

それは年齢に関係なく本人の気持ちの問題です。

何歳になっても何事に対しても興味関心を持ち行動することで、正しい言葉の意味を知り使用する事が出来るでしょう。

フラグ回収の意味

ここからはフラグ回収という言葉の意味についてご紹介させていただきます。

改めて紹介する事によって、自分の認識の間違いに気が付く事が出来るかもしれません。

それこそが大事な事であり、新しい言葉を自分のものにする為には必要な行為なのでしょう。

立ったフラグを回収すること

こちらは、もともとはコンピューター用語です。

それがいつの間にか一般社会にも溶け込む言葉となっていました。

フラグの由来は諸説あるものの、一説では 何か問題の原因となるような場所に旗を立てた ことが由来として考えられています。

このように、インターネットの世界では独特な言葉の使い方があり、それがどんどん急成長する事によって新たな言葉が生まれてくるのでしょう。

自分自身と同じ世界に住んでいる人たちだけではなく、ありとあらゆる人たちと一緒に暮らしていく為にも、多くの人が分かる言葉として使用していかなければなりません。

フラグ回収のパターン別解説

フラグ回収と言っても、そのパターンはいくつもの種類に分かれています。

そのため言葉の意味をよく分かっていない場合、どのタイミングで使用したら良い言葉なのかがそもそも分からないこともあるかもしれません。

そこでここからは、パターン別にその使い方について解説していきたいと思います。

今まであまり意味が分からなかったという人も、例題を見る事によってより簡単にその言葉の意味をイメージする事が出来るようになるでしょう。

ゲームや映画で使われるフラグ回収

ゲームや映画の中ではこの言葉が使われる場面というのは比較的多くあります。

普段自分が瞬間瞬間に体験している事というのは、その時々に客観的に見るというのはなかなか難しいものですが、ゲームや映画の場合はそのストーリーを客観的に見て楽しむことができますよね。

それはゲームや映画は無意識のうちに 予測しながらストーリーを楽しんでいる 事がほとんどで、それによってフラグが回収できるようになるからです。

先を予測する事によって、自分とは関係のない事だったとしてもその物語を更に楽しむ事が出来るようになります。

死亡フラグ

物語の展開において、誰かが死んでしまうという事もあるでしょう。

誰か大事な人が死んでしまうという局面の中で、人は奮起して頑張れる事もあるかもしれません。

だからこそ、話を進めるという意味でも時にキャラクターの一人が死ぬことは必要な事なのかもしれません。