人生には何が起こるか分かりません。

分からないからこそ楽しいのです。

ですが、時には先の展開が予測出来てしまう事があるかもしれません。

それがいわゆる『フラグ』というものなのでしょう。

そのフラグが立つ事によって、未来への伏線が登場するのです。

この言葉はインターネットの世界で流行し始めた言葉です。

その為、いきなり『フラグ立つ』と言われても何の事なのかさっぱり分からないという人も居る事でしょう。

だからこそ、意味を改めて知る事によって自分の中の言語を増やす事が出来るようになる事でしょう。

言語の種類を増やす事が出来れば、それだけ多くの言葉を自分の中に取り込む事が出来ているという事になり、より自分の思いを相手に伝えやすくなるなどの利点もあります。

今回はその言葉の意味を、改めてご紹介させていただきます。

フラグ回収ってどういう意味?

フラグ回収とは、自分が予想した伏線が当たっていたという事を指す言葉です。

きっとこうなるであろうという予測に対して、結果が伴った場合にフラグを回収する事ができたと言うのです。

ネットでもよく見かけるフラグ回収

この言葉はインターネットの世界で多く使用されていた言葉です。

その為、普段からインターネットを利用している人たちの中では当たり前に受け入れられている言葉なのでしょう。

ですが、実社会においてはまだまだ聞き慣れない言葉かもしれません。

このようにその世界の人しか知らない言葉というものは沢山あるものです。

そのため、普段から周りに意識を向けて新しい言葉を自分の物にしようという気持ちが無い場合には、言葉の情報を更新していく事は難しいでしょう。

言葉の更新をする事が出来ないでいると、いつしか時代に取り残されてしまう可能性もあります。

それは年齢に関係なく本人の気持ちの問題です。

だからこそ、前向きな気持ちを持って行動する事によっていくつになっても正しい言葉の意味を知り、使用する事が出来るのでしょう。

フラグ回収の意味


それでは、ここからはフラグ回収という言葉の意味についてご紹介させていただきます。

改めて紹介する事によって、自分の認識の間違いに気が付く事が出来るかもしれません。

それこそが大事な事であり、新しい言葉を自分のものにする為には必要な行為なのでしょう。

立ったフラグを回収すること

こちらは、もともとはコンピューター用語です。

それがいつの間にか一般社会にも溶け込む言葉となっていました。

フラグの由来は諸説あるものの、一説にはフラグ=旗という事で何か問題の原因となるような場所に旗を立てたという事なのでしょう。

このように、インターネットの世界では独特な言葉の使い方があり、それがどんどん急成長する事によって新たな言葉が生まれてくるのでしょう。

自分自身と同じ世界に住んでいる人たちだけではなく、ありとあらゆる人たちと一緒に暮らしていく為にも、多くの人が分かる言葉として使用していかなければなりません。

フラグ回収のパターン別解説


フラグ回収と言っても、そのパターンはいくつもの種類に分かれています。

その為、言葉の意味をよく分かっていない場合には、どのタイミングで使用したら良い言葉なのかどうかが分からない事もあるかもしれません。

そこでここからはパターン別にその使い方について解説していきたいと思います。

今まであまり意味が分からなかったという人も、例題を見る事によってより簡単にイメージする事が出来るようになる事でしょう。

ゲームや映画で使われるフラグ回収

多くのシーンがある中で、特に多くこの言葉が使われるシーンの中にゲームや映画の中のお話に対して使われるという場面があります。

実際自分が経験している事は、客観的に見る事が難しいという場合もあるでしょう。

けれど、ゲームや映画の場合は、物事を客観的に見つめなおす事が出来るようになるという事が言えるでしょう。

自分に起きている事は客観的に見る事が出来なくても、予測してみる事によってフラグが回収できるようになるのです。

先を予測してみる事によって、その物語を更に楽しむ事が出来るようになります。

自分の事と関係ない事だったとしても、架空の世界だからこそ楽しむ事が出来るものがあるというものなのでしょう。

死亡フラグ

物語の展開において、誰かが死んでしまうという事もあるでしょう。

誰か大事な人が死んでしまう。

恩師が死んでしまうなど様々な展開があります。

その中で人は奮起して頑張る事が出来るなんて事もあるかもしれません。

だからこそ、話を進めるという意味でも時にキャラクターの一人が死ぬことは必要な事なのかもしれません。

物語の中で『この人凄くいい人だ』なんて時には死亡フラグが立つとも言われています。

良い人であればあるほど、その人が死んだときにショックが大きいからです。

伏線としてその人の株を上げておく事によって、より一層その人が居なくなった世界に切なさを足しているのでしょう。

恋愛フラグ

恋愛フラグの場合には、お互いがお互いを好きになりそうなときに出てくるものなのでしょう。

なんとなく嫌な奴だと思っていた人の意外な一面を知る。

実際は優しい人だった。

そんな一面を描く事によって恋愛フラグが立つのかもしれません。

恋愛フラグが立つという事は、その先の展開にドキドキが生まれてくるのでしょう。

だからこそ、恋愛ドラマや映画などではこのフラグがとても重要となっていきます。

あまりにも分かりやすいフラグもよくないですが、ある意味定番だからこそ多くの人が分かりやすく、ついドキドキしてしまうなんて事もあるのでしょう。

生存フラグ

死亡フラグは死ぬかもしれないという伏線です。

その反対に生存フラグというものも存在しています。

それはその言葉の通り、生きているかもしれない可能性のフラグです。

犯人と思われていた人が亡くなった場合、一旦その可能性は減るのでしょう。

ですが、物語が進むにつれてその人が生きている可能性が出てくるのです。

それが生存フラグです。

生存フラグが立つ事によって、物語は全く違った形になっていきます。

だからこそ、ネットの予想などでもこのフラグが一番盛り上がると言われています。

日常生活で使われるフラグ回収

フラグが立つなどという事は、架空の話の中だけのような気がしてしまうものです。

ですが、実際には私たちの生活にもフラグは存在しているのです。

だからこそ、それらを知る事によって言葉の使い方を少し広げる事が出来るのかもしれません。

普段聞き慣れないという方も、自分の生活に合った言葉を知る事によってより分かりやすくこの言葉の意味を自分の物にする事が出来るのでしょう。

残業フラグ

残業フラグとは、自分自身の仕事の進み具合などを見る事によってこの後の仕事の終わり時間を計算した際にフラグの事です。

残業がほぼ確定したことを示しており、テンションが下がる瞬間と言えるでしょう。

更に言えば、自分以外の人から仕事を回された際にもそういった事を思う場合もあるかもしれません。

直接文句を言う事は出来なかったとしても、このフラグが立った事をツイッターなどに投稿する事によって少しだけ気持ちを落ち着かせる事が出来るのかもしれません。

風邪フラグ

フラグの中には実生活でも出てくるものがあります。

それがこの風邪フラグです。

風邪を引いてしまったかもしれない。

そんな時にこのフラグが立つのでしょう。

風邪を引く事によって喜ぶ人はそう居るものではありません。

ましてや、何か重要な予定がある場合にはそれによって大きな失敗に繋がってしまう可能性もあるのです。

実生活の中では、風邪フラグが立ったと言えば怒られてしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、ネットの世界だからこそ言う事が出来るのかもしれません。

フラグ回収の使い方

フラグという言葉には、その先の意味としてフラグ回収という言葉があります。

フラグが立った出来事の先を示す言葉であり、回収するという事はそのフラグの予測が当たった事を指している言葉です。

フラグにはいろいろな種類があります。

その中にはあまりいいものではないものも含まれています。

だからこそ、フラグを回収する事が出来るという事はいい事ではない場合もあるでしょう。

しかしながら、物語などの場合には自分の予想が当たった事に対して嬉しい気持ちになる事も想像できる範囲です。

最近では、謎解きゲームなどが流行しています。

それは、それだけ多くの人が沢山の謎を置き明かしたいという気落ちを持っているからなのかもしれません。

そんな人たちの会話の中には、よくこの言葉が使われるのでしょう。

伏線からの予想通りの結果になったとき

伏線は物語のありとあらゆる所に存在しています。

とても分かりやすいものから、後から考えるまで気が付く事が出来ないものまでありとあらゆるものがあります。

その際、そのフラグを回収する事が出来時に『フラグ回収』という言葉を使用します。

フラグを回収する事が出来る事によって、自分の中の予想が当たったと感じる事が出来るでしょう。

それはとても嬉しい事であり、高揚感を感じる事が出来る出来事だと言えるのではないでしょうか。

人間には承認欲求という気落ちがあり、多くの人に認められたいという気持ちを持って生活しています。

そんな気持ちを満たしてくれるという意味でも、フラグを回収する事はとても意味のある事なのかもしれません。

フラグ回収以外の関連用語

言葉には似ているものが存在しています。

いわゆる類義語です。

ですが、その他にも関連している言葉というものがあります。

一つの言葉があるからこそ、存在している言葉の事を指しているのです。

その言葉を知る事によって更に深く物事を知る事が出来るようになるでしょう。

フラグが立った

この言葉は、ネットの世界などでよく使われている言葉です。

意味を知らない人が聞くと、なかなか理解する事が出来ないかもしれません。

フラグとは、先の物語となる内容の伏線になっている物の事を指します。

フラグが立ったとは、その物語の中で何か伏線となるものが登場したという事なのでしょう。

フラグは日常生活の中にも存在しています。

『きっとこうなるであろう』という先を読んだ行動が、結果的にフラグが立ったという事になるのかもしれません。

自分自身の事はよく分からないものです。

だからこそ、どこかで客観的に自分自身を見つめる事が出来るようになる事が大切なのではないでしょうか。

フラグが折れた

フラグとは先の予測です。

そのフラグが折れたという事は、それだけ予測できない状況になってしまっているという事なのでしょう。

フラグが立った時点で、その後の展開はおおよそ予想がついていたはずです。

にも関わらず、そこから180度大きな変化が起きた事は自分自身でもびっくりな出来事のはずです。

人は、ついフラグが折れる事によって気持ちがどんよりしてしまう事もあるかもしれません。

ですが、そうなったとしても前向きな行動を取る事が出来るように意識的に行動していく事も大切な事なのかもしれません。

フラグクラッシャー

フラグクラッシャーとは、フラグが立っているのにも関わらず思いもよらない方向に物事を進めていく人の事を指します。

つまり、物語の中で明らかに死んでしまいそうな人が居たのにも関わらず、その状況を180度ぐるりと回転させてしまうような人の事を指します。

実際の出来事でも、フラグクラッシャーの立場になる人は沢山います。

だからこそ、フラグが立ってしまったからといって、全てがダメになってしまうわけではありません。

ついつい投げやりな気持ちになってしまう事もあるかもしれませんが、あくまでも冷静に行動する事によって、結果的に一番効果的な方向に自分を導いてくれるのかもしれません。

フラグ回収の意味、わかりましたか?

どうだったでしょうか。

『フラグ回収』という言葉に意味を理解して貰う事ができたでしょうか。

普段使わない言葉は、その意味を知る事もあまり無いと思います。

そのせいで結果的に知らない言葉が沢山出てしまいます。

フラグが立ったという言葉は、普段はあまり使う事は無いかもしれません。

しかし、言葉の意味を知っていると、いざという時に自分を助けてくれるかもしれません。

言葉を沢山知り、語彙力を高めていく事はとても大事な事だと思います。