世の中には容姿端麗な絶世の美女というのが存在します。

日本にももちろん美しい人はいますし、ヨーロッパなどで目鼻立ちの整っている綺麗な女性もたくさんいますよね。

しかし最近、アプリゲームのキャラクターや海外ドラマなどで、中国の四大美人が登場するのを目にしている方も多いのではないでしょうか?

アジアの中でも中国は人口の多い国ですが、その中で選ばれたたった4人の美女とは一体どんな人物なのか?

こちらでは中国四大美人についてをご紹介していきたいと思います。

中国四大美人は絶世の美女ばかりだった?!

中国四代美人に選ばれている4人とは、西施、王昭君、貂蝉、楊貴妃という女性のことです。

その美しさは街でも評判で、国の偉い方にも見初められ、中には国政をも動かすほどの力を手に入れた女性もいるようです。

中国は古くからの歴史ある国ですが、数々の美しい女性たちが歴史上で存在したなかで、この4人を「中国四大美人」と定着したのは20世紀に入ったあとからのようです。

意外と新しい歴史ですが、中国は人口も多いだけにその中で選抜されたのはとてもすごいことですよね。

人口が多い中でのトップだから、桁違いの美しさ!

中国といえば、かつては国の方針で一人っ子政策などが行われたほど、その人口の多さに国がついていけないという時期もあったほど、とにかく人口の多い国です。

世界でも人口の多さは1番を誇っているので、その大勢の中から抜擢された美女4人はまさに世界4代美女といっても過言ではないでしょう。

中国四代美人とされる西施・王昭君・貂蝉・楊貴妃の美しさは、「沈魚」「落雁」「閉月」「羞花」と形容されていたりもします。

美しさを違う言葉で表現するなんて、まさに本物も美女だからこそなされることなのでしょうね。

中国四大美人を見てみよう!

中国四代美人の西施、王昭君、貂蝉、楊貴妃について、ここからは詳しく解説していきたいと思います。

世界一の人口を誇る中国で、一体どのような暮らしをしてどのような人物だったのか?歴史の背景から、それぞれの美女についてご紹介していきます。

楊貴妃

楊貴妃は唐代の玄宗皇帝の妃です。

日本の小野小町やクレオパトラなどに並ぶ、世界三代美女としても有名なのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

楊貴妃は「羞花」と形容されていたのですが、その由来について解説します。

その由来とは、楊貴妃が花園でそっと優しく花をなでると、花びらが不思議と閉じると女官たちから言われていたそうです。

「貴妃様があまりにお美しいので花たちが恥ずかしくてうつむいてしまった」と女官たちが表現したことから「羞花」という言葉が生まれたと言われています。

普段は人から美しいものとされる花でさえも、楊貴妃の美しさには敵わなかったということなのでしょう。

楊貴妃は、知性と度胸もある女性だったので高齢の玄宗皇帝に代わって唐の国政をも動かすことになります。

しかし、楊貴妃と国をまかせられた楊貴妃の親族である楊国忠と安禄山という人物がのちに対立を起こし、安禄山は謀反を起こしそのせいでバランスが崩れた唐の国は戦に負けてしまいます。

それに兵士たちは起こり、責任を楊貴妃に向け、絶世の美女であったはずの楊貴妃さえも最期は従容として亡くなったといわれています。

世界三大美女、そして中国四大美人とも言われていたはずの美女の最期は、なんとも切ない幕となりましたが今でも楊貴妃を題材とした歴史ドラマや映画などは中国でも人気があるようです。

西施


西施は春秋時代の人で、仙女のような美女だったと言われています。

「沈魚」と形容されていたのですが、その由来について解説します。

その由来とは、西施がある日川で衣を洗っていたら、川にいた魚がその姿を見てあまりの美しさに驚き、泳ぐのを忘れて水の底に沈んでしまった…という、魚さえも西施の美しさに惚れ惚れしたという言い伝えから生まれたそうです!
魚もびっくりしてしまうとは、一体どれだけ美しいのか?と思いますよね。

そんな西施は、もともとは貧しい薪売りの娘だったそうです。

少々体が病弱だったようで、時々胸を抑えながら眉を下げていることがあったようで、村の町娘がその姿を真似するほどその美しさに同性でも憧れていた人が多かったようです。

そんなある日、噂を聞きつけその美しさに目を付けた越王勾践は、西施をライバルの呉王夫差に送り込んだと言われています。

西施と出会いその美しさに見事に惚れてしまった夫差は国を本当に傾けてしまい、勾践の作戦は成功したそうです。

国を傾けてしまうほど夢中にさせてしまうなんて、さすがは中国四代美女ですよね!

貂蝉

貂蝉は三国時代にいた美女です!
「閉月」と形容されていたのですが、その由来は花園で貂蝉が月に願い事をしていたときに、突然月に雲がかかったようで、そのときのことを見た人が「貂蝉は月より美しい」と語ったことからそう言われるようになったとのことです。

月より綺麗だなんて、一体どんな女性だったのでしょうね。

じつは、この貂蝉はあの有名な小説『三国演義』に登場する物語上の架空の人物なのです!三国演義というと、又の名を「三国志」としてアニメや映画、そしてゲームなどもあるほど日本でも大人気ですよね。

実際の小説上では、貂蝉は第8回に登場します。

小説上のストーリーとしては、三国志に登場する王允のために貂蝉は自分の美しさを使って董卓と腹心の部下・呂布を誘惑するという仕事をします。

二人を仲違いさせることが目的なのですが、月よりも美しい貂蝉ですから作戦は見事成功します。

日本の三国志では、このとき呂布が董卓を暗殺してしまうのですが、だいたいが貂蝉は自害します。

あるいは殺害というパターンもあるようですが、いずれにしても自分が成し遂げた仕事が実ったら死んでしまうというのが貂蝉の最期なのです。

美しさは短命で儚いといいますが、まさにこの世界四大美人の貂蝉からもそのように思わされます。

王昭君

王昭君は前漢の頃にいた美女です。

「落雁」と形容されていたのですが、由来についてご紹介しますね。

王昭君が生きていた時代の皇帝・元帝は、画家に女性の肖像画を描かせてそれによって後宮の女性を召し出していたそうです。

そのため、なんとしても選ばれたいと願う多くの女性は肖像画を描く絵師に賄賂をたっぷりと渡して綺麗に描いてもらうのが一般的だったようです。

しかし、この王昭君だけは絵師に賄賂を渡さなかったといわれています。

そのため、醜く描かれてしまい、匈奴の王に嫁ぐことになったそうです。

そのことから王昭君は「出塞曲」を哀切に演奏し、それを聞いて胸を打たれた空を飛んでいた雁の群れが次々と空から落ちた…という伝説があり、それによって「落
雁」と形容されるようになったのです。

みんながしている賄賂を渡さないという真の強さをみると、きっと自分の美しさに自信とプライドがあったのでしょう。

古き時代でも、真の強い美しい女性というのはみんなから慕われるものですね。

中国四大美人に選ばれたのも納得のいくエピソードです。

美の基準は日本とは違う?美女達の4個の特徴


中国にいた4人の美女についてご紹介させていただきましたが、中国の美の基準というのをみなさんは知っていますか?
その国によって「美しい女性」の基準とは異なるものなので、次に中国の美女と言われる女性の特徴と基準についてを解説していきます。

美白肌を持つ

白くて美しい肌の女性は中国でも一般的に美人と言われているようです。

こちらは日本でも言われていますが、美しさを保ちたい女性は紫外線や日焼けにとても注意して生活していますよね。

透明感のある美白の肌は、どんな女性でも憧れてしまうものです。

切れ長の目

中国四大美女の肖像画からも確認ができますが、中国では切れ長の目の女性を「美女」とされてきました。

日本でも古い時代はそのように言われていたこともありましたが、現代の日本ではぱっちり大きな瞳の女性にみんな憧れていますよね。

大きな瞳になると美人ではなく幼い印象を与えるため、色気やセクシーさに欠けるのかもしれません。

いずれにしても、中国の国ではぱっちり大きな瞳よりも切れ長の目の女性のほうが人気があるようです。

黒目が大きい

切れ長の目だとしても、黒目が大きいことは重要です。

黒目の大きさは確かに人によって異なりますよね。

もしも目が細い切れ長の女性の場合、黒目が大きければ目を見開いたときに白目よりも黒目のほうが範囲が広くなり、優しい印象を与えてくれます。

同じ切れ長の目でも、黒目の大きさによって美女レベルが違ってくるようなので中国の人は見る目がなかなか厳しいのかもしれません。

顔が小さい

小顔の女性というのはどこの国でも「美女」に当てはまります。

日本でも小顔ブームがあり、整体外科でも小顔マッサージがあったり、美容整形でも輪郭矯正があったり、自宅でできる小顔ケアも豊富にあるため様々な小顔グッズが販売されていたりします。

顔の大きさは人間の骨格により違いがあるものですが、ダイエットだったりマッサージなどで変わることもあります。

中国でも同じように、小顔の女性は古くから美女といわれており、中国四大美人たちもみんな小顔だったと言われています。

顔以外にも美人と認められるために必要な4要素は?

美女の枠に当てはまる条件というのが、ルックス上ではいくつがあるようですが、結局は人は顔ってこと?女性は顔でしか判断されないのか?といえばそうではありません。

顔は親の遺伝によりだいだいのパーツが決まってしまいますが、顔はそこまで美人じゃないのになぜか魅力的に見える女性も世の中にはたくさんいますよね。

そのような女性って一体どこが素敵なのでしょう?

次に、顔以外にも美人と認められるために必要なことを4つご紹介していきたいと思います!

強い意思を持って生きていること

生きていると様々なことがあり、どうしても気持ちがぶれてしまうことってありますよね。

それでもどんなことがあっても、意思軟弱ではなく自分の強い意思を持てる女性というのはとても素敵です。

そして自分の気持ちを強く持ち、その意思を保ちながら自信を持って意見して生きている女性は周りからも慕われる傾向があります。

中国四大美人の女性たちは、その真の強さをもち、国政にまで影響を与えた人もいました。

美しさだけではなく、強い意思を持って生きていることが外見よりも大切なことなのです。

痩せていないこと

美女というのは、顔が美人で痩せていてスタイルが良い!というイメージが強いと思いますが、女性だけど痩せていないというのは逆にモテるポイントだったりもします。

顔がそこまで綺麗じゃなくても、体がふくよかな女性というのは温かみがあり男性からすれば安心感を与えてくれる存在です。

欧米では痩せていない女性のほうがセクシーでモテるという傾向もあり、顔がそこまで美人ではない女性でもあえて太ることで幸せを手にしたりもします。

日本でも、若い世代の女性はダイエットをしたり痩せるための努力をしたりもしますが、中にはふくよかな年上の女性のほうが好みだという男性もいます。

顔に自信がなくても、内面を磨いたりあえて太ってみるというのも、新しい展開を生み出してくれるきっかけになるかもしれないのでぜひ試してみてくださいね。

足が長いこと

顔が美人じゃなくても、足が長くてお洒落な女性というのはとても魅力的に見えます。

逆に顔がどんなに美しくても、足が短い女性というのは何を着ても華やかにみえないですし、お洒落をすることがなかなか難しかったりします。

さらに足が長いというだけで、顔よりもスタイルに人は目がいくようになるので、顔がそこまで美人ではなくてもモデルという職業に就くことができたり、そこから人気女優になることもできます。

テレビで活躍する女優たちも、大半が高身長で足が長くスタイルが良い人が多いですよね!顔の良し悪しには個性がありますので、そこまで綺麗じゃなくてもメイクでカバーすることだってできます。

足の長さだけは努力ではどうにでもならないので、ある意味顔よりも大切なのは足の長さといっても過言ではないかもしれません…。

髪が黒くて綺麗であること

女性で美しくいるための秘訣といえば、顔の綺麗さよりも髪の美しさです。

「髪は女の命」と以前はよく言われたキャッチコピーがあるように、髪が綺麗な女性というのはそれだけでとても魅力的にみえますよね。

中国四大美人の4人の女性たちも、それぞれがみんな美しい髪をしていたと言われています。

さらに、色は基本黒髪が人気があります。

黒髪でつやとハリがあり、月夜や朝日に映し出されたら綺麗に黒光りするようなそんな髪質の女性はとても美しいです。

髪の毛のケアは自分でしっかりと努力をすれば綺麗にすることができるので、美しくなりたい女性はまずは髪の毛を美しくする努力をしてみましょう。

そうすることで、もしかしたら中国四代美人に近づけるかもしれませんよ!

まとめ

日本にも数々の綺麗な女性はいますが、今回は中国に住んでいた歴代の美女たちをご紹介させていただきました。

中国といえば、人口は現在で約14億人もいるといわれています。

日本は2019年で約1億人しかいませんので、14億倍ということなります。

その人口の多いなか、歴代の4人に選ばれ続ける今回ご紹介した西施、王昭君、貂蝉、楊貴妃は、本当にすごいことがわかりますよね。

中国四大美人に選ばれている西施、王昭君、貂蝉、楊貴妃はいずれもとても有名だと思いますが、どの女性も生きていた時代も過ごした生活もまったく異なることが面白いです。

数ある歴史の中で、現代になっても語り継がれるのですからすごいことですし、美女とは本当にただ美しいだけで、その国にとって存在の大きなものなのかもしれません。