CoCoSiA(ココシア)

忙しいアピールをする人の10個の特徴。自分だけ大変と主張された時の対処法も紹介!


仕事で忙しい時に大変アピールをする人がいると、ストレスも疲れも一気に増えますよね。

大型案件を複数個抱えてしまったり、毎日家に帰る暇もないほど仕事に追われてしまうと「仕事が忙しい」とつい愚痴をこぼしてしまうのも仕方のないことです。

しかし、世の中にはあまり仕事をしていないのに忙しいアピールをする人も一定数存在します。

そこでこの記事では、忙しいアピールをする人の10個の特徴についてお話していきます。

ただでさえ忙しい時に、聞いてほしいと言わんばかりに「自分が一番大変!」とアピールされるとイライラして心の余裕がなくなってしまうこともありますよね。

対処方法も一緒にご紹介しているので、ぜひ試してみてくださいね。

周囲に忙しいアピールをする人はいませんか?

あなたの周りに忙しいアピールをする人はいませんか?一言目には「最近忙しくて…。」と自分がいかに忙しいかを周囲にアピールして、リアクションに困るという人は多くいると思います。

プライベートなんだから、仕事のことは忘れてリフレッシュしたいと考える人は多いはず。

そのため、「最近仕事が忙しくて…。」なんて話をされると、リフレッシュできるものもできなくなると考える人も多いのではないでしょうか。

忙しいアピールとは?

忙しいアピールというのは、口癖の如く「忙しくて…。」「寝てなくて…。」と自分が時間に追われていることをアピールする人です。

また、口では言わなくても、みんなで会っているのにも関わらず、少し離れた場所でPCを広げて仕事をし始めたり、電話などをし始めて、仕事に追われていることをアピールする人もいます。

忙しいアピールをするのは、目的があるから

忙しいアピールをするのは、他人に褒めてもらいたい願望の現れでもあります。

「大変だね。」「頑張っているね。」と優しい言葉をかけてもらいたかったり、「大変な仕事を任せられているんだね。」「すごいね。」と尊敬のまなざしで見られたいという願望であるケースが高いと言えるでしょう。

周囲の人に対してアピールする目的がある

周囲の人に対して、「仕事が忙しい」とアピールする目的のほとんどが、ビジネスの場では認められていないため、プライベートでは認められたいという願望の表れから、このような発言に至っているケースががあります。

仕事で上手くいっておらず、プライドをズタボロにされたため、私生活では「褒めてもらいたい。」、「認めてもらいたい。」という考えから、忙しいアピールをしてしまっているといえるでしょう。

稀に自分に対して鼓舞するために忙しいアピールをする場合も

稀に本当に仕事が忙しくて、仕事のことしか考えることができなくなっていて、周囲に仕事が忙しいと漏らしているケースもあります。

息抜きをしようと来ているのに、どうしても仕事が頭から離れていない状態でもあるといえるでしょう。

他人に話すことで自分を鼓舞させ、やる気を蓄えている人もいます。

忙しいアピールをする人の10個の特徴


忙しいアピールをする人には、特徴があります。

自分が認められたいという気持ちが強かったり、他人から褒められたいという願望が強かったりすることや、自己承認欲求が強い傾向にあります。

では、忙しいアピールをする人の10個の特徴についてお伝えしていきたいと思います。

1.逆に実は仕事が出来ない人である

忙しいアピールをする人の多くは、逆に仕事ができない可能性が高いです。

仕事ができる人であれば、仕事とプライベートをきちんと切り分けることができますし、私生活に仕事を持ち込むようなことはしません。

きちんと仕事を終わらせ、プライベートはプライベートで充実させているはずです。

そのため、仕事が忙しくて切羽詰まっている状態の人は、仕事ができない可能性があります。

2.優越感が強い

また、「仕事が忙しい。」とアピールすることで、他人から褒められたい、認められたいと考えている人もいます。

「俺はこんなに仕事が忙しいんだ。」とアピールすることで、他人とは違うことを伝え、優越感に浸っている場合もあります。

デキる人だから忙しくなっていると思って欲しい

優越感に浸りたい人の多くは、他人から「デキる人」と思われたい願望が強い傾向にあります。

「仕事を任せられて困るんだ。」とあからさまに自分ができるアピールをして、周囲から褒められたいのです。