青春時代を送る学校生活は、一生の内でも限られた短い時間しかありません。

人生でもたった一度の学校生活を、どうせなら毎日楽しく送りたいですよね。

ですが、勉強や人間関係など、さまざまな理由から楽しめていない人も少なくはありません。

そこで今回は、学校生活を楽しく送るための方法をたくさんご紹介します!

この記事の目次

学校生活が楽しくなる8個の方法

具体的に、どんなことをすれば学校生活が楽しくなるのでしょうか?今まさに学校生活が楽しくない人にとっては、「何をしたって楽しくなるはずがない・・」と思えるかもしれません。

確かに、「どうせ上手くいかない」と思っている状態のままでは、どんなに楽しいことをしたところでそれを楽しいとは思えませんよね。

学校生活を楽しくしたいと思ったら、まずは自分が「学校生活を楽しいものにしよう!」という気持ちにならなければなりません。

無理して前向きになる必要はありませんが、たった一歩だけでも、自分から楽しくなるように行動することが大切です。

小さな一歩でも、それを毎日続けていれば、次第に学校生活が楽しくなってくることでしょう。

自分に合った方法を見つけて、それを実践してみてください。

気持ちは行動を起こすことで変わりますので、まずは最初の一歩が肝心です。

何でも話し合える仲の良い友達を作る

いきなり本音で話し合える友達を作ろうと思っても、中々直ぐには作れないでしょう。

「この子には自分の本音を話しても大丈夫だろうか?」「この子とは親しい友達としてやっていけるだろうか?」と、最初から友達になれるかの算段をしていると、素直な気持ちで人と接することができなくなってしまいます。

まずは友達になれるか窺うよりも、いろんな人とたくさん話す機会を作りましょう。

毎日一言でもいいから会話をすることで、段々と相手のことを知れるようになってきます。

また、相手もあなたのことが分かるようになってくるでしょう。

いろんな人と話をしながら、その中でもとくに気が合う人を見つけたら、自分から積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

「友達になろうよ!」とがっつくのではなく、気付いたらいつも一緒に過ごしているような距離の縮め方をすれば、相手も自然と友達として受け入れてくれるようになるかもしれません。

そして、ある程度仲良くなったところで、そこから自分がどこまで本音を話せるのかを探っていきましょう。

心が許せる友達は、一朝一夕で作れるものではありません。

じっくりと時間をかけて何でも話し合える友達を作っていきましょう。

大きな心の支えになってくれる

何でも話し合える仲の良い友達ができれば、それが自分にとって大きな心の支えになってくれます。

好きな人ができたときには、友達に相談して恋を応援してもらえますし、また同じように自分も友達の恋の応援をすることもあるでしょう。

試験期間には一緒に勉強をしたり、落ち込んだ時にはお互いに励まし合ったりしていれば、どんな時でも前を向いて学校生活を送れるようになります。

また、時には喧嘩をすることもありますが、本音で話し合えばこそ、意見がぶつかることもあるでしょう。

時間をおいて謝罪をし、本心を伝え合えば、きっと今よりもっと仲良くなれることでしょう。

学生時代に作った友達とは、社会人になって距離が離れてからもずっと仲の良い友達同士でいることも多いです。

学校生活の間だけではなくて、一生の友達を作るような気持ちで過ごしていれば、きっと相手にもそれが伝わるでしょう。

勉強は全部を完璧にしようと思わなくて良い


学生の本分は学ぶことですが、だからと言って勉強の全部を完璧にしようと思う必要はありません。

誰にでも得意不得意はありますし、不得意な教科を頑張って勉強してできるようになれば、それはとても嬉しいことでしょう。

しかし、不得意な教科をできるようにすることと、何でも完璧に勉強ができることとは違います。

勉強に完璧を求めてしまうと、毎回試験の度に自分の順位で一喜一憂してしまいますし、試験の順位や勉強の出来不出来がすべての基準になってしまいます。

進学希望先によっては、必死になって勉強しなければならないこともありますが、勉強ばかりに囚われていると、学校という社会の中での人間関係を築きにくくなってしまうでしょう。

いくら勉強ができても、昼休みや放課の時間に一人きりで寂しく過ごすのでは辛いですし、勉強ではそうした心の隙間を埋めることはできませんよね。

勉強はもちろんしっかりとやるに越したことはありませんが、それだけに囚われないように気を付けましょう。

ひとつの教科がずば抜けて出来ることでも評価が高くなる

勉強をしていれば、誰でも得意な教科と、そうでない教科との差ができてしまうものです。

現国は得意でも数学は苦手だったり、音楽は得意でも体育は苦手だったりと、得意不得意も人それぞれです。

もちろんどの教科もまんべんなくできることが理想ではありますが、中々現実は上手くいきませんよね。

学校生活の中では、ひとつの教科がずば抜けて出来ることでも評価が高くなります。

例え現国が苦手でも数学が学年でも上位なら、少なくとも数学の授業や試験では活躍できますし、数学が苦手な子から教えを乞われることもあるでしょう。

とくに学生の場合には、自分の苦手な教科を友達同士でお互いに教え合って補うことも多いので、自分の不得意な教科に悩むよりも、できる教科をもっと伸ばすことに専念しましょう。

「この教科だけはできる!」と自信が持てれば、自己PRの場面などでもそれを話題にすることができます。

心の負担が少なくなる

勉強を全部完璧にやろうと思わなくても良くなれば、心の負担が少なくなります。

「全部できなきゃ」というプレッシャーは、自分が思う以上に心に負荷をかけてしまいます。

また、勉強することにばかり気持ちが囚われてしまって、他の友達関係を築くことなどが上手くいかなくなってしまうこともあるでしょう。

「全部完璧にできなくてもいいんだ」と思うことさえできれば、自分でも驚くほどに心が軽くなり、気持ちにも余裕が生まれることでしょう。

「勉強を全部完璧に」とこだわる人の場合、家庭環境の影響でそう考えてしまっていることは良くあります。

とくに両親から勉強の出来不出来に関して口煩く言われてしまっている人は、親の期待に応えようとして必死になってしまいます。

けれど、「親の言うことが絶対ではない」という気持ちを自分の中に持つことで、頑張り過ぎる自分にストップをかけてあげられるようになるでしょう。

時には力を抜いて、自分を休ませてあげることも必要です。

趣味や特技を持つ

趣味や特技を持つことで、学校生活が楽しくなることもあります。

例えば読書が趣味の人は、図書館で好きなだけ本が読めますし、同じような本好きの人と友達になれるかもしれません。

運動が特技の人は、自分の運動神経を活かすことで授業や体育祭などでは活躍できますし、部活動でも実力を発揮することができるでしょう。

一見学校生活とは関係のない、ゲームなどの遊びに関することが趣味の人も、同じような趣味を持つクラスメイトと仲良くなれば、学校帰りに一緒に遊ぶこともできるでしょう。

何も好きなことや趣味がない人よりも、何か一つでも趣味や特技を持つことで、学校の中でも交友関係が広がりますし、自分が活躍できる場を作ることもできるでしょう。

その技術や特技を部活などで発揮する


運動が趣味や特技の人は、授業や体育祭、部活などで大いに活躍することができます。

サッカーが得意な人はサッカー部に入ることで自分の実力をより向上させられますし、また卓球が特技の人も部活で卓球の腕を磨けば大会で活躍することもできます。

学校生活では勉強も大切ですが、部活動などで体を動かしたり、そこで交友関係を築いたりすることも大事です。

学校の中でどんな風に楽しく過ごすのかを決めるのは自分自身ですので、できるだけ楽しい学校生活が送れるように、自分から積極的に行動していきましょう。

周囲から認められるものを持つことで毎日を生き生きと過ごせるようになる

勉強、運動、遊びなど、何か一つでも趣味や特技があることで、周囲の人たちから認められることもあります。

例えば勉強が得意な人は、試験が近づけばクラスメイトから頼りにされることがありますし、勉強を通じて新しい友達関係を築いていくことも可能でしょう。

また、運動が好きな人は、同じような運動好きの人とより親しい関係を築けるだけでなく、部活動や大会などでは大いに実力を発揮して活躍することもできます。

さらに趣味が遊びや学校生活とは関係ないことであっても、自分の趣味が周りに認められることで交友関係が広がることもあります。

趣味がまったくない人は、周りの友達やクラスメイトがどんな趣味や特技を持っているのかを聞いて、自分も試しにやってみてはどうでしょうか?いくつも新しいことにチャレンジしていく内に、自分でもはまれる趣味を見つけられるかもしれません。

そうしたら同じ趣味を持つ友達を作って、より充実した学校生活にしていくこともできるでしょう。

また、元々趣味や特技がある人は、それを隠さずにクラスメイトや友達に堂々と話しましょう。

自分の好きなことを人に話していく内に、同じような趣味を持つ人に出会えるかもしれませんよ。

上手に人間関係を構築する

学生の本分は勉強ですが、学校生活を楽しもうと思ったら、何よりも学校での人間関係を上手に構築することが重要です。

例えどんなに勉強ができても、友達が1人もいなかったら、学校生活はきっとつまらないものになってしまうでしょう。

また、クラスメイトを思い遣ったり、上手くコミュニケーションが取れなかったりすることで、最悪の場合はいじめに遭ってしまうこともあります。

学校生活が楽しくないと思ってしまう理由の多くは、学校での人間関係が上手くいかないことです。

学校だけでなく、会社でも同じ理由で仕事を辞めてしまう人はいますので、ある集団社会の中における人間関係の構築というのは、それだけ重要なポイントになっています。

上手に人間関係を構築するためには、周りの人に優しく接し、けれども決して自分は都合のいい人間にはならないように気をつけて生活を送ることです。

いつも笑顔で人に優しく接していれば、少なくとも嫌われることはありません。

また、いざという時には周りに従い過ぎずに、自分の意見をハッキリと口にすることで、八方美人だと嫌味を言われることもないでしょう。

人間関係は、時間をかけてゆっくりと上手に構築していきましょう。

マイナスの影響を受ける人からは上手く距離を置こう

上手に人間関係を構築するためには、なるべく誰とでも良好な関係を築くことが一番ですが、かといって自分にマイナスの影響を与えるような人とはあまり関わり合う時間を作らない方がいいでしょう。

例えば「学校をサボろう」「気に入らないやつを一緒にイジメよう」と唆してくるような人とは親しくする必要はありません。

そんな人と一緒にいたところで、自分自身の成長は望めませんし、もしもイジメに加担していたとでも周りに誤解されたら、学校生活が一気に気まずいものになってしまいます。

なるべく誰とでも平等に付き合えるのが理想ですが、だからといって自分に不利益や害をもたらすような人とは関わらない方がいいでしょう。

まるきり無視をしてしまうと、他の人まで巻き込んで人間関係のトラブルになってしまいかねませんので、軽い挨拶程度を交わす関係を築いて、不仲ではなくても必要以上に近い距離にならないように気を付けましょう。

一緒にいて元気になる人と付き合おう

学校で友達を作ったり、交友関係を築いたりする時には、自分が一緒にいて元気をもらえるような人を選びましょう。

「この人と話すといつも自分が笑顔でいられるな」と思える相手がいれば、その相手のことはとくに大切にして、良い関係を築けるよう努力しましょう。

自分をいつも笑顔にしてくれたり、元気にしてくれたりする人というのは、あなた自身にとって貴重な存在と言えます。

何をするにも気力がないよりはあった方がいいですし、元気でいれば積極的な気持ちも生まれます。

自分をそんな風に元気にしてくれるような人に出会えたら、その人との関係を築けるようにしましょう。

時間を大切に過ごそう

学校生活は、長いようであっという間に過ぎていきます。

高校までの3年間は、2年目が過ぎた頃から進学や就活などで一気に忙しくなるため、ゆっくりと思い出作りに勤しむ暇もなくなってきます。

また、大学では4年間ありますが、3年生頃から研究室に入って論文に追われたり、就活に追われたりしますので、最初の2年間でどれだけたくさんやりたいことをやるかにかかってきます。

もちろん1年目から順調にやることをやっていれば、卒業前には友達と旅行に行ったり、好きに時間を過ごしたりすることもできるでしょう。

しかし、ダラダラと時間を無駄に過ごしていると、学校生活はあっという間に終わってしまいます。

いざ卒業してから「もっと思い出作りをしておけばよかった」と後悔しても遅いので、今からでも時間を大切に過ごしましょう。

ダラダラして無駄にする時間は勿体ない!

学校生活をダラダラして無駄に過ごしていると、いざやりたいことができた時にはもう進学や就活が迫っているかもしれません。

そうなると毎日忙しくて、自分の好きなことをたっぷりと楽しめなくなります。

また、友達と一緒に思い出作りを楽しみたくても、友達も進学や就活で忙しく、誘うことができなくなってしまいます。

入学最初の1年間も目まぐるしいですが、落ち着いたら毎日自分なりに目標を作って過ごすなり、たくさん友達と遊ぶ時間を作るなりして、できるだけ後悔の少ない学校生活を心がけましょう。

「時間を無駄にしないとは言っても、何をすればいいのか分からない」という人は、趣味や好きなことがあるのなら、毎日少しでもそれに触れる時間を作るといいでしょう。

また、何もしたいことがなければ、何でもいいので毎日一つ自分で目標を立てると良いでしょう。

「今日は自炊を頑張る」や「バイトを一生懸命やる」「図書館で読みたい本を見つける」など、どんなことでも構いません。

自分で目標を決めて毎日それをクリアしていれば、後になって学校生活を振り返った時に、決して無駄に過ごしたとは思わないでしょう。

困っている人のために何かする時間を作ろう

自分では何もしたいことがないという人は、自分のためではなく、誰かのために積極的に行動してみてはどうでしょうか?

例えば学校のボランティア活動に参加したり、周りで困っている人のために何かする時間を作れば、無駄にただ時間を過ごすということはなくなります。

友達が恋愛で悩んでいるのなら相談に乗ることで少なからず友達の助けになりますし、またクラスメイトが委員会の仕事に追われて大変そうだったら、自分が同じ委員会でなくても助けてあげるといいでしょう。

困っている人のために何かをしてあげるというのは、その動機が何であれ素晴らしいことですし、実際に助けられた人が喜んでくれるのなら、それに越したことはないでしょう。

ただし、悪いことをしようとしている人を手助けするのは止めましょう。

悪事の手助けをしたところで気分が良くはなりませんし、それで誰かが被害に遭えば自分も共犯者とみなされてしまいます。

困っている人がどんな理由から困っているのかもしっかりと見極めた上で、自分で判断して助けの手を差し伸べましょう。

人を助けることで自信を得られる

困っている人を助ける人のことを、時々「偽善者」だとか「自己満足」だとか批判する人がいます。

しかし、偽善者であろうが自己満足であろうが、実際にそれで助けられた人が感謝したり、喜んだりしてくれるのならば、どのような動機から人助けをしようとも関係はありません。

大切なのは、自分が実際に行動して誰かの助けになったという事実です。

そして「人の助けになれた」という事実は、わざわざ自慢せずとも自分の中に自信として積み重ねられていきます。

たくさんの人たちの為になれば、その分自分で自信を得ることができますので、予期せぬ出来事が起こった時でも積極的に動ける行動力にも繋がるでしょう。

時々自分にご褒美をあげよう

勉強を頑張ったり、友達との仲を深めたりと、学校生活は全力で取り組むことによってそれだけ有意義なものになります。

けれども、肩ひじを張って頑張り過ぎてしまうと、どこかで限界が来てしまいます。

勉強を完璧にやろうと頑張り続けた結果、たった一度の挫折でそれ以降まったく勉強にやる気を見出せなくなってしまうかもしれません。

また、友達との関係に気を配り過ぎる余り、精神的なストレスが重なって逆に人付き合いが苦手になってしまうこともあります。

何事もやり過ぎると限界がきてしまいますので、時々は気を抜いたり、適度に自分にご褒美をあげましょう。

毎日バイトを頑張っているのなら、お給料日には自分の好きなものを買って日頃の自分を労ってあげましょう。

また、勉強を頑張っている人は、週に1日はまったく勉強をしない休日を作ってもいいでしょう。

充実した学校生活には、適度な息抜きも必要です。

頑張り過ぎず、時々は自分にご褒美をあげましょう。

ひとりで悩まず、他の人の楽しみ方を参考にしよう

学校生活で何か悩んでしまうことがあったら、一人で抱え込まずに家族や友達に相談しましょう。

日頃から友達との関係を大切にしていれば、あなたが悩んでいる時にはきっと友達が力になってくれるはずです。

また、どうやって学校生活を楽しめばいいのか分からなかったら、他の人の楽しみ方を参考にすると良いでしょう。

「友達はどんなふうに学校生活を送っているんだろう?」「あのクラスメイトみたいに毎日笑顔で過ごすにはどうしたらいいんだろう?」など、他の人の楽しみ方を参考にすることで、自分なりの楽しみ方を見つけられるかもしれません。

YouTubeなどの動画も参考になる

自分の周りの人の楽しみ方を参考にするのも良いですが、YouTubeなどの動画も参考としてはオススメです。

YouTubeには世界中のさまざまな人が動画を投稿していて、その中には人生の楽しみ方について動画をアップしている人もたくさんいます。

自分が辛い時にはどうやって悩みを解決すればいいのか、友達との付き合い方はどうすればいいのか、学校生活を楽しむためにはどんなことに取り組めばいいのかなど、キーワードで検索すればたくさん動画がヒットしますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

学校生活は楽しまなきゃ損!

学校生活は人生で一度きりです。

小学校も中学校も、高校も一度しか通うことはできませんよね。

大学は通いたければ何度でも通えますが、時間もお金もかかりますので、ほとんどの人は一度限りで大学生活を終えるでしょう。

このように、学校生活は人生でも一度きりですので、楽しまなきゃ損です。

せっかくの何でもエネルギッシュに吸収できる時間を、何にもせずにただ無駄に過ごしてしまっては、その後の人生でも面白味を見つけることは難しいかもしれません。

一度しかないからこそ、ハッと気づいた時にはすぐさま考えや行動を変えて、積極的に自分から動いていきましょう!

青春の大切な時間を過ごす学校生活

青春は人生の中でも、限られたほんの短い時間しかありません。

好きな人と会話をするだけで感じるトキメキや、汗と涙を流して全力で部活動に取り組んだり、友達と放課後に勉強し合ったりする時間は、学校生活を送っている間にギュッと短く濃厚に詰め込まれています。

せっかくの青春の時間を、まったく青春せずに過ごしてしまっては、後になって学校生活を振り返ったときに、思い出らしい思い出は何もなくなってしまいます。

また、青春を振り返って過去を懐かしむこともできないでしょう。

学校生活を送っている最中には、今が青春だという自覚はいまいちないかもしれません。

けれども、今を全力で楽しむからこそ、後にも繋がっていくと考えて、この学校生活を悔いのないようにしっかりと楽しみましょう。

学校生活を楽しめていないと悩む学生は意外と多い

今現在、学校生活を送っていても、毎日を退屈に感じていたり、楽しめないと悩んでいる学生は意外と多いです。

その理由の大半は、「何をすれば楽しめるのか分からない」や「楽しみたくても行動に移せない」ことです。

楽しみたい気持ちがあるのに楽しめないなんてもったいないですよね。

ですから、この機会にどんなことをすれば学校生活が楽しくなるのかを、他の人の意見やネットなどを参考にして、しっかりと考えてみましょう。

そして考えた後には、勇気を出して一歩行動に移してみてください。

いざ行動してしまえば、きっと嫌でも楽しい気持ちになってきますよ。

学校生活が楽しめない理由とは?

自分のやりたいように学校生活が送れていれば、わざわざ楽しもうとするまでもなく、毎日を楽しく過ごせていることでしょう。

しかし、そうでない人の場合には、何かしらの学校生活を楽しめない理由があります。

人によってその理由はさまざまですが、主にどのような理由から学校生活を楽しめなくなってしまっているのでしょうか?よく聞く理由を挙げていきます。

勉強が難しくてついていけない

学校生活では友達と楽しく過ごす以前に、まずは勉強を頑張らなければなりません。

けれども、勉強内容が難しくて中々ついていけない人にとっては、一生懸命に勉強することが苦痛で仕方なく感じてしまうこともあります。

テストの結果で落ち込むこともありますし、周りの子が勉強できていると、自分だけ取り残されたような気がして焦ってしまうという人もいるでしょう。

勉強の出来具合で親や先生から口煩く言われることもあるかもしれません。

そうした勉強へのストレスによって、学校生活が楽しくないと感じてしまう人は少なくないでしょう。

友達と仲良くできない

学校ではクラスメイト同士で過ごす時間も多いため、友達と仲良くできないと、1人ぼっちで過ごすことになってしまいます。

集団の中に1人きりでいるのはとても孤独感を覚えて辛いですし、周囲から自分だけが酷く浮いているような気持ちにもなって、人によっては教室で過ごすのが苦痛に感じられてしまうこともあるでしょう。

また、友達と呼べる存在はいても、相手に合わせようとして常に気配りに徹していたり、自分ばかりが相手に合わせようとしたりするのもストレスが溜まってしまいます。

上辺だけで、心を許して本音で話せる友達がいなければ、学校生活を送ることを嫌だと感じてしまう人もいるでしょう。

いじめを受けトラウマがある

過去に学校でいじめを受けたトラウマがある人は、例え進学や転校などで新しく学校の環境が変わっても、周りに上手く馴染めないことがよくあります。

「またいじめられたらどうしよう」「いじめられるのが怖くて人と上手く接することができない」など、いじめられた経験のある人だけが持つ特有の悩みによって、せっかく友達になろうと近づいてきたクラスメイトに対しても、上手くコミュニケーションをはかれないことがあります。

いじめは物理的、精神的に限らず、どんな内容でも被害者の心をとても傷つけます。

いじめられた人はそれがトラウマになってしまっているため、すぐに友達を作ろうと行動することもできませんし、また好意を持って近づいてきた人に対しても、必要以上に警戒心を働かせてしまうことが多いです。

先生に嫌な思いをさせられた

学校生活は、勉強や友達との関わりも大切ですが、教師の存在も大きいです。

せっかくクラスメイトに恵まれても、先生が厳しくて嫌味っぽい性格の人だと、ホームルームの時間や先生の授業を受けるのが嫌になってしまいますよね。

とくに先生が授業を教えている場合、その先生の科目授業へのやる気が極端に下がってしまい、成績の低下に繋がってしまうことも少なくはありません。

そのことで先生に怒られたら、さらにやる気がなくなってしまうという悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。

まとめ

学校生活を楽しくできるかどうかは、結局のところは当人がその気になって行動を起こせるかどうかです。

誰かに楽しくしてもらおうと思っても、中々自分をいつも楽しませてくれようとする人なんていませんし、自分のことも自分でできない人は、周囲からも認めてもらうことは難しいでしょう。

今より少しでも学校生活を楽しくしたいと思うのなら、今日からでも早速行動に起こしてみるべきです。

一歩踏み出して良い結果が出せれば、きっとその先も自ら学校生活を楽しくしていくことができるでしょう。