付き合っている彼と近い将来結婚をしたい。

年齢を重ねれば重ねるほど、そんな結婚に対する思いは強くなっていくはずです。

しかし、付き合っている彼が、結婚の「け」の字も言わず、将来のことを真剣に考えてくれているか分からないと悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?
当たり前ですが結婚は一人でするものではありません。

相手との同意があって初めてできるものです。

だからこそ、彼が結婚の意思があるかないかというのは気になるもの。

二人の関係性が、なかなか深まらないという場合、このまま付き合っていても良いのだろうかと不安になってしまうものです。

今回のテーマは煮え切らない男性について。

もし、あなたの彼が煮え切らない彼氏なのであれば、何が原因で煮え切らない態度をしているのか突き止める必要があります。

煮え切らない態度をする男性の生態を突き止めていきましょう。

煮え切らない態度をする原因

煮え切らない態度をしている男性というのは、何かしら原因があってそのような態度をしているといえます。

二人の関係性を一歩先に進めることができない何かがあるのです。

それは、お金かもしれませんし、他の女性の存在かもしれません。

また、そもそも結婚事体にあまり興味がない男性というのも増えてきており、女性の願望をなかなか叶えられないため、煮え切らない態度をしているケースもあります。

相手の女性が本来の自分のタイプではない

男性の中には妥協して彼女と付き合っているケースもあります。

たまたま、彼女がいないタイミングだったので、「まぁ、いいいか。」くらいの軽い気持ちで付き合ったものの、将来の伴侶にするまではいかないと考えている場合、どうしても煮え切らない態度になってしまいます。

本来は理想のタイプが他にいるにも関わらず、妥協で付き合ってしまうと、どうしても他の女性に目移りしてしまうもの。

心の中では、(もっと自分に合う女性がいるはずだ。)と考えているため、今の彼女と結婚をするということを少しも考えていないのです。

将来は考えていないものの、彼女がいないのもちょっと…という気持ちでいるため、理想の女性が見つかるまでの繋ぎだと考えているケースが高いといえるでしょう。

社会情勢や仕事などが不安で将来が見通せない

また、社会情勢や仕事などに不安があり、なかなか一歩踏み出すことができないという男性もいます。

稼ぎが良くないため、自分が生活するだけで精一杯な男性も多くおり、そうなるとどうしても家庭を養うということに不安を抱いてしまいます。

最近は共働きの家庭が当たり前ではありますが、男性は結婚するということは一家の大黒柱にならなくてはいけません。

子どもができたら、妻と子どもを養うための財力も必要となりますし、学費や家の購入費用、老後の不安というのも出てきます。

将来に対しての不安が強いと、どうしても結婚に踏み切ることができず、彼女が結婚願望があることに気付いていながら、なかなか踏み切ることができないのです。

煮え切らない男性は本当に未来の伴侶??


煮え切らない男性は本当に未来の伴侶なのでしょうか?決断をすることができない男性というのは、頼りない男性が多く、一緒に生きていく上では頼もしい男性と言えません。

煮え切らない態度を取るような男性であれば、他の男性に切り替えるというのも一つの手段です。

時間は有限ではありません。

結婚願望が強いのであれば尚更、結婚をしてくれない彼氏と付き合っていても時間の無駄であるといえるでしょう。

煮え切らない男性が増えている?!

とはいえ、煮え切らない男性が増えてきています。

結婚願望があまりない男性や、真剣に考えたことがない男性も増えてきており、なかなか結婚までたどり着くことができないのです。

趣味が多い男性や、一人でいるのが好きな男性、また人生を謳歌している男性や仕事が忙しい男性というのは、彼女がいなくても一人で生きていくことができるので、煮え切らない男性化する可能性が高いといえます。

少し前までは、結婚をすることが当たり前とされてきましたが、現在では、一生涯独身でいるという人も増えてきました。

家庭を養うほどの稼ぎがないという理由もありますが、一人で生きていく方が楽であると考える男性も増えて来たといえます。

結婚をすると、恋愛は2人だけの問題ではなくなります。

互いの家族や子どもなど、第三者の存在に振り回される可能性もでてきます。

そのことが面倒であると感じたり、不安を感じてしまう男性は、煮え切らない態度に出てしまうと言えるでしょう。

煮え切らない男性の9個の特徴

自分の彼氏が煮え切らない男性か否かを見極めたいと思う女性は多いのではないでしょうか?声に出して言わないだけできちんと将来のことを考えてくれるタイプなのか、それとも結婚を意識せずに付き合っているのかということが分かれば、今後の彼との付き合い方も変わってくるはずです。

あなたが結婚願望が強いのであれば、煮え切らない男性と付き合っていてはいけません。

結婚のチャンスを逃してしまうことになります。

では、煮え切らない男性はどんな特徴があるのか。

詳しくお伝えしていきましょう。

心配症


心配性の彼は、どうしても煮え切らない態度をしてしまいがちです。

石橋を叩いて渡るタイプの人は、どうしても結婚のリスクを真剣にとらえてしまいがち。

お金の事や老後の心配、また親の事など、リスクばかり考えてしまうため、どうしても結婚に踏み切ることができないのです。

特に収入が安定していない状態であったり、貯蓄ができていないタイミングであると、余計に不安を感じてしまい、結婚には踏み切れないものです。

自分の稼ぎで、家庭を築くことができるのか、子どもを養っていけるのかなど、心配になってしまい、結婚の話が出ると煮え切らない態度をとってしまうといえるでしょう。

理想が高すぎる

理想が高すぎる男性というのは、(もっといい彼女がいるはずだ。)という気持ちで彼女と付き合っています。

妥協して付き合っている状態ですので、彼女との結婚を真剣に考えられないのです。

この手のタイプは、今の彼女より理想の彼女が現れたら、すぐに別れるタイプです。

理想を掲げて、そのタイプにより多く当てはまった人を彼女とするタイプなので、非常に冷淡な人であるといえるでしょう。

この手のタイプは、「自分のことは棚にあげて」、相手を評価するタイプであると言えます。

そのため、いつも相手を見下して見てしまう傾向にあり、思いやりにかけるといえるでしょう。

完璧主義で相手のダメな点がすぐ目につく

理想が高いタイプというのは、完璧主義でもあるため、彼女を減点方式で見ています。

ダメなところばかり探してしまいがちで、ダメなところを受け入れることができません。

それどこか、良い所も見つけることができないのです。

この手のタイプは、細かい所まで必ずチェックをしています。

家に行ったときは、掃除が隅々まできちんと行き届いているか、靴が揃えられるか、美味しい料理をきちんと作れるか…等、細かい所まで見定めているのです。

女性の嗜みとしては求められるのは当然ですが、全てを完璧にできる女性などいません。

人は何かしら欠点があるもの。

しかし、この手のタイプは、その欠点を許すことができないのです。

完璧主義の人は、どうしても自分本位に考える傾向にあるため、相手のことを思って行動することは皆無です。

自分の理想にどれだけ近いか、また自分をいかに魅力的に見せてくれる女性かどうかというのが判断軸なので、一緒にいても疲れるだけです。

ネガティブ

ネガティブなタイプというのは、幸せになることに対して恐怖を抱いてしまいがち。

自分が結婚生活を送ることに対して、不安ばかりを抱いてしまう傾向にあります。

ポジティブなことを考えることが苦手であり、良くない想像ばかりをしてしまうので、結婚に対する恐怖心が膨れ上がっていってしまうのです。

また、「自分なんかが彼女を幸せにできるわけがない。」という思い込みも抱きがち。

そのため、好意があるのにも関わらず、彼女と別れることを選んだり、冷たい態度をとってしまうことも…。

ネガティブな要素が、良くない行動を起こさせているのです。

自分に自信がない

自分に自信がない男性というのは、自分なんかに相手を幸せにすることができないと思いがち。

そのため、好きという気持ちがあったとしても、結婚という二文字を彼女に伝えることができず、煮え切らない態度をしてしまいがちです。

彼女のことは大好きなのですが、それと同時に幸せにする自信がないため、一歩踏み込むことができないのです。

煮え切らない態度に彼女が詰め寄ったとしても、その自信のなさから抜け出すことができず、結婚に突き進むことができないのです。

責任感が無い

責任感がないタイプの男性であり、将来のことを考えずに、流れに任せて生きているタイプの男性は、どうしても結婚のことを考えることができません。

責任感がないタイプの男性は家庭を持つという重圧に耐えることができず、楽な方に生きてしまいがち。

結果、面倒なことは避けてしまうようになるのです。

この手のタイプは、彼女の身に何が起きても責任をとるようなことをしません。

彼女を守るという概念がなく、自分本位で物事を捉えているので、いざという事に守ってくれません。

責任感がないタイプは結婚相手としては、確実に向いていないので、避けるべき相手であるといえるでしょう。

時間の大切さを理解していない

時間の大切さを理解することができず、のらりくらりと生きている男性というのは、どうしても決断を先にしてしまいがち。

面倒なことや、自分にリスクがあることは、後回しにしてしまうため、大きな決断ができないのです。

大抵の人は、時間というものを意識して生きています。

仕事でも、期日というものがあり、その期日に向けて一人一人が行動しています。

人生において、期日をしっかり決めることができない男性というのは、キャリアプランをしっかりと考えていない傾向にあるといえるでしょう。

自分だけでなく相手の時間も

時間を大切さを理解していない男性というのは、自分の時間だけではなく、相手の時間の大切さも理解していません。

女性が子どもを望むのであれば、年齢に制限は出てきます。

そのことにすら気付けていないのであれば、女性を幸せにすることができない男性であるため、今後の付き合いを考える必要がある相手だといえます。

女性は男性と違い、子どもを産むことができる年齢にはタイムリミットがあります。

また、年齢を重ねると、妊娠の確立も低くなっていきますし、母体にも影響が出る可能性があります。

子どもを産むということを考えると、体力があるうちに産むことが望ましいといえるでしょう。

想像力が豊かではない

想像力が乏しい男性というのは、女性が何を考えているのかを悟るのが苦手。

また、将来設計を想像するのも苦手であるため、結婚というものを真剣に考えることができない経口にあります。

そのため、ダラダラと付き合う期間が続いてしまい、なんの進展もないのです。

男女というのは多かれ、少なかれ、考え方の違いというものは出てきてしまうものです。

それを想像力で補い、相手のことを考えてあげられるようになるのですが、想像力が豊ではない男性は、これができません。

視野が狭い

想像力が豊かではない人は、視野が狭くなりがち。

自分本位の考え方をしてしまい、相手がどう感じているかを悟ることができません。

むしろ自分のことしか考えられないため、相手に合わせることができません。

自分が楽しければ良いというタイプでもあるため、女性が結婚を口に出したとしても、真剣に取り扱ってくれない傾向にあるといえるでしょう。

思い遣りが足りない

思いやりが足りない男性は、女性に気を使うことができません。

大概の男性というのが、女性が喜ぶことをしてあげたいと思うもので、一生懸命女性をエスコートしようとするもの。

しかし、思いやりが足りない男性というのは、そういうことは一切しません。

自分のペースで物事を考えるため、女性が喜ぶようなお店に行くことはせず、自分が食べたいものを食べますし、女性が喜ぶようなデートをすることも皆無です。

当たり前ですが、結婚ということは一切考えていないといえるでしょう。

いつも反応が薄い

いつも反応が薄い男性は、女性からしてみると煮え切らない態度をとっているように感じてしまうもの。

この手のタイプは感情がないケースもありますが、感情を見せることが恥ずかしいと感じているため、押し殺しているケースもあります。

反応が薄いだけで将来のことを真剣に考えている可能性もあるでしょう。

とはいえ、女性からしてみると分かりづらいため、「この人は結婚する気がない。」と認定してしまいがちな男性だといえるでしょう。