CoCoSiA(ココシア)

煮え切らない男性の9個の特徴。はっ...(続き2)

心配症


心配性の彼は、どうしても煮え切らない態度をしてしまいがちです。

石橋を叩いて渡るタイプの人は、どうしても結婚のリスクを真剣にとらえてしまいがち。

お金の事や老後の心配、また親の事など、リスクばかり考えてしまうため、どうしても結婚に踏み切ることができないのです。

特に収入が安定していない状態であったり、貯蓄ができていないタイミングであると、余計に不安を感じてしまい、結婚には踏み切れないものです。

自分の稼ぎで、家庭を築くことができるのか、子どもを養っていけるのかなど、心配になってしまい、結婚の話が出ると煮え切らない態度をとってしまうといえるでしょう。

理想が高すぎる

理想が高すぎる男性というのは、(もっといい彼女がいるはずだ。)という気持ちで彼女と付き合っています。

妥協して付き合っている状態ですので、彼女との結婚を真剣に考えられないのです。

この手のタイプは、今の彼女より理想の彼女が現れたら、すぐに別れるタイプです。

理想を掲げて、そのタイプにより多く当てはまった人を彼女とするタイプなので、非常に冷淡な人であるといえるでしょう。

この手のタイプは、「自分のことは棚にあげて」、相手を評価するタイプであると言えます。

そのため、いつも相手を見下して見てしまう傾向にあり、思いやりにかけるといえるでしょう。

完璧主義で相手のダメな点がすぐ目につく

理想が高いタイプというのは、完璧主義でもあるため、彼女を減点方式で見ています。

ダメなところばかり探してしまいがちで、ダメなところを受け入れることができません。

それどこか、良い所も見つけることができないのです。

この手のタイプは、細かい所まで必ずチェックをしています。

家に行ったときは、掃除が隅々まできちんと行き届いているか、靴が揃えられるか、美味しい料理をきちんと作れるか…等、細かい所まで見定めているのです。

女性の嗜みとしては求められるのは当然ですが、全てを完璧にできる女性などいません。

人は何かしら欠点があるもの。

しかし、この手のタイプは、その欠点を許すことができないのです。

完璧主義の人は、どうしても自分本位に考える傾向にあるため、相手のことを思って行動することは皆無です。

自分の理想にどれだけ近いか、また自分をいかに魅力的に見せてくれる女性かどうかというのが判断軸なので、一緒にいても疲れるだけです。

ネガティブ

ネガティブなタイプというのは、幸せになることに対して恐怖を抱いてしまいがち。

自分が結婚生活を送ることに対して、不安ばかりを抱いてしまう傾向にあります。

ポジティブなことを考えることが苦手であり、良くない想像ばかりをしてしまうので、結婚に対する恐怖心が膨れ上がっていってしまうのです。

また、「自分なんかが彼女を幸せにできるわけがない。」という思い込みも抱きがち。

そのため、好意があるのにも関わらず、彼女と別れることを選んだり、冷たい態度をとってしまうことも…。

ネガティブな要素が、良くない行動を起こさせているのです。

自分に自信がない

自分に自信がない男性というのは、自分なんかに相手を幸せにすることができないと思いがち。

そのため、好きという気持ちがあったとしても、結婚という二文字を彼女に伝えることができず、煮え切らない態度をしてしまいがちです。

彼女のことは大好きなのですが、それと同時に幸せにする自信がないため、一歩踏み込むことができないのです。

煮え切らない態度に彼女が詰め寄ったとしても、その自信のなさから抜け出すことができず、結婚に突き進むことができないのです。

責任感が無い

責任感がないタイプの男性であり、将来のことを考えずに、流れに任せて生きているタイプの男性は、どうしても結婚のことを考えることができません。

責任感がないタイプの男性は家庭を持つという重圧に耐えることができず、楽な方に生きてしまいがち。

結果、面倒なことは避けてしまうようになるのです。

この手のタイプは、彼女の身に何が起きても責任をとるようなことをしません。

彼女を守るという概念がなく、自分本位で物事を捉えているので、いざという事に守ってくれません。

責任感がないタイプは結婚相手としては、確実に向いていないので、避けるべき相手であるといえるでしょう。

時間の大切さを理解していない

時間の大切さを理解することができず、のらりくらりと生きている男性というのは、どうしても決断を先にしてしまいがち。

面倒なことや、自分にリスクがあることは、後回しにしてしまうため、大きな決断ができないのです。

大抵の人は、時間というものを意識して生きています。

仕事でも、期日というものがあり、その期日に向けて一人一人が行動しています。

人生において、期日をしっかり決めることができない男性というのは、キャリアプランをしっかりと考えていない傾向にあるといえるでしょう。

自分だけでなく相手の時間も

時間を大切さを理解していない男性というのは、自分の時間だけではなく、相手の時間の大切さも理解していません。