CoCoSiA(ココシア)

指パッチンのやり方と鳴らし方の7個のコツ!


唐突ですが、皆さんは指パッチンってできますか?

この記事では、指パッチンのやり方について一緒に見ていきましょう。

出来ないという人はぜひチャレンジしてみてください。

指パッチンをやってみよう!コツ7個


指パッチンが出来ない人もコツを掴めば出来るようになるかもしれません。

それでは、コツを7つ見ていきましょう。

使うのは親指と中指

基本的に使うのは、親指と中指です。

親指と中指を曲げているというような状態です。

ぱっと見人差し指を使っているようにも見えますが、実際に使うのは中指になります。

親指を中指の第一関節の辺りに付ける

もちろん闇雲に、親指と中指使ったら良いというわけではなく、初めは中指の第1関節に、親指を付けるような感じで行きましょう。

第一関節辺りに付けるというのがポイントのようです。

できる人にとってはなんてことはないのかもしれないけれど、苦手な人にとってはなかなか難しいかもしれません。

力を強めに付けるとより大きい音が出るようになる

コツとしては、やはり力を強めにつけるというのがポイントのようです。

しかしなかなか、指パッチンというのも難しいところがありますね。

やってみてなんてことない人にとっては、ちょっとしたコツでという程度なのかもしれませんが、指パッチンがそんなに得意でない人にとっては、なかなか極めるのが難しいところかもしれません。

この記事を読みながら指パッチンの練習をしている人もいるかもしれませんが、皆さんはどうでしょうか?

中指は少し曲げた状態にした方が良い

さらには中指を少し曲げた状態にした方が良いところがあるのですね。

とは言ってもなかなか難しいところがあると思います。

練習をすれば慣れてくると思います。

指を擦った後は中指を親指の付け根側に当てる

さらには指を擦った後の状態ですが、基本的に中指が親指の付け根あたりに当たるようにした方が良いのです。

大抵、指パッチンが苦手な人であっても、そのようにしようと努力をしているのではないのでしょうか?

なかなかすぐにコツを掴むのは難しいかもしれませんね。

より大きな音を出すため

何故指を擦った後に、中指を親指の付け根側につけた方が良いのかと言うと、それはより大きな音を出すためと言われています。

こうすることで、パチンという音が鳴るようですね。

薬指は伸ばしておいた方が良い

薬指は伸ばしておいた方が良いようです。

薬指も曲げていたという人も多いのではないでしょうか。

ぜひ薬指を伸ばした状態で挑戦してみてください。

薬指や小指は手のひらに当てなくて良い

指パッチンと言うと、なんだか全体でやっているような気がして、薬指や小指などについても手のひらに当たっているのではないかと思ってしまうところがありますね。

しかしこれは、特に当てなくてもいいようです。

できない人にとっては、親指と中指の動きだけで精一杯というところがありますので、薬指や小指に構っている場合ではないと思ってしまうかもしれませんね。

少しずつ意識していきましょう。

指が乾燥していると大きい音が出ない

なかなか指が乾燥していると、大きな音が出ないと言われています。

乾燥していると、手がツルツルしているような感じがして、うまくいかないと感じるのでないでしょうか。

やはり指が乾燥していると、音が出にくいというのは本当のところのようです。

ただできる人にとっては、ただ単に大きな音が出ないっていうだけのようですね。

適度に湿っていたほうが良い

さらには適度に湿っていた方が良いようです。