唐突ですが、皆さんは指パッチンってできますか?

この記事では、指パッチンのやり方について一緒に見ていきましょう。

出来ないという人はぜひチャレンジしてみてください。

指パッチンをやってみよう!コツ7個


指パッチンが出来ない人もコツを掴めば出来るようになるかもしれません。

それでは、コツを7つ見ていきましょう。

使うのは親指と中指

基本的に使うのは、親指と中指です。

親指と中指を曲げているというような状態です。

ぱっと見人差し指を使っているようにも見えますが、実際に使うのは中指になります。

親指を中指の第一関節の辺りに付ける

もちろん闇雲に、親指と中指使ったら良いというわけではなく、初めは中指の第1関節に、親指を付けるような感じで行きましょう。

第一関節辺りに付けるというのがポイントのようです。

できる人にとってはなんてことはないのかもしれないけれど、苦手な人にとってはなかなか難しいかもしれません。

力を強めに付けるとより大きい音が出るようになる

コツとしては、やはり力を強めにつけるというのがポイントのようです。

しかしなかなか、指パッチンというのも難しいところがありますね。

やってみてなんてことない人にとっては、ちょっとしたコツでという程度なのかもしれませんが、指パッチンがそんなに得意でない人にとっては、なかなか極めるのが難しいところかもしれません。

この記事を読みながら指パッチンの練習をしている人もいるかもしれませんが、皆さんはどうでしょうか?

中指は少し曲げた状態にした方が良い

さらには中指を少し曲げた状態にした方が良いところがあるのですね。

とは言ってもなかなか難しいところがあると思います。

練習をすれば慣れてくると思います。

指を擦った後は中指を親指の付け根側に当てる

さらには指を擦った後の状態ですが、基本的に中指が親指の付け根あたりに当たるようにした方が良いのです。

大抵、指パッチンが苦手な人であっても、そのようにしようと努力をしているのではないのでしょうか?

なかなかすぐにコツを掴むのは難しいかもしれませんね。

より大きな音を出すため

何故指を擦った後に、中指を親指の付け根側につけた方が良いのかと言うと、それはより大きな音を出すためと言われています。

こうすることで、パチンという音が鳴るようですね。

薬指は伸ばしておいた方が良い

薬指は伸ばしておいた方が良いようです。

薬指も曲げていたという人も多いのではないでしょうか。

ぜひ薬指を伸ばした状態で挑戦してみてください。

薬指や小指は手のひらに当てなくて良い

指パッチンと言うと、なんだか全体でやっているような気がして、薬指や小指などについても手のひらに当たっているのではないかと思ってしまうところがありますね。

しかしこれは、特に当てなくてもいいようです。

できない人にとっては、親指と中指の動きだけで精一杯というところがありますので、薬指や小指に構っている場合ではないと思ってしまうかもしれませんね。

少しずつ意識していきましょう。

指が乾燥していると大きい音が出ない

なかなか指が乾燥していると、大きな音が出ないと言われています。

乾燥していると、手がツルツルしているような感じがして、うまくいかないと感じるのでないでしょうか。

やはり指が乾燥していると、音が出にくいというのは本当のところのようです。

ただできる人にとっては、ただ単に大きな音が出ないっていうだけのようですね。

適度に湿っていたほうが良い

さらには適度に湿っていた方が良いようです。

もし手が乾燥しているということであれば、できれば何か水分を指につけるなりした方が良いのかもしれません。

爪が伸び過ぎているとダメ

さらには爪が伸びすぎているとうまくいかないようです。

女性の場合はネイルなどをしていて、爪を伸ばすということもあるかもしれません。

指パッチンを練習したいとか、指パッチンをやってみたいということであれば爪を切ることをお勧めします。

指を擦りづらくなる

なぜ爪が長いと良くないのかと言うと、基本的に指を擦りづらくなるからです。

確かに爪が長いとやりにくいところがあります。

出来れば短くした方が良いでしょう。

基本的に指パッチンは、指と指を擦り鳴らしていくので、爪そのものが邪魔になるところがあります。

出来たらちょっと鼻が高い?!指パッチンをマスターしよう


なかなか指パッチンをする機会はないかもしれませんが、やはりできたらちょっと鼻が高いところがありますよね。

特にお子さんがいる人であれば、指パッチンのことについて何か聞かれたりすることもあるかもしれません。

では、できたらちょっと鼻が高いと思われる指パッチンについて、色々とマスターできるように見ていきましょう。

出来たらクラスで人気者になれる

今のご時世は、どちらかと言うと指パッチンがどうのこうのと言われているところがないので、逆にできたらクラスの人気者になれるかもしれませんね。

やはりそのような特技というのは、どの時代においても注目されるところがあります。

よくありがちなのが、転校生でなかなか友達ができなかったけれど、机で座って絵を書いていたら、周りの子たちが集まってきたというようなエピソードはありますよね。

そこから、だんだんと学校に馴染めるようになってきたというような話は、よくあることです。

このように、何か特技があるというのは、どのような時代においても身を助けるところがあります。

特に子供は正直なところがありますので、何かこの子はすごいと思ったら、反応せずにはいられないところがあります。

例えばクラスでおとなしい子だけど、勉強がずば抜けでできるということで一目置かれたというような話を聞いたたことありませんか?

それはやはり特技があるということは、その分人に一目置かれる可能性があるということです。

相当難しいの?

この指パッチンですが、意外とコツを掴んでしまえば簡単なのだそうです。

このコツを掴むというのが、人によっては時間がかかるのかもしれません。

早い人はすぐに出来るようになるかもしれないですね。

ギネス記録もある

この指パッチンですが、何とギネス記録もあると言われています。

1分間に指パッチンを278回というのが、公式のギネス記録なのだそうです。

1分間で278回とは脅威の数字ですね。

出来ない人にとっては、非常に恐ろしいものですね。

ただこちらは、ギネス公式記録だけであり、なんと非公式でギネス認定されなかったことに関しては、1分間に292回という結果になったというのもありました。

これは探偵ナイトスクープという非常に有名なテレビ番組で、そのような記録が出たようです。

非公式ですので、ギネス記録にならなかったというのが残念ですね。

ただ人間は、その気になったらそんなに指パッチンを何回もできるものかということが非常に驚きです。

1分間で何回できる?

しかしこの一分間で、そんなに何回もできるというのはすごいことですね。

皆さんは1分間に何回できましたか?

一般人ができるかどうかも試してみてもいいかもしれませんね。

もし指パッチンが苦手という人であれば、とにかくできるようになることから始めてみましょう。

指パッチンで有名な芸能人とは?

指パッチンと言うと、今はそんなにやってる人がいないので、芸能人でそんなに流行った人がいるのと思ってしまうかもしれませんが、実はいます。

皆さんはポール牧さんという人を聞いたことはあるでしょうか?

この人は元僧侶という変わった経歴があるものの、どちらかと言うと芸人枠として活動していました。

非常にリズミカルに指を鳴らすというような感じに憧れを持つ人も多く、さらには面白いと笑うという人もいました。

指パッチンをするだけで笑いを誘うというのは、このポール牧さんぐらいなのではないのでしょうか。

楽器として使っている人も

さらには楽器の一つとして使っている人もいます。

楽器としての使い方ができるというのは非常に良いですよね。

特に楽器を持ち歩くことなく、自分の体ひとつで楽器代わりにするということができる点が素晴らしいことです。

ボイスパーカッションと同じような立ち位置なのかもしれませんね。

こう考えると、指パッチンができるって良いことだなあと思います。

後に触れますが、なんとこの指パッチンでスーパーマリオの演奏しているという人もいます。

このような人を見ると本当にすごいなと思いますね。

さらには普通に演奏なども無く、指パッチンだけでやっているというのが非常に驚きです。

指パッチンはどういう時にするの?

では指パッチンとは、どのような時にするのでしょうか。

指パッチンをするシチュエーションについて見ていきましょう。

ただ最近は、なかなかやる機会がなくちょっと驚かれるかもしれませんね。

ただ学校などでしたら、もしかしたら注目の的になるかもしれません。

学校においてはちょっと目立つこというのは非常に一目置かれるところがあります。

スクールカーストという言い方はあまり好きではない人も多いでしょう。

けれど、このような特技があるということで、ちょっと注目をされるところはあります。

ですので、もしかしたら注目される可能性もあるということで、やってみるのはどうでしょうか。

注目して欲しい時

基本的に注目して欲しい時とかに指パッチンを鳴らすと、ひょっとしたら注目してくれるかもしれません。

やはり音が鳴ることで、そちらを見るようになりますので、注目してほしい時に行ってみるというのも一つの手でしょう。

ただ闇雲に指パッチンをしても、スルーされるかもしれませんので「はい、注目!」などと言いながらも指パッチンをすると、ひょっとしたら注目してくれるかもしれません。

さらには最近、あまり指パッチンをする人がいませんので、気に入る人は気に入るかもしれませんが、今時の子がどのように注目するのかというのは難しいところがあります。

ですので周囲の雰囲気などを見ながら、注目して欲しい時にちょっと取り入れてみるのはいかがでしょうか。

何かをひらめいた時

何かをひらめいた時に、よく指パッチンをするということがありますよね。

このシチュエーションでしたら、どちらかと言うと不自然ではない可能性が高いですので、もし指パッチンを試してみたいということであれば、やってみるのはいかがでしょうか。

ストレスを解消したい

ストレス解消として、パッチンをするというのも一つの手のようです。

確かに何か手の運動をすることによって、余計なことは考えずに済むかもしれませんし、何かモヤモヤしてしまうということであったら、指パッチンを試してみるのはいかがでしょうか。

誰かに合図を送る

誰かに合図を送る時に、指パッチンというのも粋な感じがしますね。

ドラマなどを見ていると、そのようなシチュエーションを時折目にすることがあります。

ただちょっとキザな感じがするというところも否定できませんね。

確かにキザには見えるところがありますが、ちょっとかっこいいと思うところもあるのではないのでしょうか。

誰かに合図を送る時に、指パッチンを採用してみるのも面白いかもしれませんね。

もしかしたら、今のご時世そんなに入れるパッチンをするという人が多くいないので、注目されるのではないのでしょうか。

指パッチンは何の音?

そもそも指パッチンとは、どのようなことなのでしょうか。

この音を解説することによってできるようになるのかもしれません。

では指パッチンの音が何の音かについて見ていきましょう。

関節が鳴っているのではない

基本的に、指パッチンは関節が鳴っているのではありません。

ですので、関節を痛めつけてるというわけではないというのは、押さえておきましょう。

ではどのような音なのかと言うと、中指と親指が擦れる時、中指を親指の方にやるので、必然的に親指のふっくらとしたところに中指が当たるということになります。

そうなるとその中指が、親指に当たった音が指パッチンのパチンという音の由来です。

ですのでコツとしては強めにやるというのが良いのでしょう。

空気の振動によって音の大きさが変わってくる

指パッチンも、すごく大きな音が出るという人もいますよね。

基本的に空気の振動によって、音の大きさが変わるというところがあるようです。

先ほども触れたように、関節で鳴らしているというわけではありませんので、関節は関係なくこの擦れた時の空気の振動によって、音の大きさが変わっているというところがあります。

参考までに、指パッチンでマリオの演奏するという人も見ましたが、本当にマリオの曲になっていました。

この空気の振動によって、音が違うということで、そのようなコントロールがうまくいくようになると音楽さえもできてしまうというところがあるようです。

しかも、そのような人は両手でできるところがあるのです。

今回指パッチンのことについて色々と書いていくということで、色々と調べて行きましたが、やはり指パッチンができる人の中には、右ではできるけど左ではできないとか、その逆であるとか色々なケースがあるようですね。

さらにはHIKAKINの動画なども見ましたが、26歳にして初めて指パッチンができるという時も、左と右とでは音が上手く鳴るか鳴らないかというのが違っていたようで、やはり力の入れ方などについてもコツがいるのでしょう。

すんなりとできる人を見ると、なんだか関節を痛めていっているのではないかと思ってしまうところはありますが、決してそうではなく、それは空気の振動でこのように音のコントロールなどもできるようです。

そう考えていくと、なんだかすごいですね。

まとめ

いろいろと指パッチンについて解説していきましたが、ちょっとのコツでできるようになるというところはあるのでしょう。

皆さんも、指パッチンの練習をして皆に注目されてみるというのはどうでしょうか?

このようにいろいろと指パッチンについて解説するものはあると思いますが、色々と試してみて自分にピッタリな方法を選んでいくといいでしょう。

自分に合った方法で指パッチンの練習をしていきましょう。