「理想的に仲が良いカップル」誰しもが憧れる関係性だと思います。

周りから見ても「仲が良いカップル」だと感じるし、自分達でも仲が良いカップルであると実感しているというのは、理想的な関係性であるといえるでしょう。

とはいえ、世の中のカップルの全てが、そんな理想的な関係性であるとは限りません。

恋人同士とはいえ、赤の他人同士です。

相手に対して不満に思う点や、考え方の違い、愛情表現の大きさ等が原因で、二人の関係性が良好ではないケースもあります。

そもそも、世の中のカップルで、相手に対して不満を感じていない人は少ないと思います。

しかし、不満を抱いていたとしても、相手に対しての愛情や尊敬する気持ちを忘れないでいるカップルが、理想的で仲が良いカップルだといえるでしょう。

今回のテーマは、「理想的に仲が良いカップル」について。

日増しに思いが強くなり、絆が深まっているカップルとは、他のカップルと何が違うのかを具体的にお伝えしていきます。

恋人と、「もっと仲良くなりたい!」「絆を深めたい!」と思っている人は、是非参考にしてみてくださいね♪

理想的な仲が良いカップルとは

理想的に仲が良いカップルと聞くと、どんなカップルを想像するでしょうか?

周りを気にせずイチャイチャして、ラブラブっぷりをアピールしているカップルよりも、お互いのことを理解しあっていて、落ち着いた関係であり、かつお互いを尊敬・尊重しあっている…。

そんなカップルを想像する人が多いのではないでしょうか?
どんなに想い合った関係であっても、所詮は他人。

とはいえ、赤の他人同士であるからこそ、お互いを思いやれるのではないでしょうか?

自分の思い通りにならないからと相手を嫌いになるという自分本位な考え方ではなく、二人で問題を解決できるのが理想的な関係性であるといえるでしょう。

日に日に絆が深まっていくカップルの特徴30個を徹底解説

「恋人ともっと仲良くなりたい。」と思う気持ちは誰もが抱いているもの。

仲良くなろうと努力しているのにも関わらず、恋人との仲はなかなか深まらず、心の距離が一向に近づかない…。

二人の関係性にモヤモヤとした気持ちを抱いている人も多くいるでしょう。

絆が深まらないカップルは、「自分の理想を相手に押し付けている。」というケースが多く見られます。

相手との仲を深めるために、自分の理想を相手に思う存分伝える。

自分はすっきりするかもしれませんが、相手からしてみると重いと感じるかもしれません。

そして、自分の理想を叶えてくれない相手にモヤモヤする…。

負のスパイラルにはまっていっているといえるでしょう。

日に日に絆が深まっていくカップルというのは、お互いを思いあい、尊重しあい、尊敬しあっています。

相手の事を考えることができなければ、理想的な関係性になるのは難しいです。

では、日に日に絆が深まっていくカップルは、どんな特徴があるのか?具体的にお伝えしていきましょう。

1.素直に思ったことを言い合える


理想的な関係性を作り上げるために必要なこととしては、お互いに「素直な感情」でいられるかどうかだと言えます。

人には喜怒哀楽というものがありますが、その全ての感情を相手にさらけ出すことが出来るかどうかが、相手の関係性とも関連してくるといえるでしょう。

嬉しいとき、楽しいときに一緒に喜んでくれる、辛いとき、悲しいときに寄り添ってくれる…そんな感情の波長が合う関係性は理想であるといえます。

とはいえ、素直=わがままではありません。

「もっとこうして欲しいのに!」と思うがままに自分の欲望をぶつけることは、相手にとっても負担になってしまいます。

物事は一人ではなく、二人の単位で考えること…そして、その感情が一人よがりのものではなく、二人のためにも改善した方がよいと感じるのであれば、素直に相手に伝えるというのが、「素直」であるといえます。

世の中には、素直=わがままだと考えている人も多くいますが、わがままを全面に出していくと、相手が疲れてしまい、関係性は悪化していってしまいます。

素直でいることと、わがままでいることをはき違えないことが大切です。

2.相手の嫌なところを指摘できる

人と付き合うという事は、良い所に目を向けるのも大切ですが、悪い所にも目を向けて指摘できることも大切です。

お互いを尊敬しあえる関係性になるためには、相手の悪い点をきちんと指摘できることが大切。

その時には、感情的に伝えるのではなく、「私はこう思うけど、あなたはどう思う?」ときちんと相手に考えてもらう方が良いでしょう。

感情的に伝えてしまっては、相手になかなか伝わりません。

その場では直すことができても、物事の本質が理解できていないため、すぐにぶり返してしまう可能性があります。

相手に指摘するときには、「なぜだめなのか。」をしっかり考えてもらい、腹落ちしてから、行動を改善してもらうことが重要となります。

また、悪い所を指摘するのは良いですが、努力しても直せないことを指摘してしまうのはNGです。

相手の外見のことや、学歴や家族構成など、今からではどうしようもないことを指摘すると、二人の関係性にヒビが入ってしまう可能性もあります。

3.素直に謝ることができる

良好な関係性を築きあげるためには、素直に謝ることができるというのも非常に大切です。

素直に謝ることができないということは、喧嘩を長引かせてしまう原因になります。

不穏な空気が流れる時間が長ければ長いほど、お互いの関係性は冷え切っていくもの…。

マイナスな感情を抱いているときは、相手の嫌な所しか見えなくなってしまい、愛情も冷めてしまいがちです。

喧嘩を長引かせないためには、自分が悪いと思ったときには、素直に謝る癖をつけることが大切です。

いじけていても、二人の関係性は一向に良くなりません。

それであれば、素直に謝ってから、自分の素直な気持ちを伝えることが大切です。

相手も、反省しているということが分かれば、こちらの意見も素直に聞けるようになると思います。

4.お互いの好きなところを言い合う

理想的な関係性を築き上げるためには、「なぜ相手に対して好意を抱いているのか。」ということをお互いに言葉にすることも大切です。

ただ、何となく好き…では、気持ちが迷子になってしまうこともあります。

そのため、日頃から「あなたのこういうところが好き。」と具体的に伝えることも大切です。

あなたが言葉に出せば、相手も同じような愛情表現をしてくれるはずですよ♪
また、少しバカップルちっくではありますが、「お互いの好きな所」を言い合う時間をつくるのもいいと思います。

1個ずつお互いに言い合っていくことで、愛情も深まりますし、相手が自分のことをどう思っているのかも理解できるようになるはずですよ。

5.相手を気遣える

良好な関係性を築き上げていくためには、相手に対して気遣いができるというのは、とても大切な要素になってきます。

慣れ親しんだ関係性だからといって、気遣いを忘れてしまうと、良い関係性は継続できません。

結果、気遣いをしてくれる人が魅力的に思えるようになってしまい、気持ちが離れていってしまうこともあるので注意が必要です。

気遣いというのは、付き合う時間が長くなればなるほど、忘れがちになります。

親しき仲にも礼儀ありと言いますが、関係性が深まれば深まるほど、相手を思いやる気持ちが薄れてしまいがちです。

良い関係性を続けていくためには、相手の事を理解し、気を遣う関係性が重要だといえるでしょう。

6.常に新鮮な気持ちでいる


理想的な関係性でいるためには、馴れ合いの関係にならないことが大切。

付き合いが長くなっていけばいくほど、空気のような存在になっていくため、はしたない姿を見せたり、外見への気遣いが薄れがちになります。

理想的な関係でいるためには、常に新鮮な気持ちでいることが大切です。

そのためには、外見にはいつでも気を遣い、自分の魅力を意識するようにしましょう。

はしたない姿を見せていては、他の人の方が魅力的に見えてしまうことは当たり前です。

自然体=はしたない姿を見せるということではありません。

常に新鮮な気持ちでいるためには、「男性でいること」「女性でいること」を忘れないことが大切だと言えるでしょう。

また、長い付き合いになっていくと、お家デートが多くなりがちです。

結果、所帯じみてしまい、ドキドキする気持ちが薄れていってしまうこともあります。

たまには、お洒落なレストランに思いっきりお洒落して出かけたり、旅行などに行って環境を変えてみたりすることで、新鮮な気持ちを思い出すことも大切ですよ!

7.デートのプランをいつも同じにしない

長い付き合いになっていくと、デートプランが決まってきてしまいます。

のんびりしたい日にはそれでも良いかもしれませんが、毎回同じようなデートだと、同じような日々に飽きてきてしまい、結果、二人の関係性も冷え切ったものになってしまいます。

頻度は多くなくても良いですが、たまにはいつものと違ったデートプランを取り入れることで、新鮮な気持ちを取り入れることが大切です。

少し遠出をしてみたり、流行りのスポットに行ってみたり、温泉などに行って二人でのんびりしてみたり。

新しい思い出を二人で作り上げていくことで、二人の関係性も良いものに発展していくはずです。

8.サプライズを計画する

良好な関係でいるためには、相手にキュンとさせる要素も大切。

相手をキュンとさせるためには、サプライズをするのも重要な要素であると言えるでしょう。

○周年記念や誕生日、クリスマスやお正月などのイベントは、大それたものでなくてもいいので、サプライズを考えてあげましょう。

例えば、相手が欲しかったものをプレゼントしたり、家を装飾してお祝い事をしたり、ずっと行きたいと言っていたお店を予約したり。

相手が喜びそうなことを、準備してあげることが大切です。

サプライズをするのが恥ずかしいと、なかなかできずにいる人も多くいます。

しかし、相手がどうすれば喜んでくれるかを真剣に考えて、準備してくれたということだけで、相手はとても嬉しいはずです。

恥ずかしいと逃げるのではなく、相手が喜ぶことを第一に考えてあげることが、二人の関係性を深めるためには大切なのです。

9.相手に期待しすぎていない

相手に期待しすぎないのも、良好な関係を築き上げていくためには重要です。

「こうであるべき」「こうしてほしい」というのは、あなたの主観であり、それを相手に求めるのはわがままです。

相手がどんな人かを見極め、どういう風に接すれば、お互いに居心地の良い関係を築き上げていけるかを考えることが大切。

求めすぎてしまうのはよくありません。

特に、男性というのは鈍感な生き物です。

あなたがやってほしいことを察することができません。

それであれば過度な期待をしないことが大切です。

誕生日やクリスマスなどのプレゼントやサプライズをやるのが苦手な人なのであれば、あなたから優しく「こう過ごしたい。」という提案をするのも大切ですよ♪

10.感謝を忘れず伝えている

長い年月付き合っていると、忘れてしまいがちなのが「ありがとう。」という感謝の気持ち。

月日が経てば経つほど、やってもらうことが当たり前になり、感謝の気持ちを伝えることができなくなっていきます。

相手からしてみると、「やってもらうのが当たり前だと思っている。」という気持ちになってしまい、あなたに尽くしたいという気持ちが薄れていきます。

些細なことであっても、感謝の気持ちを忘れないこと。

「ありがとう。」という言葉は、人の心を幸せな気分にする力があります。

そのため、「ありがとう。」を伝えられると、その人のために尽くしたことが喜びに変わり、好き度が増していくのです。

長い付き合いになっても、感謝の気持ちを伝えることを忘れないことが肝心だといえるでしょう。

11.相手の陰口を言わない

恋人に不満があると、どうしても周囲に陰口が言いたくなるときもあります。

しかし、陰口というのは本人に必ず伝わるものですし、伝わらなかったとしても、友達からみる恋人の評価が下がるだけで、良いことはありません。

また、陰口を言う事で、脳が「あの人は嫌な人なんだ。」とインプットするようになり、相手のいい面が見えづらくなってしまいます。

人間ですから、もちろんいい面と悪い面を兼ね備えています。

しかし、陰口を言ってストレス発散をしても、相手が改善するわけではありません。

相手に不満があるのであれば、第三者に話すのではなく、本人に話して改善してもらうようにしましょう。

話せないのであれば、陰口を叩くのではなく、自分の中で消化しましょう。

相手の評価を下げるような発言は極力控えることが肝心です。

12.相手の気持ちを考えられる

付き合うということは、一方通行の気持ちではいけません。

相手の事もきちんと考えられるようになって、初めて大人の付き合いであるといえるでしょう。

相手が何を望んでいるかを、お互いに察することができるようになって、初めて良い関係が築き上げていけるのです。

よく頭に血が上って、相手の事を考えることができず、思ったことをそのまま口に出してしまう人がいます。

自分はスッキリするかもしれませんが、言われた本人はモヤモヤが溜まるもの。

本当に理解してほしいのであれば、感情のまま伝えるのではなく、相手の気持ちを察したうえで、不快感のない伝え方をしましょう。

13.適度な距離感がある

恋人同士とはいえ、赤の他人。

距離感を誤ると、二人の関係性にヒビが入ることがあります。

人には知られて欲しくないこと、聞いてほしくないことが必ずあります。

しかし、恋人同士だから、相手のことは全て知りたいという、理解しがたい願望に駆られている人もおり、無神経に根堀葉掘聞こうとする人も多くいます。

相手の100%を知ることができなかったとしても、その人の人となりは理解できます。

相手のテリトリーにずけずけと入っていくのではなく、適度な距離感で接することが大切。

相手の事を全て知っているからといって、心の距離が近づくわけではないということを肝に銘じておきましょう。

14.相手に依存しすぎていない

良好な関係を築き上げるために大切なことは、お互いに依存しないということ。

それは、気持ちの面でも、金銭的な部分でも同じことです。

依存しあう関係というのは、お互いの満たされない気持ちを補いあっているだけであり、成長はありません。

「あの人は私がいなければ駄目なんだ。」という関係性が、二人を良い方向に導いてくれるとは考えにくい。

一人でも生きていけるけど、二人で生きている方が楽しい。

仕事やプライベートも充実しててい、家族も大切にしている…。

相手の事を尊敬できる。

そんな思いから、相手に対する好意が、更に強くなっていくものなのです。

恋愛=依存しあう関係ではありません。

お互いが成長しあえる関係性こそが理想の恋人関係であるといえます。

そのためには、依存をするのではなく、自立することが大切。

相手の人生におんぶにだっこでは、相手が負担になってしまい、心が疲れてしまいます。

お互いの成長こそが、良好な関係に繋がっていくということを肝に銘じましょう。

15.無言でも居心地が悪くない

良いカップルというのは、無言でも居心地が悪くないもの。

一緒にいても、お互い別々なことをやっていても気にならないという関係が理想だと言えます。

いつも一緒に行動をすることを義務付けられていると、徐々に疲れていってしまうもの。

大切なのは空気のような関係性にもなれるカップルであることです。

いつも一緒に出掛けて、同じテレビを見て、一緒に食事をして…と、いつも一緒の行動を求められてしまうと、相手は行動を締め付けられているような気持ちになってしまいます。

大切なのは、お互いが違う事をしていても、自然な雰囲気で入れる関係性になること。

そのためには、お互いの行動を束縛しないということが大切だといえるでしょう。

16.尊敬しあっている

良いカップルというのは、お互いの事を尊敬しあっています。

それは、仕事や趣味、特技など、相手を敬うものがあると、二人の関係性はより強固なものになっていくと言えるでしょう。

また、お互いのことを尊敬しあっていると同時に、お互いに刺激しあうライバルであるとも言えます。

仕事面で落ち込んだ時に、慰めると同時に相手にやる気を出させることができるか…、はたまた相手を刺激して、成長させることができる関係性であるのが良いカップルであるといえるでしょう。

尊敬しあえるというのは、お互いに対等な関係であるということです。

主従関係もなく、どちらか一方が依存していないからこそ、お互いに尊敬しあえる関係性が生まれるのです。

恋人から尊敬されていないと感じるのであれば、それはまだあなたが未熟な証拠。

相手に尊敬される何かを見つけ出し、努力すること肝心だといえるでしょう。

17.相手の話をしっかり受け止めている

長い付き合いになってくると、相手の話を「話半分」で聞くようになってきます。

相手からしてみると、「自分の話を真剣に聞いてくれない。」「自分のことを思いやってくれない。」と感じるようになり、相手に対して不満を抱くようになっていきます。

良好な関係を築くためには、相手の話をしっかり受け止めることが大切。

相手が悩んでいるようであれば、良き相談相手になり、不満や不安を感じているようであれば、相手の話を聞き、慰めることが大切だと言えるでしょう。

長い付き合いになったからと言って、相手の話を疎かにすることは決してしてはいけません。

相手の気持ちに寄り添って、相手の立場に立った対応をすること。

それが、お互いなくてはならない存在へと発展させていく一歩だといえるでしょう。

18.相手を不安にさせるような言動・行動をしない

上手くいかないカップルの典型的なパターンとして、相手に焼きもちを妬かせるような発言をする人がいます。

「他の異性からアプローチをされている。」「ナンパをされた。」など、相手の嫉妬心を煽って、自分の魅力に気付いてほしいと考えているのかもしれませんが、本当に魅力的な人は、そのような駆け引きはしません。

仲が良いカップルは、相手が不安になるような言動は行動はしません。

余計なことで荒波を立てることが、二人の関係性を良い方向に導かないということを気付いているからです。

嫉妬心を掻き立てなければ、相手に振り向いてもらえないのであれば、まだまだあなたの魅力が乏しいと言わざるを得ないでしょう。

19.喧嘩した日は当日中に仲直りする

喧嘩をしないカップルなどいません。

赤の他人だからこそ、考え方や価値観の違いから、喧嘩に発展することはあります。

大切なのは、その喧嘩を長引かせないこと。

喧嘩をしている期間が長ければ長いほど、相手に対して負の感情が溜まってしまいます。

大切なのは、その日のうちに仲直りすることです。

喧嘩を長引かせないために、ある程度言い争いをしたら、お互いに謝るなどのルールを決めておくと、仲直りしやすくなるはずです。

腑に落ちなくても、一旦は「ごめんなさい。」の気持ちを伝えること。

その上で、きちんと自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

喧嘩は長引かせるのではなく、その日のうちにリセットができるカップルを目指すのが大切ですよ。

20.相手を否定しない

「だからあなたは駄目なんだ。」と、相手を否定することで、自分の方が立場が上であることを示そうとする人がいます。

しかし、否定された方は良い気分はしないもの。

最初は我慢できるかもしれませんが、そのような対応が続けば続くほど、相手の不満が溜まっていくものです。

相手の事を否定することは、良い関係性に繋がることはありません。

否定することによって、相手が自信をなくしたり、不満を感じるようになっていきます。

相手の魅力を引き出せない恋人は、いい恋人とは言えません。

相手の事を否定する言動はくれぐれも控えるようにしましょう。

21.お互いの趣味ややりたいことを尊重する

恋人同士だからといって、四六時中一緒にいるというわけではありませんし、趣味が好きなものが100%合うわけではありません。

大切なのは、相手の趣味や好きなものを尊重すること。

休日は、相手がやりたいことを優先する場合もあるかもしれませんが、その際に「何で一緒にいてくれないの。」と駄々をこねないことです。

お互いの趣味や好きなことを尊重しつつ、二人でいる時は二人の時間を大切にする。

いつも二人で一緒にいるようでは新鮮な気持ちにはなれません。

お互いに違う環境に触れあうことが、より良い関係に結びつくと言えるでしょう。

22.2人だけの秘密がある

より強固な関係性になるためには、二人だけの秘密があるのも大切。

家族すらも知らない、二人だけの秘密を知っていることで、二人の関係性は唯一無二のものとなります。

二人だけの秘密というのは、深い関係性でなければ生まれないもの。

そのため、二人だけの非逸を共有しているということは、二人の関係性は深いものであるといえるでしょう。

23.特別な日を祝う

長い期間付き合ったとしても、特別な日は二人でお祝いするということが、良い関係性を継続するうえで、何よりも大切です。

お互いの誕生日は、特別な場所でディナーを食べたり、旅行にいったりするのも大切。

クリスマスやお正月などは、二人でゆっくり家でパーティをしたり…、そういう思い出を積み重ねていくことで、二人の関係性もぐっと深まっていくものです。

24.なんでもない日に贈り物をする

贈り物というのは、誕生日やクリスマス等に贈るものだと思っている人が多くいます。

しかし、何もない日にプレゼントを贈るのも、相手への愛情が深まる手段。

仕事の帰りに相手が好きなデザートを買っていく。

ウィンドウショッピングをしていた時に、相手が欲しそうにしていたアクセサリーをプレゼントしてあげる。

そうすることで、愛情も高まっていくはずですよ。

25.相手の大切さを日々感じている

関係性が良いカップルというのは、お互いのことを非常に大切に思っています。

相手が傷つくようなことは絶対にしないし、常に相手がどう思うかを考えて行動しているはず。

そのため、浮気をするようなこともありませんし、相手が不安になるような行動もしません。

相手を大切にしているというのは、言葉で伝わるものではなく、空気感で伝わるもの。

しかし、言葉を求める人が多く、言葉を強く求めるがあまりに、二人の関係をこじらせているカップルも多くいます。

言葉というのは、嘘をつくことができるもの。

真実は態度に出るということを肝に銘じ、相手が自分のことを大切にしてくれているか否かを見極めましょう。

26.笑顔が絶えない

幸せなカップルというのは、笑顔が絶えないカップルだといえます。

ふとした瞬間にお互いが笑顔になれる関係。

お互いのことを大切に感じ、愛情をもって接している証拠であるといえるでしょう。

二人の表情が、怒ったり、悲しんでいることが多くなってきている場合は、関係が悪化している証拠。

笑顔でいれることを心掛ければ、二人の関係性も良い方向に変わっていくはずです。

表情というのは、とても大切な愛情表現なのです。

27.2人で新しいことに挑戦している

二人で何か新しいことに挑戦することで絆を深めるのも良いでしょう。

新しい趣味、新しい挑戦、新しい取り組み…、二人で一緒にできる何かを探して、取り組むことで、新しい刺激が生まれるはずです。

週末はランニングをしてみたり、登山にいったり、毎週1本は映画を見る、料理を一緒に作るでも良いでしょう。

二人で楽しめる、新しい何かを一緒に始めることで、よりよい関係を築き上げていきましょう。

28.相手の過去も受け入れられている

未来は変えられても、過去は変えることができません。

恋人が、過去に過ちを犯していたとしても、責めたりは決してせず、恋人の行動を見極め、信じてあげることが大切だと言えるでしょう。

人は大なり小なり過ちがあります。

それは人に言えないものかもしれませんし、言わざるを得ないものの、あまり言いたくないことかもしれません。

どんな場合であっても、過去は変えることができないのだから、受け入れる器を持っていることが大切だといえるでしょう。

29.2人の将来像を描いている

二人の関係で一番大切なのことは、「未来の二人の姿」を「二人で」描けているかどうかです。

どちらか片方描いていても、はたまた、二人が描いている未来があまりにもかけ離れているものでもいけません。

未来の二人というのは、結婚もそうですが、その前にどのような付き合いをしていきたいかということを考えることも大切です。

二人の仲を将来に向けて深めていくために、二人はどのような事をすればよいかということを、二人で一緒に考えてみましょう。

二人で同じ未来に向けて動いていけば、二人の心の距離が離れることはありません。

30.1人の時間も大切にしている

そして何よりも大切なのが、二人の時間も大切にしつつ、一人の時間を大切にできているかどうかということ。

いつも恋人の事を考え、いつでも一緒にいたいと思っているようでは、充実した関係性を築けないのかもしれません。

一人の時間を大切にでき、一人の時間で過ごしたことを、二人の時間に還元すること。

これが、理想的なカップルの姿であるといえるでしょう。

お互いが自立した関係性であることが、絆が深まっていくカップルの証なのです。

絆を深めていくうえで大切なこと

絆を深めるということは、簡単なことではありません。

赤の他人だからこそ、心の距離というのは必ずありますし、考え方も価値観も違います。

お互いの時間の使い方も、大切にするものも、何もかもが違うのです。

だからこそ、その違いをお互いに認め合い、尊重しあえるかどうかが大切。

自分のことを認めて欲しいと思うよりも先に、相手の事を認める努力をしましょう。

お互い、尊敬しあえる関係性になれれば、絆もぐっと強くなっていくはずですよ♪