どうして勉強なんてしなきゃいけないのかと思っている人もいるかもしれませんね。

勉強する理由がはっきりしないと、なかなかやる気が出ないこともあると思います。

しかし、それではあなたが元々持っている勉強への意欲や才能を開花することができません。

反対に勉強する意味を知り、勉強する理由がわかれば、あなたは今以上に成績を伸ばせるようになることもあります。

この記事を読み終わった後には、気持ちに少しずつ変化があらわれてくるかもしれません。

これから大人への階段を昇り始める高校生だからこそ、勉強する意味を知ってあなたの人生を素晴らしいものにしていきましょう。

何のために勉強するの?そんな疑問を解決!

あなたは、中学生までの間に勉強をしてきましたか?進学するためとか親を喜ばせるため、さらには成績があがるのが楽しくて勉強してきた方もいるでしょう。

しかし、逆に勉強が嫌いで勉強をする意味も分からないし、あまり勉強に手を付けてこなかった方もいると思います。

せっかく高校生に入学したものの、また勉強することがあるし、実生活では意味のないことに見えることもあるかもしれません。

しかし、高校生である今の時期にしっかり勉強しておくほうが勉強しないよりも、今後のあなたの人生を豊かにできるのは間違いないのです。

これから「何のために勉強するのか」を明らかにして、勉強する理由をしっかり確認していきましょう。

高校生が勉強する意味って?20個のアドバイス


高校生になると中学生に比べると、勉強の内容が難しくなるし、科目数も多くなるので勉強することが増えてしまいますよね。

好きな科目ならまだしも、好きではない科目に時間を費やすのはとても心苦しいですよね。

しかし、先ほどもお伝えしたように高校生のうちに勉強しておくことによって、あなたのこれからの人生をより充実させたもの、さらにあなたの思い通りのエンジョイライフを送れるようになるんです。

高校生の勉強は、そんな素敵な未来の生活を送るための予備勉強ですし、実際に身に付けられる期間でもあります。

それを知っているのか、それとも知らないのかによって高校を卒業した後の人生に差が開いてきます。

では、これからより詳しく「どうして高校生が勉強しなきゃいけないのか」その理由について学んでいきましょう。

1.コミュニケーション能力を養う


高校では、学校側が決めたクラスでクラスメイトと一緒に勉強しますね。

そのクラスメイトと一緒に同じ教室にいるだけでも、必ず何かしらのコミュニケーションをとることになります。

そんなときに、人と触れ合うことを通じてこれから生涯使うことのできるコミュニケーション能力を養うことができるんです。

コミュニケーション能力がしっかりしていると、自分の意思を自分の言葉で表現できますし、相手にもしっかりそれが伝わります。

また、相手が何を伝えようとしているのかも分かるので、会話を楽しめるんですよね。

中学生までは、誰かと会話するのが苦手に感じていたし、今でもそう感じている方もいるかもしれません。

高校では、いろいろな地域から入学してきている人が多いので、中学校ほど友達の枠が狭まることなく、あなたと気の合う友達を見つけやすいです。

そのため、今はまだコミュニケーションが苦手だったとしても諦めずに自分の気持ちを伝えようと行動すれば、コミュニケーション能力が養えます。

クラスメイトだけではなく、部活動や校外活動などに参加することによって、いろいろな人と知り合え、そしてコミュニケーションがとれるので話しやすい相手が見つかります。

2.生きていく上で役に立つ

高校生の勉強って本当に生活で役に立つの!?と思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、高校生の勉強はこれからのあなたの人生を生きていく中で必ず役に立っていきます。

例えば、高校の数学をしっかり勉強しておけば、数式にかかわらず“数学的な考え”いわゆる“論理的な考え”ができるようになるので、人生のなかで何か問題に出くわしても地に足のついた考えで解決できます。

現代文は、文章を読み解く力…つまり、相手が何を話しているのかを正確にキャッチできるので相手の気持ちを理解しコミュニケーション能力がアップしていきます。

英語に関しても、基礎英語だけ知っているだけでも海外から日本に訪れた外国の方とコミュニケーションがとれます。

科学に関しては、その知識から命にかかわることを避けられるし、歴史分野の勉強であれば先人から「これからをどのように生きたらいいのか」を学べます。

3.論理的な思考を身につける

ひとつ前の項目でお伝えしましたが、数学をしっかり勉強しておけば論理的な思考を身に着けることができます。

論理的な思考とは、ふわふわした考えで何か物事を決断するのではなく、きちんとした根拠を持って「これはこうするべきだ」とか「あれは、このように解決するのが最善策だ」と決められることです。

あなたは、両親や保護者、家族や親友などから「突発的な考えをしすぎ」とか「衝動的だ」なんて言われたことはありませんか?そのようになってしまうのは、論理的な考えをすることができていない可能性があります。

しかし、数学や化学などを勉強したり、現代文や英語であらゆる文章に出会い、いろいろな考え方に出会うと必然的に論理的な思考が身に付きます。

つまり、地に足のついた考えができるようになるんです。

そうすれば、衝動的に行動しなくなり、失敗が減ります。

4.将来の選択肢の幅を広げる

勉強をしておくと、将来の選択肢が広がります。

英語を勉強しておけば英語を使った仕事に就ける可能性もあります。

英語を応用として学べるドイツ語など他の語学を勉強し、それらの国で活躍できることもありますよね。

現代文など読む力や書く力を鍛えておけば、将来的に雑誌の記者だったり、新聞記者、ネットの記事を作成することができることもあります。

このようにすべての分野をまんべんなく学んでおくことによって、将来のあなたの仕事の幅、そして住む場所や生き方までも変えることができるのです。

今は嫌いな科目であっても、いやいやながらも向き合っておけば、将来的になにかのヒントになることもあります。

勉強は、必ずあとになって「あの時やっておいてよかった」と思えるものなんです。

今はまったく想像もしていないけど、あなたが高校卒業する手前になって「翻訳家になりたい」と本気で思うようになるかもしれないですよね。

そんなとき、基礎英語から学び始めるのか、それともしっかり勉強してきた高校英語を土台にしてさらなる英語力を磨くのかによって、働き方も変わってくるんですよね。

いつどのように考えが変化するかわからないからこそ、いろいろな科目をしっかり勉強しておくとよいのです。

5.あらゆる不安が無くなる

勉強していないとなんだか不安な気持ちになりませんか?今はまだそのような気持ちがないかもしれませんが、ゆくゆく高校を卒業したり、大学進学、社会人になったとき、「高校の時にしっかり勉強していた」という気持ちはあなたの背中を押してくれるようになります。

あの時の自分はしっかりやっていた、結果が出ないこともあったけど何かに向き合ったという過去がある…それだけで、人間って強くなれるんですよね。

高校生活において部活に熱中するのもいいですが、勉強も両立しておこなっておくことで「私は高校生活は部活も勉強もやっていたんだ」と思えば、難しい問題や壁に出くわしても「過去の自分があれくらいのことができたなら、今の私もできるはず」と自信につながっていきます。

つまり、勉強しておくことによって将来のあなたの不安をなくすことができます。

不安がなくなれば、いろいろなことにチャレンジできるようになっていきます。

6.進学すると学歴として一生残る

日本社会では、高校生からの学生生活は義務教育ではありません。

そのため、高校に進学しなくてもいいんですよね。

だったら、わざわざ勉強をしなきゃいけない高校生活をするために高校進学なんてしなくてもいいんじゃないか?なんて考えてませんか?進学するには受験を乗り越えるために勉強をしなきゃいけないし、入学した後も勉強しなきゃいけません。

でも、進学すればあなたの学歴として一生モノが残ります。

将来、どこかで働こうとするときに提出することになる履歴書に「○○高校卒業」まで書くことができます。

さらに大学、専門学校などに進学すれば、それらも追加されることになります。

学歴の数が少ないとどうしても履歴書がさみしいものになることもあります。

高校生は今しかなれないからこそ、一生モノの記録を今作ってみませんか?

7.夢を叶える第一歩になる

あなたには夢はありますか?きっと思い描いている未来とどんな仕事に就きたいのか、どんな人生を送っていきたいのか夢をもっているでしょう。

高校に進学して勉強すれば、その夢を叶える第一歩を進めることになります。

高校生になっておけばその期間だけ夢をかなえるための準備ができることになるんです。

夢や目標をかなえるためには、どんな夢であっても小さなことからかなえていく必要があります。

例えば、英語に関する仕事に就きたい、それも海外移住をして暮らしたいと夢見ている場合もです。

基礎英語を学んでおけば、留学に役立つTOEICやTOEFLの試験勉強もできます。

高校によっては、提携している海外の高校と“交換留学生”をしていることもあり、一足先に海外での生活や外国の方とのコミュニケーションを楽しめるんですよね。

また、スポーツ選手になりたいと考えているのであれば、高校にある関連した部活に入ったり、習い事をすることでスポーツ選手になれる可能性が高まります。

なにせ日本社会はまだ学歴があったほうが信頼されやすいですし、「こんなことができるのに高校も出てるんだ」と驚かせることもできます。

8.自分が伝えたいことを表現できるようになるため

あなたは、心に感じたことを伝えたい相手に伝えることができますか?なんとなく表現する方法がわからなかったり、どのように話せば相手に伝わるのかわからないこともあるでしょう。

そのような表現方法は、いろいろな人とコミュニケーションをとる中で育まれていきます。

また、高校生活では現代文や歴史関連科目、英文などによっていろいろな考え方や人々の伝え方、言葉を学べるんですよね。

それらを勉強していく中で、自分のものにできるので表現する方法が増えていきます。

「話下手だから」とか「誰かとかかわるのは元から嫌いなの」と思われているかもしれませんが、そうではなく、あなたはまだ伝える方法を知らないだけです。

表現方法を学べば、毎日がもっと明るく楽しくなります。

9.知識を増やすことで騙されるリスクを防ぐ

高校での勉強の中には、今後あなたが騙される可能性のあることに関しての情報を学べることもあります。

この化学成分は摂取してはいけないとか、こうすれば基本的には儲かるけど裏をみればリスクが高い…など、学んでいなければわからないことって、この世界にはたくさんあるんですよね。

高校の勉強では、それらのことを前もって知ることができます。

数年後または数十年後に、学んだこと自体忘れていたとしても「あれ?これってたしか飲んじゃいけないものだったような…」とか「あの時、ホームルームで聞いた詐欺の典型的な例じゃん!」なんて気づけるんですよね。

そこで気づけるのか、それとも気づかずにそのうまい話にのまれてしまうかは、そのとき持っている知識や判断能力に関わってきます。

高校の勉強は、「絶対役に立たない」と思うような内容でも、あとあとあなたを助けることもあるんです。

10.自分で考えてやり遂げる力が身につく

高校生になると、定時高校に通う方であれば自分で時間割を決めなくてはいけないですよね。

また、そうじゃなくても中学校に比べると、担任の先生からの関わりが希薄になったり、遅刻をしてもあまり怒られないようになるので、好き勝手過ごしてしまいがちです。

あなたがどうでしょうか?「先生に叱られないから」「友達みんなやってるから」なんて理由で、悪いことをしたり、普通の生活をすることをあきらめていませんか?そのままいくと、あなたはだらしのない周りから信用を得られず孤立する人間になってしまいます。

しかし、高校に入れば、宿題や予習・復習、さらに高校での行事など自分でやり遂げる力が身に付きます。

高校は、中学校よりも自分自身で何かを取り組まなければいけないシーンが多いんですよね。

そこで取り組み、失敗しても次回に生かすことができていれば、自分で考えやり遂げる力がどんどん身につくようになります。

勉強で諦める癖がついてしまうと、何事もすぐに諦めたくなってしまう

しかし、中学校でも苦手だった勉強に対して今から「やる気を出そう!」なんてあまり思えないですよね。

しかし、高校生の勉強ってちょっと遅れるとすぐに大きな遅れになってしまうものが多いです。

そのため、風邪で数日休んだだけなのに、教科書の章が2つも進んでてびっくりした経験もあるでしょう。

しかし、そこであきらめてしまっては、勉強なんてますますやりたくなくなるだけです。

でも勉強だけでもあきらめずに取り組む姿勢をもって過ごしていれば、勉強だけではなくほかの物事でもあきらめずに行動できるようになります。

あなたは、自分自身でも“粘り強くないな”“あともうひと踏ん張りできればよかったのにな”なんて考えたことはありませんか?それを解決するためにも、3年間継続して勉強することが効果的なんです。

11.自分がどれだけ成長できたのかという指標になる

高校の3年間は、中学の3年間よりもあっという間に過ぎてしまった…と感じて卒業していく先輩が多いんですよね。

あなたも聞いたことはありませんか?それって、成長するスピードも速いし、周りの景色や環境の移り変わりも激しいので、すぐに終わってしまうように感じるからです。

そのため、3年間という短いようでとても早く終わってしまう期間のなかで「どれくらい成長することができたのか」を知りやすくなるんですよね。

高校によっては1年ごとに、成長の指標を自分自身で書き出させるところもありますし、そういうのがないのならあなた自身で「今年1年は○○を目標にする」と決め、その1年が終わるころにいくつ達成できたかをチェックします。

もしも終わっていないものがあれば、チェックできなかったものを次の年に繰り越して達成できるようにするんです。

自分がいくらか成長できたと感じられるようになると、やる気もわき、「もっと頑張ろう」という気持ちになれるんですよね。

その結果、勉強にも部活にも友達づきあいにも一生懸命に取り組めるようになります。

12.政治の仕組みなどを理解し、関心が持てるようになる

高校にて選択する科目によっては、現代の政治の仕組みを学ぶこともあるでしょう。

現代だけではなく、過去の政治の仕組み、海外のものなどあらゆる角度から学べます。

最初に聞いた時は「うげっこんな難しい言葉なんて意味不明だよ」と思っても、一度理解しておけばテレビニュースなどでその言葉が出てきたときに簡単にそれらを理解できるようになります。

また、知らない言葉で話されているニュースなんて関心はもてないものですが、知っている言葉がちょこちょこ出てくるものであれば、興味が出てきますよね。

そして社会の仕組みを知り、生きる力を身に着けられます。

社会情勢を知っているのか知らないのかによって、その時代に食われるのか食うのかが変わってきますから。

13.努力した分だけ結果となって表れる達成感を感じることができる

勉強って実はやればやるだけその結果が返ってくることをしっていますか?勉強量もそうですが、質の良い勉強をすればするほどにあなたの成績はおもしろいほどにあがっていきます。

つまり、あなたは努力した分だけ結果が必ずあらわれてくるので、達成感を感じられるんですよね。

達成感って、「やってやったぞ!」とこれまでに苦しい思いをしたときの苦い思いなんて吹っ飛ばすくらいの、心をキラキラさせてくれる感情です。

一度体験したら「また頑張るぞ!」とさらなる達成感を求められるようになり、結果的に成績はグングン上昇し続けます。

一度騙されたと思って、要点集などの名目で販売されている参考書や先生が黒板に太字で記載した言葉を中心に暗記、意味も理解してみてください。

面白いくらいに試験がスラスラ解けて勉強が楽しくなります。

14.友達と一緒に切磋琢磨することで友情が深くなる

高校での勉強は、決して一人での戦いではありません。

必ず、あなたのそばに友達という存在がいるはずです。

ときには一緒に勉強することもあるでしょう。

そんな一緒に勉強してきた相手であっても、試験となればライバルになり、お互いに切磋琢磨できる関係を築き上げることができます。

勉強以外では互いの意見を尊重しあえる頼もしい関係になりつつ、勉強では競い合い、ときに補い合う。

そんな関係を作れるのが高校生活であり、姿の見えない誰かと戦う(全国模試ランキングなど)よりも、身近な人のほうがやる気がわいてくるんですよね。

また、これらによって友情や絆は深くなっていきます。

15.問題でミスをして悔しいという感覚を覚える

あなたは、試験で間違った答えを書いてしまったときどのように感じましたか?あまり勉強しなかった人は「まあ仕方ないか」くらいにしか感じないでしょう。

しかし、しっかり勉強した場合にちょっとしたミスをしてしまうととても悔しい思いを感じます。

なぜならば、そこは試験に出るとわかっていたし、しっかり勉強していた場所のなかに含まれる答えだからです。

この悔しい思いが出てくると、ますます人は勉強できるようになります。

また、その悔しさを感じないために次回の試験ではケアレスミス(ちょっとしたミス)にも気を付けられるようになるんですよね。

何事にも失敗しないように意識できるようになる

この試験に対して悔しい思いをする気持ちは、試験以外の私生活でも感じられるようになります。

ちょっとした失敗であれほど悔しい思いをしたのですから、実生活ではもうそんな気持ちを感じたくはないんですよね。

そのため、生活のちょっとしたことでも何事も失敗しないように意識できるようになります。

その結果、人生そのものの質があがり、あなたの好きなことができる時間を確保できるようになるんです。

つまり、人生の中で本当はどうでもいいことを阻止するので、その分の時間が作れるようになるってことなんですよね。

16.親孝行ができる

あなたは、日ごろから両親に向けて感謝の気持ちを伝えていますか?中学生卒業から高校生になってくると、どうしても親と話すのは恥ずかしい気がして「ありがとう」なんて言葉も言えなくなってしまう方もいるでしょう。

しかし、ここまであなたが育ったのも中学を卒業したのも、高校に進学できるのもすべて親のおかげです。

日々の食事や洗濯をしてくれることもあるでしょう。

高校に入ると、いろいろな人とかかわる中で感謝の気持ちを伝えられるようになります。

そのため、親にも感謝の気持ちを述べられるようになり、必然的に親孝行ができてしまうんですよね。

親としても、子供から早いうちに親孝行をされるととてもうれしく思ってくれます。

17.難しい問題を解くことができたという成功体験ができる

あなたは、これから将来の数十年間を生きていく中でこれまでに出くわしたことのないような大きな問題に出会うことがあります。

必ず出会います。

そこで逃げてしまうのか、それともその問題に立ち向かえるのかは高校生活の質によってきまるといってもいいでしょう。

高校生活において、あらゆることから逃げたり「面倒くさい」と問題を後回しにしていては、“逃げること”が癖になり、それが当たり前になります。

しかし、常に難しいように感じる問題でも面倒くさいと感じるような問題でも、高校生活から解決しておくことによって成功体験を積み重ねられます。

その成功をした体験はのちのち、「あんな問題を解決できたんだ」と自分自身にいいきかせ、自信をもって難しい問題に関われるようになるんです。

高校の時からたくさんのことを経験することがとても大切

とはいえ、将来的に難しい問題をとけるようになるためには、高校生のうちにいろいろな経験をしておく必要があります。

そのなかには失敗することがあるかもしれません。

何度チャレンジしても成功しないでくじけそうになるかもしれません。

それでも挑戦し続けてください。

その“挑戦した”こともあなたを自信づけてくれるからです。

周りの友達なら「めんどうくさい」「やりたくない」と言っているようなことでも、引き受けてチャレンジしてください。

みんなが言っているよりも難しくなかったり、やってみれば楽しいと感じられることもたくさんありますから。

18.問題を解決できるようになる

難しい問題があったり、友達と喧嘩したり、家族の中で問題がおきたとき、あなたはどのように対応していますか?さきほどもお伝えしましたが、人生では予期しない問題が起こりうるものです。

高校生のうちにいろいろな体験をし、そしてどのように解決すればいいのかを考え行動しておくことによって、考える領域が広がります。

また、現代文・英文・歴史的分野などからは「ほかの人はどのように問題を解決してきたのか」を知ることができるので、自分だけでは思いつかないような答えも知ることができます。

問題を解決するためのプロセスを学ぶことができる

高校での勉強をしておくことによって、問題を解決するためのプロセスが学べるようになるんですよね。

体験しなきゃわからないこともあるし、体験してもまったくわからないこともあります。

それを知れるのが自分自身の体験であり、そして日々の勉強からの学びです。

「こんな文章つまんなくて読みたくないな」と思わずに、教科書に書かれている文章やすすんで書物を読んでみるといいでしょう。

19.自分を高められる

人は日々進化しなければ、現状を維持できません。

「今のままでいい」といって何もしないでいると、劣化するだけです。

あなたがこのままを維持していても、世界の流れやブームなどは更新し続けますよね。

つまり、現状を維持するためにはあなた自身も日々アップデートする必要があるんです。

高校生活では、毎日勉強することで知識が増やせますし、友達同士の会話によって知らなかった社会のブームやニュース、考え方がしれます。

それに人によっては高校デビューするために、おしゃれに気を遣おうとしているでしょう。

それもまた、あなた自身を高めることができる方法です。

高校は通っているだけで、いろいろな人から刺激がうけられるので自分を高められるんですよね。

20.社会に出たときに使う科目も多い

これまでに何度もお伝えしていますが、高校で勉強する科目って生活をしていく中で出会うことが本当に多いです。

その科目自身が出てくることはありませんが、それぞれは複雑に関連しあった物事や出来事、問題が発生します。

つまり、高校での勉強をしておくことによって、社会に出てから迷ったり、悩む時間や回数を減らせるんですよね。

それに高校を出ていても勉強せずに卒業した人も多いため、とても基本的なことを知っているだけでも「物知りだね!」なんて周りから褒められることもしばしば…。

筆者も「こんなの出てくるわけないでしょ」と思いながら先生の言葉を受け入れてませんでしたが、社会に出てからは「あの時勉強しておいてよかった」と思うことがとても多いです。

勉強は意外と将来とつながっていることがたくさんあるんです

今回は、高校生がどうして勉強しなきゃいけないのか、その意味はどんなところにあるのかをお伝えしてきました!高校生になれば、これまでしてこなかったオシャレもしたいし、恋愛もしたいし、友達たちとハシャぎたいし、やりたいことがたくさんありますよね。

それをするだけでも充実した生活になることは間違いありませんが、高校での勉強はあなたが今思っているよりも、数年後社会に出た時にどんどん出てきます。

出会います。

必ずあなたに訪れる壁や問題でも関わっています。

遊ぶのも勉強のうちですが、遊ぶだけではなく勉強もしっかりして「あの子って遊んでるのに勉強もできてすごい!」と言わせましょう。

また、数年後には「社会でこんなに活躍してるなんてすごい!」とクラスメイトから言われるようになりますよ。