あなたの周りには、いつもニコニコしているような人はいませんか?いつもニコニコしている人がそばにいるだけで、こちらまでなんだかうれしい気持ちになってしまったりするものです。

実は、そんないつもニコニコしている人は、ニコニコしているために多くの人に好かれるというメリットを持っているのですが、逆にデメリットも持っていることを知っていますか?

ここでは、そんな「いつもニコニコしている人」のメリットやデメリット、さらにその人がどうしていつもニコニコしているのか彼らの心理面に迫っていきます!いつもニコニコしているからっていいことばかりが起こるわけではないことに驚くかもしれません。

いつもニコニコしている人は好かれる?!

あなたは、いつもニコニコしていますか?それともどこかムスッとした表情をしているでしょうか。

ニコニコしている人というのは、なんだかこちらまでハッピーな気持ちになれるので、そのような人たちと友達になりたいと思う人も多いでしょう。

ニコニコ笑顔の人って、どうしても“素敵な人”として見られることが多く、好かれる傾向があります。

でも、人々はいつもニコニコしている人に対してどうして魅力的に感じてしまうのでしょうか?ここではまず、いつもニコニコしている人がどうして魅力的なのかをお伝えしていきます。

性格が良さそうに見える

いつも怒っているような顔の人、いつもどこか企んでいるような顔の人は、“性格が悪そう”とか“悪い考えを持っていそう”などと思われがちです。

しかし、いつもニコニコしている人というのは、その正反対で性格がよさそうに見えます。

誰しも何か悪い考えを持っている人よりは、良い雰囲気を持っている人と一緒に時を過ごしたいと考えると思います。

実際のところいつもニコニコしているだけで、本当に性格が良いとは言い切れませんが、多くの人がいつもニコニコしていることで性格が良さそうと思ってしまうくらい“笑顔のパワー”がすごいということでしょう。

優しく穏やかで、近付きやすいと感じる

いつもニコニコしている人は、優しい人という印象を持ちやすいかと思います。

それはあなただけではなく、多くの人が感じているものです。

また、そのように優しい雰囲気を持っている人ってなぜか近づきやすいオーラをまとっていますよね。

優しくて穏やか、常にニコニコしている…そのため、異性からもモテやすい面も持っています。

逆にいつもムスッと怒ったような顔をしている人に対しては、あまり近づきたくないとか、関わりを持ちたくないと思っている人もいます。

どちらにせよ、いつもニコニコしていることは、本人にとってメリットしかないように感じてしまうものです。

いつもニコニコしている人の特徴

いつもニコニコしている人ってどうしてニコニコできるのでしょうか?人生生きていれば、嫌なことだって悲しいことだってあるのに、常にニコニコしている気持ちがよく理解できないという人もいるでしょう。

そんな人のために、ここではいつもニコニコしている人の特徴をお伝えします。

性格が明るい


いつもニコニコしている人は、毎日が楽しく明るい状態でいます。

つまり、根っからの性格がとても明るいということになります。

性格がもともと明るいので、誰もが「これは悲しい事件だ」なんて思うようなことがあっても、その問題にめげないどころか、その問題をさらにポジティブに捉えるようにしています。

そのため、いつでも悪いことを考えることもないのでニコニコしています。

両親もいつもニコニコしている

両親がいつもニコニコしているような家庭で育った方は、子供でも大人になっても常にニコニコしていることが多い傾向があります。

なぜならば、いつもニコニコしていたのが当たり前だったし、常にニコニコしているのが“その人にとっての普通”であるからなんです。

あなたの周りにいるいつもニコニコしている人の両親はいつもニコニコしていませんか?人は育った環境によって、性格も少しずつ矯正されていきますから、生きてきた環境に注目するといつもニコニコしている理由がわかります。

プラス思考で悩んだり悲しんだりしない

さきほども少し触れましたが、いつもニコニコしている人は常にポジティブ思考を持っています。

プラス思考であるために、悲しいことや苦しいと思われるような出来事が起こったとしても、そのようなことで悩んだりすることが少ないです。

最初のうちはそれなりに落ち込むこともありますが、プラスに解釈を続けることでいつまでも落ち込んでいるということがなくなります。

そのため、数日経てばコロッと元に戻り、いつもニコニコしている人に戻っていることも多いです。

悲しみの感じない人なのではなく、切り替えが早いという特徴を持っています。

ニコニコしていれば良いことがあると信じている

いつもニコニコしていれば、必ず良いことが起こると自分に言い聞かせて、いつもニコニコしているという人もいます。

いわゆる、ことわざの「笑う門に福来る」というのを信じているんですね。

とはいえ、実際に笑顔でいることによって周りには人が集まってくるし、信頼されやすくなるので“福”は感じやすくなります。

周囲への気配りができる

いつもニコニコしている人は、常に心に余裕を持っていることが多いです。

心に余裕がないと、笑顔さえも作れなくなってしまいますよね。

なぜならば、心を埋め尽くしている心配事のことを考えてばかりで笑顔どころではなくなってしまうからです。

しかし、いつもニコニコしている人は気持ちの切り替えが早く、常にポジティブでいるので、心に余裕を持った状態となっています。

そのため、周囲への気配りができます。

周囲への気配りができて、さらに常にニコニコしているので周りからは好印象を持たれることが多いです。

いつもニコニコしている人の6個の心理

いつもニコニコすることができない人にとって、常にニコニコしている人の気持ちってなかなか理解できないものです。

なぜならば、そのニコニコしている労力こそが無駄なんて感じてしまうからなんですよね。

では、実際にいつもニコニコしている人というのは、何を考えていつもニコニコしているのでしょうか?ここでは、いつもニコニコしている人の心理に迫ってみます。

その特徴を6つに分けてご紹介します。

喧嘩が嫌いなので敵を作りたくない

もともと平和主義な性格をしていて、笑顔ではなくムスッとした顔をしていると相手に喧嘩を売られてしまい、喧嘩になってしまうと想定できているのでいつもニコニコしています。

つまり、誰とも喧嘩をしたくないし、それに敵を作りたくないと考えています。

喧嘩を仕立て、敵を作ったって自分の人生が狭まり苦しくなるだけだとわかっているので、いつもニコニコすることによって多くの人、それも出会って来たすべての人と仲良くすることを目的としています。

こちら側から喧嘩を最初から避けておけば、喧嘩になることもないということを理解しているんですね。

人に好かれて人気者になりたい

人気者になりたいという気持ちから常にニコニコしている人もいます。

いつもニコニコしている人って、何歳になってもとても魅力的で多くの人から好かれているのをあなたも感じているのではないでしょうか?

それをしっかり理解しているし、雑誌や本に掲載されている“モテマニュアル”にも「いつもニコニコすべし」なんて書かれているので、それをうのみにしていつもニコニコしています。

そのため、本当に心からニコニコしている人に比べると、顔はいつもニコニコ笑っているのに心の中はダーク色で染まっていることも多いです。

この場合、嫌なことやイラつくことがあったときには性格が豹変することもあります。

自分の本心を見破られたくない

無表情でいたり、悲しい表情、怒っている顔をしていると周りの人に簡単に自分の本心を見破られることになってしまいますよね。

そのように喜怒哀楽がはっきりしているのは悪いことではないのですが、なぜか周りの人に「自分の本当の気持ちを知られたくない」と感じています。

そのため、いつもニコニコと笑顔でいることによって本当の自分を隠し続けているのです。

このようなタイプの人の場合、顔は笑っているけれどなぜだか目元が死んでいると感じることもあるので、要チェックしてみましょう。

しかし、あまりにも心理を探りすぎるとブチギレしてくることもあるので取扱注意人物になります。

腹が立ってもニコニコしている

どのように本心を隠しているのかというと、本当は心の中ではとても怒っているのにも関わらずニコニコすることによって、その本心を隠しています。

つまり、ニコニコしているのは表面上だけでは心の中ではハラワタに煮えくり返っている可能性もあります。

そのような自分を知られても、あまり自分にとってメリットがないことが分かっているのでニコニコしてやり過ごしています。

相手の話を聞かないで別のことを考えている

いつもニコニコしている人ってどこか相手の話をしっかり聞いて、その人の話を受け入れてくれているように感じますよね。

そのため、いつもニコニコしている人に対して相談事を話したり、自分の意見を述べてみたりする人もいるでしょう。

しかし、いつもニコニコしている人は必ずしも、相手の話を全て聞いているとも言えません。

ニコニコしていれば、「話を聞いてもらっている」と相手に思われることもわかっているので、いつもニコニコしながら話を聞いているふりをして、まったく別のことを考えていることもあります。

そのため、相槌を打つべき場所で全く相槌を打ってくれなかったり、意見を求めても「いいと思うよ」なんて抽象的な答えばかり返ってくるかもしれません。

相手に好意を示したい

好きな人に自分があなたに好きな気持ちを持っていますよと伝えるために、特定の人と話す時だけいつもニコニコ笑顔で話す人もいます。

この場合、ある特定の人としか笑顔で話さないので周りから見れば「ああ、あの人はあの子が好きなんだな」とすぐにわかってしまうのですが、本人はそのようなことに気づいていません。

笑顔で接すれば、相手も自分に対して悪いイメージを持つこともないだろうと思っているのです。

自分からあまり話をしたくない

いつもニコニコしている人ってあまり自分から話をしないイメージはありませんか?自分からあまり話をしたくないがためにいつもニコニコして“相手の話を聞き入れる役”になっていることもあります。

自分の話をしたってつまらないし、それにドン引きされても嫌だななんて時にネガティブなことを考えていることもあります。

いつもニコニコしていることにもデメリットがある


いつもニコニコしていると良いことしか起こらないような気もしますが、実際のところメリットだけではなくデメリットもあるんです。

ここでは、デメリットをお伝えしていきます。

愛想笑いに見えてくる

心の底から相手のことを思ってニコニコしている場合でも、人によってはその受け取り方が違います。

特に厳格な性格をしている人である場合、いつもニコニコしている人は「愛想笑いをしているんじゃないか」と感じてしまうことがあります。

そのため、相手から信じてもらうことができない場合もあります。

本心が分からない

いつもニコニコしている人は、悲しいことがあっても苦しいことがあってもニコニコしている場合があります。

そのため、「本心がわからない」と思われていることも少なくありません。

そのため、「この人に本当のことを話したら何をされるかわからない」なんて、逆に信頼されないこともあります。

二面性があるのでは?と思われる

いつもニコニコしている人は、裏では自分の悪口を言ってるんじゃないか?など二面性を疑われることもあります。

そのため、やはり本当の気持ちを話してもらえなかったり、親友など心から通じ合える相手ができにくいという特徴も持っています。

いつもニコニコしている人は素敵

今回は、いつもニコニコしている人に関して特集してきました。

いつもニコニコしている人ってとても素敵ですよね。

しかし、実際のところは周りの人からは信用されていないこともあります。

いつもニコニコするのも良いですが、時には自分の感情をそのまま出してもよいのではないかと思います。

お読みいただきありがとうございました。