CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

笑顔にさせる10個の方法!相手の笑顔を引き出そう


笑顔は周りの人も和ませるような効果がありますよね。

そして、笑う門には福来るという言葉があるように、笑うことでイイことが舞い込むのです。

放った言葉が自分に返ってくると言いますが、まさにそのようなことです。

笑顔でいるだけで笑顔になる場面を引き寄せてしまうのです。

自分も笑顔でいるのはもちろんですが、周りの人も笑顔にさせたいですよね。

この記事では、相手を笑顔にさせる10個の方法をご紹介します。

ぜひ相手の笑顔も引き出してみてくださいね。

この記事の目次

笑顔は人を幸せにする


笑顔は自分だけでなく、相手も幸せにします。

みんなが笑っている中で、笑顔になれていない人ってあまりいないですよね。

笑うことで相手も自分も笑顔にすることができるのです。

ぜひ、笑顔になって自分も相手も幸せにしましょう。

毎日笑顔を意識していますか?

さて、世の中どうのこうのはさておき、あなたは毎日、笑顔を意識して生きていますか?

鏡の前に立った時に笑顔になると言う方もいらっしゃいますが、そんなことを聞くと、ナルシストのような感じがして、気持ち悪いという感じにネガティブに感じてしまう方は多くいらっしゃいますが、それが大きな間違いなのです。

毎日鏡の前に立って笑顔を見せることはある意味才能です。

今は鏡の前に立つことすら嫌がる人もいるぐらいなのですから、そうやって鏡の前にたって自分自身を見つめなおすことができるのを恥じる必要はありません。

むしろ、誇りに思うべきです。

そのようなことができない人ほど、笑顔がなくなってしまうのです。

とにかく毎日笑顔を意識することが大切です。

そのことで、あなたも自然と笑顔になることができますよ。

笑顔でいることは相手も自分もハッピーにすることができるのです。

要は癖のようなものなのです。

笑顔になることを癖にしてしまえば、何も問題はありません。

最近は保守的な上司のなど、怒ることを得意げにしている人は多いのですが、そんな人に限って笑顔でいる人のことをへらへらしていると言って侮辱するのです。

侮辱しても意味がありませんし、へらへらしていると思ってしまうのは、自分が笑顔を作る癖がないからです。

自分にないものを持っているから、相手に対してネガティブに感じてしまうのです。

では、実際に笑顔を意識するにはどうしたらいいのかと言いますと、自分でそのようになるのが難しいと思うのであれば、毎日笑顔を意識している人と一緒に過ごす時間を増やすことです。

そうすることで、毎日笑顔を意識している人の行動や言動などが刷り込まれて習慣化することができるのです。

つまり、あなたの身のまわりで笑顔を常に意識している人を探し出して見つけて、交流を増やせばいいのです。

人は相手から影響を受ける可能性が強いので、ぜひ、あなたが鳴りたい人から影響を受けるようにしましょう。

最近は、なぜか自分を否定してくる人の影響を受けてしまう人が多いのです。

なぜかと言うと、自分が否定されると間違っているのかなと思い込んでしまうのです。

しかし、そんなことはございません。

あなたを否定してくる人の影響を受けてもなんの意味もありませんよ。

それよりかは憧れる人の影響を受けるようにしましょう。

そうすることで、笑顔を意識するようになり、それが習慣化されて自然と笑顔になることができますよ。

笑顔は周囲の人のエネルギーになる

笑顔が相手にとっても自分にとってもプラスに働くということをくどく言っていますが、なぜかと言いますと、笑顔にはそれだけの効力があるからです。

つまり、笑顔でいるだけであなたが他人から憧れる存在になってしまうこともあるのです。

また、他人を元気にしてしまうこともできるのです。

それだけ笑顔には大きな力があるのです。

つまり、笑顔になることがあなたの集団を元気にさせることができるのです。

真の一流会社は会社の成績だけをアピールするわけではありません。

社員みんなが笑顔になって働いていることの方をアピールします。

経営の神様と言われた船井幸雄さんは、社員が言うことに関して、いいよ。

できるよ。

という感じに楽しく働ける職場作りに専念したそうです。

つまりは、社員の人のほとんどが笑顔で働いている会社になっているのです。

このように職場作りなどの環境作りでもっとも大切なのが、社員が笑顔で働いているかどうかです。

いくら名のある企業でも、社員の方は笑顔で働いていないのであれば意味がないのです。

それはつまり、表面だけが良くて中身がよくないと言うことです。

社員みんなが笑顔で働いていることで社内の雰囲気も良くなるし、みんながイキイキしながらはたらくことができるので、自然と結果もついてくるのです。

最近、就職先に選ぶのは、社員の方がどのように働いているかを気にされる方も結構多くいらっしゃいます。

それだけもう名前は、売上などの表面だけではごまかせなくなってきていると言うことなのです。

ある意味、今の社会は情報化社会です。

どんなに表面的に良く見せても、本質を見抜かれてしまうことが多いのです。

それだけ、各企業の情報が筒抜けなのです。

最近、多いのが大手企業の不正発覚ですが、これも内部の通報などによるものが多いのです。

そう、つまり、誰でも情報発信できる世の中になってしまっているので、そうなってしまっているのです。

いくら印象やイメージを良くしても、今後は通用しないと言うことです。

それよりも働いている人の顔や姿勢を見るのです。

つまり、笑顔の人が少ない会社はどんなに一流と言われていても、働きたいとおもうことはないのです。

これからはとにかく笑顔の人が生き残る社会です。

笑顔でいることで相手も自分もハッピーにさせることができるので、ぜひ、笑顔満点で生きましょう。

人を笑顔にさせる10個の方法


笑顔にはとびっきりの効果があることをしれたと思うので、ここからはお待ちかねの人を笑顔にさせる方法をお教えします。

相手を笑顔にさせて何になるのと思い込んでいる方は結構多くいらっしゃるかもしれませんが、よくよく考えてください。

お笑い芸人などを除いて、世で成功者と言われている人のお話は聞いていてなぜか楽しくなりませんか?そして、いつしか笑顔になっていたと言うことはございませんか?そう、つまり、相手を笑顔にさせる能力や才能は持っていて損はしないのです。

よくよく考えてください。

楽しい話をする人と、暗い話をする人、どちらの人の話を聞いてみたいと思いますか?おそらくほとんどの人は、前者だと思います。

なぜなら、人は楽しい雰囲気のあるところによって来るのです。

そのために、相手を笑顔にさせる方法を知っておくとそれだけで、人はあなたの話が聞きたくなったり、あなたに興味を持ったりするのです。

つまり、あなたという存在を笑顔でだけでアピールすることができるのです。

笑顔で知っていただけると言うのはいいですよね。

ぜひ、覚えて、そしてできる限り実践するようにしましょう。

大きくピックアップして10個の方法がございますので、しっかり覚えましょう。

ただ、この時注意が必要なのが、いきなりすべてをマスターしようとしないことです。

10個一気にマスターしようだなんて、無理があります。

ここはまず、慌てずにゆっくり1個1個確実に覚えていきましょう。

そのためにも、まずは、あなたにとって身近なものから覚えていくと良いのかもしれません。

もしくは、読んでいてビビット来たものなどから覚えていくのもありかと思います。

ビビット来たと言うのは何かを意味しているのかもしれませんよ。

笑顔は万病のお薬ともいわれています。

ぜひ、マスターして相手を笑顔にさせましょう。

相手を笑顔にできるのであれば、あなた自身も自然と笑顔を作ることができますよ。

そのためにまずはしっかり覚えることです。

そんなこと言っても、10個の方法って難しいものばかりなのではないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはございません。

どなたでも簡単に覚えて、なおかつ実践できるものばかりです。

難しいと思っているのは、何を隠そうあなた自身です。

難しいと思ってしまった時点で、すべてが難しく見えてしまうのです。

あなたが簡単だと思えば、簡単に見えるのです。

そう、すべてはあなた次第なのです。

故に、あまり難しく考えずに簡単に、柔軟に考えていきましょう。

1.とびきりの笑顔で接する

相手を笑顔にさせるのであれば、まずはこちらが笑顔にならないと意味がありません。

笑っていない人から笑ってと言われても、笑うわけがありません。

そのために、とにかくとびきりの!もしくは、思いっきりの笑顔を作るようにしましょう。

そのためにも普段から笑顔になるように練習しましょう。

何も1時間ほど使った練習をしろと言っているのではありません。

朝起きた時などに、鏡の前に立って、笑顔を作るのです。

まあ、口元を上げると人間の顔は笑顔に見えるのです。

なるべく口元を上げるように頑張りましょう。

そして、目もなるべく細めるようにしましょう。

そうしているうちに実は、自分自身も自然と元気になることができるのです。

ぜひ、あなたの飛び切りの笑顔で相手を笑顔にさせましょう。

笑顔には笑顔を引き寄せるのです。

2.面白いことを言う

まあ、相手を笑顔にさせるのに最も簡単な方法としては面白いことを言うことですが、実はこの面白いには落とし穴があって、人によって笑いのツボが違うのと一緒で、面白いと思うことも人それぞれなのです。

つまり、どんなに自分が面白いと思っていても、相手にとってはつまらない可能性があるのです。

しかし、なぜそうなってしまっているのかと言いますと、十人十色という言葉があるように、人それぞれで色が全然違うので、面白いと思うことに違いができてしまうのです。

では、どうすればいいのかと言いますと、まずはお笑い番組を見てどういったことでみんなが笑っているのかを探ると言うことです。

さらには言えば、プラスになる情報を教えることも大切です。

相手にとってプラスなことは笑顔にさせる種になっているのです。

プラスな話を聞けば、とにかく楽しくなってしまうのが人間なのです。

3.ポジティブなことを言う

相手を笑顔にさせたいのであれば、まずはポジティブなことを言うようにしましょう。

ネガティブなことを言われてもうれしいと思う人はいらっしゃいませんよね。

そう、つまり、そのような感じで、ポジティブなことに人間は反応して笑顔を見せるのです。

ポジティブと聞くと明るいことと言うような感じになりますが、どんなことでも見方を変えて、プラスに考えるような感じにしてしまうと、ポジティブな話題を見つけることができるのです。

もしくは、自分でポジティブな話題を作ることができるかもしれませんよ。

しかし、いくらポジティブな話題であっても、根がネガティブ思考な場合は、ポジティブな話題を話しても相手に響くことはございません。

言葉だけでは相手は動かないのです。

4.相手の良いところを上手に褒める

笑顔にさせるのであれば、相手のいけない部分を責めるのではなく、相手の良いところを見つけてそこの部分を上手にほめていけば、相手もあなたに笑顔を見せることができますよ。

なぜなら、人は褒められるとうれしいので、笑顔になることができるのです。

もともとは人の教育とはそのような感じで行ってきていたのですが、欧米文化の到来と共に、相手をけなすことの方へ見方がシフトしてしまった感じがあります。

そのために、今は相手の悪い部分しか見ないのです。

そのために、なかなかほめて伸ばすと言う文化がなくなってしまっているような感じがします。

しかし、人間は褒められると心が軽くなるのです。

心が軽くなると言うことはそれだけ、気が晴れていると言うことなのです。

ぜひ、相手の良いところを褒めまくりましょう。

5.美味しい食べ物をプレゼントする

人間にとっておいしいと思えるものからは笑顔をいただけるというような効果を発揮するのです。

おいしいものを食べていると笑顔にならない人はいらっしゃいませんよね。

逆にまずいものを食べていて、笑顔にする方が難しくありませんか?そうなので、食べ物の場合、おいしくないと笑顔になることが難しいのです。

食べると言う字は、人を良くすると書きます。

つまり、おいしいものでないと人を良くできないのです。

つまり、食べ物で人はできていると思った方がいいのです。

コンビニばかり食べている人は要注意かもしれませんね。

故に、美味しいものは人を笑顔にするのです。

なるべくいいものを食べるようにしましょう。

だからと言って、コンビニなどの食べ物が良くないと言っているのではありませんよ。

6.頑張っている姿を見せる

相手に自分が頑張っている姿を見せると、相手にもそれに触発されてなんだか元気が湧いてくると言うようなことがあるのです。

要はライバル関係にいるとそうなってしまうこともあるのです。

あいつがあれだけ頑張っているのだから、自分ももっと頑張らないといけないとおもってしまって内なる精神から何かが沸き起こってくるのです。

ある意味、いい関係ですよね。

さらに言えば、特技などを見せるのもいいですよ。

相手に自分の得意分野を見せると、相手もご自身の特技を見せてくるのです。

お互いに得意分野を知ることができて、イキイキすることができますよ。

このようにお互いに頑張っている人たちはどちらも笑顔になっているのです。

ある意味、青春時代であれば、熱い関係と言えます。

さらに言えば、向上心があるところを見せると、相手も余計に向上心を上げてくる可能性もあるのです。

まあ、学生のうちにこのような仲間を見つけておくと、大人になった時に苦労しませんよ。

7.その人のために何かしようとしていることを伝える

いわゆるおもてなしの精神のようなものですが、相手は自分が他人から大事にされているかどうかは接客などを通して観察しているのです。

要は、接客態度なども表面では良くても内面がすっかりばれてしまっている危険性が高いのです。

要はいかに相手のためにという感じに行動できるかどうかが大切なのです。

そのような行動ができれば相手を笑顔にさせることができますよ。

なぜなら、人間は人に大事にされているという自覚は心を豊かにするのです。

相手から大事にされているとわかれば飛び切りの笑顔を見せてくる可能性もあるのです。

とにかく相手のためにという精神を強くすることです。

なぜなら、日本人は相手のために尽くしてこそ価値が上がるのです。

昔からある「恩送り」という言葉がそれを物語っているのです。

ちなみにおもてなしは、もてなす方が使う言葉ではありません。

もてなしを受けた方が使う言葉です。

8.夢や目標を語る

夢や物語を語ることは意外と効果があるのです。

一見すると大人になっても、夢とか目標とか言っているのと、バカにされるのではないかと思われてしまうかもしれませんが、そんな大人の目を気にしていては意味がありませんよ。

なぜなら、そんな大人は生きていく価値がないのです。

子どもに夢を持つことの大切さを教えるはずの大人が夢や目標を持っている大人をバカにするなんて見当違いもいいことです。

はっきり言えば、夢や目標を持っている大人は互いに、頑張っている姿に触発されるのです。

そのために、お互いに夢を叶えたり、目標を達成したりする姿を見せあうことが大切なのです。

ぜひ、堂々と夢を相手にぶつけましょう。

ぶつけても無反応なら相手を見切った方がいいのではないでしょうか。

9.励ます言葉を言う

相手を喜ばすのであれば、励ます言葉を投げかけることが大切です。

なぜなら、なげかけた言葉は、実は相手ではなく、自分に返ってくるのです。

ただし、相手に言われることで立ち直ることができる人もいるので、そこから恩のお繰り返しが続いていくのです。

そう、つまり、励ますことは、相手にとっても、自分にとってもとてもいいことなのです。

さらに言えば、励ましの言葉からエネルギーをもらえることができるのです。

励ましの言葉を相手に投げかければ相手にエネルギーを与えますが、投げかけた言葉は自分に返ってくるので、あなたにもエネルギーが与えられている可能性もございますよ。

ぜひ、お互いに励ますようにしましょう。

そうすることで、お互いにハッピーハッピーになれますよ。

励ますことはいいことなのです。

ぜひ、落ち込んでいる人がいたら励ますようにしましょう。

10.予想外のことを言って驚かせる

いわゆるサプライズですが、意外と相手を驚かせるだけでなく、うれしくさせてしまう効果もあるのです。

そのために、意外な時に意外なことを言うと効果がありますよ。

要は相手にサプライズを起こすことができると言うことは、それだけ相手のことを知っていると言うことでもあるのです。

そう考えると相手にとってはうれしいことこの上ないですよね。

それには何が必要なのかと言いますと、気遣いと工夫が大事なのです。

気遣いできる人は、意識せずに気づかいができるのです。

最近気遣いされないことでイライラする上司はいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。

上司だから気づかいされると思っていたら大間違いですよ。

ぜひ、何も意識せずに気づかいができるようにしましょう。

また、自ら気遣いを求めてはいけませんよ。

笑顔のメリット

ここまでの説明で笑顔にさせる方法がわかったと思います。

しかし、まだまだなんだかふんわりしているようなことはございませんか?そう、笑顔になることのメリットです。

ここの部分をわかると余計に笑顔を作ろうと考えるようになりますよ。

ぜひ、相手に最上級の笑顔にさせられるようにするためにも、ぜひ、覚えましょう。

笑顔には飛び切りのメリットが隠されていますよ。

自分の心を癒す

笑顔は万病の薬と言われています。

なぜかと言いますと、嘘のような本当の話ではありますが、癌などの難病に侵されてしまった人がひたすら笑顔にしていたら、癌細胞が消えたと言う話が日本各地で起きています。

つまり、笑顔には癒しの効果があると言われているのです。

笑顔になるだけであなたは健康になっていると思っても過言ではありません。

人の心も癒す

笑顔は自分の心だけではなく、相手の心も癒すことができるのです。

なぜなら、笑顔の人を見ると憎めないのです。

逆に笑顔の人を見て、イライラする人は、意味がないのです。

むしろ、自分が笑顔を忘れている可能性が高いのです。

このような人とは関わらない方が一番ですよ。

その場の雰囲気を和ませる

笑顔はその場の雰囲気を一気に和ませてしまう効果があるのです。

なぜなら、笑顔の人がいるだけで安心しますよね。

レストランなどの飲食店の従業員がいつも笑顔でいるのは和んだ雰囲気のお店作りをするためです。

和やかな雰囲気のあるお店なら安心して楽しくお食事をすることができますものね。

ポジティブな気持ちになる

笑顔でいるとなんだかポジティブな気持ちになることができるのです。

なぜかと言いますと、笑顔になっていると言うことは何からしらのことでプラスのことが発生しているからです。

つまり、笑顔でい続けることがポジティブな人間になるための一歩でもあるのです。

人を笑顔にするには自分も笑顔でいること

いかがでしたでしょうか。

相手を笑顔にさせたいのであれば、まずは自分が笑顔になることです。

ぜひ、あなたもとびきりの笑顔になりましょう。

ページトップ