恋は盲目ともいいますが、好きになった男性にもしもあまりよくない一面が見られたとき、あなたならどこで見切りをつけますか?

好きになってしまうとどうしても相手のことを許したくなってしまうものですが、本当よくないことだと自分でも分かっていることも多々あると思います。

できれば結婚を考えるくらいの相手ならば、結婚してから苦労しそうな相手だけは避けたいものですよね。

今回は、交際相手の男性に対して見切りをつけるタイミングについてを詳しくご紹介していきます!

こんな特徴が見られたらあなたはおそらく見切りをつけるべき!というラインを一挙ご紹介するので、目を凝らしてよく読んでいってください♩

見切りをつけるタイミングとは?

女性は恋をすると、「彼は私を必要としてくれている」「彼には私じゃないとだめだ」「これくらいのことなら許してあげよう」と、好きになった男性に対して幻想を抱きながらつい甘やかしてしまう傾向があります。

あんなにパーフェクトな女性なのに、付き合っている男性は周りからすれば絶対に付き合いたくないと思われているダメンズだったりすることもあるかと思います。

そんな女性は、自分が付き合っている男性が「もしかしたらあまりよくない相手かも?」と思いながらも、ふとした良い一面にほだされてズルズルと付き合ってしまうのです。

しかし、どんな相手でも良い部分はもちろんあります。

そのたった少しの良い部分だけをクローズアップしていることに気がつかず、ダメな一面に目をつぶっているのならば赤信号であることに気がつきましょう。

見切りをつけるタイミングはとても難しいことだと思いますが、自分が幸せな人生を送るためにも心を鬼にして見切りをつけられるよう頑張ってみてください。

こんな男性は見切りをつけるべき!特徴を集めました

では実際にどんな特徴のある男性なら、見切りをつけたほうが良いのか?をご紹介していきます。

こちらのボーダーはもちろん女性によって、それぞれ価値観が違うこともあるかと思います。

しかし、好きになった男性に対して嫌な部分が見えても「私は許せる」と思うのは恋に恋している女性ならば当たり前のことです。

まさに恋は盲目という状態のため、自分はそれでも良いと思って彼と付き合っていても、実は周りの女友達からすれば「絶対に苦労するよね」なんて影で言われていることも少なくありません。

あなたは、周りの女友達からそんなふうに思われている男性と付き合っていて幸せになれると思いますか?

もちろん結婚相手や交際相手は誰かに自慢するための道具ではありませんが、周りがよく思わない相手というのは、それだけリスクのある相手ということになります。

幸せな人生を送りたいのなら、できればそんなリスクのある男性とは見切りをつけて、幸せにしてくれそうな相手を選ぶべきなのです。

「私の彼氏はきっと大丈夫なはず…」と思っている方は、以下の特徴に自分の彼氏があてはまっていないか、一緒にチェックしていきましょう!

1.人の悪口ばかり言う

デートしていても人の悪口ばかりを言う男性っていますよね。

たとえば、通りすがりのちょっと小太りの女性を見て「あんなデブ見苦しいなぁ」と言ってみたり、ランチをした先の喫茶店の店員さんの接客の対応について文句を言ってみたり、なにかと人の粗を探しそれを悪く言う男性です。

そのような男性は、人を見下すことでしか自分の価値を見出せず、それだけで優越感に浸っている傾向があります。

また、赤の他人のことを悪く言える男性というのは、自分の周りの人間に対しても同等の接し方をしている可能性があります。

たとえば自分の仲の良い男友達だったり、職場の上司・先輩・後輩の悪口など言っているかもしれません。

もしもそのような彼と結婚を考えているのなら、見切りをつけた方がいいかもしれません。

将来的に結婚して悪口ばかり言われると、苦労するのはあなた自身です。

2.自分のことしか考えていない


自分を引っ張っていってくれる男性というのはとても魅力的に思えるものですが、なかにはその行動のほとんどが自分のことしか考えていない男性もいます。

たとえば街でデートの約束をしていたのに「今日は外で食事をする予定だったけど、今日は天気がよくないから風邪ひかないように家でDVDでもいいよね?」と言われれば、「確かにそうだね」と彼女ならば思ってしまい、彼氏のために家で料理を振る舞うという女性も多いでしょう。

しかし、実際は家に遊びに行ってみたら彼氏は部屋着のままで、髪の毛もセットせずだらけた姿のまま1日を過ごすという経験も多いのではないでしょうか?

このような男性の場合は、言葉ではなんとでも上手く言いくるめられるもので、実際は「ただ出かけるのが面倒になっただけ」「お金を使いたくなかっただけ」というケースもあります。

それをうまい言葉で彼女を言いくるめ、あたかも自分は彼女のためにそうしていると装っているのです。

このような男性の心理としては、まさに「自分さえ良ければいい」ので彼女に嘘も詭弁もなんでも言えてしまうのです。

もしも本当に彼女のことを思いやっているのならば、「どうしたい?」とあなたの気持ちを確認するはずです。

このようなケースの男性はとても多いので気をつけましょう。

自分さえ良ければいい

自分さえ良ければいいという男性の見極め方は、一見わかりやすいようでとてもわかりにくいものです。

すべての行動がもちろん自己中心的なのですが、「自分さえ良ければいい」と思っているため、どんな嘘も詭弁も言えてしまうのがこの男性の特徴ともいえるでしょう。

そのため惚れている男性の言葉をすべて鵜呑みに信じたくなってしまう女性は、このタイプの男性に引っかかりやすく、なかなか見切りをつけることができません。

言葉がどんなにたくみでも、本当に自分のことを考えてくれている言動なのかをよく観察し騙されないように気をつけましょう。

3.元カノのことを引きずっている

あなたと付き合っているのに、元カノのことをいつまでも引きずっている彼氏っていますよね。

元カノのことがまだ好きならどうしてあなたと付き合ったのか?とあなたの周りの人からすれば心配に値するような内容ですが、それでもそれを含めて彼を受け止めてしまったのならば要注意です。

このケースの男性が問題なのは、元カノのことを引きずっているのにあなたを受け入れてしまった弱さです。

元カノのことがまだ好きなのに、あなたのことを100パーセント大切にできるという保証はありません。

それなのに、自分が元カノを忘れられない寂しさからあなたと付き合ってしまった可能性があります。

それであなたは本当に幸せになれるのでしょうか?

どんなに彼のことが好きでも、彼もあなたを1番に好きでいてくれなければ1番大切にはしてもらえません。

もう一度よく彼の気持ちを確かめて、まだ元カノへの想いが残っているのならば、元カノが彼の元に戻ってくる前にきちんと見切りをつけましょう。

4.マザコンである

付き合っている彼がもしもマザコン気質があった場合には注意が必要です。

一見「お母さんを大切にしているなんて優しいな」とポジティブに捉えがちですが、お母さんを大切にしているのとマザコンとでは雲泥の差があることを自覚しましょう。

マザコン男性は確かにお母さん想いで優しい男性ですが、結婚後にまでそれが影響する可能性が高いです。

もしも結婚してから、あなたとお姑さんが喧嘩になった場合にあなたの彼は一体どちらの味方をするのかを想像してみてください。

あなたがお姑さんに腹を立てている隣で「お袋の気持ちも分かってやってくれ」などと御託を並べ、いざとなったときにお姑さんの味方をするのです。

そんなことが繰り返される結婚生活はおそらく我慢の連続です。

今のうちに見切りをつけましょう。

自覚していないことがほとんど

マザコン男性は、実は自分がマザコンであるという自覚がない人も多いです。

周囲や彼女であるあなたからすれば一目瞭然なのですが、自分はただお母さんに優しくしているだけだと思っているので、自覚が薄い傾向があります。

たとえばディズニーランドにデートに行ったとき、お土産を買うのにお母さんにだけお土産を選んでいたら周りからすればドン引きしてしまいますが、当人は「お小遣いをもらったから」なんて平然と言う場合もあります。

そんなマザコン気質のある一面を見つけたら、「今度はお母さんと来れたらいいね」と一刻も早くお別れをしたほうがいいかもしれません。

5.価値観が合わない

どんなに顔や性格がタイプでも、価値観が合わない男性っていますよね。

食べ物の好みでもそうですが、趣味や主観などもとても重要な要素になってきます。

たとえば、お金に関する価値観が違う場合は特に注意が必要です。

「独身の若いうちしか自分のお金を好きに使えないから、今はまったく貯金をするつもりがない」という考えの男性がたとえば彼氏だとします。

しかし、あなた自身は「独身の若いうちしか貯められないからいつか結婚したときのために今から定期預金をしている」という考えだった場合、お金に対する価値観が異なってしまいます。

結婚をしてもあまり影響のない価値観の違いならば良いのですが、もしもこのようなケースの場合、結婚する段階で自分の貯金額と相手の貯金額が大きく差がある可能性もあります。

それなのに結婚したら貯金は一緒にまとめて管理しようなんて言ってくる男性もいるため、相手と価値観が合わない部分が結婚後にどのように影響してくるのかをよく考えましょう。

もしも結婚後に揉めそうな場合は、早い段階で見切りをつけるべきかもしれません。

6.常識がない

常識がない男性というのは、すべてにおいてあまりしっかりしていないケースが多く結婚後に恥ずかしい思いをする可能性があります。

たとえば、あなたの両親や親戚に会ってもきちんとした挨拶ができなかったり、食事のマナーがまったくできない、冠婚葬祭のときの常識をまったく知らないなど、意外とこういうことに無知な男性というのは多いです。

常識がないならば教えていけば良いと考えている彼女さんもいるかもしれませんが、常識をきちんとわきまえている男性というのは、家庭でそのようにしっかりと教育されている男性ということです。

すなわち、彼氏が常識を持っていないということは、彼氏の家族も常識に対して無頓着な生き方をしてきた可能性があります。

この場合、あなたの家族の価値観と相手の家族の価値観は異なるため、早めに見切りをつけたほうが今後のストレスにならずに済むでしょう。

7.将来の事を考えてくれない

付き合ってはいるけど、結婚願望がまるでないという独身男性が増えています。

もしもあなたが交際している彼が、あなたとの将来のことをまったく考えてくれてない場合は早めに見切りをつける方が懸命でしょう。

男性は結婚なんていつか出来ればよいと思っているかもしれませんが、女性にとっての結婚とは出産とのタイムリミットもあり婚期を逃すのはとても深刻な問題です。

本当にあなたのことを彼が考えてくれているのなら、きちんと籍を入れるタイミングを計画してくれるはずですが、そうではないのなら彼は自分のことしか考えていない可能性があります。

そんな男性といつまでも付き合っていても歳を重ねるだけなので、見切りをつけて別の出会いを探した方が幸せへの近道となるでしょう。

8.真面目な話ができない

いつも明るく、ユーモアがあり、一緒にいて楽しいところに惹かれたというような面白いところが魅力の男性っていますよね。

もちろん一緒にいたらたくさん笑わせてもらえるし、心和む部分が多いと思います。

しかしそんな彼と付き合っていても、いつもふざけてばかりで、肝心な真面目な話をしようとするとはぐらかされるという経験がある方もいるのではないでしょうか?

そのような彼の場合、彼はわざと真面目な話から逃げている可能性があります。

真面目な話をすることで、自分の考え方や生き方をあなたや他人に知られることが怖いのでしょう。

そのような情けない彼ならば、本音では何を考えているのかわからないため、早めに見切りをつけるべきかもしれません。

9.暴力を振るう


自分の都合が悪くなるとすぐに暴力を振るう男性が彼氏だった場合、すぐにでも見切りをつけましょう。

喧嘩をすると手をあげる、物をなげる、物を壊すなどはかなり危険な赤信号です。

もしも暴力を振るったあとで、彼があなたに優しくしてくれたとしてもそれを信じるべきではありません。

「ごめんね、もうしないから」「お前のこと愛しているんだ」と言われても、またその暴力行動を彼は繰り返す可能性が高いです。

大きな怪我をする前に勇気を出してお別れしましょう。

10.酒癖が悪い

普段は真面目でとても優しいのに、お酒を飲むと人が変わったように高圧的になる男性もいますよね。

このように酒癖が悪い男性は、お酒に飲まれやすい体質の持ち主で、結婚後も変わらないと思います。

お酒を飲ませないようにしようとすると、逆上してしまう可能性もあります。

結婚前に彼と一緒にお酒を飲んで、彼がお酒を飲むとどのような人になるのかを一度見て、ちょっと危なそうだなぁと思ったら、見切りをつけてよいサインだと思いましょう。

11.人を信頼できない

なにかと人を信頼できず、いつも人のことを疑ってばかりの男性もいます。

「信じられるのは自分とお金だけ」なんて言っていたり、それ故に交際しているあなたのことさえもいつも疑いの対象としているかもしれません。

過去に友人に裏切られた、元カノに浮気されたなど、人を信頼できなくなった理由を棚にあげて、これから出会う人すべても同じようにネガティブに捉えてしまっているのでしょう。

このような男性の場合、付き合っていてもあなたのことを疑ってばかりになってしまいます。

するとそれが束縛や過干渉に繋がり、あなたの行動が制限されてしまったりと楽しく付き合っていくことができない可能性があります。

早めに見切りをつけて、もっとあなたのことを信じてくれる相手を探した方がいいかもしれません。

12.ナルシスト

「俺はかっこいい」「俺は一流企業に勤めているすごい男だ」など、自信家でナルシストな男性に魅力を感じてしまう女性もいますよね。

自分に自信のある男性というのは、男らしさに溢れていることから多くの女性からモテる傾向があります。

しかし、女性からモテてきた人生によってかなりのナルシストにもなっています。

自慢できる彼氏というのは彼女からしても嬉しいステータスではありますが、ナルシストの男性というのは、なにかと自分が1番ではないと気が済まない性格です。

あなたという彼女より自分が1番正しいという考えを持っていることが多いため、長い付き合いをしていく上ではとても苦労する相手でもあります。

もしも彼氏がナルシスト気質があるようなら、一度距離を置いて彼の反応を確かめ、追いかけてこないようならば見切りをつけてよいでしょう。

13.極度に依存してくる

依存気質を持ち合わせている男性にも注意が必要です。

「お前がいないと生きていけない」「お前がもしも別れるなんて言ったら俺仕事やめちゃうかも」「連絡は毎日してほしい」など、極度な依存は行きすぎると危険です。

最初はあなたも彼のことを好きなので、その気持ちが嬉しいと思えるかもしれませんが、相手に依存する人というのは相手にすべてを委ねようとするタイプです。

幸せになるのも不幸になるのもすべて相手次第、相手の行動によって自分がどうなるかが決まると思っているので、気持ちがとても重たく、責任のすべてがあなたに降りかかってきてしまいます。

重たいものは今すぐに見切りをつけて、もっと身軽で楽しい恋をしましょう。

情がわく可能性があるので注意が必要

誰かに強く依存をされると、不思議なことに「自分のことを必要としてくれている」という自己肯定感が生まれるものです。

そのため、情がわきやすく、そうなってしまったあとでは別れにくいという心理になってしまうため、注意が必要です。

情がわいてしまうと、別れるときにあなたまで辛い思いをしてしまいますし、ズルズルと関係が続いてしまったりもするので、なるべくなら心を鬼にしてきちんと見切りをつけられるように頑張りましょう。

14.人の話を聞かない

あなたが何かを話しかけても、返答はまるで違うことが返ってきたり、いつも自分の話ばかりしている男性っていますよね。

そのような男性の場合、もしもあなたがとても大切なことを伝えたとしても、あなたの話を上の空で聞いている可能性があります。

たとえば、あなたの両親が彼に会いたがっているので食事をしようと日時を伝えても、それさえもしっかりと聞いてくれていない場合もあるのです。

人の話はきちんと聞きましょうというのは、小学生くらいのころに誰もが教わることですが、それが守れず頭の中は自分のことでいっぱいという男性。

そのような人と一緒にいても、なにかとすれ違いが生じたりして苦労する可能性があるので、早めに見切りをつけた方がいいかもしれません。

15.態度や発言が全て曖昧

態度や発言がいつもすべて曖昧で、「一体どっちなの?」「どうしたいの?」とイライラする男性っていますよね。

そんな男性が彼氏の場合、あなたが何を言っても曖昧な反応を繰り返し、結局はあなたがしびれをきかせて決断するというのも少なくないでしょう。

要するに決断力のない優柔不断な男性なのです。

このような男性の場合、一見優しい人に見えがちですが、ただ決断力がないだけの自分に自信がない人間です。

結婚してからは家や車の購入や、お互いの家族の問題など、様々な決め事があるのに、決断をしっかりと持てない人と一緒にいてはあなたが苦労してしまうので、もっと自分の意見をしっかり言える相手を探した方が懸命かもしれません。

16.何をするにも消極的

何をするにも消極的な男性っていますよね。

「君が先にやってもいいよ」「僕のも食べてもいいよ」「好きな方を選んでいいよ」など、一見優しい男性に思えるのでそこに騙されてしまう女性も多いとは思います。

しかし、何をするにもただ消極的なだけで、優しいとはまた別問題です。

消極的な人というのは、自分がこうしたいというこだわりが他人よりも薄く、様々な事柄に対して積極性に欠けているだけなのです。

男性はできれば女性を引っ張っていってほしいですし、頼りになる存在でいてほしいものです。

消極的な男性の場合は、その人本来の性格の問題なのでおそらく長い目で見ても改善されることはありません。

もっと頼り甲斐のある男性との新しい出会いを探した方が、楽しい恋愛ができるかもしれませんよ。

17.すぐに嘘をつく

すぐに嘘をつく彼氏がいたら、早めに見切りをつけましょう。

人に対して嘘がつけるということは、浮気だって簡単にできてしまいますし、あなたとの約束も簡単に破り、彼の本音さえも嘘で固められている可能性があり、彼の本心がまったく見えてきません。

嘘つきは泥棒のはじまりとも言いますが、いずれお金のことで嘘をつく可能性もあるので、危ないことが起きる前に見切りをつけた方が懸命でしょう。

18.金銭感覚が違う

あなたと彼の金銭感覚は同じですか?もしも、異なる場合は注意が必要です。

たとえば車好きの彼の場合、自分の好きな車にだけは何百万でもかけてしまうという人もいますよね。

それと引き換えにあなたは、その日1日のランチ代さえも自分でお弁当を作り節約していたとしたら、金銭感覚の違いは明確です。

どこにどれだけのお金をかけたいか?お金の価値観は同じか?をよく見るようにして、もしもそれが異なる場合はどちらかが相手に合わせられない限り、結婚してからとても苦労してしまうので、深入りする前に見切りをつけるべきかもしれませんね。

19.貯金が全くない

社会人になって数年が経っているのに、まったく貯金がないという男性もいます。

男性は女性に比べてあまり堅実な人は少ないかもしれませんが、それでも30代、40代くらいの男性が今までまったく貯金をしていなかったとなると、今までどれだけ好き勝手にお金を使って遊んできたのだろう?と気になるものです。

独身時代のお金をどう使うかはもちろん本人の自由ですが、それでも少しくらいの将来のための計画性は持っていなくては、先が思いやられます。

貯金がまったくないといういい年齢の男性に出会ったら、結婚相手としてはふさわしくないと思って良いかもしれませんね。

20.向上心を持っていない

「仕事は今のところが楽で楽しいから給与が低くてもいいや」「残業するのは大変だから定時で帰りたい」など、向上心を持っていない男性を見ると本当にそれで良いのかな?と悩んでしまうものですよね。

できれば「お前のためにもっと頑張るよ」と言ってほしいですし、「俺はもっとすごい男になる」と男らしさを見せてほしいと願うのが女性の心理です。

最初は良いかもしれませんが、だんだんとあまりに向上心のない男性の発言に嫌気がさしてくるはずなので、向上心が見られない一面があったときには、早めに喝を入れるか、手っ取り早くお別れを言いましょう。

21.生理的に受け付けないところがある

見た目も性格もタイプの男性と付き合っているのに、生理的に受け付けられないところを見つけてしまったという女性も意外と多いのではないでしょうか?

一度無理だと思ってしまうと、どうしてもその後もずっと気になってしまい、だんだんと気持ちが冷めていってしまうものです。

言ってすぐに改善されれば良いのですが、言っても改善されないようなものの場合、いくら顔や性格が好きでも、生理的に無理な部分に目を瞑るのは難しいかもしれません。

残念ですが、このようなパターンのときも早めに見切りをつけた方が懸命でしょう。

22.全く連絡してこない、もしくは頻度が多すぎる

連絡の頻度は、できれば程よい方がストレスになりません。

仕事や男友達との遊びに夢中で連絡をあまり彼女にしない男性というのはわりと多いものですが、このような男性と付き合っている場合、彼女はとても寂しい思いをしてしまいます。

しかし、だからといって逆に依存するかのように連絡の頻度が多すぎる男性というのも、とても面倒くさいと思います。

このようにどちらか極端なケースの場合、付き合っているうちは一緒に住んでいるわけではないので連絡の頻度はとても重要になります。

何事も程よくが1番ですので、もしも連絡の頻度がストレスになっているようならば、別れを検討してみても良いかもしれませんよ。

23.情緒不安定である

最近は、鬱傾向のある情緒不安定な男性もわりと多く存在します。

現代はストレス社会といわれているので、仕事や人間関係に悩み、男性でも病みやすい傾向があります。

しかし、もしも彼氏が情緒不安定になっている場合、それを放置するのもとても心配だと感じてしまうかもしれませんが、だからこそ早めに見切りをつけたほうがよいのです。

このまま付き合っていくと、いつかあなたに助けを求めあなたに依存されてしまう可能性があります。

このケースの場合は長引くと危険なので、早い段階で見極め、心を鬼にして見切りをつけましょう。

24.女遊びが好き

もとから女友達が多い男性だったり、女遊びが好きな男性っていますよね。

本人は浮気をしているという感覚はないので、彼女ができてもその交流関係を変わらず継続したりもします。

もちろん彼女であるあなたは、その行動をやめてほしいと願っていると思います。

しかし根本的に女遊びが好きな男性というのは、彼女ができたくらいでは変わらないのが現実です。

浮気する可能性が高い

ただの女友達ならば良いのですが、このような男性の場合、それがいずれ浮気に繋がるケースも珍しくありません。

いくら友人といっても、男女間ではなにがあるか分かりませんし、異性同士で会っている限り浮気する可能性は非常に高いものとなります。

自分以外の女性との時間を大切にする男性など、早めに見切りをつけて、もっとストレスのない相手を選びましょう。

25.人を見下したような態度をとる

人に対して見下したような態度をとる高圧的な男性っていますよね。

そのような態度をわざととることで、自分が相手よりもいかに優位に立つかを常に考えて行動しているような、器の小さい男性です。

このような男性は、いずれは交際相手であるあなたへも同じ態度となり、それが結婚後にあなたや子供たちへの態度へと繋がります。

人を見下すことでしか、自分の価値を見出せないような器の小さい男性とは今すぐにさよならして、どんな人にでも優しく穏やかな態度をとれる男性を探しましょう。

見切りをつけるのは早い方がいい

今回は、見切りをつけるべき男性の特徴をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

自分の彼もかなりこの特徴にあてはまるけど、でもまだ別れたくない…なんて考えている方も多いのではないでしょうか?

一度好きになって両思いになった相手を振ることはとても苦しい選択ですよね。

しかし、今付き合っている男性が自分を本当に幸せにしてくれるのかどうか、冷静になってよく考えてみてください。

もしも見切りをつけるのなら、情がうつらないうちに早いほうが良いでしょう。

自分の人生を決めるのはあなた自身です。

後悔しないように、人生の選択を誤らないよう気をつけてくださいね!