「あの子メルヘンだよね!」「メルヘンな子ってなんだか不思議で性格がつかめない!」なんて感じたことはありませんか?

また、“メルヘン”ってよく聞く言葉なのですが、その言葉の意味や“メルヘンな人”がどのような人なのかをなかなか理解できない人も多いかもしれません。

ということで、この記事では「メルヘン」という言葉の意味や「メルヘンな人」にはどのような特徴があるのかをお伝えしています。

「メルヘン」という言葉の意味を知ってから「メルヘンな人」の特徴を知ることでより深く理解することができると思います。

周りにいる理解しがたい人について知ることができたり、もしかしたらあなた自身がメルヘンな人であることが判明するかもしれません!

メルヘンの意味は?

「メルヘン」と聞くとあなたはどのようなことをイメージしますか?

多くの方が、パステルカラーとかワクワクさせてくれるような“非現実的なもの”をイメージするのではないでしょうか。

それにメルヘンという言葉がつくショップやファッションブランドなども展開しているので、それらのお店名を思い浮かべる方もいることでしょう。

どこでも聞くことのできる「メルヘン」という言葉は、いったいどのような意味を持っているのでしょうか?

メルヘンの語源はドイツ語

「メルヘン」という言葉の語源は、ドイツ語になります。

ドイツと何らかのかかわりがある方であればすでにお分かりのことでしょう。

ドイツ語におけるMarchen(メルヘン・メルヒェン)が語源となっており、これはドイツでは“空想的な物語”を意味しています。

現代のものではなく、古い歴史を持った文学のひとつとなっています。

つまり、現実的なものではなく、空想的な“ここにはない何か”を伝えている文章なんですよね。

そんな言葉が語源となっている“メルヘン”ですから、現実的ではないどこかふわふわしたような確信のないことを示していることになります。

空想的なおとぎ話


ドイツ語におけるメルヘンという言葉では、現実には起こりえないストーリーを物語化したものを指していますね。

おとぎ話というと、多くの方が幼いころに読み聞かせなどで聞く機会があったのではないでしょうか。

「こうだったらいいのにな」と思うような出来事を物語にして多くの人に伝えているものになります。

伝説などの神話

メルヘンという言葉には、空想的なストーリーを伝えるものだけではなく神話などの伝説という意味も持っています。

過去にあったかもしれないことを物語にして多くの人に知らせる役割を果たしています。

とはいえ、実際にそのシーンを見ているわけではないので、一部空想の部分が含まれている可能性も高いですよね。

そのようなことから伝説についても“メルヘン”という言葉で表されるようになったと考えてもいいでしょう。

神々など存在しなかったのではないかと思う人もいるでしょうが、逆に神様は昔から存在すると信じている人がいる…しかし、実際にその存在を証明することはできないので“空想の中の物”としてメルヘンと言われるようになっています。

メルヘンチックの意味

メルヘンという言葉を聞くと同時に“メルヘンチック”という言葉を耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか?

「あの人はメルヘンチックな考え方の持ち主だ」とか「メルヘンチックはストーリーの映画だったね」なんて、これまでに利用したことがある人もいるのではないでしょうか。

そんな“メルヘンチック”という言葉の意味も解説します。

メルヘン+チック(〜的な)

メルヘンチックという言葉には、「メルヘン」という言葉に「チック」という言葉がついて「メルヘン」という言葉の意味を増大させています。

つまり、「空想的、幻想的な」という意味合いを“~的な”という意味をくっつけ「空想的な」「ここには存在しないような雰囲気を持っているもの」という意味を持たせているんです。

童話のようなかわいさや不思議さのある雰囲気

もっとわかりやすく言うと、「メルヘンチック」という言葉は童話のようなかわいさや不思議さのある雰囲気を持っている人たちのことを指しています。

童話のようなかわいさや不思議さとは、さきほどお伝えしたように“この世には存在しないようなものが存在している”という意味を持っています。

人の印象にも使われるメルヘン

これまでに「メルヘン」という言葉の意味をお伝えしましたね。

この「メルヘン」という言葉は、物語や伝説等や物の印象に使われるだけではなく、人の印象にも使われます。

もしかしたら、あなたが誰かから「あなたはメルヘンチックな人だね」なんて言われたために、その意味を知るためにこの記事を開いてくださっているかもしれないですね。

これから先にメルヘンな人の特徴をお伝えしましが、さらにその理解を深めるためにも「人に対して使う“メルヘン”という言葉の意味を知りましょう。

少し現実離れしている人のイメージ

人に対して“メルヘン”という言葉を使うときには、現実離れした考えや行動をしている人をイメージして使われることが多いです。

いつも夢を追いかけているとか、その夢も現実味のないようなスケールの大きなものであったりするんですよね。

それに恋愛スタイルを含めた周りの人間関係とのかかわり方、そしてファッションやメイク、行動の仕方すべてが少し“普通の人とは違う”観点を持っています。

そのため、周りの人からするとメルヘンな人ってどこか理解しがたいところがあるんですよね。

しかし、メルヘンな人はそれだけ誰もが想像できないようなことを想像したり実行に移してしまいます。

つまり、メルヘンな人がいるからこそ、この世界がアップデートされていっているといっても過言ではないのです。

つまり、悪いイメージというよりかは良いイメージで現実離れしていると思われていることが多いです。

メルヘンな人の17個の特徴


あなたの周りには「メルヘンだな」と言われている人はいますか?また、あなたがそのように言われているのかもしれません。

とはいえ、“メルヘンな人”がどのような人なのかを知ることができないと話についていけないこともありますよね。

ここでは、“メルヘンな人”の特徴を知ることができない人のために、メルヘンな人の特徴をお伝えします。

もしも、これからご紹介する項目があなたにあてはまることがあれば、あなたはメルヘンな人なのかもしれません!

柔らかい雰囲気

メルヘンな人全員に共通するのは、柔らかい雰囲気を持っているということです。

どこかふわふわしていて、宙に浮いているような…抱きしめたらふわっと柔らかそうにしている…そんなイメージを持たれることがとても多いです。

その理由として、話し方がおっとりしていて言葉遣いも優しいからです。

もう一つの理由は、洋服やメイクがふわふわしている。

最後の理由として、物腰が仕草が全体的に柔らかいからなんですよね。

男性では「かわいい系男子」なんて言われることもありますし、女性もかわいく見られるので男女どちらもモテる傾向があります。

いつもニコニコふわふわとした天使のような存在が近くにいたら、誰でも心をふにゃっと開かせてくれますよね。

メルヘンな人全員が柔らかい雰囲気をしているので、第一印象が悪くなるようなことはありません。

マイペースでおっとりしている

ふわふわとした柔らかい雰囲気に加えて、メルヘンな人は、常にマイペースおっとりした雰囲気を持っています。

これもまた男女ともにメルヘンな人に共通する特徴となっています。

周りが焦っていても「まぁなんとかなるよ~」「そんなに焦っても仕方ないよ」なんて、のんきに休憩を取っていたりします。

かなりおっとりしている性格なので「この人に仕事を任せたら仕事が終了しない」と思ってしまうんですが、やることはきちんとやってくれるのがメルヘンな人のすごいところでもあります。

自分自身のやる気スイッチやトリガーを持っているので、常にマイペースでなおかつおっとりとした状態でいられるんですよね。

おっとりとしている人とそうではない人の違いに“心の余裕”があるのですが、メルヘンな人は常に楽しい世界を妄想・空想したり、実際にその出来事を現実に起こしています。

それにやることはとことん早いんですよね。

そのため、メルヘンな人は常におっとりとした雰囲気を持つことができているんです。

そんな雰囲気に周りの人は癒されています。

これまた好印象につながっていますね。

天然な発言が多い

メルヘンな人と一緒に行動している人の多くが感じることは「メルヘンな人は天然発言が多い」ということです。

天然発言とは、現実味のないことを言ったり、どこか的外れなこと、おかしなことを言っていることを言いますよね。

それが常日頃から発言されているので、周りの人としては一緒にいて楽しいと感じます。

その発言から行き詰っていた周りの空気や雰囲気を明るいものにしてくれ、全体的な雰囲気がよくなることも少なくありません。

本人としてはいたってまじめに発言しているのですが、メルヘン思考が根付いているために天然発言が多くなってしまっています。

そして本人は「私は天然ではない!普通の考えの持ち主だ!」と信じています。

そのため、周りの人に「あなたって天然だよね」と言われると怒ってしまうこともあります。

また、そのような天然発言は周りの人を和ませることもありますが、人によってはイライラしてしまい、ケンカの種になることもあります。

純粋

純粋な性格をしているのもメルヘンな人の特徴です。

純粋とはいわゆるピュア…淀んだ感情が一切なく、真っ白けな心の目で世界を見つめていることになります。

だからこそ、周りの人は“天然発言が多い”と感じてしまうし、そんな天然発言に対して癒されたりするのです。

純粋な気持ちを持っていなければ想像できないようなことを常に想像し、体中に常にクリアなオーラが流れている状態になります。

そんな純粋無垢な状態の人を見るとあなたはどのように感じるでしょうか?

おそらく「なんだか自分自身の心も洗われるようだ」なんて感じるのではないでしょうか。

だからこそ、多くの人に人気高いメルヘンな人でもあるんですよね。

しかし、そのような純粋無垢で世の中の悪い面を知らないからこそ、だましにやってくる悪い人たちもいます。

純粋であるために周りに近づいてくる人を疑うこともしません。

そのため、時にひどい詐欺に遭うこともあります。

純粋なのはとても良いことなのですが、メルヘンな人はもう少し世の中を見る目を養っていかなければなりません。

控えめな性格

メルヘンな人と聞くと、いつも空想や夢を語っているような気がしませんか?実はそんなことないんです!もちろんそのようなタイプのメルヘンな人もいるのですが、少数派になります。

メルヘンな人の多くは“控えめな性格”であることが多いんですよね。

控えめだからこそ、心のうちに秘めるものが大きいとお伝えするとわかりやすいでしょうか。

いつもはあまり自分から発言することはないので、周りの人からは「この子は何を考えているのかわからない」なんて思われることもしばしば。

それに意見を求められても、はっきりと自分の気持ちを伝えることができません。

しかし、長年にわたり一緒に過ごしていくようになるとメルヘンな人が控えめな性格で、時折とてもメルヘンチックな考えをも披露してくれるようになり、彼らを理解できるようになります。

つまり、メルヘンな人は控えめな性格をしているために人間関係において、本来仲良くできるかもしれない人と仲良くできないまま終わってしまうなど損をしていることもあるんですよね。

とはいえ、控えめな性格だからこそ周りの人に本性がメルヘンな考えでいっぱいであることを悟られずに生きている人も多くいらっしゃいます。

ふにゃっと笑う

メルヘンな人たちには、笑い方にも共通した特徴が見られます。

何かというと、ふにゃっと笑うんですよね。

おっとりしていてふわふわしているような人って笑い方もふんわりしていて、どこか見ているだけで癒される癒し系であることが多いのです。

まるでアニメの世界に舞い込んだのではないかと錯覚してしまうこともよくあるもの…。

また、笑い声も男女ともにかわいらしいものであることが多いために、これまた異性にモテるポイントになりやすいのです。

また、メルヘンな人が笑っている姿を他の例で例えるのであれば、小さな子供が100%の笑顔で笑っているあの感覚を覚える人も多いです。

かわいくて見ているだけでも癒され、そして抱きしめたいとか守ってあげたいと思わせることが上手な人たちでもあります。

それは“モテ”としてよい効果をもたらすこともありますが、状況によっては「頼りない人」と見られることも少なくありません。

自分の世界がある

メルヘンな人には、だれにも邪魔されることのないゆるぎない確固たる自分の世界があります。

メルヘンな人たちはその世界観をしっかり持っているので、周りに自分のことを批判されてもあまり気にしません。

また、その世界観に準じたメイクやファッション、話し方、ヘアスタイルなどをしているので、周りにいる人と比べるとどこか「変わっている」雰囲気を持っているんですよね。

ロリータファッションに身を包んでいたり、ほかの人は絶対にしないような個性的なファッションであることが多いです。

その世界観を貫き、そして守るためであれば、彼らは行動できる範囲内であればどこにでも行きますし、使えるお金があればいくらでもお金を使っていきます。

とはいえ、その作り出し住んでいる“メルヘンな人たちの世界観”はほかの人たち(メルヘンではない人)から見ると理解しがたいところもあるため、「理解しにくい」「やはりメルヘンな人だ」と思われるきっかけにもなります。

そうはいっても、だれにも邪魔されることのない強いもので守られた自分の世界を持っているなんてとても素敵ですよね!

かわいいものが好き

メルヘンな人の持ち物や家の中を注目して見てみると、かわいいもので溢れているという特徴があります。

例えば、かわいいぬいぐるみやコスメ、インテリア、ファッションアイテムなどです。

中には、かわいいと感じているアニメキャラクターやアイドルにはまっている人もいます。

とにかく“カワイイ”が大好きなんです。

出会ってすぐにでも「かわいい」と感じることができれば、そのグッズを集めてしまうのがメルヘンな人。

メルヘンな人たちは自分たちもどこか「かわいい人間」だと思っているので、かわいいものを持ったり購入するのはあたり前のことであり、かわいいものは自分たちの世界のために用意されたものだと確信しているからなんです。

カフェでもお店でも見た目からして「かわいい」と感じることができれば、それだけでお気に入りの対象になることもあります。

そのため、メルヘンな人たちと行動していると「かわいい!」という言葉を連発しているのをよく聞くかもしれませんね。

彼らにとって「かわいい」とは最高の褒め言葉であり、そして彼らの世界には必要不可欠の要素なんです。

動物が好き

メルヘンな人たちは、かわいいものが好きとお伝えしましたが、それは“動物”にもあてはまるんです。

小さな動物はもちろんのこと、大きな動物までもが「かわいい」対象となっており、かなりの動物好きが多いです。

動物すべてを愛しているメルヘンな人もいれば、なかには「猫が好き」「ハリネズミが好き」など特定の動物を好きな人もいます。

とはいえ、動物好きな人に悪い人はいないって思いませんか?人間の話す言語を話すことができない動物の気持ちを考え、その動物たちのために行動することができる。

これは、メルヘンな人たちが想像力豊かであることも理由の一つなんですが、彼らはそうではない人に比べてとても“心が優しい”という特徴を持っているんですね。

かわいいから好きなのではなく、愛らしくどこか放っておくことができないからこそ動物が好きなんです。

そのため、メルヘンな人は動物園の年間パスポートを持っていたり、家で何かしらの動物と一緒に暮らしているケースが多いですね。

つまり、メルヘンな人たちと仲良くなりたいのであれば、動物を話題に出せば高い確率で会話が弾むということでもあります。

子どもが好き

「子供好きには悪い人はいない!」なんて言われますが、メルヘンな人たちも子供が好きな人が多いです。

これまでにお伝えしてきたメルヘンな人の特徴を見るだけでも「なんとなくいい人なんだろうな」という想像をされたかと思います。

メルヘンな人は、子供の無邪気に笑ったり遊んだりする姿が大好きなんです!そのため、幼稚園や保育園の先生、もしくは小学校の先生になろうとする方もいます。

中には、子供が好きだから子供と関連する職業に就職するというわけではなく、早めに結婚をして子供を出産する方たちもいます。

子供という純粋無垢な子たちに囲まれ、そして毎日笑顔で暮らせることがとても嬉しいのです。

知り合いではなくても、街で見かける子供全員に“親目線”のような形で見てしまうので、ときにはケンカをしている子供たちを見てヒヤヒヤしてしまうこともあります。

また、子供が好きなのは子供と“分かり合える精神”を持っているからという理由もあります。

子供と分かり合える…それっていつまでも純粋な気持ちを持っているメルヘンな人だからこそ出来るコトなんですよね。

甘いお菓子が好き

メルヘンな人は、いつでもカバンに何かしらのお菓子を持っていることが多いです。

それも和菓子などの渋いものではなく、甘くてかわいらしい洋菓子になります。

チョコレートやマシュマロ、クッキーにパイ菓子など「一体いくつ持ってるの」なんて驚いた経験もあるかもしれません。メルヘンな人の中には、3食のうち1、2回は甘いお菓子で済ませてしまうということも少なくありません。

また、甘いお菓子を求めていろいろな地域へ旅に出かけたり、自分自身でこれまでに食べたことのないようなおいしい甘いお菓子を作っている人もいます。

スイーツ職人となって活躍している人も少なくありません。

自分の大好きなものを作る職業についてるなんて、とてもロマンチックですよね!

ガーリーな服装

ガーリー…いわゆる“可愛い”洋服を着こなすことができるのもメルヘンな人の特徴です。

メルヘンな人は、ガーリーテイストなファッションを好む傾向があります。

そして、そのようなファッションに身を包み、身も心も“メルヘンな人”なんです。

ふりふりのレースがついていたり、うさぎやかわいいクマがプリントされているもの、また大人になればなかなか手を出すことができないようなかわいらしい物も持っています。

そしてスゴイのは、その洋服を着こなすことができるんですよね。

メルヘンな人は、基本的に悪い考えを持つことがありません。

それになぜだか世の中の黒い部分を見る機会も少ないため、いつまでもピュアな心を持っています。

そのピュアな心によって、いつまでも童顔だったり、幼い雰囲気を持っていることが多いです。

そのため、ガーリーな服装が似合うともいえるでしょう。

メルヘンな人にとって「ガーリーな服装であればなんでもいい」というわけではなく、好きなファッションブランドがあったりしますから、とてもオシャレさんが多いです。

白馬の王子様に憧れる

メルヘンな女性は、何歳になっても“白馬の王子様”に憧れている傾向があります。

憧れているのではなく、現実に白馬の王子様は存在していて、その王子様が自分のところへやってくると信じているのです。

親や兄弟や友達に「そんな人はいない」と言われても、いついかなるときでも白馬の王子様を探し求めています。

メルヘンな人にとっての白馬の王子様とは、顔はイケメン、そしてとても優しい気持ちや愛を持ったまるでディ〇ニーに出てくるようなプリンスを想定しているんですよね。

そのため、「この人王子様かも!」と好きになった男性がいたとしても、その“白馬の王子様”の基準から離れていることが分かったとき、その男性に別れを告げてしまうこともしばしば。

つまり、メルヘンな人は男性に対する理想が高い傾向があります。

そのため、男性からモテそうな雰囲気や性格をしているのに、何歳になっても独り身である人が多いです。

お誘いがないわけではなく、メルヘンな人の求める“理想の男性像”が高いことが原因です。

空想しがち

メルヘンな人たちは、空想だったり妄想をしがちです。

「こうなったらいいな」「ああしたいな」という気持ちでいつもワクワクドキドキしているんです。

メルヘンな人を思い出してみると、いつもニコニコしているし、なんだかいつも幸せそうにしているように感じませんか?

それは空想の世界で好きなことをしたり、それこそ“白馬の王子様”と素敵な恋愛をしているからなんです。

とてもメリットしかないように思えますが、問題もあります。

メルヘンな人は空想しがちなので、空想することが癖になってしまっているんですね。

そのため、時折、目の前に起こっていることが現実のことなのか、それとも空想の世界のことなのかわからなくなってしまうことがあります。

過去について思い出している時も、脳内に浮かぶシーンが現実のものなのか空想の世界のものなのか分からないこともあります。

そのため、周りの人に対してちんぷんかんぷんなことを言うこともあります。

そこでまた周りの人たちから「変わってるな」と思われてしまうですよね。

不思議な雰囲気

メルヘンな人が周りにいる人であればわかるかと思いますが、メルヘンな人はほかの人とは違う不思議な雰囲気をしているものです。

それこそ童話の世界から飛び出してきたかのような、ふわふわとメルヘンな人の周りに妖精が舞っているかのような。

そのため、不思議と周りの人たちはメルヘンな人にひきつけられてしまうんですよね。

つまり、メルヘンな人はよくモテます。

しかし、本人はいつも空想の世界にいるので自分がモテていることに気づいていません。

メルヘンな人が不思議な雰囲気をしているのは、そのように良いメリットをもたらしてくれることもあります。

ですが、時に人と違うその雰囲気によって被害を受けることもあります。

普通の人とは違うとみなされ仲間外れにされることもあるんですよね。

そのため、メルヘンな人は幼いころにいじめに遭っていた経験が高いのも特徴の一つです。

とはいえ、メルヘンな人はいじめっこを空想の世界でやっつけているので、そこまでダメージは強くありません。

ファンタジー映画やアニメが好き

メルヘンな人が好きなジャンルのアニメや映画は、ファンタジーものになります。

妖精がいたり、この世の中では絶対に起こることのないものがテーマ&内容となっているものになります。

空想するのが好きで、いつでも何歳になってもその空想の世界で生きていたいのですから当然のことかもしれません。

もしも、メルヘンな人に近づきたいと思うのであれば、ファンタジージャンルの映画やアニメを勉強しておくと会話が弾むでしょう。

ピンクやパステル色のものが多い

メルヘンな人について思い返してみると、彼女たちの周りにはなにかとピンクだったり、パステル色のものが多いと感じませんか?

メルヘンな人は、基本的に奇抜なカラーよりはパステル系の色を好む傾向があります。

そのため、自然と彼女たちの周りには薄めのピンクやパステル色のものが集合するようになるんですよね。

ファッションや持ち物だけではなく、あまりにもピンクやパステス色が好きすぎて髪の毛にまでピンクを入れる人もいます。

そのように周りの目線を気にすることなく、好きなものを選び、そしてそれを手荷物にするメルヘンな人には多くの人が見習う点があるのではないでしょうか。

メルヘンな人、あなたの周りにもいませんか?

今回は、メルヘンな人についてお伝えしてきました。

あなたの周りにいるメルヘンな人の特徴にあてはまるものがあったのではありませんか?

また、あなた自身にメルヘンな人の特徴があてはまったなんてこともあるでしょう。

メルヘンな人は、ほかの人は違う感性を持っているからこそ素敵な生き方を私たちに教えてくれています。

あなたもメルヘンな人の心意気を学んで、もっと人生を楽しんでみたらいかがでしょうか。