「恋愛体質」と、聞いてあなたはどのようなタイプの人を思い浮かべますか?

「モテる人」「恋に落ちやすい人」「常に異性を求める人」など、あなたが出会った恋愛体質の方によっても受け取り方が全くちがうのかもしれません。

もし、あなたが恋愛体質になりたいのであれば、恋愛体質の人の25個の特徴や具体的にどのように恋愛をスタートさせているのかなど、詳しく解説をしていきます。

これを機に、あなたも恋愛体質になってみてはいかがでしょうか?

恋愛体質な人の特徴25個!

恋愛体質の人って、具体的にどんな人の事を示すの?なんて、気になりますよね。

それもそのはず、恋愛体質の方は何より積極的に恋愛をしているからこそ、チャンスが巡ってくることも多いのです。

「数打ちゃ当たる」ではないのですが、様々な恋愛での経験をする事により、恋愛体質を確立していく方も多くいらっしゃいます。

そのため、恋愛での異性に対しての扱いが上手かったり、絶妙なタイミングでの駆け引きが良かったりなど、テクニックの引き出しをいくつか持っているのです。

あなたも、そんな恋愛体質になってみたくはありませんか?恋愛体質になる事が出来れば、今は憧れの人が、いつしかあなたの恋人となる日も近いのかもしれません。

惚れっぽい


なんといっても、恋愛をスタートさせるには「惚れる」事。

あなたが好きにならならいと始まらない事なのです。

惚れっぽい人は、それだけ恋愛のチャンスも巡ってきます。

逆にあまり惚れることがない人は、なかなか恋愛までに時間がかかってしまい、相手となかなかタイミングが合わなかったりしてしまう事でしょう。

やはり、惚れっぽい体質は、恋愛体質の基本です。

また、惚れっぽい人は、相手の良さを見つける事の出来るスペシャリストでもありますので、自然とプラス思考だったり、人間関係も良好な人が多いです。

また、それだけ人の事を見ているのかもしれません。

一目惚れしやすい

惚れっぽいに続く、一目惚れしやすい体質は、かなり恋愛に対して前向きに突き進んでいける体質でもあります。

一目惚れも惚れっぽいと同様に、人の良さを見つけることが出来る人なので、前向きな性格やポジティブ、また明るい性格の人が多いのが特徴です。

また、人によっては冗談やジョークが好きな上、話も上手いので自然と周りの人を笑わせる、ムードメーカーのような役割を果たしてくれているのかもしれません。

恋愛体質になると、性格が明るくなれるのかもしれません。

確かに、根暗のような暗い性格の方で、恋愛体質の人は少なく感じますよね?

その意味からも、人に惚れ易い人は、自分を好きになって欲しいため、必然的に好かれる体質をも作り上げているのでしょう。

恋人が変わりやすい

惚れっぽい、一目惚れしやすいに続いて、コロコロと恋人が変わるのもポイントです。

「あれ?前の子はどうしたの?」「え?別れた。でも、他に好きな人が居て・・・。」

おいおい!また、そのパターンかい!!と、こちらが突っ込みたくなるくらい、恋人が変わりやすいのも特徴です。

なので、あまり恋愛は長続きしない体質も、恋愛体質にセットでもれなく付いてきてしまっているオプションなのかもしれません。

しかし、浮気などの心配はありませんのでそこは安心してもいいのですが、

一途過ぎて相手が重く感じていたり、また異性への目移りもしてしまいやすいので、そこは注意が必要です。

異性の話が多い

友達同士の会話でも、かなりの確率で異性の話が出てきます。

これは恋愛体質なので仕方がない話なのですが、とにかく異性をよく見て吟味しているのかもしれません。

それだけよく、異性や人を観察しているのでしょう。

また、ストライクゾーンも広いため、異性の話は少年からお年寄りまで幅広く会話を楽しむ事ができます。

様々な角度から、人の事を多面的に観察している事も少なくありません。

物事を色々な角度から考える事が出来れば、異性に限らずたくさんの事を考える力も身についているのではないでしょうか。

今一度、恋愛体質の人かわ話をする異性の話に耳をじっくりと傾けて見てください。

結構的を得た事を話していませんか?そんな風に話しを聞くのも面白いですね。

恋バナ大好き

なんせ、恋愛体質の人は恋愛の話が大好きなため、ほぼ四六時中恋愛について考えている事でしょう。

なので、恋愛体質の人と一緒に居ると、ほぼ8割くらいのペースで恋愛の話ばかりをしてきます。

それを聞いて、あなたはウザいと思うのか、はたまたフムフムと話しを聞いているフリをするのかは、わかりませんが、

たくさんの恋愛話しを聞いたり、共感したりしていたりする事で、自然とあなたも恋愛体質になってたりする場合があります。

惚れっぽくなったり、一目惚れをするかは分かりませんが、少なくとも異性に興味がある頻度は増えるのかもしれません。

そういった意味で、恋愛体質の人の恋愛話しはあながちムダでもないのかもしれません。

趣味は妄想

恋愛体質の人は、恋バナや恋愛の妄想など、大好物です。

少し、ボーッとしている時は妄想にイリュージョンしていますので、その間はそっとして置いてあげましょう。

また、妄想が終わりましたら元の世界へ還ってきて、よく喋り出しますので、その間は休憩時間と思い過ごしていくといいかもしれません。

冗談はさて置き、妄想が大好きなので、素敵な恋愛を夢見て日々を過ごしています。

また、素敵な恋愛が出来ると前向きな考えでいるので周りにいる人もそのポジティブな恋愛観に、「自分も頑張ってみようかな?」と、励まされる事もありそうです。

恋愛体質の妄想族は、周りをも巻き込む恋愛パワーで、周りの恋愛体質も同時にアゲアゲにしてくれる役割なのかもしれません。

美意識が高い

恋愛体質の人は、「常に異性に見られている」という事を意識していますので、かなり美意識が高いでしょう。

そのためか、男女問わず化粧品で肌のお手入れを欠かさなかったり、美容グッズも試していたりする事も多いでしょう。

肌を基礎から綺麗にしたいという気持ちからか、エステに通ったり、密かにデッドストックをしたりしている人も多いのです。

また、ファッションや小物、アクセサリーに至るまでこだわりが強いため、全身ブランドの服で固めていたり、またファッションスタイルにも強いこだわりを見せるのも特徴です。

恋愛体質の人と、一緒にお買い物へ行くと、あなたのセンスも磨かれるかもしれません。

同性の友達が少ない

異性の友だちが多いかは別として、とりあえず同性の友だちが少ないのも特徴です。

しかし、それは悪い事ではありません。

広く浅く友だちがいるよりか、狭く深い友だちがいる方が幸せな場合もありますので、一概には言えません。

また、気の合う仲間としか連まない傾向にもありますので、「ちょっと合わないな」と感じれば直ぐに離れて行くのも特徴かもしれません。

ダラダラと、付き合うより合わないと感じればスパッと切り替える速さも、恋愛と同じような感覚なのでしょう。

では、恋愛体質の人の友だちって、どんなタイプか気になりますよね?それは、同じ恋愛体質の友だちです。

類は友を呼ぶって感じですが、一番居心地がいいのでしょう。

あなたも恋愛体質になりたいなら、まずは恋愛体質の友だちとお付き合いから始めてはいかがでしょう?

付き合えるかどうかで異性を見る

恋愛体質の人は、異性を見て瞬時に「付き合える」か「付き合えない」かを判断しています。

そのため、全く恋愛対象になさそうなお年寄りを見て「いや〜、付き合えないわぁ。」などと言っている姿を拝見することがあるかもしれません。

ご老人までもを恋愛対象にしてしまうストライクゾーンの広さ・・・。

まさにブラックホール並ですね。

しかし、周りでそんな言葉を聞いてしまった人たちは、「は?この人は、何を言っているんだろう?ご老人は恋愛対象とは普通見ないでしょ?」に、なりますよね。

どちらが正常なのか分からなくなりそうですが、とにかく、恋愛体質の人は全ての人が恋愛対象に。

もちろん、同性も含みます。

駆け引き上手


恋愛においては、スペシャリストな恋愛体質の人ですので、もちろん獲物を見つけたら、狙いを定め交渉からスタートするワケですね。

まずは、デートのお誘い。

恋人がいるなら、次へ行け行けゴーゴーなので、後腐れなくサッパリとサヨナラ出来るのも、恋愛体質ならでは。

恋人募集中と聞けば、直ぐ様恋愛モードに。

そこから、恋愛体質の独特なやり方で駆け引きが始まります。

恋愛体質の人は、恋愛経験も豊富ですので絶妙なタイミングで、連絡をしてきたり、相手の心に響くような行動や甘い言葉を巧みに操ります。

そんな駆け引きに狙われた相手は、コロッと恋に落ちてしまう事も。

運命を感じやすい

恋愛体質の人は、トキメキやすいのと運命を感じやすい事が、連動しています。

すぐに「運命の恋だ!」と、思ってしまうためつまずいたり、失敗してしまうケースも・・・。

しかし、直ぐに立ち直り、また新たな恋愛へ向かって行く姿には、たくましさも感じます。

また恋愛以外にも、欲しいものを見つけたり、自分の好きなデザインや物に出会っても「これは、運命だ!」と感じるようです。

側から見れば、「随分、簡単に運命を感じるんだな」と思われがちですが、感受性が強くトキメキやすいため、仕方がない事かもしれません。

運命を感じやすいのであれば、いつもドキドキして休まらないかもしれませんね。

でも恋愛体質の人には、それがたまらない瞬間なのです。

ロマンティスト

妄想族は、ロマンティスト。

妄想出来る人は、想像力が豊かなので、オシャレなプランや計画を立てるのも得意ですので、非常にロマンティックなプランを立てる事ができます。

様々なシチュエーションでロマンティックな想像が働きます。

いつも、少女漫画に出てくるような胸キュンサプライズや大好きな相手を驚かせる事も大好物。

好きな人の驚いて喜ぶ顔が見たいので、もし恋愛体質の人とお付き合いをすれば、かなりロマンティックな演出やシュチュエーションに驚かされっ放しになるでしょう。

ロマンティックな雰囲気に浸りたいのであれば、ぜひお試しあれ。

失恋してもすぐ立ち直る

失恋から立ち直る早さは、誰よりも早いのが恋愛体質の人の特徴です。

それは、恋愛に本気ではない訳ではなく、切り替えが上手いのと、常に前向きなポジティブ思考だからなのかもしれません。

傷ついたり凹んだりしてしまうのは、だれしも同じような感覚になります。

しかし、恋愛体質の人は、同じように凹んだり傷ついたりもするのですが、その凹む期間が人より短いのです。

切り替えが上手いのもありますが、「なんとかなるさ!」の精神も強いと言えます。

恋愛体質の人は、そんな事からいつまでも未練たらしい事はなく、後腐れもなく、サッパリとしているのも特徴です。

「いい人紹介して!」が口癖

常に恋愛をしていたい恋愛体質の人は、口癖が「いい人紹介して!」です。

いい人がいたら、こちらが手を出したくなるくらいなのですが、常に前向きに恋愛をしたいので、手当たり次第に恋人候補を探し続ける事でしょう。

また、お付き合いをしてない、フリーの間はかなりの異性と出会い、自分に似合う相手を探していることでしょう。

しかし、一旦お付き合いし出すと周りが見えなくなるため、恋人一筋になるのです。

周りからは「勝手な奴」や「自己中」などと思われがちですが、本人は悪気は無し。

その辺りの温度差に、時々周りも退いてしまう事でしょう。

一途にのめり込む


一途にのめり込み過ぎるため、お付き合いした相手は、重たく感じてしまう事もあるようです。

また、お付き合いすると「カマってちゃん」にもなるので、アッサリしたお付き合いをしたい相手は、ゲッソリしてしまいそうです。

恋愛体質の人は、純粋や感受性が強いので、一度恋に落ちれば、一途に相手を思う傾向にあります。

一途に思う相手同士が相思相愛なら、何も問題なく2人だけの世界になりますが、片方だけが、一途にのめり込んできても重たく感じてしまうだけでしょう。

少し距離を置くように、控えめなお付き合いが出来れは、恋愛体質の人も、かなりモテるのでしょうが、いかんせん、がっつき過ぎるところが傷にもなっています。

モテテクに詳しい

恋愛体質の人は、モテるテクニックをかなり研究しています。

そのため、様々な異性に対応出来るように、引き出しも多いのです。

さらに言えば、恋愛相談をしてもクールに返事をしてくるので、モテテクを知りたい人にはちょっとイラっとしてしまう事も・・・。

もう少し、下々にもモテテクの詳細を降ろしてきてほしいモノです。

しかし、今まで試行錯誤してきたモテテクをそうそう簡単に披露はし難い気持ちも分かります。

恋愛体質を見習って、様々な異性と色々なパターンで恋愛をしてきたので、恋愛経験も豊富でしょう。

恋愛体質の人に、ぜひとも過去の恋愛武勇伝より、モテテクを聞きたいものです。

優しくて気配りできる

恋愛体質の人は、案外自分を客観的に見ることが出来るので、自分の対応や態度がどのように見られている、感じられているなどいつも気にしています。

それは、相手に嫌われたくないからなどの理由もあるのですが、何より相手に好かれたい気持ちから、優しく気配りが出来るのでしょう。

もともと根が優しい恋愛体質さんは、相手を思いやる気持ちもちゃんと持っているのです。

なので、以外に細かい事に気がついたり、繊細で傷つきやすいところがあったりするのです。

いつも全力で頑張る姿はあまり見せないところも、相手を思いやる気持ちからなのかもしれません。

傷ついた時には、恋愛体質さんが優しく慰めてくれるかもしれません。

一度好きになったらこだわり続ける

恋愛体質の人の特徴としては、惚れやすく、一途な恋愛ですが、一度好きになった相手へは、かなりのこだわりを見せるようです。

例えば、皆んなでご飯を食べていて、帰りに他のど異性が気になる相手を送ろうものなら、

必死になって「自分が送る!!」と子どものように叫んでしまったり、独占欲が強いのも入り混じってしまい分けが分からなくなるくらい、こだわり続けます。

とにかく、一途に自分なりに相手を好きになり、こだわり続けてしまうのがたまにキズになったりします。

こだわるところも、人とは違いますので、「え?そこに、こだわる?」などとなってしまうわけなんです。

好きなタイプは”好きになった人”

もともと、憧れの芸能人などはいたとしても、好きなタイプは特にありません。

好きになる人がタイプなのです。

なので、好きになった人を丸ごと好きになるので、恋愛体質の方に好かれると心地よく扱ってくれる事でしょう。

また、好きな人の話になると、長くなってしまいますので、恋話をする時は時間のある時にするといいですね。

あーでもない、こーでもない事をずーっと永遠と話し始める姿に周りも「ハイハイ。」と、言いたくなるほど。

しかし、それだけ好きな人に対して一途なところも恋愛体質の人ならでは。

好きなタイプは、「好きになった人」で過去のチャートも含めて好きなタイプが出来上がってきているのかもしれません。

かまってちゃんで寂しがり

恋愛体質の人は、いつも寂しがり屋で甘えん坊。

その上、かまってちゃんなので、ドライな付き合いを求める異性には、ちょっぴり重いタイプになります。

甘えられるのが好きな人なら、最高の相性かもしれません。

寂しがり屋なので、頻繁に連絡が来たり「今何してるの?」が口癖になっていたりします。

仕事中など関係無く連絡がきてしまうので、ちょっぴり困る事も・・・。

それほど、好きな人やお付き合いしている人にハマリ込んでしまうようです。

一緒に居ても、ベッタリなので夏場は暑苦しく感じてしまうかもしれません。

ベタベタするのが好きなので、もちろんスキンシップもかなり多目と言えるでしょう。

いつもスマホをいじっている

寂しがり屋でカマってちゃんな恋愛体質の人は、常に携帯やスマホをいじっています。

それは、もしかしたら「孤独」と感じたくないからなのかもしれません。

また、カマってくれる人が居なかったり寂しさ紛れにスマホでゲームをしだしたり、またネットサーフィンしてみたりと、常にスマホで何かをしていないと落ち着かない様子です。

なんだかんだで、何時もスマホとは一緒で気になる人からの連絡が欲しい場合は、トイレやお風呂にまでスマホを持っていく場合があります。

しかし、それは早く気になる相手と連絡を取り合いたいがための事なので、やましい事があるからでは無いのです。

友達なら、理解してあげてくださいね。

LINEの返信が早い

常にスマホをいじっているので、もちろんのことLINEなどのメッセージの返信はかなり早いのも特徴です。

LINEの「既読」もだいたい直ぐにつきますので、なかなか既読がつかない場合などは本当に忙しいのか、寝ているのかのどちらかになります。

また、寂しがり屋でカマってちゃん、常にスマホをいじっているのであれば、間違いなく連絡は早いです。

恋愛体質の人は、人の細かな情報や繊細な部分までもキャッチしやすい体質でもありますので、

少しでも相手の様子がおかしければ、その変化にもすぐに気がつく事でしょう。

LINEの返信が早いのは、もちろん寂しさやかまってほしい気持ちからのモノもありますが、相手に不快な思いをさせたくないという気持ちもあるのかもしれません。

連絡頻度が多い

また、一回のやり取りでは終わらないのが恋愛体質の人の特徴です。

巧みな話術に加えて、人の心理までも操ろうとしますので、疑問形の返信内容や質問などが多いかもしれません。

恋愛体質の人に対して、興味や好意があれば嬉しいのですが、興味や好意も無ければかなりしつこく感じたりしてしまいそうですね。

自分の気持ちを押し付けがちにもなりやすいため、相手の気持ちをしっかりと組んであげる事も大切です。

追えば追う程、退く事もよく分かっているのですが、なかなか寂しい気持ちから連絡を頻繁にしてしまいがちになるのでしょう。

恋人に依存する

恋人依存性になりやすいのも、恋愛体質の人の特徴です。

付き合い始めは、付き合った相手も嬉しく感じるのですが、依存さればお付き合いしている相手も息苦しさを感じるのではないでしょうか?

人は追えば追う程逃げたくなるものです。

大好きな異性とお付き合いが出来たからといって、ガンガン連絡したり常に合わせてくれるなどと甘い考えに陥ってはいけません。

相手を大切に思う分、相手の時間や気持ちも尊重してあげたいものです。

相手の気持ちをしっかり考え、行動する事が出来てこそ初めて相手を愛する事を学ぶのではないでしょうか?

メンヘラ予備軍ぽい

「メンヘラ」の意味が分からない人に、メンヘラとは、精神的な疾患や病気を持つ人の事を示します。

また、「メンタルヘルス」に形容詞である”er”を語尾に付け、略したものを「メンヘラ」と呼ぶようになったのが始まりとされています。

メンヘラの人の特徴は、情緒不安定だったり、自分だけの気持ちで突っ走ってしまったり、または過去の辛い経験やトラウマなどの話を初対面の人にもしてしまう。

異常な「かまってちゃん」だったりもします。

時々、暴力的な事に走ってしまう、自傷行為をしてしまうなどちょっと危うい危険性も孕んでいます。

メンヘラの予備軍の可能性もありますので、お付き合いには、少々注意も必要です。

そもそも恋愛体質な人って?

そもそも、恋愛体質の人ってどんなタイプなのでしょうか?

少し詳しく見ていきますが、常に恋愛をしていたいので「恋愛」を求めたり、また恋愛を生きがいとして生きている、

常に恋愛をしていないと落ち着く事が出来ない、常に恋愛が出来る体制でいる、などが挙げられると思います。

恋愛体質の人は、常に恋愛に突っ走りたいタイプの人なので、行き過ぎてしまうと収拾がつかなくなってしまったり、

自分自身を傷付ける行為に走ったりしてしまう場合もあります。

恋愛出来る人の強みは、繊細な心や相手に対する優しさがあるなどが考えられます。

上手く大好きな相手との距離を保つ事で更に愛され体質になっていく事でしょう。

さて、ここからはさらに項目に分けて詳しく見て行きたいと思います。

常に恋愛を求める人

常に恋愛を求める傾向にあるため、ストライクゾーンもかなり広めの人が多いでしょう。

「幅は広く、内容は深く」の人なので、お付き合い出来るまでにかなりの体力を消耗してしまう場合もございます。

しっかりと相手を見極め、恋愛を求める人なので、自分に似合う人を探すのもかなり得意と言えるでしょう。

また、直ぐに人を好きになってしまったり、一目惚れをしてしまい、変な異性に捕まらないように注意したいところです。

また、恋愛を求めるあまり周りが見えなくなってしまう事もありますので、いつも冷静で居られるように心がけたいところです。

周りも考えつつ、恋愛も大切に両立していくことができれば、あなたは更にモテる体質に。

恋愛が生きがいな人

常に好きな人がいたり、恋愛をしていたい恋愛体質の人ですが、どうやら恋愛をする事が生きがいのようですね。

いつも、ハラハラとドキドキしてトキメイていたいのも特徴ですので、自然と目に入る異性は恋愛対象に。

ストライクゾーンもかなり広いので、相手に困る事はあまりありません。

また、前向きに恋愛もできるのでいつも周りは恋人がいて、うらやましく感じる事も多いようです。

しかし、相思相愛でマメな相手なら長続きはしますが、多忙な相手やマメではない相手とのお付き合いは、長くは続きません。

いつも、ドキドキしていたいので、少女漫画のような世界に浸りたいのです。

恋愛を生きがいに生きる、恋愛体質の人はいつもドキドキしてトキメイていたいのです。

恋愛してないと落ち着かない人

さらに、恋愛体質の人は、恋愛をしていないと落ち着かないようで、常に恋愛の事や、好きな人、恋人の事で頭がいっぱいなのです。

そのため、恋愛が上手くいっている間は順調に心も落ち着いているのですが、

一端恋愛が不調になってしまうと、情緒不安定な状態になってしまったり、周りに当たり散らしたりなど収拾がつかなくなってしまう場合も。

もともと繊細な心のです持ち主なので、自分の大好きな人に傷付けられるのが怖いのです。

そのため、過去の辛い経験やトラウマをいつまでも引きずってしまい、過去の自分と今の自分を比べたりしてしまう事も・・・。

誰も何も思っていないのに、被害妄想をもしてしまう、なんて事もよくあります。

いい時も、悪い時も自分を受け止めて、前向きに進んでいけるといいですね。

いつも恋愛アンテナを立ててる人

常に恋愛モード全開な、恋愛体質の人は、恋愛に繋がる情報にはとても敏感です。

また、情報をキャッチしやすいように、いつも目をキラキラさせています。

また、ストライクゾーンもかなり広いので、ほぼ全ての異性が恋愛対象に。

その勢いは、周りの人も退いてしまうほど。

しかし、そんな事はお構いなしなのが恋愛体質の方の取り柄です。

そんな恋愛体質の人の、情報力や洞察力は、普通の人より並外れた才能があるほど、人をよく見ている事でしょう。

いつも、恋愛に対してポジティブな姿は見習いたいものがあります。

そんな恋愛体質の人の、恋愛に対する情報量もかなり膨大にありますので、周りの人も驚く事でしょう。

その分、恋愛の引き出しも多いので、周りからの恋愛相談もよく受ける事もあるようです。

あなたの人柄と、恋愛の引き出しを出して欲しくて、あなたに頼って来ているので、あなたはそんな相手に親身になってあげられることでしょう。

恋愛体質はダメじゃない!でも謙虚さも兼ね備えて!

恋愛体質はダメじゃないのです。

今の時代、恋愛に対して積極的になれない人も増えてきています。

それは、社会問題が引き起こしている将来に対する漠然な不安や、少子高齢化が進むこの時代に比例しているのかもしれません。

そんな中で、大いに恋愛をして楽しむ事は、とても素晴らしい事だと感じます。

しかし、「ただ自分だけがよかったら、それでいい。」と言う考えではなかなか難しいでしょう。

周りの人の事もちゃんと考えた上で、恋愛に突っ走るのであればかなりの賛同も得られたり、応援してくれる人も出てきてくれる事でしょう。

しかし、あなたの行動や振る舞いで周りの人のの反応もかなり変わってくるはずです。

恋愛体質は、とてもいい体質です。

そのいいところを伸ばしながら、あなたのよくない部分にもフォーカスを当てて、改善出来れば最高な恋愛が出来ることでしょう。

好きになる人を始め、周りの人の事も「大切」を心がけましょう。