CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

インディアンとは何?インディアンの伝統的な民族衣装の7個の特徴


外国のお店に行くと、インディアンが描かれていたりポスターがあったり、イベントなどでもインディアンが登場することが多いです。

しかし、「インディアン」とは、具体的にどういう人種なのかを知らない人も多いですよね。

武器を持って戦うイメージだったり、独特な民族衣装を身に着けているというイメージは持っていたとしても、インディアンは何かと聞かれて、具体的に答えられる人は少ないのではないでしょうか?

現代では、本物のインディアンに会う機会は少なく、お祭りやイベントごとで「インディアンにふん装している」人に会うくらいでしょう。

この記事では、インディアンとは何なのか、そしてインディアンの伝統的な民族衣装の特徴についてお伝えしていきたいと思います。

この機会にインディアンについて学んでみましょう。

インディアンとは何?

インディアンは「インド人」と勘違いしている人が多いですが、本当はアメリカの先住民族のことをさします。

アメリカ大陸には、もともと1000万人がいたと言われています。

そこに、ヨーロッパが侵略してきたため、インディアンは数が減っていき、今では数が少なくなってしまいました。

インディアンの由来って?

なぜ、アメリカなのにインディアンと疑問に思う人も多いと思います。

インディアンの由来は、コロンブスが「インド」と誤って「アメリカ大陸」を見つけてしまったからです。

コロンブスは、アメリカの人達を「インド人」だと思い込んでいたため、アメリカの先住民族は「インディアン」と呼ばれるようになりました。

つまり、インディアンの由来は、コロンブスの「勘違い」なのです。

インディアンの民族衣装の特徴をご紹介!

インディアンといえば、身にまとっている独特な衣装の印象が強い人が多いのではないでしょうか?

奇抜な衣装で、見た目ですぐに「インディアン」と分かる、インディアンの象徴といえる衣装です。

昨今では、インディアンの衣装は「仮装」として扱われていますが、本来はそれぞれに意味があってつけているものです。

では、インディアンが身に着けている民族衣装を具体的にお伝えしていきましょう。

1.ウォーボンネット(帽子)


ウォーボンネットはインディアンが被っている伝統的な帽子のことです。

「戦の帽子」とも呼ばれており、羽冠となっている、インディアンを象徴する帽子です。

羽で出来ている帽子であり、現在では、イベントなどでも着用されていることが多い帽子です。

鷲の羽が使われており、地位が高い人が身に着けられます。

そのため、「冠」とも呼ばれており、高貴な帽子の扱いです。

羽一本一本を丁寧に繋ぎ合わせて作っており、手柄が象徴されています。

2.レンガ・チュンニ

インディアンの女性の衣装として印象が強いのは、「サリー」。

鮮やかな色合いの衣装で、ブラウス・スカート・ベールの3点からなる民族衣装です。

フォーマルドレスとされており、丁寧な刺繍が施されている上品且つ民族の伝統が感じられる衣装です。

3.華やかな刺繍

インディアンといえば、華やかな刺繍を想像する人が多いのではないでしょうか。

インディアンの刺繍は「チチカカ」とも呼ばれ、独特な色合いと柄になっています。

この華やかな刺繍が好きな人は多く、ワンポイントとして、インディアンの刺繍を取り入れた洋服なども昨今では多くあります。

4.鮮やかな色合い

インディアンといえば、赤や青、音字、水色など、原色の色合いを身に着けています。

逆に黒や灰色などのダークな色合いは身に着けず、華やかな色合いを好んでいる傾向にあります。

5.槍などの武器

インディアンは、槍や斧などを身に着けている戦闘民族。

トマホークと呼ばれる斧などを身に着けている人も多くいます。

ほとんどの武器が、接近戦のものが多く、猪突猛進な戦いっぷりが想像できます。

距離を取って戦うよりも、近い距離でのパワー勝負を好む民族なのが想像できます。

6.銀細工

インディアンのアクセサリーとして、今も伝統が受け継がれているのが「銀細工」。

銀を使って、ネックレス、指輪、ブレスレットなどのアクセサリーを作成し、ジュエリーなどの販売を行なうようになったとされています。

ハンドメイドによる装飾技術は、インディアンの文化とされ、長い期間ノウハウが蓄積されています。

そのため、銀細工は交易品として取引をされるようになり、全世界で普及され、人気があるアイテムとなっていったのです。

7.大きなインディアンジュエリー

インディアンジュエリーは、とても人気があるアクセサリーです。

ページトップ