CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「救世主」とはどういう意味?使い方や例文・類語・英語表現を解説します

皆さんは、救世主という言葉を使いますか?

普段は何か大々的な表現をしない限り、救世主という言葉はあまり使わないのではないのでしょうか。

今回は「救世主」とはどういう意味なのか、使い方や例文・類語・英語表現を解説します。

この記事の目次

「救世主」の意味って?

救世主とは「➀キリスト教で、イエス=キリストのこと。救い主。」、「②人類を救う人。救い主。メシア。」、「③不振の団体・組織などを救う働きをする人。」という意味があります。

救世主は読んで文字のごとく、世の救い主ということで、とにかく助けてくれる人というイメージが強いですね。

意味合いはその通りで、「人々や世界を救う人」のことを指します。

宗教関係のことで、救世主という言葉をよく聞くのはそのためです。

「キリスト」とは

キリストというと、今は日本でもなじみがある宗教となってきました。

それもそのはずで、江戸時代には隠れキリシタンもいたと言われる位に、昔からキリスト教が浸透しています。

昔は政策に反すると言う理由でキリスト教を禁止されていましたが、幕府が倒れそこから宗教についてもそこそこの理解が得られるようになりました。

そんなに熱心に宗教を信じていない人であっても、クリスマスパーティーなどはしたことがあるのではないのでしょうか。

それほどに日本にキリスト教を浸透しています。

そんなふうに非常に浸透しているキリスト教ですが、キリスト教で救世主と言われているのが、「イエスキリスト」です。

キリスト教ができるまでの話について見聞きしたことがある人も多いことでしょう。

「メシア」とは

メシアという言葉についても聞いたことがある人も多いのではないのでしょうか。

メシアとはそもそもはヘブライ語に由来があります。

ヘブライ語のマシアハという言葉に由来していると言われています。

日本語に訳すと、塗られた者という意味です。

この塗られた者というのがそもそも何かですが、理想的な統治をすることができたときには、油を塗るという習性があったのです。

だからこそ、この油を塗られるというのは大変名誉なことなのです。

現代でよく使われる「救世主」の使い方・例文


そんなに熱心に宗教信じていなくても使われることがあるのは、助けてもらった時にオーバーに言う時に救世主という言葉を使うからです。

そんなオーバーなと思うかもしれませんが、それほどに助かったという気持ちを表すのには非常に使いやすい言葉と言っても良いでしょう。

では、現在でもよく使われる救世主の例文について見ていきましょう。

1.彼女は私が辛かったときに支えてくれた救世主のような存在だ

人が辛い時に支えるのは容易なことではありません。

そんな時でも、離れずに支えてくれた人は自分を救ってくれた救世主だと思いますよね。

自分が辛いときに支えてくれた人がいて、この人がいなかったら今の私はないというような時に「救世主」という言葉を使うことができるでしょう。

2.冷蔵庫は食事の保管をとても便利にしてくれた救世主だ


普段何気なく使っている冷蔵庫。

まだ冷蔵庫がなかった時代は、寒い国や寒い地域だったりすると川で冷やしたり、どの時期も温度が一定の洞窟など保管するということもあったと言われています。

しかしそのように自然に恵まれていない場所ばかりではありませんよね。

そんな中、冷蔵庫が普及することによって、暖かい地域でも食事の管理が簡単にできるようになりとても便利になったのです。

冷蔵庫ができたことによって、様々な食材を保存できるようになったため、食事の幅が広がり家庭の食卓は潤ったはずです。

そのように人々の生活を救ってくれた冷蔵庫のことを救世主と表すことができます。

3.彼の行いは多くの人を救い、救世主と呼ばれている

彼の行いによって多くの人を救うことができたのなら、まさに救世主ですよね。

このように救世主と呼ばれる存在は、多くの人から感謝されることが多いでしょう。

4.私の心の救世主は彼女しかいない

心の救世主とは、心の拠り所とも言えます。

辛いときや心が折れそうな時などに、その彼女の存在があったから、この女性は救われたのでしょう。

彼女の存在がなかったら、きっとこの女性は救われることなく、まだ悩みを抱え続け苦しんんでいたかもしれませんね。

5.世の中を変える救世主になりたい

この例文は、「自分が今の世の中を変えて、人々の救い主になりたい」という意味として捉えることができます。

世の中を変えたいということは、今の世の中が良くないと思っているということですよね。

暗いニュースが多かったり、未来に希望を持つことができないそんな世の中を、自分の手で変えていきたいという強い意志が感じられます。

6.面接直前にストッキングが破れ、予備のストッキングが救世主となった

ストッキングの伝染ぐらいでオーバーなと思うところがあるかもしれませんが、就職活動の時は重要です。

身だしなみは非常に重視されますので、破れたストッキングで面接に来られたらあまり印象は良くないでしょう。

そんな時に、予備のストッキングを持っていることによって、それが救世主となるというのも納得のいくところです。

7.優勝経験のある彼は、新人チームの救世主となった

新人チームはどうしても経験の差から勝つのは難しいものです。

しかし、優勝経験があるほどの実力がある人が1人入ることによって、チームの風向きが大きく変わります。

どのような競技なのかにもよりますが、それでも全く初心者ばかりと言うよりかは誰か優勝経験がある位の実力がある人がいたほうが良いものです。

それぐらいの実力のある人だったら、効果的な練習方法を知っているケースも多く、新人の方も伸びやすい傾向にあります。

そのように経験豊富で、実力のある人がチームを引っ張っていくことで、新人チームが最短距離で優勝を目指すということも可能なのです。

そんな彼が新人チームを救ってくれた救世主となったことを表す文章です。

8.留年しそうな私に勉強を教えてくれた彼女は救世主だ

留年するかしないかというのは今後の人生に大きく関わってくる重要なことです。

そんな留年しそうな時に、勉強を教えてくれた人はやはり人生の救世主となり得ることでしょう。

9.救世主と呼ばれた理由を語る

救世主と呼ばれるにはそれなりの理由があります。

ちょっと助けてくれたという程度では、親切な人にとどまり、救世主だとは言われないでしょう。

救世主と言われるからにはそれなりに理由があり、ピンチの時に助けてくれたというような状態があります。

10.私の子供を事故から救ってくれた彼は救世主以外の何者でもない

事故から救ってくれたという事は命の恩人ということですし、決して救世主という言葉もオーバーではないでしょう。

彼がいなかったら子供は助かってなかったかもしれません。

そんな時に救世主という言葉はぴったりですよね。

「救世主」の類語

救世主の類語には「神様」、「英雄」、「救い主」、「恩人」、「助け舟」、「助っ人」、「ヒーロー」、「女神」、「感謝」、「幸運をもたらす」、「恩を感じる」などがあります。

神様

よく感謝の気持ちを表すときに、神様、仏様、〇〇様という言い方をすることがありますよね。

それは神様や仏様と同列に感謝しているという意味合いです。

だからこそ、大きな助けを得てくれた人は、神様と同列というような意味合いで感謝するのです。

ある意味、救世主の神様も類語と言えるのではないのでしょうか。

英雄

英雄には「才知・武勇にすぐれ、常人にできないことを成し遂げた人。」という意味があります。

救世主のような人類を救ってくれた人という意味はありませんが、人々に希望を与え心の支えになる英雄もたくさんいますよね。

そういった意味では類語と言えるでしょう。

感謝

上記でもいろいろな例文を紹介してきましたが、つまりは救世主と言うことに感謝をしているという意味合いです。

感謝の意味をオーバーに、救世主という言葉を使って表しているともいえるのです。

幸運をもたらす

なぜ救世主と言われるほどに感謝をされるのかというと、それは幸福をもたらすからです。

大きな幸福をもたらす人に対して、救世主という言葉を使います。

恩を感じる

恩を感じているから救世主というのです。

自分を救ってくれたことにそれほどに感謝をしているということですね。

「救世主」の英語表現

救世主は一般的に英語では「savior」となります。

聖書に出てくる救世主は「messiah」と呼びます。

「救世主」を正しく使おう!

いかがでしたか?

「あなたは救世主だ」と言われたら悪い気はしませんよね。

救世主という言葉を正しく使い、きちんと感謝の言葉を伝えることによって、相手はきっと喜んでくれるはずです。

救世主という言葉をうまく使って、うまく人に感謝の気持ちを伝えましょう。

ページトップ