CoCoSiA(ココシア)

ギャグセンスが高い人の14個の特徴と磨く方法


皆さんは、ギャグセンスはありますか?

もちろんギャグセンスがなくても生きてはいけますが、ユーモアがあった方が人気を博したり人を心地よくさせることがあります。

今回は、ギャグセンスが高い人の特徴と磨く方法について紹介していきたいと思います。

ギャグセンスが高い人って憧れる!

ギャグセンスが高い人は憧れますよね。

クラスの人気者は、多くの場合はこのようにギャグセンスの高い子供だったのではないでしょうか。

もちろん頭が良くて一目を置かれていたり、運動神経が良かったりしてリレーでは必ず選手に選ばれる子は人気だったと思います。

ただギャグセンスのある子だと、運動会シーズンだけではなくずっと人気でうらやましいなと思ったこともあるのではないでしょうか。

もしかしたら自分がギャグセンスの良い持ち主でクラスの人気者だった人もいるかもしれませんね。

ギャグセンスとは

センスとはその名の通り、ギャグのセンスのことを指します。

笑わせるつもりはなく真面目に発言しているのだけれど、発言が面白い人もいますよね。

そのような人は大抵は人気者でしょう。

考えなくても面白いことを言うタイプの人は先天的に面白い人です。

このような人は、何でもない話でもすごく面白いことを言ったり書いていたりします。

テストは面白答案について調べてみると、ユーモアに溢れたその答えを見ることができます。

こうやって見てみると、「こう考える人がいるんだ!」と思うようなことがよくあります。

時々面白答案が話題になることがありますよね。

SNSだとこのようなことが話題が出ることもよくあるのではないでしょうか。

ギャグセンスが高い人の14個の特徴

ギャグセンスがある人はどのような特徴があると思いますか?

一概には言えませんが、わかりやすい具体例を挙げると、明石家さんまさんがそうなのではないかと思います。

ではギャグセンスの高い人とはどのような人を指すのでしょうか。

ギャグセンスが高い人の特徴について、いろいろと見ていきましょう。

1.おしゃべり好き


ギャグセンスが高い人はおしゃべり好きな人が多いです。

おしゃべりが好きだからこそ、いろいろなことを話してトークスキルを身に付けていくところがあります。

先ほど例に出した明石家さんまさんについても、彼は話をしたくて噺家になったと言われています。

他のお笑い芸人さんはテレビではあんなに元気なのに、プライベートでは非常におとなしく、黙り込んでしまうようなタイプの人もいると言われています。

しかし、明石家さんまのは例外的に、プライベートはいつの時もあんな感じなのだということが言われています。

ここまでくると、お笑いの天才と言っても良いのかもしれませんね。

しかしこのようにプライベートではおとなしいタイプの人でも、スイッチが入ると面白いことができるということで、お笑いセンスが高い人に分類されるのでしょう。

2.引き出しが多い

お笑いのセンスの高い人は、引き出しが多い傾向があります。

つまり引き出しが多いという事は、いろいろなことを広く知っていることで話にもボキャブラリーがあります。

そしてそのボキャブラリーを生かして面白いことを言うことができますので、「この人は頭がいいな」とも知られる一面があります。

ギャグセンスが高い人は、このようにいろいろな知識を柔軟に吸収していく力があります。

3.切り返しが上手い

基本的にギャグセンスが高い人は、切り返しがうまいところがあります。

非常に頭の回転の良い人が多く、急に何かを振られても、すぐに返すことができます。

これは個人差がありますので、すぐにできるようになるとは限りません。

とっさにいろいろなことをすることができるというのは、非常に頭の回転が速いということでしょう。

やはりこのようなとっさの切り返しが苦手な人はいるものです。

例えば、何か嫌なこと言われてしまって固まってしまうということもよくあります。

しかし中にはこのように固まってしまうのではなく、ついつい言い返してしまうこともあるかもしれません。

ただギャグセンスの高い人だったら、ここで嫌なこと言われたとしても、ユーモアを持って返すことができたりすることもあります。

このように頭の回転が非常に速いからこそ、とっさに振られたこともすぐ切り返すことができるのです。

4.思い切りの良さ

そしてこのような人は基本的に思い切りが良いところがあります。