CoCoSiA(ココシア)

ギャグセンスが高い人の14個の特徴...(続き3)

確かに1つのことに突き抜けているというのも、才能の1つです。

スマホやパソコンなどのガジェットが好きな人もいるでしょうし、英語などの語学が好きな人もいるでしょう。

この抜きん出た1つの才能を使って成功する例もあります。

しかし、このように知識が豊富で興味の対象の広い人であれば、スマホやパソコンなども好きだけど、語学も好きというような感じで、いろいろなジャンルから吸収していく一面があります。

10.人と違う考え方

基本的にギャグセンスがある人は、人とは少し違う考え方を持っているところがあります。

それは、小説やエッセイを書くような面白い作品を書く事ができる人に垣間見ることができます。

さくらももこ先生のエッセイで、妊娠したときの事について書かれていたものがあったのですが、普通に便秘になったら便秘になったことだけ考える一面がありますよね。

しかし、彼女の面白いところは、便秘でたまった便の事を擬人化しているのです。

擬人化していると、確かにこのような悪い奴がいそうだなと面白く感じられます。

また、最近掲示板を見ていても思いますが、いわゆる腐女子というような人でも中には面白い考え方をする人もいるようです。

床と天井萌というのがあるというので驚きです。

それは何かと言うと、一生交わることなく見つめ合い続けるということが萌えるというのです。

なかなか想像がつかない世界ですよね。

このように、考え方が面白いのもギャグセンスの高い人の特徴です。

11.空気を読める

一見自由奔放に発言しているように見えるけれど、このような人はきちんと空気を読んでいます。

どのような発言をするとまずいのかを心得ているので、人を怒らせる事はありません。

確かにおしゃべりが好きで、色々としゃべる人もいます。

中にはユーモアがあるタイプの人もいるでしょう。

しかし、その後怒らせるような発言をする人はギャグセンスが高い人ではありません。

女性の方でよくしゃべる方で、なおかつ失言をするということであれば、その人はギャグセンスが高い人ではありません。

もしおしゃべりが好きだけど、うまくいかないのであれば、どのようにすれば会話を楽しむことができるのかを学ぶ必要があります。

一方で、「失言をしないように」と念じるとついうっかりと発言をしてしまって失敗することがあるので、ある程度抑えるだけで良いのですが、話題に出すと問題になりやすい事柄を押さえておくことで大分解決するでしょう。

12.予想外の言動をとる

またこのようにギャグセンスのある面白いタイプの人は、言動も予想外です。

多分このように言ったらこう切り替えされたのかなと思うようなことでも、斜め上からとか全く違う観点から発言されることがあり、それが相手の度肝を抜きます。

それがギャグセンスとなっているというところもあります。

このように、普通だったらこう発言するだろうというのを超えるのは、ギャグセンスの高い人の特徴なのではないでしょうか。

13.メンタルが強い

この人に嫌われたらどうしようとか、いじめられたらどうしようなどとビクビクしていたら、面白いことも出てこないでしょう。

しかし、ギャグセンスの高い人は基本的にメンタルが強く、そのようにおどおどする事はありません。

コミュニケーション能力があまり高くなく、話が苦手だという人は、嫌われたらどうしようというような感じで会話に恐怖心を抱いていることが多いです。

しかし、面白いことを言う人は、たいていはそのように怖がることはありません。

明石家さんまさんが良い例です。

彼は過去には女優さんを泣かせたりするようなこともあったと言われています。

その時はおろおろしていましたが、基本的にそのような失敗を悔いたり落ち込んだりしている様子はありません。

もちろん、実際はどうなのか分かりませんが、常々そのような様子なので、プライベートでもそんな感じなのでしょう。

ただやはりその一方で、彼の発言が嫌いだと言う人もいるにはいます。

だけど、このように嫌われることもそんなに恐れていないとか気にしないところがあるからこそ、面白みのある人なのではないでしょうか。

14.良い意味で常識がない

常識がないと言うと、人を不快にさせるようなタイプの人というイメージがありますね。

ただ、ギャグセンスの高い人は良い意味でという事ですので、決して人を不快にさせるというような感じではありません。

発言がフリーでなおかつ人を傷つけるような発言がないということで、人をいい意味であっと驚かせるようなところがあります。

ギャグセンスを磨く方法

ギャグセンスの高さは天性のものもありますが、後天的にもギャグセンスを磨くことができます。

ここからは、ギャグセンスを磨く方法について解説していきたいと思います。

面白いマンガや本を読む

面白い漫画や本を読むことによって、ネタを仕入れるということができます。

面白い人の考え方というのを学べるのは、漫画や本の最たる魅力なのではないのでしょうか。