CoCoSiA(ココシア)

ギャグセンスが高い人の14個の特徴...(続き2)

話というのはある程度テンポも必要です。

したがって、話す速度というのはあまりゆっくりすぎると間延びした感じになります。

そして、基本的にこのように言ったらどうなるかというのはゆっくりと考えるという事はなく、ある程度思い切って発言するところもあるでしょう。

これが失言が多い人だと、発言が問題になってしまうということもあります。

しかし、おしゃべりが好きでギャグセンスが高い人だと、どのような会話が人に喜ばれるのかというのは心得ています。

したがって、短い時間で正確な会話を導き出すことができるところがあります。

そして、そのセンスを生かして思い切って発言をするということが、その人の話し方の面白さとなっているのです。

5.頭の回転が速い

先ほども触れたようにこのような人は基本的に頭の回転が速い傾向があります。

テンポの遅い人というと、会話とかでもワンテンポ遅れてしまったりします。

そして複数人で話しているとなると、気がついたらだんだんと話に入り込めなくなってしまったというようなこともよくあります。

ここで思い切って発言をしたら良いのかもしれませんが、このトークスキルがものを言うところがあります。

失言が多いタイプの方だと、やはり発言についてよく考える必要があります。

したがって、話を盛り上げるスキルは意外と高度なところがあります。

ただ、ギャグセンスが高い人であれば、頭の回転が速く瞬時に上手な切り返しをすることができるという特徴があります。

このような人は努力もさることながらどちらかと言うと、天性の才能にも恵まれていると言っても良いでしょう。

確かに才能もあるのですが、後天的な努力で身に着けられる可能性も高いです。

6.語彙力がある

語彙力がありますので、その時の状況などを正確な言葉で述べることができます。

さらにギャグセンスがありますので、その能力を生かして面白い言葉にするということもできます。

昔、さくらももこ先生のエッセイを読んだことがありますが、彼女のギャグセンスの高さには驚かされたものです。

初めて読んだ本では、ここまで面白く表現できるのかと驚いた位です。

確かにタブーと言われるようなことも書かれており、中には苦情が入ったということもあるにはあるらしいのですが、大抵の人には面白かったという感想を持っている人が多かったです。

面白い本などを読むことによって、その人がどう表現するのかというのを学んでみるのもいいかもしれませんね。

7.目立ちたがり屋


基本的に、ギャグセンスがある人は目立ちたがり屋な傾向があります。

なぜ目立ちたがり屋なのかと言うと、やはり面白いことを言って注目されたいところがあるからです。

もちろん天性の才能もあるのかもしれませんが、目立ちたくて頑張っているところもあります。

最近ロンドンブーツの敦さんが話題になることがありますよね。

このロンドンブーツの敦さんは、容姿にあまり自信がなく、トークスキルなどによってモテようと考えて一緒に学んだという話を聞いたことがあります。

最近ロンドンブーツ亮さんが色々と問題を起こしましたが、彼の復帰に大きな力をもたらしました。

いろいろと記者から質問されたのに対して、うまく答えられない亮さんに代わって、淳さんが少しフォロー入れるという形でなごやかに会見を済ませていたところがありました。

日頃彼のことをあまり気に入らないと言っている人であっても、彼のトークスキルの高さに感服する声が多かったです。

したがって、天性のものではなく、努力の末にトークスキルを得た人もいます。

したがって、確かに天性のものであるものの、努力次第ではこのようにトークスキル、ひいてはギャグセンスも上げることができるでしょう。

8.視野が広い

また、ギャグセンスを生み出すには広い視野が必要です。

視野が狭いと自分の価値観に合わないものが許せなくなってきます。

いろいろな掲示板を見ていても視野の狭さから、特定の人を責めるというような事はよくあります。

その人がどんなバックグラウンドを持っているのかというのは、想像しないとわからないところがありますが、このような人はあまりそのような想像しようとしません。

正しい道なのだからこうするべきだということで、その道に進めない人を責める事はよくあることです。

最近は、専業主婦の方がそのような立場に当たるのではないでしょうか。

女性の主婦の方でしたらまだ比較的理解はあるものの、男性の専業主夫に関しての理解はまだ発展途上と言ってもいいでしょう。

最近は理解のある書き込みも増えてきたものの、やはり男性は働く者という認識を持っている人が多いです。

このように視野が狭い人は、その許せない対象の人を見た途端に頭に血が上ったりして人を責めてしまうものです。

しかし、ギャグセンスがある位の視野の広い人であれば、視野を持ってそれも笑いに変えることもできるでしょう。

9.知識が豊富

また知識が豊富な人が非常に多いです。

いろいろな知識は豊富であることから、そこから色々とギャグセンスを考えることができるところがあります。

すなわち興味の対象の広いタイプの人と言っても良いのではないでしょうか。