CoCoSiA(ココシア)

ギャグセンスが高い人の14個の特徴...(続き4)

もしギャグセンスを磨きたいと言うことであれば、漫画や本を積極的に読みましょう。

バラエティ番組を見る

バラエティー番組は、面白い人が集まっているところがありますので、バラエティー番組を見て勉強しましょう。

特に面白い芸人の方の話し方などは参考になると思います。

もちろん、今ブレイクしている人でもいいですが、長く人気を起こっているお笑い芸人の人であれば外れはないでしょう。

人間観察をする

人間観察も非常に面白いことを考える人には良いところがあります。

お笑い芸人の方の中には、誰かのものまねをするのではなく、一般の人の特徴をネタにしているような芸人さんもいます。

このような人は、人間観察をして、それをネタにしているところがあります。

恥を捨てて行動してみる

やはりギャグセンスがある人は動じないからという一面もありますが、天性の性格として他の人が照れる場面もあまり恥ずかしいと感じない一面があります。

あまり恥を恥と思っていないところもあるのかもしれません。

しかし、自分がそうするとちょっと照れるという場合であっても、あえてそのように行動することによって、もしかしたらそのギャグセンスのある人に近づけるのかもしれません。

面白い友達のマネをする

面白い友達の真似をすることによって、ギャグセンスを磨くことができます。

面白い友達はどのような考え方をしているのかや、発言など色々と真似をしてみましょう。

しかし、あまりにも真似しすぎないように参考程度にするのがいいでしょう。

SNSで面白い人をフォローする

なかなか身近にギャグセンスがある人がいないのであれば、SNSで面白い人を探すのはいかがでしょうか。

面白い人がいたらその人をフォローしてみましょう。

その人が面白いことを投稿していたら、その人がどんな考え方を教えるのかというのがわかるところがあるのではないのでしょうか。

面白い人をフォローすることによってセンスを磨くきっかけになるでしょう。

お決まりのネタを持つ

この人と言えばこのネタと言うのも逆に必須と言えるでしょう。

近藤春奈さんの、「卓造じゃねーよ!」は鉄板ネタです。

それにプラスアルファで「シュレックじゃねーよ!」など色々とありますよね。

このように「〇〇じゃねーよ!」と言うのも、春奈さんの鉄板ネタです。

こんな風に鉄板ネタを持つということによって、ギャグにつながるところがあります。

ギャグセンスを高めると人気者になれるかも!

ギャグセンスがなくても生きていくのに支障はないでしょう。

しかし面白くない人よりかは面白い人の方が人気である一面があります。

特に営業の方など、人と接する仕事の方は、特にギャグセンスがあることによって好印象を得やすくなります。

人と接する仕事ではなかったとしても、職場でチームを組んで仕事をするようなことがあったら、面白いほうが仕事もスムーズに行くことがあるでしょう。

よく仕事は仲良しクラブではないと言われますが、やはり人間関係が円滑な方が仕事もスムーズにいきます。

学生さんであれば、面白い子と言う認識をしてもらえると一目置いてもらえる可能性もあります。

そうすることによって友達が増えることもあるかもしれません。

ギャグセンスを磨くことで人気者になれる可能性がありますので、皆さんも少しずつギャグセンスを磨いてみるのはいかがでしょうか。