一人で行動することが苦手…そのためにあまり馬が合わない人でも一緒に行動しているなんてことはありませんか?

それも少人数ではなく大人数で常に行動していると、時には疲れてしまうこともあるでしょう。

そのように“群れる”のは人間の習性ではありますが、時にはあなた自身の個性をつぶしてしまうことになります。

あなたは本当に群れている人なのでしょうか?この記事では、群れている人がどんな人なのかの特徴をお伝えしています。

さらに本当は群れなくたって人間は生きていける理由もご紹介しているので、あなたの今の環境を変える一手となるでしょう。

群れる人ってどんな人?

あなたの周りやあなた自身が“群れている”と感じたことはありますか?

「群れる人」にはどのようなイメージを持ったことがあるでしょうか。

おそらく大多数の人といつも行動しているとか、一人でいるところを見たことがないとか、常に誰かと行動しているので自分の本当の意見を(周りの人たちに嫌われないために)主張できない…なんてことがあるのではないでしょうか。

群れる人ってその言葉の通り、まるで動物たちが群れているように多くの人たちと一緒に行動を共にしていることを言うんですよね。

一人でいるほうが自分の好きな時に好きな場所へ行き、好きなことができます。

誰かと一緒に行動するというのは、誰かと協力することで何かを達成することは可能ですが、場合によっては自分自身の気持ちをつぶさなくてはいけなくなってしまいます。

それでも、一人でいるよりは「この人たちがいるから大丈夫」となぜか安心感につながってしまうのが“群れる”行為なんですよね。

群れる人の17個の特徴!あなたは当てはまる?

群れる人には、群れる人だからこその特徴を持っています。

ここでは、群れる人たちの特徴をお伝えいたします。

ぜひ、あなた自身にどれくらいあてはまるのかを確認してみてください!数が多ければ多いほど、あなたは群れる性質が高くなります。

1.周りの人の目が気になる


群れる人は、一人で行動しているときにも誰かと一緒にいるときにも、周りの目線が常に気になってしまう傾向があります。

このファッションやメイクはおかしくないかな?今の発言は大丈夫だったのかな?この表情や態度でいいのかな…?そのように自分自身で決めるべきことも他人の意思や気持ちを尊重しすぎてしまう点があります。

そのため、周りの人からは物分かりが良いとか優しいと思われ人望があるのですが、本人としてはいつも心ここにあらずで生きた心地がしないこともあります。

2.目立つのが苦手

群れる人の多くは、自分自身に集中的に目線が集まるのが苦手な傾向があります。

常に他人の目線を基準にしがちで、自分自身の身なりや行動に自信を持てません。

その状況で誰かに指摘されてしまったらさらに傷つくと考えています。

そのため、目立つ行為を避けるために誰かにわざと“埋もれる”ように群れます。

3.楽しいことが好き

群れる人の中には、目立つのが嫌だからという理由ではなく、単純に「大多数の人と一緒に行動していると楽しいことを体験できる」という気持ちの人もいます。

一人でいてもそれなりに楽しむことはできますが、一緒に行動する人が増えれば増えるほどにできることは増えますから楽しみも増えますよね!

4.寂しがり屋

一人で行動するのが苦手…それも常に“寂しい”気持ちを持っている寂しがり屋の人も群れる傾向があります。

なぜならば、誰かと一緒に行動することでその寂しさを紛らわせることができるからです。

群れていれば常に周りに人がいる状態になるので、寂しい思いをしなくて済みます。

5.人と喜びや不安を共感したい

何かに対して喜びを感じたときや不安な気持ちを覚えたとき、それらの気持ちをひとりで消化するのが苦手な場合もあります。

そのため、自分ひとりではなく誰かと喜びや不安を共有したいと考えているのです。

そして「こんなことがあったね」なんて気持ちを分かち合うことで、個人的にも気持ちを消化することができます。

少し人としては精神的に弱い部分が目立つ人のことを言います。

6.1人の時間が苦手

1人の時間が苦手なために大人数の人と一緒に過ごしている人もいます。

一人でトイレへ行くことや、一人で食事をとるのが苦手な人もいるでしょう。

そのため、大人数で群れることによって1人の時間をなるべく減らしています。

7.大勢で遊ぶのが好き


1人で遊ぶよりは大人数の人たちと遊ぶのが好きなために群れている人もいます。

少人数で遊ぶのももちろん楽しいものがありますが、大人数であればあるほどにさらに遊べるものも増えるし、楽しい気持ちを共有できる仲間が増えます。

その過程の中で人々の絆が深まることもあるので、仲間と一緒にいるためにポジティブな気持ちで群れている人もいます。

8.周りの意見に流されることが多い

大人数で過ごしていると時には、自分の意見を主張できないシーンもあります。

そんなとき、1人で過ごすのが得意だとか好きな人というのは、何が何でも自分の意見を通そうとします。

しかし、群れている人というのは自分の意見を主張せず、知らない間に周りの人の意見に流されてしまいがちです。

そのため、自分の意見を持っていない方も多いです。

9.大勢の人といると安心する

1人でいるのが苦手な場合、なるべく多くの人と一緒に行動することで安心感を感じています。

それに群れていれば、周りの人に一人だけ集中的に目立つということもありません。

誰かに目立つこともなく、意見を主張することもなく、波風たてずに楽しい環境にいることができるのです。

そのため、安心感を感じるために大勢の人と一緒に行動しています。

10.大勢の人といると強気になる

1人で行動すると周りの目線などが気になってしまいますよね。

しかし、大勢の人と一緒に行動していれば、何かがあったときに周りの人が味方してくれるような気がして強気になれます。

あなたもそのような気持ちはありませんか?「この人たちがいるのだから悪いことがあっても守ってくれる」「ケンカを売られることもない」など感じているので、自分を守るために群れています。

11.コミュニケーション能力が高い

大勢の人と一緒に行動する群れる人というのは、周りの人としっかりとコミュニケーションをとっています。

そのため、コミュニケーション能力が高いといえるでしょう。

もしも仮にコミュニケーション能力が低いと周りの人との会話を合わせることもできず、お互いにストレスを感じることになるからです。

周りの人のご機嫌をとるのが上手であるともいえるでしょう。

12.人に嫌われるのを怖がっている

目立つのも嫌だし、自分の意見をわざわざ主張することで周りの人に批判されるくらいなら何もせずに波風立てずにそっと存在しておきたい…それが群れている人の心理であることもあります。

つまり、極度に人に嫌われるのが嫌だしそのこと自体を嫌っているということになります。

過去にいじめられたり、ハブられたりした経験からトラウマになっていることもあります。

13.広く浅い交友関係を築いている

群れている人は、狭く深い人間関係を構築するのが苦手な傾向があります。

なぜならば、自分の本心を周りの人に話すのはよくないことだと思い、できる限り周りの人の気持ちに合わせているからです。

たしかに相手としては「気の合う人なんだ」と思われるのですが、そのような自分を演じていることに疲れてしまいます。

その結果人間関係が成り立ちません。

そして広く浅く付き合う人間関係を構築することになります。

14.親しみやすい

大人数で一緒に行動しているからには、周りの人からするとコミュニケーションがとりやすい性格をしていることが多いです。

つまり、親しみやすい性格をしているんですね。

話せばこちら側の意見を快く受け入れてくれるし、批判もしない、それでいていつもニコニコしていてくれるような相手です。

そんな人がいる場所には誰しも安心感を覚え、さらに群れるようになってしまいます。

本心を話すことのない…いわば“仮の友達”状態であるともいえるでしょう。

15.人脈が広い

群れている人は、一定のグループだけに所属しているのではなく、あらゆるグループに所属している場合があります。

そのため、とても人脈が広く友達の数が多く、周りから見れば“人気者”のように見えることがあるでしょう。

しかし、本人としては人気者でもなんでもなく、ただただ周りの人に嫌われないように自分の本心を抑え周りの人の意見に合わせていることもあります。

16.他人に認められたい

1人で目立つのも嫌いだし、自分の意見を主張するのはあまり得意ではない群れる人ですが、誰かに認められたいという気持ちは人一倍強い傾向があります。

他人に認められない気持ちがあるために、周りの人の意見に同調し、そして味方となり人気者にのしあがっているのです。

つまり、他人に認められるためになんでもしてしまう傾向があります。

17.受け身

群れる人は、自分の意見を主張せずに周りの人の意見を飲み込んでしまう傾向があります。

そのため、常に受け身的な姿勢でいることが多いです。

とても楽しそうにしているのだけれども、心から楽しんでいない、楽しむにしても楽しむことを受け身で捉えています。

そのため、常に“生きた心地がしない”と感じている人もいます。

その環境を抜け出せばいいのですが、今後の自分の立場を考えるとむやみに群れることをやめることはできません。

無理して群れなくてもいい5個の理由とは?

群れるのを楽しんでいる人もいますが、群れることに次第に疲れてくる人も多いです。

自分の本当の気持ちを隠し、そしていやだと感じている他人の意見を尊重し、自分もあたかもそのように感じているかのように行動しなければいけません。

常に自分の意識や気持ちに嘘をついて行動することになるので、もやもやした答えのない気持ちが心の中をいっぱいにしてしまいます。

しかし、そのように自分を押し殺してまでも無理して群れる必要はありません。

あなたが群れることをやめられるような“無理して群れなくていい5つの理由”をご紹介します。

本当に信頼できる友達が数人いればいい

あなたは、群れている人たちのすべてを本当に信頼できる友達と親に紹介することができるでしょうか。

そんなことできないと感じている人も多いと思います。

なぜならば上辺だけの関係で相手と付き合っているからであり、相手もそのように感じているのがわかるからです。

本当に信頼できる友達は多くなくてもいいのです。

たくさん友達がいるのが正解というわけではありません。

どれだけお互いに信頼しあうことができているのかが重要になります。

自分と向き合うことを大切にすれば成長にも繋がる

群れている時間が長くなると、自分自身との対話をする時間が減ってしまいます。

なぜならば、誰かと常に行動し、誰かの意見を常に聞いている状態なので自分の気持ちと向き合う時間がなくなってしまうからです。

しかし、群れるのをやめれば自分と向き合うことを大切にすることができます。

そして自分の本当にやりたいことや本当の気持ちに気付くことができ、成長する材料となるのです。

自分で考える力がつく

誰かと群れていると自分で考えなくても周りの人が何もかも決めてくれていたことでしょう。

しかし、群れるのをやめると常に自分で考えて決断しなければいけません。

そのため、自分で考える力がつくようになります。

最初は難しく感じるかもしれません。

しかし、何度か自分自身で考えるようになれば、誰かの意見や気持ちに自分の気持ちを委ねていたことをバカらしく感じるようになるでしょう。

自分のためにたっぷりと時間が使える

群れて行動していると、友達たちの呼び出しや急なコンパ・飲み会・遊びなどで予定していたことができなくなることもあったのではありませんか?

誘いを断ればいいのですが、もしもここで断ってしまったら今後の関係が悪くなってしまうのではないかと感じるためになかなか断ることができなかったかもしれません。

しかし、群れさえしなければ自分の時間を自分のものとして使うことができます。

他人を気にしなくていい

群れていると群れている人たちからの目線を気にしてしまうものです。

「ここで断ったら嫌われるかな」「ここで同調しなかったら嫌われるかな」などです。

あなたも感じたことがあるのではないでしょうか?そのせいで自分に嘘をつき、やりたくもないことに時間とお金を使ってきたかもしれません。

群れることさえしなければ、自分を大切にすることができるようになれば他人を気にしなくてもいいのです。

無理して群れなくても大丈夫!

今回は、群れる人の特徴と群れることをやめてもいい理由をお伝えしてきました。

群れることによって、今はまだ安心感を覚えることができているかもしれません。

しかし、それは知らない間にあなたがあなた自身に嘘をつき、本当の自分の気持ちを無視している状態になります。

息が詰まってくることもあるのではないでしょうか。

ぜひそのタイミングで群れるのをやめてみましょう。

そこで後ろ指を指す人はそれまでの人だったのです。

お互いに大切にできるような本物の友達を手に入れましょう。