学歴は、その人の“看板”と言えます。

学歴社会の日本では、高学歴の“看板”は、将来に向けた人生の可能性を切り拓いていくための、“特効薬”となります。

“看板”を見ることで、その人の知識の目安を推し量ることができます。

日本では、“学歴社会”というコトバが使われ始めてから多くの年数が経っています。

“情報化社会”、“少子高齢化社会”というコトバは近年に使われ始めましたが、学歴社会というコトバの歴史は長い年数を経ています。

海外の国に比べると日本は、学歴を重視する傾向が強いと言われています。

日本では、「学歴社会」と言われているように、人を評価する際に学歴を重視する傾向があります。

一方、今の時代を象徴するコトバの1つが、“格差社会”です。

格差社会では、給与収入などの経済面の格差、学歴の違いによる企業内における職位の格差など、日常生活の中で人々が置かれている立場に格差が生じていることを表わしています。

日本社会においては、学歴が人の将来を左右する場面が少なくありません。

長い間、閉塞感に包まれた日本社会の中では、多様な価値観が広がり難い状況にあります。

このため、“高学歴”というコトバが固定観念として、人々を評価する判断基準の1つになっています。

ですから、学歴重視の日本の中で、自分の将来の人生を切り拓いていくためには、“高学歴”の“看板”を勝ち取ることが必要なのです。

学歴社会とは?

「学歴社会」とは、海外の国では見られない日本特有のコトバです。

学歴社会では、その人の持つ学歴が将来の社会的立場を左右することを意味しています。

日本社会の中では、大人も子供も“高学歴”を目指して、“受験競争”や“学歴競争”の中で、シノギを削っています。

“学歴競争”が、日本の格差社会の現状に拍車をかけています。

ですから、自分の将来に向けた人生の可能性を拡げるためには、“高学歴”を目指すことが大切な条件となります。

学歴社会の日本の現状は、学歴重視から人物重視へと変わりつつあるとはいえ、学歴によって、将来の人生が左右されるケースが多々あります。

学歴社会の中で、自分の将来に希望を抱いて人生を切り拓いていくなら、高学歴を目指していくことで、可能性が拡がります。

“高学歴”は、将来に向けた人生の可能性を拡げてくれる“特効薬”です。

高学歴の基準は?

高学歴の基準としては、定まった数値はありません。

しかし、高学歴を目指す人が受験する大学は、国内の数多くの大学の中でも限られた一部になります。

一流大学の歴史を見ると、明治時代の“帝国大学令”によって設立された「七帝大」と言われる7大学の他に2校あります。

「七帝大」は、当時の時代を背景として、将来の官僚候補を教育・育成する趣旨で設立されました。

高学歴の基準としては具体的な線引きはできませんが、世間一般的には、「七帝大」と言われていた、一流大学を卒業することで、高学歴を勝ち取ることができます。

高学歴を獲得するためには、受験競争の中で高得点を勝ち得なければなりません。

受験競争を乗り越えて、一流大学へ進学し高学歴の“看板”を獲得することで、将来の可能性は広がっていきます。

格差社会の日本では、高学歴であることで、格差社会の中で有利になることを実感できる場面が多々あります。

高学歴であることのメリット20選

日本は、学歴を重視する考えが根強い学歴社会です。

学歴社会の日本では学歴が、その人を評価する際の判断基準になります。

高学歴の“看板”を掲げることで、就職活動や仕事の面で高く評価されることが多々あります。

格差社会と言われている日本では、社会的地位や経済的な有利さを獲得するためには、高学歴であることが必要条件と言えます。

高学歴であることは、プライベートの面でも有利に働くことが少なくありません。

高学歴である人は、周りの目から見ると、“将来を約束された人”として高く評価されます。

ですから、異性との交友関係でもプラスの効果が期待できます。

学歴社会の日本において、高学歴であることは、仕事やプライベートの場面で有利な立場になり、将来に向けた人生の可能性が大きく広がります。

1.就職活動がしやすい


学歴社会の日本において、就職活動を大きく左右するのは学歴です。

特に、高学歴であることは、就職活動の幅が広がると同時に有利に進めることが出来ます。

日本社会の中で、人を評価する判断基準として、人物重視の動きが出てきているとはいえ、多くの企業は選考基準の中で学歴を重視している傾向があります。

特に、官庁や一流企業では、高学歴であることが選考基準になっているケースが多いです。

就職活動を有利に進めて、希望する有名企業の内定を獲得するためには、高学歴の“看板”を掲げることが必要です。

就職活動の結果は、将来に向けた人生に大きな影響を与えます。

ですから、目指す官庁や一流企業の内定を獲得するためには、高学歴であることが必須条件となります。

学歴が重視されることが多い

学歴社会の日本では、「学歴フィルター」というコトバが使われることがあります。

学歴重視が根強い社会の中で、多くの企業が設定している選考基準の第一に挙げられるのが学歴です。

多くの学生が応募する有名企業では、「学歴フィルター」を採り入れて、学歴重視を一次選考の基準にして、応募者を評価するケースが少なくありません。

また一方では、人物重視の考えで、“優れた人”を採用する企業が増えてきています。

企業の発展に貢献できる、“優れた人材”と言える人物を求めているケースが多々あります。

しかし、「学歴フィルター」というコトバに象徴されるように、就職活動に取り組む学生にとっては、学歴が大きく影響することを、念頭に置かなければなりません。

一流企業の多くが学歴重視の傾向にある中で、就職活動を有利に進めたい学生にとっては、高学歴であることが必要条件になっています。

有名企業の多くは、学歴の高い人物であることが採用基準になっています。

学歴を重視する社会的風潮の中で就職活動を有利に進めるためには、“高学歴”を勝ち取らなければなりません。

特別採用があることも

様々な業界の有名企業の中には、高学歴の学生は、“優秀”という考えから、特別採用枠を設けているケースがあります。

学歴重視の企業は高学歴の学生を高く評価し、経営を担う将来の幹部候補生として、特別採用を設けています。

特別採用を採り入れている企業を目指すなら、高学歴を勝ち取ることです。

“高学歴”=“優秀”という固定観念に拘る企業は、高学歴の学生を優先的に採用するための特別採用を設けています。

2.印象に残る

人を見て印象の残るケースには、容姿であったり、目立つ振る舞いや服装であったり、学歴であったり色々です。

世間一般では、一流大学を卒業した高学歴な人は、“頭が良い人”、“優秀な人”という印象を持ちます。

周りの人は、高学歴の人が卒業した一流大学の名前を聞いただけで、印象に残ることが少なくありません。

高学歴な人は、周りに印象を与え易い面がありますので、得をすることがあります。

一般的な大学ではなかなか印象に残ることができない

世の中には、数えきれないほど、様々な大学があります。

日本のような学歴社会の世の中では、人を評価する判断材料の1つとして、卒業した大学の名前を聞くケースがあります。

卒業した大学が一流大学であれば、周りに強い印象を与えて、本人にとっても有利になることがあります。

しかし、一般的な大学ではなかなか、周りの人の印象に残ることができないと言えます。

出身大学名により、人を評価する風潮が根強い日本社会の中で、学歴は人を評価する基準になっています。

ですから、自分の人生の可能性を有利にしていくためには、一流大学を目指さなければなりません。

3.高学歴の平均年収が高い


世の中の多くの業界では、学歴重視の企業が多くを占めていると言えます。

多くの企業では、社員の採用時の初任給が、学歴ごとに区分されていることが一般的です。

学歴が高くなる程、初任給の額が万単位で違ってきます。

初任給の違いは、今の日本の格差社会を象徴する1つと言えます。

新入社員として社会人をスタートした時点で、学歴により年収に差が生じているのです。

社会人としてスタートした時点の年収の差は、その後の社会人生活を送る中で埋まることは難しいと言えます。

学歴社会の日本では、学歴の差が年収の差として表われています。

年収の差が日常生活の経済格差となっているのです。

日本中を包み込んでいる格差社会の中で、経済的な面の有利さを確保するためには、高学歴であることが必要条件になります。

高学歴であることで、平均年収の額が高くなるのです。

昇進などの将来性がある

学歴の差は、昇進の差として表われてきます。

多くの企業では、学歴に応じた昇進ステップを規定しているケースが少なくありません。

大学入試を乗り越えてきて、希望する企業への就職を果たしても安心はできません。

職場の中では、社員同士が“昇進競争”に心血を注いでいます。

学歴重視の企業では、昇進のスピードは学歴によって決まる傾向があります。

高学歴の社員は昇進スピードが速いです。

ですから、同期採用の社員同士であっても、数年後には学歴による昇進スピードの違いから、職場の中での職位のランクに差が生じてくるのです。

学歴社会の日本では、小学校の時から競争環境に身を置くことになります。

小学校の“成績競争”から始まって、“受験競争”、“進学競争”、“学歴競争”を乗り越えて社会人を迎えると、“昇進競争”に身を置くことになり、気持ちが休まる時がありません。

気持ちが休まることの無い生活を生き抜いていくことで、社会的地位を獲得できる社会構造になっているのが日本社会の実態です。

閉塞感に包まれた日本社会の中で、ウツ状態に陥っている人が増えている要因の1つには、学歴重視の風潮が影響していると言えます。

社会の中に“埋もれない”人生を歩むためには、高学歴を目指すことが必要です。

異性からも注目される

一流大学の学歴を持つ人は、合コンの場などでも、異性から注目されることが多々あります。

“高学歴”=“能力の高い人”という社会通念が、異性同士が知り合うときの判断基準になることがあります。

また、交際する異性を見極める際の判断基準には色々あります。

例えば、見かけの容姿の良さ、職業や社会的地位、学歴などを見ながら、自分が求める異性を見極めていきます。

自分が抱く判断基準に当てはまる異性に、巡り逢えることを期待しています。

特に、学歴は異性を評価するときの大切な判断材料になることがあります。

高学歴である人を、社会の中での“成功者”として見る傾向があります。

ですから、高学歴であることで異性からも注目され、有利な立場で知り合うキッカケを掴むことが出来ます。

4.家族が喜んでくれる

高学歴であることは本人のみならず、家族にとっても喜ばしいことです。

親にとっては、高学歴な子供は誇らしい存在です。

世の中には、色々な大学があります。

多くの人々は、一般的な大学の学歴の持ち主です。

ですから、一流大学の学歴を持つことで、注目される存在になることがあります。

高学歴であることで、家族が喜んでくれると同時に、将来に向けて親から大きな期待を掛けられます。

家族からの期待を担う立場になったときは、一層のヤル気が湧いてくるような精神的な強さが必要です。

親戚などにも認められる

家族にとって高学歴な子供の存在は、親戚一族の“自慢の子”となります。

高学歴であることで、“選ばれた人”として、親戚からも認められる存在になります。

高学歴な本人にとっては、親戚からの期待を集めることになり、時にはプレッシャーとして感じることもあります。

しかし、親戚からの期待に応えるために前向きな人生を歩むことで、“認められる”存在になっていきます。

5.社会的信用度が高い

学歴社会の日本では、“高学歴”=“優秀”という、世間一般の通念があります。

ですから、高学歴な人は優秀な人として見られますので、社会的信用度が高いと言えます。

また、高学歴であることで、“信頼できる人”として評価されることがあります。

優れた学力を持つ結果として高学歴を勝ち得ることで、収入面の優位性ばかりではなく、社会的信用度も得ることができるのです。

高学歴であることは、社会の色々な場面で優遇されることが少なくありません。

格差社会の日本で日々生活していく中で、学歴が将来の人生を大きく左右する場面は多々あります。

今の世間の中で社会的信用度を高め、有利な人生を歩み続けるためには、高学歴を目指すことが必要です。

一定のレベルの水準まで達していると判断される

学歴は、その人の知識レベルを見るときの判断材料になることがあります。

高学歴は学力が優れている結果として、獲得できるものです。

努力の賜物として高学歴を勝ち得ることで、色々な場面で高く評価されることを体験できます。

“高学歴”=“優秀”という社会的通念がある中で本人を評価するときに、一定レベルの水準まで達していると判断するのです。

“一定レベルの水準”を持つ人として見られることで、本人にとっては、社会的地位を獲得するために大きく役立ちます。