会社というところは多くの人間から成り立っています。

会社とはイコール組織の事なのですが、この組織が閉塞感で固まってしまうとそういった組織を抱える会社自体の存続が危うくなるのは過去の歴史が物語りますね。

そして危うい会社の組織を構成する社員のほとんどが「イエスマン」である可能性は非常に高くなってきます。

ではどうしてイエスマンばかりの会社は危ない会社と言われてしまうのでしょうか?

イエスマンばかりの会社が危ない10個の理由と共に考えていきましょう。

️イエスマンばかりの会社は危ないらしい…

世間には様々な会社が存在します。

そのほとんどの会社は利益を上げる事に日々、奮闘しています。

そう、会社というところはじっとしていたら何も入ってきません。

生産活動を率先して行わないと生き延びられない宿命なのです。

そのために社員たちは朝から帰宅するまでの時間、自身の持てるスキルや能力を最大限に生かして仕事を行っている訳なのですが、生産活動を行うに当たって、自ずと矛盾が生じたり無理な事、無駄な事などが発生してきます。

本来ならばリーダーを中心として議論や話し合いを行って効率的な仕事が出来るように修正が行われるはずなのですが、中にはそれらの行動が全く形骸化されている会社もあるようです。

そういった会社には強烈な一人のカリスマがいたり、ワンマンオーナーのなすがままの経営方針に従っているだけ、というところも少なくないようです。

自ずとそういった会社の社員には発言権がありません。

全て絶対君主の言いなりとなり、ただの「イエスマン」に成り下がるだけ、という構図が出来上がっていきのですね。

しかしこういった会社の行く末、安泰なのでしょうか?会社が傾いたりする可能性はないのでしょうか?イエスマンばかりの会社は本当に危なくないのでしょうか?じっくり検証していく必要がありそうですね。

なんでもイエスのイエスマン


ここでイエスマンたちの特徴をちょっと拾ってみましょう。

そもそもイエスマンって特殊な立場の人たちなのでしょうか?

いえいえ、全然そんな事はありません。

至って普通の人達なのです。

むしろ学歴もあって一般常識やマナーもきちんとわきまえた人達なのです。

では、どうして元々ちゃんとした人達がイエスマンなどに成り下がるのでしょうか?

という疑問は愚問なのです。

まともな人だからこそ、絶対君主の君臨する会社に入ってしまうとイエスマンに自主的になっていくのです。

それが大昔からの人間の処世術なのです。

ある意味、組織的で素直で従順な人達の集まりと言えるでしょう。

絶対君主の前で逆らう事がどのような事を意味するのか、イエスマンにはちゃんと分かっているのです。

だから何でもどんな事でも「イエス」になってしまう訳なのです。

人としてはともかく、イエスマンだらけなら良いんじゃ…?

では次の疑問です。

イエスマンたちの人と成りはこの際、置いといて組織的に見れば絶対君主がいて、その周りがイエスマンだらけの方がうまくいきそうだからそれでいいのではないの?という疑問です。

ところがこれには大きな過ちが含まれてきます。

確かに絶対君主が経営判断を間違えず会社を軌道に乗せ利益を出していたならば問題はありません。

そういう時は、周りがイエスマンだらけでも何の問題もないでしょう。

ところが絶対君主に何らかの過ちや経営判断を間違えた時が訪れた時が問題です。

事業の業績が好調な事に胡坐をかき、毎晩クラブ通いで会社のお金を使い込んだ、とか重大な経営判断を見誤ったとか、自身のスキャンダルで会社に大きな損失を与えたとか。

いずれも現実に起こり得ないという保証はありません。

そういった有事になった時、果たしてきちんと社長の行動に対して毅然とした意見を言える社員がいるのかどうか、またその社長に人の意見を聞く耳があるかどうか。

なのです。

それはとても大きな間違い!

そうなのです。

やはり社長の周りがイエスマンだらけの組織というのは致命的に欠陥を抱えているのです。

物事の善悪が社長を含め、イエスマンの社員たちにも見えなくなってくるのです。

事なかれ主義の蔓延。

意思決定の出来ない管理職。

部下を動かせないマネージャー。

客観的な思考能力の衰退…。

数え上げたらきりがありません。

いずれにしてもイエスマンだらけの組織というのは土台をシロアリに悔い尽されてスカスカになった組織なのです。

そして当の本人たちはそういう事態も全く気付いていないのです。

あなたの会社も危険かも…

ここまでのお話を聞いてどう思われましたでしょうか?「うちは関係ない」と断定して言えるでしょうか?

よく組織の風通しのいい会社、という事を言ったりしませんか?風通しのいい組織というのは上司も部下も分け隔てなく活発な意見を言い合える組織の事です。

そういった場で喧々諤々言い合うからこそ、新しい社風が育まれていくのです。

もしあなたの会社にも、意見が通らずに硬直化を思わせるような気配を感じるのであれば、十分、イエスマンだらけの会社の可能性がある、という事も考えられる訳ですね。

イエスマンのはびこる会社は危険の温床なのです。

️イエスマンばかりの会社の未来

さあそれではイエスマンばかりがはびこっている会社の未来はどうなるのでしょうか?もうある程度の予想がつきそうですが、考えてみましょう。

会社の売り上げ・業績の悪化

イエスマンばかりがはびこっている会社の売り上げや業績は間違いなく悪化していくことでしょう。

会社の経営方針の最終権限者は勿論、社長です。

社長が右と言えば右に、左と言えば左に向かって進ませるのが社長の役割です。

この役割は社長以外の何者も出来ません。

それほど社長のこの決定は非常に重いものなのです。

決定を誤れば会社の業績は一気に下がり、社員の給料は払えなくなるどころか、社員の家族も含めて破産させてしまう事になるからです。

その社長の舵取りが狂ってしまったらどうなるでしょう。

普通ならば福社長や他の役員たちが是正したり会議で意見を出し合って最悪のパターンを回避するのが一般的でしょう。

しかし、イエスマンばかりの会社ではこれが出来ません。

イエスマンは指示をもらって仕事を行うのは得意ですが、何もないところから形あるものを作り出していく事が出来ません。

結局、行き着くところは売り上げの低下、業績悪化というパターンなのです。

最悪会社の倒産に至る

イエスマンばかりの会社の最悪の末路は「倒産」です。

何せ経営方針に対して誰も建設的な意見を差し挟めないのですから致し方ありません。

もしイエスマンたちの中に一人でも会社の行く末を真剣に心配している人がいるのなら、何らかの手を打ってくれるかも分かりません。

しかし、本来、企業というところでたった一人が拳を振り上げてもワンマンオーナーの目を覚まさせることはほぼ、不可能でしょう。

結局、自業自得というか最悪の末路をたどるより仕方ないのかも分かりません。

いずれにしても組織構成員のほとんどがイエスマンだらけ、という状態に明るい未来は開けないという事は言えるでしょう。

️イエスマンばかりの会社が危ない理由10個

それではイエスマンばかりがいる会社が何故危ないのか、を詳しくみていきましょう。

全部で10個の理由を紹介していきますね。

意見交換できない

イエスマンばかりの会社が危ない理由の1つ目は「意見交換ができない」です。

イエスマンばかりの会社の統治者は絶対君主です。

その社長の発言が全てです。

逆らったり異を唱えたりすればどういう処置が待っているか、皆、ビクビクものです。

よってそういった組織では社員同志が活発な意見交換をする場が設けられなくなります。

意見交換をしたところで自分達の意見は全く相手にされないのですから仕方ありませんよね。

こうやって意見交換=コミュニケーションが阻害され組織が完璧なピラミッド型になり命令されたこと、指示された事のみに従事すればよい、という土壌が生まれていくのです。

これでは会社の健全な運営は発生しないでしょう。

いずれ衰退する危なさをはらんでいる事は誰の目から見ても明らかですね。

社員が成長しない

イエスマンばかりの会社が危ない理由の2つ目は「社員が成長しない」という事です。

どこの会社にとっても社員という存在があってこそ、健全な会社組織として成り立っていきます。

だから社員には手間暇をかけて研修や勉強会、実戦による訓練などを通して成長してもらい、会社の根幹を支えてもらえる存在に育てようとしているのです。

ところがイエスマンばかりの会社にはそのような姿勢がありません。

たった一人のカリスマについていけばそれでいいからです。

カリスマに気に入られ取り入るようにすれば給料も生活も安泰になるからです。

外部の目で見ればこの事がいかに世間の常識からずれている事か、皆さんにはすぐにお分かりになることなのですが、イエスマンだらけの組織にいるとその一般常識が一般常識でなくなってしまうのですよね。

本当に危ない世界です。

やりがいを感じられない

イエスマンばかりの会社が危ない理由の3つ目は「やりがいを感じられない」事です。

やりがいを感じない。

これは今後の仕事人生を生き抜いていく上で非常に困った事態なのです。

転職を考える人の過半数の人はこの「やりがい」を理由に挙げるくらいですからね。

しかし、イエスマンだらけの会社にいればやりがいを感じる仕事にありつける保証はないでしょう。

絶対君主の作ったマニュアルに則りノルマを黙々とこなすだけ。

こうやれば作業効率が上がるなどの提案は一切、受け付けてくれません。

ある意味、ブラック企業より人間的に酷い働く環境だとも言えるかも分かりません。

働くということは、やりがいを見出さないと「何故、働かなければならないのか?」といった人間にとって忘れてはならないテーマを永久に封印してしまう事になってしまいます。

やりがいを失った人の目は輝きを失います。

生きる希望も失います。

ただ、ロボットのように毎日、単調なルーティンを続ける事になってしまうでしょう。

若い芽を潰す

イエスマンばかりの会社が危ない理由の4つ目は「若い目を潰す」です。

人間、脳による考え方が固まらないうちにいろいろな事を体験し、吸収していかないと得臨機応変な対応も出来なくなりますし、想定外な出来事が起こった時にも最前の対策すら講じる事が出来なくなります。

だから若いうちは「お金を払ってでも苦労をしろ」と言われてきたものです。

苦労への対応は頭が硬くなってしまったら全く対応できなくなります。

なのに、イエスマンばかりの会社では新入社員の人にも自社の社風やルールを無理やり押しつける事は行っても頭を柔らかくさせてくれそうな仕事には一切、関わらせてはもらえません。

これでは若い目が伸びてこないのも当然ですね。

皆、組織からはみ出さないようにすることを最優事項にするでしょう。

せっかくの高学歴も宝の持ち腐れにされるという訳なのです。

問題点が発見できない

イエスマンばかりの会社が危ない理由の5つ目は「問題点が発見できない」という事です。

問題点、つまり会社にとっての改善点ですね。

いかなる組織でも目標到達地にたどり着くまでには幾多のチェックポイントが発生してきます。

それらを一つ一つ潰して通らない事には出来のいい納得できるレベルの達成度には程遠くなるという事です。

しかし、イエスマンばかりの会社には、そのようなチェック項目を潰していくような土壌はありません。

全て上層部の意のままをそのまま通過させるだけです。

だから、いかにしたら効率的に改善できるか、といった思案を重ねる事がないので自ずと問題点を発見しようという意気込みも失せてきてしまうのです。

イエスマンばかりの会社は放置しておくといずれチェック機能を失って自然崩壊してしまうでしょう。

まさに危ない会社という訳です。

新しいアイデアがない

イエスマンばかりの会社が危ない理由の6つ目は「新しいアイデアがない」という事です。

会社というところは絶えず生産活動を続けていきます。

それは機械で商品を生産するだけではなく、営業活動を行って商品をお客様に提案し、買っていただくのも重要な生産活動あのです。

この活動ができなければいくらいい製品を作ってもお金にならないので会社は利益を上げる事が出来なくなりますよね。

これらの生産活動、古くなった時代遅れの商品を売り込んで果たして儲けが出るでしょうか?確かにいつの時代になっても変わらず不変な商品はあるでしょう。

しかし、なにがしかどこか手直しを施したりしてマイナーチェンジしたりはしているはずです。

そういったアイデアがイエスマンばかりの会社では生まれてきません。

社員たちは社長の考えだした新商品やサービスをやらせされるだけで創造する事を一切、任せてもらえません。

これでは人間の脳が退化するのも仕方ないでしょう。

退化した脳が取る行動は「怠ける事」です。

人間性の崩壊ですね。

そういった人間が追い会社、危なくて近寄れるわけ、ないですよね。

上司の顔色判断の仕事になる

イエスマンばかりの会社が危ない理由の7つ目は「上司の顔色判断の仕事になる」です。

上司の顔色ばかりを伺いながら仕事をすることほど、人生つまらないものはないでしょうね。

またそのような組織になっている会社、硬直化が激し過ぎて早かれ遅かれ時代の波に飲まれてしまうでしょう。

しかし、あなたが入社した会社がそういった会社だったとしたら致し方ありません。

処世術をよく考えて生き抜く事も必要になるでしょう。

つまり表と裏の顔を使い分ける事ですね。

通常の表と裏の顔の使い分けは、会社の中では表で一歩、社外に出たら裏の顔、というものですが上司の顔色を伺うような会社ならばその反対で会社にいる時は裏の顔で外に出たら表になるのです。

つまり会社にいる間は演技をするのです。

嫌な上司であっても不満・不平の類を一切、表に出さずいい人を演じ切る。

そして帰社時間が来たならば本来の自分に戻って自分を磨くための時間に没頭するのです。

あるいはそんな会社、サッサと辞めてやる、という転職の道もあるでしょうが、上司の顔色さえ見誤らなければ世間並よりいい給料をもらえるになら早とちりはもったいないです。

いずれにしても上司の顔色を伺ってばかりの組織は基本的には長続きはしません。

危ない会社の一つと思っておきましょう。

つまらない会社になる

イエスマンばかりの会社が危ない理由の8個目は「つまらない会社になる」という事です。

イエスマンばかりの組織にはい意味でも悪い意味でも新風が吹きません。

旧態依然とした体制の中でやりがいも生き甲斐も感じないまま一日が過ぎていきます。

誰ともなく声をかけあって飲み会が始まるわけでもありません。

時間は毎日淡々と進んであっという間に一日が終わっているでしょう。

実につまらない一日であり人生です。

こういう組織になってくると社員たちの活気は失われヤル気も湧きおこらず、感性がどんどん鈍くなっていきます。

しまいには会社の危機管理意識も薄らぎ、経営陣が間違った経営を行っていたとしても当の本人たちが気付かずに無作為に時間だけを費やしていくのです。

近年の大企業の不祥事などはこういった危機管理意識の欠落が招いた結果ともいえるでしょう。

これもイエスマンだらけの組織の大弊害の一つなのです。

危ない会社と言わざるを得ないでしょうね。

ストレスの悪循環

イエスマンばかりの会社が危ない理由の9つ目は「ストレスの悪循環」です。

あなたにもはやポジティブな考えが消え失せて腐敗した組織にどっぷりと浸かっていることがたまらない快楽の一つだ、と、おっしゃるのなら話は別ですが意欲に満ちていい仕事を遂行したい、という前向きな気持ちに燃えている人にとったら、思うようにいかないイエスマンだらけの組織はストレスが溜まるばかりの悪の温床のような場所です。

毎日、毎日、上司の顔色を伺って言いたくもないオベンチャラばかり言って何の生産性もない仕事を処理して一日を終わらせる時間の無駄さ。

本当にイライラが募りストレスが消え去ってくれる事がないでしょう。

イエスマンだらけの会社は間違いなくストレスを悪循環させます。

あなたの健康への被害度もどんどん増していくという事になってしまうでしょう。

精神的な病に陥る

イエスマンばかりの会社が危ない理由の10個目は「精神的な病に陥る」です。

イエスマンだらけの組織は超閉鎖的です。

「臭いモノにはフタをしろ」を地でいっている組織です。

そんなところに長く滞在すれば自ずと世間一般との常識から離れ、人生において全くつぶしの効かない人間に名ってしまう事でしょう。

人間、自分が正義だと思っていたことを否定され、誤った常識を押し付けられるとまともな精神状態でいられなくなる可能性があります。

精神的な病、つまりうつ病を発症してしまう事もあり得るのです。

イエスマンだらけの会社は心身ともに健全な社会生活を送るうえで様々な弊害を私たちに与えているのですね。

️会社内のイエスマンを減らすには

それでは会社内にはびこるイエスマンを減らす事は出来るのでしょうか?ハッキリ言って組織に対してたった一人で立ち向かうことほど危険なことはありません。

それほど腐敗した組織は自己防衛本能だけはずば抜けて優れているからです。

しかし、外堀をジワジワ埋めていって時間をかければ或いはいい線までいくかも分かりません。

では、その具体的な方法についてみていきましょう。

積極的にコミュニケーションを取り合う

イエスマンを減らすために個人レベルで行える方法でまず思い浮かぶのは同志を作る、という事でしょう。

そのためにはまず、あなたから積極的に周りの人に対してコミュニケーションを取っていく事です。

そう、全ての事の始まりは意思の疎通から始まります。

コミュニケーションが取れない組織ではどうあがいても仕方ありませんからね。

なんでも言い合える人間関係を構築する

次に取り組みたいのは「何でも言い合える人間関係の構築」です。

お互いが秘密を持ちあったままで会話しても、それは永遠の平行線のままでイエスマンの天下が終焉する兆しには一切ならないでしょう。

それでもイエスマンを減らすためにはやらなければなりません。

その具体的な手段を考えてみましょう。

本音で喋る機会を設ける

何といってもお互いがお互いの事を信じあっていない事には、本音の会話など成立しません。

しかし、この「本音の会話」。

言うのは簡単ですがいざ実行しようと思ったら非常に困難が待ち受けます。

疑心暗鬼といいましょうか、ちょっと会社批判のような事を喋ってしまった事が翌日にはもう会社の人事にばれている。

キッチリ喋った人は人事異動で左遷された。

人事にチクった人間は、信用第一をモットーにしていたあの男…。

こんな筋書きがまかり通ってしまっていたら誰だって本音ではぶつかってきませんよね。

誰だって己の身が一番、可愛いのですから。

飲み会やランチなどを活用

本音で言い合える人間関係は一朝一夕ではなかなか作れませんが、やらない事には一歩も前に進みません。

そこでまずは話を出来る場を作る事から開始しましょう。

人と人が相手への警戒を解き、比較的、本音をぶつけてきてくれる場が飲み会です。

つまりアルコールの力を借りる訳です。

お酒を酌み交わしながらの会話なら、酔いも手伝うので期待以上の成果が出ます。

話し合ってみたら、相手もこちらと全く同意見だった、という事はよくあります。

今まで溜まっていた鬱憤が一気に解放されてスッキリした気持ちにもなれる事でしょう。

これでイエスマンを減らすためのドアの扉は開いたも同然ですね。

モンスター上司への対策をとる

次に考えたいのは、モンスター上司対策です。

イエスマンが組織にはびこってしまう最大の原因がこのモンスター的な振る舞いを行う頭の固い上司の存在。

いかにしてこの上司対策を行っていけばいいのでしょうか?

イエスマン同士が団結する

個々の力は弱くても団結する事によって10の力が2倍にも3倍にもなることはあります。

相手はそんじょそこらの方法では全く役に立ちそうにない筋金入りのモンスター。

1対1の対決では全く歯が立たないでしょう。

しかし、こちらが複数になってきたら話は別です。

ここが民主主義の数の論理の強みです。

モンスター上司のメチャクチャな言いつけもこちら側が5人、10人と団結していけばいい方向に変わるかも分かりません。

やってみない事には分かりませんが、まずはイエスマン同士で団結して間違っている事を正していく。

ここからスタートしましょうね。

上司を子どもと考える

無茶ブリの多い上司はまともな大人と考えるよりは「駄々っ子の子供と同じ」という視線で捉えた方がいいかも分かりません。

勿論、このやり方は上司の指示や考え方が会社の利益と反している場合です。

本来ならばいくら駄目上司であっても露骨な無視や造反はあなたの人事評価に影響してしまいます。

あなたも考え方にずれもぶれもない事が前提となりますからね。

パワハラとして相談窓口へ

時代錯誤さながらに上司によるパワハラは後を絶たないもののようです。

もしあなたの会社がブラック企業だったならば、会社内では当たり前のようにパワハラの嵐が吹き荒れることでしょう。

しかし、大丈夫です。

今の時代、ちゃんと救済措置はあります。

自分の勤めている会社にもメンタル面やパワハラ面などの悩みに対する相談室が設置されているかもしれません。

あなたが本当に辛い思いをしているのなら、臆病にならずに相談してみることです。

誰かに胸の内を明かしたら物凄く「スッ」とするものですよ。

いくらイエスマンの集まりだとしても自身の正義は守ってもいいと思いますからね。

働きやすい環境作りをする

イエスマンを減らすための方法、次に考えられるのが「環境」作りです。

以下にすれば働きやすい環境となるのか?一緒に考えてみましょう。

自分自身の環境作り

まずは自分自身の環境作りです。

そのためには自分がイエスマンにならない事が最大の目標となります。

社内の全ての人がイエスマンの会社であったとしても、あくまでマイペースを保ち、距離をとってみましょう。

周囲が腐った人間ばかりだとは限りませんが同じ色に染まらずに自己の道を進むのは、かなり勇気が必要になります。

なのであまり自分に高過ぎるハードルをかけ過ぎないようにして臨みましょうね。

会社全体としての環境作り

その次に考えたいのが会社としての環境作りです。

しかし、この作業はたった一人ではどうしようもありません。

会社を動かせるくらいの力のある人物の存在が必要になってきます。

これは一種のクーデターとも取れる行動かも分かりませんね。

でも何も手を打たなければいつまでたっても良き環境は出来ません。

時間はかかるでしょうが諦めない気持ちを持ち続ける事が重要でしょう。

ひとりひとりが性格改善を心がける

イエスマンを減らすための方策として考えられる次の手段は「性格改善」です。

それぞれの人達が思い改まってこれまでの仕事ぶりを反省し企業活動の原点に返った行動を行うのです。

ここまでくれば会社の気風も一気に変革するでしょう。

会社は良い方向に生まれ変わっていくはずです。

一人一人が原点に立ち帰って性格改善を行うためには、社長の経営方針の表明が重要です。

この「鶴の一声」があればこれまでの暗黒時代は霧散するように消えていくでしょうね。

イエスマンではない人を採用する

会社全体でイエスマンを撲滅させる方向で動くようになれば人事の採用活動にも変革が訪れるでしょう。

イエスマンになりにくい人を意識して採用していけばいいのです。

人事は採用のプロ。

及び入社してからの社員教育も担います。

この入り口に当たる部分から改革していくことが手っ取り早い方法でもあるでしょうね。

️思い当たる人は気をつけよう!

如何だったでしょうか?イエスマンばかりの会社が危ない理由10個と対策について紹介して参りました。

平成の今の時代、日本の景気はかつての勢いを取り戻したが如く、上昇ムードが漂っています。

大手の企業の業績も右肩上がりで概ね、好調のようですね。

ところがそういった時代だからこそなのか、創業者の意気込みと魂を入魂されていない2世経営者や雇われサラリーマン体質の経営者が増えているようです。

創業者が作った儲かるシステムをそのまま受け継ぎ、血の通っていない表面だけの経営を繰り返す。

自身の権力と威光は自分が築き上げたものと勘違いして本業にいそしまずうつつを続ける不始末さ。

そしてそんな経営者に蟻のように群がる意思を持たない、高学歴の社員たち。

黙ってついていくだけで世間よりはるかに多い年収を得られるのですから、イエスマンに成り下がるのも無理はないのかもしれません。

しかし、イエスマン多き企業が哀れな末路をたどるのを私たちは見てきています。

対岸の火事と思わずに常に自らの戒めにしたいものですね。