CoCoSiA(ココシア)

従業員を大切にしている会社の16個の特徴


就職したい!転職したい!…でも出来れば会社の利益だけではなくて、会社で働いている従業員のこともしっかり考えてほしい…。

そのように考えていませんか。

現代では、いわゆるブラック企業といわれるような就職してきた従業員をまるで”使い古し”のように扱う会社も増えてきています。

あなたが現在働いている会社は大丈夫でしょうか。

会社が経営できるのは、いうまでもなく従業員が利益をあげているからです。

つまり、従業員の力なくして会社を経営することは不可能なのです。

それでもなお、従業員のことを大事にしない会社なんてコチラから願い下げてやりましょう。

とはいえ、就職するまでは従業員を大切にしているように感じたのにいざ入社したらその実態を知ってしまった、なんてこともあるでしょう。

そうならないように、この記事では従業員を大切にしている会社の特徴をお伝えします。

これから就職活動をする方、転職を考えている方全ての方に読んでいただきたいです。

従業員を大切にしている会社16個の特徴

これから先就職をする際には、自分を大切にしてくれるような会社がいいですよね。

ここでは、あなたが目をつけている会社が従業員を大切にしてくれているかどうかを見分けるために従業員を大切にしている会社の特徴をご紹介します。

今すでに働いている方は、自分の会社はどうなのかチェックしてみてくださいね。

離職率が低い

これは昔から言われていることですが、従業員にとって居場所の悪いような従業員を大切にしていない会社では、離職率がとても高いです。

特に新入社員の離職率が多く、お局さんといわれるような年配の方が多く残っている場合にも従業員を大切にしている企業とはいえないかもしれません。

従業員を大切にしていないからこそ、従業員になったとしても働くことが苦痛になってしまうことがあります。

なんのために働いているのか分からなくなると、他の仕事を探す人が多いと思います。

その会社以外にも社員を大切にしてくれるような会社はたくさんあるからです。

就職前に、離職率のグラフなどを確認しておきましょう。

充実した福利厚生

社員を大切にしている会社は、福利厚生が整っています。

休日はもちろんのこと、社会保険制度、さらに住宅補助や子ども手当などを行っている会社もあります。

独身向けに作られたものから家族世帯向けへ作られたものなど多くの福利厚生がある会社ほど、従業員のことを考えているといってもいいでしょう。

とはいえ、従業員募集ページには福利厚生について詳しく記載しているものの、いざ就職してから「これは勤続〇年以上の人しか使えないんだ」なんていわれることもしばしばあります。

そのようなトラブルにならないためにも、あらかじめ就職前に福利厚生の利用条件などもあわせて確認しておくといいでしょう。

理念に基づいた経営

どの会社であっても、その会社を運営していくにあたり理念があります。

「この会社は〇〇をする」「社員は〇〇であるべきだ」などのものですね。

そのような素敵な理念があるにもかかわらず、なかにはその理念を無視して経営していることがあります。

外部から見るとなかなかわからないものですが、取引先や取引経験履歴などを確認するとその理念が守られているのかどうかを確認することができます。

また、理念では「明るく元気に笑顔を!」とあるのに社員たちが笑顔でないとか、面接官やすれ違う社員が疲れ切っているように見えた場合には要注意です。

その理念が守られておらず、社員たちの精神が食われている可能性があるからです。

就職先を調べるためにはそこで働いている方たちのリアルな声を聞くと参考になります。

それにはネットで掲載されている口コミサイトなどを利用するといいでしょう。

相談しやすい環境


どんなに利益が高くて高収入を望める仕事であっても、悩みはつきものです。

その際に、誰かに相談することができないままでいると人はときに、自分自身を追い込むことになります。

なぜならば、常に答えを出すことのできない自分にしか問いかけをすることができないからです。

その結果としてうつ病を発症してしまう人も少なくない世の中となってしまいました。

しかし、従業員を大切にすることのできる会社というのは、相談しやすい環境を自然と作り出しています。

のちほどご紹介しますが、とある企業ではリモート保健室なるものを設置し、従業員が社内外問わず好きな時に入り、保健師や心理士に相談することができるそうです。

目の前に相談できる場所があったとしても、そこに入ったりその人に声をかけたことで「相談したと思われるかもしれない」「そのことで噂になるかもしれない」なんて、相談することをためらってしまう人もいるのが事実です。

しかし、常に話しやすい状況や関係を作り出すことでその悩みを心にとどめないようにしています。

社内の風通しが良い

従業員を大切にしていない会社では、不思議と社内の風通しが悪いです。

風通しというのは、換気ができていないということではありません。