あなたは自分が働くとしたら雰囲気の良い職場と雰囲気の悪い職場、どちらで働きたいですか?

こんな質問をされれば、確実に雰囲気の良い職場を選ぶ事でしょう。

職場ではもちろん仕事をする事がメインですが、どうせならば良い環境え仕事に集中したいものです。

そんな職場の空気を見極める、雰囲気良い職場の特徴をご紹介します。

職場の雰囲気を良くしよう!

人が集まると、必ずそこに何らかの雰囲気が出て来るものです。

一人ひとりの空気が周りと反応し合う事によって雰囲気が作り上げられていく訳ですが、どうせならば良い雰囲気を作っていきたいものですよね。

働く人の心の内が職場の雰囲気を左右する

特に職場の雰囲気は、そこで働いている人の心の内が反映されるものです。

1人1人がどんな気持ちで仕事に取り組んでいるかによって、職場の雰囲気は変わっていくものなのです。

雰囲気が悪い職場で働くデメリットとは?

逆に、心の状態がよくないと職場の雰囲気は一気に悪くなってしまうものですよね。

雰囲気の悪い職場で働くと様々なデメリットがでてきてしまいます。

雰囲気の悪い職場で、仕事の効率が悪いと感じた事のある人もいるのではないでしょうか?

楽しくないので嫌々仕事をしている

雰囲気の悪い職場では、楽しい気分にはなれませんよね。

職場は遊び場ではないので、それでもやるべき事はしなければいけませんがギスギスして居心地の悪い空間に拘束されるのは苦痛で、仕事自体が嫌になってきてしまいますよね。

人間不信になる

雰囲気の悪い職場では、他人の悪口や足の引っ張り合いなども起きているかもしれません。

そんな環境にいると、周りを信頼する事が出来ずに人間不信に陥ってしまう事もあるでしょう。

精神的に徐々に病んでしまう

人はとても感化されやすい生き物です。

あまりにも雰囲気の悪い職場に長くいると、段々とネガティブな空気や考え方に感化されてしまい精神的に病んでしまう事もあるかもしれません。

仕事の成果が上がらない

雰囲気の悪い職場では、仕事に対するモチベーションが上がらずに思うように成果が上がらない事があります。

仕事の成果が上がらない事に対してイライラしてしまう事で更に職場の雰囲気が悪くなり悪いループに陥ってしまうのです。

雰囲気が良い職場の16個の特徴

職場の糞に気が良いのかどうかは、そこで働く人の表情をよく見たり環境を観察すれば意外と良く分かって来るものです。

ここでは雰囲気が良い職場の特徴をご紹介していきます。

閉塞感がなく広々している

雰囲気が良い職場に共通している特徴は閉塞感が無く広々としたオフィスである事です。

閉塞感のある場所に長くいると息が詰まってしまい、徐々に雰囲気わ悪くなってしまいます。

雰囲気はそこにいる人が作り出すものですが、その環境もとても重要なのです。

明るい

雰囲気が良い職場は、環境として普通より明るい事が多いです。

暗い場所にいると、どうしても気分が落ち込んでしまいますよね。

照明を複数使用したり、窓を大きくして自然光がしっかりとオフィス内に入って来るようにしているなど雰囲気を明るくする前に、物理的に明るくする工夫がなされているのです。

デスクが詰まっていない

デスク同士の距離が狭かったり、自分のスペースが極端に小さくなってしまうとパーソナルスペースに他人が入ってしまっている事がとても不快に感じてしまい、職場の雰囲気が悪くなりやすくなってしまうのです。

そのため雰囲気の良い職場はパーソナルスペースが十分に確保できる広々としたオフィスである事が多いと言えますね。

全員が自ら挨拶をしようとする

人間同士のコミュニケーションはまず挨拶からスタートします。

そのため、雰囲気の良い職場は全員が自発的に挨拶をして他人とコミュニケーションをとる傾向がありますね。

人から挨拶をして貰えると、自分自身も気持ちよく対応できて良い雰囲気が更に広がっていきます。

礼儀正しい

挨拶をするのは社会人として当然の事かもしれません。

しかし、その当然の事すら当たり前にできない人が存在しているのも事実です。

そういう人を目の前にすると「礼儀がなってないな」と嫌な気持ちになってしまい自然と雰囲気が悪くなってしまいますよね。

雰囲気の良い職場では一人ひとりが礼儀正しくしているために、お互いに気持ち良くいられるのです。

皆が目標を共有して前向きに努力している


職場全体で皆が目標を共有し、同じ方向を向いて前向きに努力している職場は一致団結していて良い雰囲気が出来上がっていますよね。

同じ目標に向かって、同じ熱量で仕事ができる環境や同僚社員などに恵まれると大変な仕事も前向きに楽しんで取り組む事ができます。

この良い雰囲気が仕事の成果を底上げする事も少なくありませんよね。

衝突しても雰囲気が悪くならない

普通、意見や方針が違ってしまうと職場の雰囲気が悪くなりがちです。

しかし、皆が木補油を共有していて前向きに努力している職場なら違う意見を持った人でも「最終的にこの仕事を成功させたいと思っている気持ちは一緒だ」と相手を理解できるし、相手の事を理解しようと思えるのです。

そのため、意見の違いから衝突してしまったとしても、有意義な対話ができて雰囲気が悪くならないのです。

社員同士互いに尊重し合っている

雰囲気を良く保つためには、お互いがお互いを尊重し合い親しき仲にも礼儀あり、を実践していなければいけません。

そのため、雰囲気の良い職場の絶対条件として社員同士互いに尊重し合っている事があげられます。

人の悪い所を探すのではなく、人の良い所をお互いに見つけ合う事ができるからこそ、良い雰囲気を作り上げながら仕事に取り組む事ができるのです。

社員同士仲が良いが丁度良い距離を保っている

基本的に仲が良ければ、雰囲気は良くなりそうに思えるものですが、実は仲が良さすぎるとお互いに尊重したり、礼儀を守る事を忘れてしまい雰囲気が悪くなってしまう事があるのです。

職場は遊び場ではなく、上司や同僚、部下は友達ではありません。

一緒に仕事をするパートナーとして適切な線引きをできる事で、締まる所は締まった良い雰囲気の職場が出来上がるのです。

オンオフの切り替えが出来ている

会社で良きパートナーとして働いていると、プライベートで会ったりお酒を飲みに行ったりする事も出て来るでしょう。

しかし、その関係をズルズルと職場に持ち込んでしまうと職場の雰囲気が悪くなってしまいます。

雰囲気の良い職場ではオンオフをしっかりと切り替えて、プライベートを持ち込まない事が多いですね。

対立や仲間外れ、噂話などがない

人が多く集まると、グループが出来てしまったりそのグループが対立してしまったりする事もありますよね。

また、人が集まるとどこからか噂話が回ってくるなど人間関係が複雑になってきてしまいます。

しかし、自分がそこに関わらなかったとしても、そういった複雑な人間関係ができてしまうと職場の雰囲気がどうしても悪くなってしまいます。

対立しても誰かに肩入れする事がない

雰囲気の良い職場では、個人個人が大人な対応をきちんととれる事が多いです。

何らかのトラブルで個人同士が対立したとしても、周りがそのどちらかに肩入れをしたり誰か1人を執拗に責めたりする事がありません。

当事者同士で冷静に解決する事を促す事ができるため雰囲気が悪くならないのです。

自分の目で見たもの以外を信用しない

人が居れば噂話は湧いてくるものです。

しかし、雰囲気の良い職場に勤める人達はそんな根も葉もない噂よりも、自分の目で見て来たその人の人間性や自分の耳で聞いた情報以外の事を信じません。

本当か嘘かも分からない噂話よりも、自分自身と相手を信じる事ができるので噂は直ぐに消えてなくなり職場の雰囲気は悪くならないのです。

社員旅行や飲み会などが定期的にある

雰囲気の良い職場は、社員旅行や飲み会など社員同士がお互いをよく知り合える機会を多く設けている事が多いですね。

社員旅行や飲み会の内容も、権力の強い人による独断ではなく職場全員が楽しめるように配慮されている事もあり、出席率が高いのも雰囲気の良い職場の特徴です。

強制がしない

雰囲気の悪い職場でも飲み会が多くある所がありますが、その大半が「強制参加」となっているのです。

イヤイヤ行く飲み会などは、全く楽しくなく職場の事がもっと嫌いになってしまいます。

雰囲気の良い職場では、個人のプライベートな時間も配慮して希望制で社員旅行や飲み会を催している事が多いのです。

窓がたくさんあり明るい


最初に解説したように、雰囲気の良い職場は開放的になっている事が多く、窓を大きくたくさん設置する事でしっかりと自然光を取り入れて職場は物理的に明るくしています。

人間は太陽光を浴びる事でセロトニンと呼ばれるホルモンを出します。

これが、幸福ホルモンと呼ばれ、多幸感を与えてくれるので個人がイライラしにくく職場の雰囲気が良くなりやすいとも言われていますね。

隣の人との机が仕切られていない

オフィスによっては、仕事に集中するために左右のデスクとの間に仕切りがあり、プライベートな空間を作っている事もあります。

しかし、そうすると隣の人と連携したり、作業の確認をしにくい他、小さな物音や振動が気になってしまってちょっとした事をきっかけに雰囲気が悪くなりやすいのです。

全体的に開放されているからこそ、お互いの事をしっかりと分かり敢えて雰囲気の良い職場が作られていくのです。

開放感のあるオフィス

開放感のあるオフィスは、風通りが良く、それぞれが他人を意識しながら仕事に取り組む事ができて良い雰囲気が作られます。

あまりに人が密集した空間だと、ストレスを感じやすいですが、適切な距離を取っている解放感のあるオフィスは仕事効率を高めて人間関係を良くしてくれますよ。

整理整頓が行き届いている

雰囲気の良い職場は整理整頓が行き届いているものです。

しっかりと掃除がされて、物が適切な場所に収納されている職場は使い勝手が良く無駄なストレスを生みにくいのです。

更に雰囲気の良い職場では個人個人が、他の人も使い勝手が良い状態をキープしようと心がけるのでお互いを思い合った空間になり更に雰囲気がよくなってきます。

散らかった職場は他人の事を考えていない職場

例えば、書類があちらこちらに散らばったオフィスは、その書類を使う人の事を考えていなかったり、その書類が置かれているデスクを使う人の事を感がえていない訳です。

他人の使い勝手や便利さを考えて上げられる職場は必ずと言って良いほど整理整頓がなされている物なのです。

上司が正当に評価してくれる

贔屓などが無く、上司が正当に社員を評価してくれる職場は自然と雰囲気が良くなるものです。

上司が普段の働きを見て、正当に評価してくれるというのはそれだけで気持ちの良いものです。

そんな上司の元に集う社員達が雰囲気を悪くする訳がありませんよね。

多くの場合、場の雰囲気は権力を持つ人の影響を大きく受けます。

上司が真摯で実直な人なのであれば職場の雰囲気は良くなるものなのです。

上司が無能だと職場の雰囲気は悪くなる

上司が社員の評価を贔屓したり、仕事に真面目に取り組んでいないと職場の雰囲気は悪くなりがちです。

贔屓されている社員には嫉妬の対象になり、仕事に真面目に取り組まない上司を持つと部下もモチベーションが低く職場の雰囲気は悪くなっていくのです。

有給を皆ちゃんと取れる

会社が正常に機能していると職場の雰囲気は必然的に良くなります。

その一つが有休の取得率です。

有休は会社員に平等に与えられる権利ですが、実際は忙しくて思う様に有休が取得できなかったり、特定の社員のみが有休を取得しているという事も少なくありません。

そんな不平等が起こる事なく、皆がちゃんと有休を取れる職場は穏やかで雰囲気が良い事が多いですね。

自己中心的な有休のとり方をする人がいない

有休は会社員の権利ですから、申請されれば会社は殆どの場合受理する他ありません。

しかし、繁忙期にまとめて有休を取られたりするとそのしわ寄せは確実に他の社員が引き受ける事になります。

有休を取る時にもお互いの事を考えあって、正当な権利だとしてもある程度配慮した有休のとり方をする人ばかりだからこそ職場内の雰囲気が良くなるのです。

報連相やチームワークがスムーズ

職場内の報連相やチームワークがスムーズにいかず、グズグズになってしまうとストレスが溜まり職場内の雰囲気は悪くなっていく一方です。

雰囲気の良い職場というのは、一緒に仕事をするチームの事を考えて、1人1人が自発的に仕事をしているため報連相がスムーズでチームワークも良いのです。