CoCoSiA(ココシア)

雰囲気が良い職場の16個の特徴


あなたは自分が働くとしたら雰囲気の良い職場と雰囲気の悪い職場、どちらで働きたいですか?

こんな質問をされれば、確実に雰囲気の良い職場を選ぶ事でしょう。

職場ではもちろん仕事をする事がメインですが、どうせならば良い環境え仕事に集中したいものです。

そんな職場の空気を見極める、雰囲気良い職場の特徴をご紹介します。

職場の雰囲気を良くしよう!

人が集まると、必ずそこに何らかの雰囲気が出て来るものです。

一人ひとりの空気が周りと反応し合う事によって雰囲気が作り上げられていく訳ですが、どうせならば良い雰囲気を作っていきたいものですよね。

働く人の心の内が職場の雰囲気を左右する

特に職場の雰囲気は、そこで働いている人の心の内が反映されるものです。

1人1人がどんな気持ちで仕事に取り組んでいるかによって、職場の雰囲気は変わっていくものなのです。

雰囲気が悪い職場で働くデメリットとは?

逆に、心の状態がよくないと職場の雰囲気は一気に悪くなってしまうものですよね。

雰囲気の悪い職場で働くと様々なデメリットがでてきてしまいます。

雰囲気の悪い職場で、仕事の効率が悪いと感じた事のある人もいるのではないでしょうか?

楽しくないので嫌々仕事をしている

雰囲気の悪い職場では、楽しい気分にはなれませんよね。

職場は遊び場ではないので、それでもやるべき事はしなければいけませんがギスギスして居心地の悪い空間に拘束されるのは苦痛で、仕事自体が嫌になってきてしまいますよね。

人間不信になる

雰囲気の悪い職場では、他人の悪口や足の引っ張り合いなども起きているかもしれません。

そんな環境にいると、周りを信頼する事が出来ずに人間不信に陥ってしまう事もあるでしょう。

精神的に徐々に病んでしまう

人はとても感化されやすい生き物です。

あまりにも雰囲気の悪い職場に長くいると、段々とネガティブな空気や考え方に感化されてしまい精神的に病んでしまう事もあるかもしれません。

仕事の成果が上がらない

雰囲気の悪い職場では、仕事に対するモチベーションが上がらずに思うように成果が上がらない事があります。

仕事の成果が上がらない事に対してイライラしてしまう事で更に職場の雰囲気が悪くなり悪いループに陥ってしまうのです。

雰囲気が良い職場の16個の特徴

職場の糞に気が良いのかどうかは、そこで働く人の表情をよく見たり環境を観察すれば意外と良く分かって来るものです。

ここでは雰囲気が良い職場の特徴をご紹介していきます。

閉塞感がなく広々している

雰囲気が良い職場に共通している特徴は閉塞感が無く広々としたオフィスである事です。

閉塞感のある場所に長くいると息が詰まってしまい、徐々に雰囲気わ悪くなってしまいます。

雰囲気はそこにいる人が作り出すものですが、その環境もとても重要なのです。

明るい

雰囲気が良い職場は、環境として普通より明るい事が多いです。

暗い場所にいると、どうしても気分が落ち込んでしまいますよね。

照明を複数使用したり、窓を大きくして自然光がしっかりとオフィス内に入って来るようにしているなど雰囲気を明るくする前に、物理的に明るくする工夫がなされているのです。

デスクが詰まっていない

デスク同士の距離が狭かったり、自分のスペースが極端に小さくなってしまうとパーソナルスペースに他人が入ってしまっている事がとても不快に感じてしまい、職場の雰囲気が悪くなりやすくなってしまうのです。

そのため雰囲気の良い職場はパーソナルスペースが十分に確保できる広々としたオフィスである事が多いと言えますね。

全員が自ら挨拶をしようとする

人間同士のコミュニケーションはまず挨拶からスタートします。

そのため、雰囲気の良い職場は全員が自発的に挨拶をして他人とコミュニケーションをとる傾向がありますね。

人から挨拶をして貰えると、自分自身も気持ちよく対応できて良い雰囲気が更に広がっていきます。

礼儀正しい

挨拶をするのは社会人として当然の事かもしれません。

しかし、その当然の事すら当たり前にできない人が存在しているのも事実です。

そういう人を目の前にすると「礼儀がなってないな」と嫌な気持ちになってしまい自然と雰囲気が悪くなってしまいますよね。

雰囲気の良い職場では一人ひとりが礼儀正しくしているために、お互いに気持ち良くいられるのです。