2018年から史上、稀にみる好景気に沸いています。

アベノミクスの影響か、世間は戦後最大級の景気に我が世の春を謳歌しているかの如くのあり様です。

この好景気の恩恵に授かっているのが、かつて就職氷河期と呼ばれていた「就活生」たちです。

ほんの数年前まで就活は極度に難しいものでした。

皆、どれほど内定を取るのに苦労したことか。

それが今では企業側が頭を下げて我が社に来てください、という状況に一変しました。

しかし、入る前と後で「こんなはずじゃなかった!」と思うのは今も昔も変わりません。

いくら職場環境を改善してもそれになじめない新人は後を絶たないのです。

新人側の問題なのか、それとも会社側の根本的な問題が解消されないからか。

とにかく入社して半年もたたないうちに辞めてしまう新人が後を絶ちません。

それでは今回は、人事の採用官にとっては耳の痛くなる話しを紹介して参りましょう。

何故、新人がすぐに辞めてしまうのか。

始めましょう。

新人がすぐに辞めてしまう職場って?

今も昔も、新人がすぐに辞めてしまう職場。

必ずや存在します。

時代は一昔前とは大きく様変わりしました。

もはや昭和の頃の常識は平成生まれ、平成育ちの人には全く理解されない風物詩と化しています。

なのに、相変わらず旧態依然とした会社はゴロゴロしています。

では果たして新人がすぐに辞めてしまう職場って、いったいどのような職場なのでしょうか?

新人がすぐに辞めるには原因が必ずある

新人がすぐに辞めてしまうからには、必ずや何らかの理由・原因があるはずです。

それを探っていくことにしたいと思います。

果たして新人から毛嫌いされるのはかつての昭和の頃のブラック甚だしい会社だけが原因なのでしょうか?

それとも現在の人々の視点が大きく変わったからでしょうか?

これらの点についてじっくりみていく必要がありそうですね。

新人がすぐに辞めてしまう11個の特徴

それでは新人がすぐに辞めてしまう特徴についてみていきたいと思います。

全部で11個のご紹介となります。

1.新人の相手をする人がいない


新人がすぐに辞めてしまう特徴の最初の1つ目は「新人の相手をする人がいない」です。

これは会社側の問題点といえるでしょう。

求人広告は派手に大きな事を大々的にアピールしておいて、いざ会社に入ってみたら面接官が言っていた事と全く異なっていた、という典型的なパターンです。

新人というものは即戦力ではありません。

それならば新卒を採用するのではなく転職者にターゲットを絞って採用するべきなのです。

それならばその新人に労する時間も費用も大きく削減する事が出来るでしょう。

新人を教育するのは片手間では出来ない事です。

なのに新人の相手をする人間を用意できないというのは会社側の決定的な「悪意」とも思われかねない落ち度といえるでしょう。

仕事が忙しく教えている暇がない

そういった会社の現場は、ハッキリ言って人にお見せできるほど誇らしいものとはいえないでしょう。

そう、毎日がテンヤワンヤ状態なのです。

人手が決定的に不足しているので日々、アップアップの状態。

こんな状態で新人をしっかりフォローして教えるなどという事、出来るはずがないのです。

もしそのような状態の職場で新人の教育係を任されてしまったらそれこそ不幸中の不幸かも分かりません。

新人を指導・教育する役目を仰せつかったからにはその職務を全うしようと誰しもが責任感を持つはずです。

しかし、いかんせん、現場が忙し過ぎて手が回らない。

それなのに右も左も分からない新人を教えなければならない。

そんな暇などないはずなのにここの会社、どういう神経をしているんだ!という事で今度はそのベテランの人が会社を辞めちゃうかもしれませんよね。

とにかく、人が人を教えるという事は片手間では出来ない芸当です。

しっかりと計画的に教育プランを立てて人事部が率先して新人の育成を担っていかなければいけないのです。

入った会社でいきなり現場におっ放り出されて見よう見まねで仕事をこなす。

聞きたくても先輩社員は忙し過ぎて全く相手をしてくれず。

この状態でもし、何らかのクレームに巻き込まれたら間違いなくその新人はこの職場に絶望するでしょう。

そのような環境で今後の自分の仕事人生を委ねる訳にはいきませんからね。

2.会社の仲が深まりすぎている

新人がすぐに辞めてしまう特徴の2つ目は「会社の仲が深まりすぎている」です。

要するに「派閥」のようなものがその会社に浸透し過ぎているという事でしょう。

何をするにしても仲の良いもの同志、あるいは息のかかった者同士の仲が強すぎて新人が自由な社風を感じ取る雰囲気がおよそありません。

これではこの会社の将来を思い悩む時期がそう遠からずやってくることは間違いないでしょう。

それほど人間関係というのは職場において人が続けられるかどうかを左右する非常に重要な要素となっているのです。

新人との交流が少ない

でも、いくら派閥が出来過ぎていたとしても誰かがその新人さんの事を見ていてくれたら問題はないないのです。

親切に笑顔で相対してくれていたら、いきなりその会社に対して変な嫌悪感は持たないでしょう。

それが組織的に全くないから新人が不安に思うのです。

新人がいきなり会社の仕事に精通してバリバリ、ベテラン並みに働けるはずがありません。

最初は誰だってずぶの素人なのです。

手取り足取り教えてもらわないと仕事を覚えられないのです。

それなのに先輩社員たちの仲が良すぎるというか、新しく入ってきた人間をどこか排斥でもしているかのような態度を見せられてしまったら、もう新入社員さん達はその会社に対する忠誠心も働く意欲も失ってしまうかも分かりませんよね。

結局、その会社の組織作りにおける風土というものが新人をすぐに辞めさせてしまう土壌を作ってしまっている、という事になるのです。

3.適当に教えている

新人がすぐに辞めてしまう特徴の3つ目は「適当に教えている」です。

これも会社の体質に問題ありの特徴といえるでしょう。

何より、「人事部」というものが組織的に正しく機能していない事を物語っています。

新人に仕事を適当に教えるだけ。

それも1回のみ。

あとは全くほったらかし。

これって本当にその会社、ヤル気があるんでしょうかねえ?

1回だけ教えて放置

新人研修という名目の「教えるための場」というものもなし。

たった1回だけの座学だけで新人研修を終わり、あとはいきなり現場に放り込む。

そして新人が仕事の事に関して聞きたいことがあってもその雰囲気すら醸し出さない職場の空気。

まさにこれは昭和の頃によくあった「ブラック企業」の雰囲気そのものでしょう。

例えば飛び込み訪問をメイン業務にする会社。

飛び込みにああだ、こうだと教えることはほとんどありませんからね。

知識やコツを口から言って聞かせるよりとにかく1軒でも多く訪問しろ。

これに尽きるのです。

だから新人に教える時間を極力、作らないのです。

そんな無駄で非生産的な事をやるよりも1日でも早く外に出して1軒でも多く訪問させる。

要するに新人がやろうがベテランがやろうが成果の部分ではほとんど差が出ないから故の会社の教育の仕方、と言って差し支えないものと言えるでしょう。

マニュアルがない

また一方では新人が職務を行うに当たって現場にマニュアルというものが全く存在しない会社もあります。

だから新人が分からない事を先輩社員に聞きに行くと、これがまたその先輩の教え方が下手くそなのです。

つまり完全に上から目線で新人を見ているのです。

「何だ、こんなことも分からないのか?それでよく大卒と言えるな?」てな具合ですね。

マニュアルがあればまだ新人はそれを見て手探りながらもやっていけます。

分からない部分は随時、先輩に聞く。

せめてこの程度のルールが出来ていたら新人がすぐに辞めることもないと思うのですよね。

只今ご紹介致しました2つの例。

どちらも私の実経験からです。

最初の飛び込み系の会社は都合3つの会社に入りましたが早くて3日、最も長いところでも1ヶ月で退社しました。

簡単な座学程度とはいえ、一応研修はしてもらいましたが現場に行ってからのギャップ感が半端ないくらいありました。

何かを聞きたくても外に出ていて自分一人。

あの孤独感が何ものにも変え難いものでしたね。

そしてマニュアルのない職場。

ここもひどかったです。

先輩の人との人間関係が全然作れませんでしたからね。

一種、丁稚奉公のような会社です。

その仕組みに気付いてその仕組みでも精神的にやっていけるタフさがある人が残れるのでしょうか?

私は幸いな事に、そこの仕事が好きだったので何とか頑張って10年勤めました。

マニュアルも会社にあった古いやつを改善して自分なりに応用して使いました。

まあそこは何回目かの転職先だったので乗り切り方を多少は身に付けていたから出来た事だったのですよね。

よって新人にいきなり精神的に不安を覚えさせるような教え方ではとても新人は定着出来ないという事です。

すぐに辞められてしまうのは大きくその会社の責任、と言えるでしょう。

4.一緒に仕事をしない

新人がすぐに辞めてしまう特徴の4つ目は「一緒に仕事をしない」です。

新人は全く未知の環境に入ったら不安で不安でたまりません。

せめて1~3日間くらいは先輩社員にそばについてもらっていたいのが本音です。

それなのに会社側の都合でそういった機会を与えずいきなり新人を現場に放り込んで知らんぷり。

これでは新人が正しく成長できるはずがありません。

もし運よくこの新人が定着できたとしても、その新人は猛烈な会社批判人間として生き残っていくことでしょう。

いきなり独り立ちさせる

この事態も私にとって経験してきたものです。

それは業種を問わず「店舗」という現場です。

お店は採算性を最優先にして人員配置を行います。

それくらい店舗において利益を出すためには人件費がカギを握るのです。

不要な人間をお店に配属させる事はハッキリいって「死活問題」なのです。

しかしながらいきなりの新人がこんな理屈を正しく理解できるはずがありません。

せめて最初の1ヶ月くらいは傍に仕事の事で分からない事があった時に気易く聞くことができる人物を置いておくことです。

でないと新人さんたちは不安と絶望が入り混じってその会社での勤務に諦めを感じてしまうでしょう。

入社して1ヶ月もたたない新人をいきなり独り立ちさせる。

確かに昭和の頃はそれが当たり前だったのですが、今の時代にそれをやったら、全く生産性を成り立たせなくするだけの「悪習」でしょう。

その事を悟れる経営者がその会社にいるかどうかの話しになってくるでしょうね。

5.面倒なものを押し付けている


新人がすぐに辞めてしまう特徴の5つ目は「面倒なものを押しつけている」です。

これも社風というかモチベーション失った社員が多く在籍する会社に多い傾向でしょう。

要するに「労を惜しむ」という事です。

しんどいことはしたくない。

給料も安いんだから同じ仕事をするなら極力楽な方を。

きつい仕事や面倒な仕事は新人に押しつけておけばいい。

という発想です。

こういった会社、今も多いかもわかりませんね。

私が初めて社会人としてデビューした時の会社にこういったタイプの社員がいましたね。

会社としても辞めるに辞めさせられず、閑職的ポジションに追いやるわけです。

その部署で「影番」のような存在になりさも自分はこの会社の生き写し化のような振る舞いを取って毎年、新人さん達をこき使う、というわけです。

こういった面倒なことを押しつけてくる人間。

1人ならば何とかなります。

その人間かを避けていたらいいのですから。

しかし、周りのほとんどの人間がそのような人間ばかりだったら…。

ちょっと具体的な対策が必要でしょう。

先輩がやりたくないことを押し付けられる

大体において、先輩やりたくない仕事というのは上から押し付けられた雑用がほとんど、と相場は決まっているでしょうが果たしてそうでしょうか?

つまり日頃さぼっているから余計な仕事が増える、という事です。

その仕事の中身はほとんどが「掃除」や「倉庫整理」。

つまり汚くしているからなのです。

掃除や整理整頓を日頃からキチッと行って要らないものと要るものの分別を行って、無用なものはどんどん捨てる。

そうしていれば余計な仕事は増えませんから新人にやりたくないことを押しつける必要もなくなるわけなのです。

しかし、それが出来ないから閑職に追いやられる、という訳なのですがね。

いきなり一人で大量の仕事量

とにかくそういった人物がうじょうじょいる会社。

日頃やっておかなければならない仕事を後回しにし続けているので作業量は膨大です。

自分はさぼって新人にやらせる。

あるいは口を動かすだけで何も作業をしない。

これではその人物が尊敬される事は永遠にないでしょう。

だから普通の感覚を持っている人間ならば、一時的にそういった閑職的仕事を手伝わされてもすぐに生産性のある部署に配属されそのような行為をさせられる事は無くなる、という事です。

勿論、このような悪弊が蔓延しているのは会社側の責任です。

会社がキチッとした人材教育を放棄してきたツケがこのような結果を招いているのです。

このような悪弊が残る会社、平成の世でも五万とあった事でしょう。

こういった事を新人の登竜門とするのか否か。

会社の組織作りの真剣さに問いたいところです。