ある程度の年齢になるとお金を稼ぐためにたくさんの方が会社に就職をすると思います。

社会人になるとこれまでの環境とは一変して、たくさんの新しいことに触れる機会が多くなります。

会社の業務に関してもそうですし、社会人としての当たり前のルールも知らないことが多いはずです。

しかし、どんな人間も始めは新人の時代を経験して成長していくものです。

たくさんの失敗をして、たくさんの経験を積んで、一人前の人間へと変化していくものなので、知らないという事は恥ずかしい事ではありません。

大切なのは、間違ってしまった時になぜ間違えてしまったのかという原因を考え、同じ失敗をしないように努力をしていくことです。

そして、なるべく早い段階で知らない事は知っておくように予習をしておく事も大切です。

そこで、今回は社会に出た際には必ず知っておかなければいけないルールの一つとして、役職をテーマにして、会社の役職名によくある17個の名前について詳しくご紹介していきます。

もしもこれから社会人になる方で、役職名について詳しくない方は事前に知っておかないと相手に失礼な事をしてしまう可能性がありますので、事前に把握できるように勉強してみましょう。

役職にはどんなものがあるの?

社会で活躍している社会人の方であれば、一般的な役職に関しては既に知識としてお持ちだと思います。

まだ社会で活躍したことがない学生の方であったり、年齢的にも若年層の方は知らないのが当たり前だとは思いますが、会社の役職というものは想像以上にたくさん存在しています。

もちろん全てを把握しておく必要性はないのですが、ある程度基本的な役職名については知っておかなければ必ず恥をかいてしまったり、失敗をしてしまう原因につながりますので注意をしておかなければいけません。

なぜ、役職を知っておかなければ、恥をかいたり失敗をしてしまうのかと考えた時に、一般的に考えて役職によってその人間の会社での立場というものが違っています。

具体的に言えば、役職によってその人間の偉さは変化するということです。

だからこそ、役職をきちんと理解してどの役職の人間の方がどの役職の人間よりも偉いのかということを把握しておかなければ、役職を持った人間が数人集まった場合に間違った対応を行ってしまう可能性があるからです。

それは自分自身が社会的な知識が身についていないということを露呈することにもつながりますし、役職を与えられている人間からすれば自分の立場を軽視されたと考えて失礼な印象を与える可能性もあります。

なので、一般的な役職を把握しておかなければ恥をかいたり失敗してしまうことにつながってしまうということになります。

それを踏まえた上で、もしも一般的な役職について知識を持っていない方は必ず社会人になる前に一般常識の範囲内の役職は理解しておくようにしましょう。

会社でよくみる役職

まだ社会人としての勤務経験がない方でも、ある程度一般的な役職については理解をしている方が多いはずです。

例えば小学生でも知っているような役職を考えてみると、「社長」という言葉がひとつの役職として考えることができます。

社長という言葉を聞くとその会社で一番偉い人間が社長という称号を与えられているという風に解釈をする方が多いですが、たくさんの役職を知っていくうちにそれが決して当たり前ではないということがわかるようになります。

なぜならば、社長よりも偉い役職の人間はたくさん存在していますし、社長と似たような役職なども複数存在していたりしますので、必ずしも社長がトップの人間ではないということです。

だからこそ、役職は複雑なので知っておかなければいけないという事になるのです。

新人の時にはすぐに世の中に存在している全ての役職を知る必要性はありません。

なぜならば、会社によって呼び名が違ったりしますし、あまり使われていないような役職も存在していたりするからです。

しかし、一流の社会人を目指すのであれば、役職名くらいはある程度知っておかなければ話になりませんので、社会人としての経験年数がある程度の年数になる方はすべての役職の意味くらいはすぐに把握できるくらいまで知識を高めておく必要性があります。

いずれにしても早い段階で知っておく事に越したことはありませんので、知らない役職があれば正しい知識としてインプットしておくようにしてください。

役職名によくある17個の名前

全ての役職をご紹介するとなるとかなりの役職をご紹介していかなければいけなくなるので、今回は役職の中でも特に使用されているような、有名な役職を中心にご紹介していきたいと思います。

ある程度有名どころを知っておくだけで、社会人としての生活の中で失敗をする確率を大幅に下げることができるようになりますので、なるべく社会人として働く前の段階で知っておけば、より知識として活用することができるはずです。

わかりづらい役職などの複数存在するかとは思いますが、覚えておけば必ず役に立ちますので、この機会に役職をマスターしてみましょう。

代表取締役


まずはじめにご紹介する役職は代表取締役です。

代表取締役は誰もが一度くらいは聞いたことがある役職だと思います。

代表取締役は、そもそも同じような立場の役職が複数存在しており、社長、代表取締役社長、頭取、最高経営責任者などが近い役職として知られています。

具体的に代表取締役はどういう立場なのかと考えた時に、一般的には株式会社を代表する権限つまり、代表権を有している取締役の人間を指し示している言葉であり役職です。

一般的に考えて株式会社に関しては株主が存在しており、株主等を一斉に集めた状態で開かれる「株主総会」、そして株式会社の業務執行の意思決定などを行う「取締役会」が重大な決議を行う際には意思決定機関としての役割を果たします。

この二つの意思決定機関の決議に基づいて、代表取締役は単独で会社を代表して契約などを行ったりするような行為ができると言われています。

だからこそ会社の代表になるので、代表取締役という役職が与えられるようになるのです。

会社の代表ということは、代表取締役が会社を導いていかなければいけませんので、それなりの責任が伴う役職でもあります。

生半可な覚悟では到底担うことができない役職にもなりますので、役職の中でもトップレベルに社会的地位が認められていると考えることが出来ます。

ちなみに、代表取締役は、取締役が複数人いる場合に、その中から選ばれた人間が与えられる役職にもなります。

なので、近い存在の取締役が複数人存在するという事も覚えておいてください。

取締役

次に考えられる役職は取締役です。

取締役も似たような近い役職がいくつか存在しており、一般的には副社長、専務取締役、常務取締役、役員などが近い役職として認知されています。

取締役はどのような役職なのかと考えた時に、基本的には全ての株式会社に必ず1人は必要です。

つまり、世の中に存在している株式会社にはすべて取締役が存在しているということです。

規模の大きい会社であれば複数人存在する場合もありますし、規模の小さい会社であれば1人だけの場合もあります。

ちなみに、複数人いる場合は取締役会という名称が使われています。

そしてその中から一人を選んで代表になる場合は先ほどご紹介した「代表取締役」という事になります。

取締役と一言に言っても様々な立場の人間が存在しており、社内取締役、社外取締役、会社に意見や方針を出すだけで、業務には関わらないような人や、直接業務に関わる人など様々な場合があります。

では、取締役はどうやって決まるのかと考えた時に、株式会社においては株主総会で選任されることが決められています。

一般的には、出席している株主の過半数の投票を得ることによって取締役に選任されると決められています。

なので、言ってみれば会社の中で選挙が行われるようなものと考えてみるとわかりやすいかもしれませんね。

だからこそ、取締役として選ばれた人間はそれなりに実力を評価され、影響力の高い人物であると認められている証拠であり、高い役職であるという事がお分かりいただけるはずです。

監査役


言葉自体は聞いたことがあるが、具体的にどういう意味を持っている役職なのかよく理解されていない役職として監査役という役職があります。

監査役に関しては、日本の株式会社において取締役及び会計参与の業務を監査する機関として知られています。

どれぐらい重要なのかと考えた時に、株主総会、取締役会、それと並ぶぐらいの重要な機関として考えてください。

監査という名前の通り、業務や会計に関する監査を担当しているポジションでもあるので、違法な事が行われていないかどうか確認をする機関として知られています。

なぜ監査役が必要なのかと考えた時に、例えば取締役会に関しては株主が参加しない場所で決められているので、会社の人間同士の馴れ合いなどがあったりする場合が考えられます。

しかしながら、そのようなばに監査役が参加することによって、いい方を変えれば見張りをすることができるような効果を生み出すことが出来るという事です。

なので、公平な立場にのっとって会社の情報などを収集したりすることが出来る権限なども持っている役職になるのです。

もしも不正があった場合は取締役会に報告をしたり、株主総会で報告したりするということも仕事の一つに該当していますので、様々な立場に立って仕事を行うことができる客観的な目線を持っている優秀な人間でなければ行うことができないのです。

ちなみに監査役が決められるのはこれまでと同様株主総会に決められることになっており、都合のいい人物が選ばれてしまうということを防ぐためにこのような決められ方が行われているのです。

会計参与

次にご紹介する役職は会計参与という役職です。

会計という名前がついているので、監査役と似ていると感じている方もたくさんいると思います。

会計参与に関しては取締役などと共同して計算書類などを作成する株式会社、もしくはその他の法人の機関として定められています。

つまり、株主総会や取締役会、監査役などと並んでいるような、株式会社の中で設定されている内部機関の一つとして認識されています。

このポジションに位置している人間に関しては、他のポジションと違って資格がなければ行うことができないポジションになります。

具体的には、監査法人などを含んでいる公認会計士、もしくは税理士法人などを含んでいる税理士が行わなければいけないので、公認会計士の資格が税理士の資格を持っている人間しか行うことができないということです。

会計参与を選任する際には、これまでと同様に株主総会で決定されるようになっていますので、公正公平の選任が行われるという事になるのです。

名誉顧問

役職の中にはある職業において長年にわたってその職能、もしくは職級を務めたものに与えられる称号などが存在しています。

このような称号に関しては栄誉職と呼ばれており、権能の伴わない称号としても知られています。

その中の役職の一つに名誉顧問という役職が存在しています。

名誉顧問はある組織の意思決定の権限を持たない営業職と呼ばれており、名誉顧問という名前から、より難しいポジションを務めた人間に対して栄誉をたたえるような形で送られる場合が多いです。

具体的には、社長、頭取、顧問、相談役などを退いた人間に対して与えられる場合が多いです。

つまり、名誉顧問と呼ばれている人間に関しては企業経営に対してとても強大な影響力を持っているOBであると考えることが出来ます。

しかしながら、近年においてはこのような形での名誉顧問の職制を廃止するような風景も高まっているのが事実です。

しかしながら、現在でも設置している会社などはたくさん存在していますので、まだまだ覚えておいておいた方が良い役職ではあります。

最高顧問

栄誉職に関しては先ほどご紹介した名誉顧問以外にも最高顧問と呼ばれる役職が存在しています。

最高顧問に関してですが、やはり栄誉職としての存在が強いものになりますので、そこまで大きく名誉顧問とかけ離れるようなものではありません。

最高顧問に関しても、これまでに多大な功績を残してきた人物、そしてそのポジションについた人間に与えられるような役職になっています。

ですので、そこまで名誉顧問との大きな違いはないという風に思っていただければ問題はないと思います。

顧問

一般的に株式会社などにおいて顧問と呼ばれる役職についている人間の役割は、企業やその他の団体が行う業務に関して意思決定を行う権限時代は持っていないのですが、かなり高度の意見など求められる際に置かれる役職として知られています。

つまりは、専門的な知識を持っている実力の高い人間と考えていただければわかりやすいと思います。

顧問に関しては、その性質上、内部顧問と外部顧問に分けて考えることができます。

具体的には、元々高い役職についていた人間が退職して、高度な専門的な知識をアドバイスしたりするために顧問として役職を与えられたりする場合もあれば、より高度の専門的な知識を取り入れるために外部から顧問としてそれに適している人間を引っ張ってくるようなケースも考えられます。

ですので、一般的には経営コンサルタントであったり、弁護士、社会保険労務士などの資格を持っているスキルの高い人間が外部顧問として席を置いたりしているようなケースなども考えられます。

なので、必ずしもその会社の人間でなければいけないというわけでもありません。

他の会社から適しているスキルを持った人間を在籍させることも十分考えられますので、とにかくより高度な専門的な知識を持っている人間、もしくは名誉職として与えられているかという風に切り分けて考えるようにしてください。

相談役

顧問という役職にかなり似ているポジションとして相談役という役職も存在しています。

勘違いする方も多いのですが、監査役や取締役ではない人間に関しては会社法においては役員としては認められてはいません。

なので、役職者ではありますが役員ではない場合の方が大きいと考えてください。

しかし、法律上の役員であるケースなどもある為、若干複雑な判断基準とはなっています。

相談役に関しては、これまでご紹介していた顧問などと同様に、栄誉職である可能性がとても高いです。

なので、様々な専門的な知識を持っている人間であったり、これまでに重要なポジションで役職を担ってきた人間が助言をしてくれるような立場を考えていただければ相談役の業務などがお分かりいただけるはずです。

先ほども触れましたが、栄誉職に関しては確かにたくさんの知識やアドバイスをしてくれるという面では魅力的な一面もありますが、それと同時に不正な影響を与える可能性などもあるとされています。

具体的には2015年に東芝の粉飾決算などが判明した時に関しても、相談役などを今後設置しない方針を検討したりするなど、様々な面で社会的な批判を浴びる可能性などもあるからです。

その影響から、日本政府に関しては相談役や顧問が就任する際には、まだ検討の段階なので確定ではないのですが、業務の内容などを開示しなければいけないという事も考えていると言われています。

なので、必ずしもその存在が悪いというわけではありませんが、悪い影響を与える可能性も懸念されているという事も併せて知っておくとより深い知識が身につくようになるはずです。

名誉会長

名誉会長に関してもその名前の通り栄誉職として知られています。

名誉会長に関しては一般的には会長を退任した人間が名誉会長と呼ばれたりする場合がかなり多いです。

なので第一線を退いた状態で、以前会長を経験した人間だからこそわかるような様々なアドバイスを行ったりする場合などが多いです。

初めて会長を務める人間からしてみれば、以前会長としての経験がある人間が近くにいた方が、わからないことなども教えてくれたり、アドバイスしてくれるという事はとてもありがたいかもしれませんが、それと同時に懸念されるのは名誉会長の意思をうかがってしまいがちになる点は否めません。

人間性によっては、裏方でありながらでしゃばったり、立場を利用して操作しようとしたりする人間もいたりするので、懸念材料などもありますが、それでも会社にとっては大切な存在でもありますので、重要視される傾向にあります。

会長

私たちが一般的に知っている役職の中でもかなり高い家に存在しているのが会長です。

役職についてあまり詳しくない方でも会長という言葉くらいは知っている方が多いと思います。

会長はその名前の通り、会の長を示している役職です。

つまり、株式会社における会長というポジションは業務執行を監督する合議体の議長に与えられる役職名として知られています。

ちょっと難しい言葉かもしれませんが、別の言葉で言えば取締役会の議長を指し示している言葉であり、取締役会長を意味している言葉です。

会社によって具体的に行ってる内容というものは様々ありますので一概に全てとも言えないのですが、日本の株式会社の場合においては会長は対外的な業務に取り組むと言った役割分担に乗っていることが多かったりし、その反対に対内的な業務に関しては社長がその業務の業務執行を統括したりする場合が多いです。

なので、様々な場合がありますので、一概にすべてを共通して考えるのは難しいですが、トップの人間であるという事に変わりはありません。

社長

私たちが知っている役職の中でも一番有名な役職と言っても過言ではないのは社長です。

社長という言葉は子供でも知っているくらい浸透しているとても知名度の高い役職です。

子供の頃に社長と聞けば、その会社で一番偉い人間だと思っていたと思いますが、これまでご紹介してきた内容を踏まえて考えてみると、社長が必ず偉いというわけではないのです。

なぜならば、社長の上に会長が存在していたり、会長の上に名誉会長が存在していたりするなど様々な場合が考えられるからです。

しかし、社長という立場が相当上の立場であるということに変わりはありません。

社長の立場と近い役職を考えてみれば、代表取締役社長、取締役社長、頭取、最高経営責任者などが該当するケースが多いです。

では社長はどのような役職なのかと考えた時に、一般的には会社が定めている職制において第三者に対して会社を代表する人間であるとともに、会社の内部で常に先頭に立って業務の執行を指揮したりするような役職のことを表しています。

こうして考えてみると社長とは格好良い存在だと感じるかもしれませんが、本来は社長は会社の方針を取締役の人間が決めてそれを実行に移すのが社長という立場になりますので、場合によっては雇われ社長という言葉で表現されたりする場合などもあります。

なので、会社を作った人間だと思われがちですが、そうではなく、あくまでひとつの役職という立場でしかないのです。

なので、必ずしも社長がキラキラしたポジションだというわけではないのです。

社長の上にまだ人間が存在しており、社長もその人間に対して色々言われながら業務を行っているのです。

副社長

社長と同様に有名な役職の一つとして知られているのが副社長という役職です。

社長という役職がかなり知名度が存在しているので、その次に偉い人間として副社長という言葉がよく使われており、若い年齢層からしてみればそのグループのナンバー2の実力を持っていると考えられたりする場合が多いです。

副社長のポジションに関しては、同じような役職として専務取締役、常務取締役、役員、取締役などが存在している場合が多いです。

社長と違って大きく違うのは会社の代表権を持っていないという点です。

しかしながら、代表権は持っていないにしても企業を運営するための責任者権限については持っています。

なので、相当大きな影響力を持っている人間であると考えることが出来ます。

しかしながら、副社長に関しては社長と同様に会社の定款により設置することができると会社法で認められているものにすぎないので、取締役会で選ばれるような取締役としてのランクの意味合いなども含まれています。

つまり、法律で義務付けられているわけではないという事を理解しておいてください。

そして、あまり知られていないのですが、必ずしも代表権を持つことができるのは社長だけではありません。

場合によっては会長が持ったりする場合もありますし、副社長が持ったりする場合もあるのです。

そうなった時には、代表取締役会長、代表取締役副社長という肩書に変更になったりする場合もありますので、相手の役職に関しては良く観察しておくようにしてください。

執行役員

一般的な企業の役職の中には執行役員という役職も存在しています。

執行役員という役職に関しては、その名前の通り会社の業務執行を担当している役員に与えられる役職として知られています。

なので、一般的には取締役の下に位置する場合がかなり多いので、取締役の指示に従って動くような場合が多いです。

ちなみに勘違いされる場合が多いのですが、執行役員の場合は語尾に役員という言葉がつくので役員として考えられがちなのですが、先ほどご説明したように、役員待遇の幹部従業員に対して命令される立場に存在していますので、そもそも役員よりも下の立場に位置しているため、役員ではありません。

なので執行役員を役員と思わないようにしてください。

なので、考え方としては、役員ではないにしても、一般社員の中でも相当高い地位に存在している現場の長のような印象を持っていただければわかりやすいはずです。

実際に現場に指示をしているという事もあり、現場の事をよく理解している人間でもありますので、その名前の通り執行役員という役職は伊達ではありません。

場合によっては取締役の兼任したりする場合まったりしますので、その場合は一般的な執行役員とは格が違うという認識を持つようにしてください。

部長

役員のクラスではないにしても、相当な役職として認められている言葉として部長という役職が存在しています。

部長役職に関しては、様々な呼び方が存在しており、近い役職としては本部長、副部長、ゼネラルマネージャー、支店長、工場長、シニアマネージャーなどが存在しています。

いずれにしてもその企業の中の課やグループなどの組織を束ねて管理しているポジションとして知られています。

分かりやすく例えて言えば、どんな会社にも営業部などの部署が存在すると思いますが、それぞれの部署を束ねているトップの人間と言えば分かりやすいと思います。

その部署の一番偉い人間ですから、やはり相当な実力が認められていないとなることはできない立場です。

ちなみに、国家機関において考えてみると、ノンキャリアの職員がたどり着くことができる一番最高位の役職としても知られています。

一般企業においてはこの限りではありませんが、一般企業においてもそれなりの立場である事に変わりはありませんので、相当実力を持っている人間と考えるようにしてください。

課長

一般的な役職として知られているもののうち、課長という言葉も存在しています。

課長はよく役職において使われる言葉として有名で、組織の中堅的な立場として認められている役職です。

課長と似ている役職としては、室長、課長代理、マネージャー、課長補佐などが該当する場合が多いです。

課長に関しては部長、次長に次ぐ実力を持っている人間としても認められていますので、実力が当然存在している人間でなければなれませんが、場合によっては年功序列などで昇進してしまったりするような場合もあります。

しかし、小さい企業ならまだしも、大企業で課長職となるとそれだけで相当な立場として認められる場合もありますので、会社規模によってその社会的立場も大きく変わると考えられます。

係長

役職の中でも比較的低い役職に該当するのは係長です。

係長に関しては、班長、リーダーなどとも呼ばれたりする場合がある役職であり、最小単位の係を管理したりする人間の事を意味している役職でもあります。

つまり、最もその部署で小さいグループの管理者と考えてみればわかりやすいと思います。

しかし、それでも大企業であればそれなりの立場でもありますので、やはり課長と同様にその企業の規模によってまったく印象はが変化する役職だと認識した方がわかりやすいはずです。

係長になると当然グループのマネジメントを行わなければいけませんので、下からも見られ、上からも管理されるなどの中間管理職としての厳しい業務になる事を注意しておかなければいけません。

【係長については、こちらの記事もチェック!】

主任

役職の中で最も低い、初めて与えられる役職として知られているのが主任という役職です。

主任は一般的にはアシスタントマネージャー、チーフ、サブリーダーなどとも呼ばれたりするような役職であり、その組織の中での熟練した人間を意味している言葉でもあります。

役職者ではありますので、人によっては管理職だと思う場合もあるかもしれませんが、主任に関しては管理職には該当しません。

ちなみに主任に関しては年功序列制度を採用している日本の企業であれば、自然と役職がもらえたりする場合があります。

なので、昇進に興味がないという人でも自然と与えられる場合もありますので、言い方が悪いですが、成果に関係なく与えられる場合などもあるという事です。

とはいえ、一つの役職でもありますので、必ず理解しておくようにしてください。