「ああ、なんだか仕事に行きたくない」「このまま家にいたい」「ちょっと現実から離れたい」なんて、時には仕事をやすみたくなってしまいますよね。

しかし、そのとに仕事を休みたいと思うのはあまり良いことではないと考えられています。

そのため、本当に病気になったときもどんなに苦しいときでも仕事を休みにくいと感じる方がたくさんいます。

そのような働きすぎであることこそが、日本のストレス社会を作ってしまう原因でもあるんです。

人間はロボットではありません。

時に休む生き物なのです。

この記事では、どうしても会社を休みたい時に使える「言い訳」をご紹介します。

しかし、嘘をついて休む場合は、なんとなく気持ちが引いてしまうことってありますよね。

そのように思わないためにバレないコツも掲載しています。

休みたいけどなかなか休めないというあなた!
ぜひこの記事を参考にして、たまには休んでみませんか?

会社を休みたいとき

あなたは会社を休みたいのでしょう。

その理由はさまざまありますよね。

もう仕事がいやになってしまった、仕事よりも大切な芸能人のイベントがある、恋人との時間を大切にしたい…などなど、どう考えても会社を休む正式な理由にならないことばかりです。

そんなことを伝えて休めたとしても、その後の会社での人間関係などを心配してしまいますよね。

また、そのようなラフな理由でも休ませてくれるゆるい会社もあれば、決して許してはくれない厳しい会社も存在します。

この記事をご覧になっているということは、ゆるい会社ではないことは確かですよね。

そのような会社に勤め、毎日頑張っているのですからたまには息抜きもしたくなります。

会社に勤めれば「有給休暇」というものを手に入れることが出来ますよね。

しかし、会社の空気が悪かったり、休むのがおかしいという風潮がある職場だとその休暇をしっかり使うことが出来ません。

日本人は、空気を気にする性質があり、そのような職場の雰囲気だけで会社を休め苦なっている人はたくさんいるのです。

会社は毎日行くところですから、できれば気持ちがゆるやかになる空気であってほしいもの。

しかし、それが難しいことが多いんです。

そんな厳粛な職場に勤めているからこそ、休みたくなる気持ちが湧き上がる機会も多いのかもしれません。

どうしても休みたいときってある


どうしても休みたいときは、誰にでも存在します。

その時に休むか休まないかの違いがあるだけです。

あなたは、きっとどうしても休みたい!そのように思っているのでしょう。

日々の疲れを癒したいのかもしれないですし、誰かとの約束のために休みたいと思っているのかもしれません。

または、もう会社にいることが精神的にキツくなってきてしまって休みたいと考えている人もいることでしょう。

そういうときに休めないと、人は少しずつ会社に不満を持つようになります。

また、思うように休めないことに対してストレスがたまり、仕事そのものに身が入らなくなってしまうこともあるのです。

だれだって、そのようにはしたくないはずです。

あなたの休みたい理由が公にしたくないことであったとしても、休みたい気持ちはどんどん大きくなることでしょう。

そんなときにどうやって休めばいいのか、できれば知りたいですよね。

それに人間関係も悪くすることなく、休むことが出来れば何も言うことはないのではないでしょうか?

そんなときに使える言い訳を紹介!

この記事では、そんな風に言いたくてもいえない休みたい理由があるときに使える「言い訳」をご紹介します!その言い訳を知ったらすぐにでも実践したくなってしまいますよね。

しかし、言い訳を使うには「注意点」があるんです。

仕事を休み言い訳を使うための注意点もご紹介していますから、言い訳だけをチェックするのではなくぜひその先まで読み進めてください。

きっと今すぐにでも休みたいと思っているあなたに必要な情報が書かれているはずです。

会社を休む言い訳7つ


あなたはこれまでに会社を休んだことがありますか?もしかしたら、アルバイト時代に休んだ経験ならあるかもしれませんね。

しかし、仕事となるとアルバイトとは違い、簡単には休めません。

アルバイト時代には、その店長に「好きなアーティストのライブが重なってしまったから、休みたい」といえば、代わりに出勤してくれる人を探せばすんなりと休めたはずです。

しかし、社会人になればそのような理由で休むことはほぼ出来ないといってもいいでしょう。

アルバイトのようなラフな職場であるのは少ないですし、あなたの立場によっては簡単に休める状況ではないかもしれないですよね。

しかし、人はどうしても休みたい時が出来てしまうもの。

毎日のようにどうしても休みたい、なんていっているのは問題ですが、たまにどうしても休みたい気持ちが襲ってくるのは悪いことではありません。

では、社会人として責任もある立場であるあなたがどうやって休めばいいのでしょうか?休み申請を承諾せざるを得ない理由を7つ見ていきましょう。

体調不良

とても使いやすい理由なのが「体調不良」です。

風邪をひいたくらいであれば、マスクをして出勤しろといわれるかもしれません。

しかし、体調不良の度合いによっては会社そのものから出勤しないでくれなんていわれることもあるのです。

特に飲食系の仕事をしている方は、体調不良にはよく気をつけるように言われているはずです。

また、飲食関係でなくてもインフルエンザやノロウイルスが流行っている時期に体調不良になれば、休みをすんなりと承諾してもらえることがあります。

体調不良の人が会社にいても、仕事をすることはできないですし、周りの人に感染させてしまうかもしれないですよね。

しかし、「体調不良なので休ませてください」なんていうと具体的にどのような症状なのかを聞かれることがあります。

それは、あなたが仮病を使っているのではないかと心配しているからです。

では、そのように言われないために具体的な症状を話すのはどのよなことがいいのでしょうか?

発熱

よく使われているのが「発熱」です。

熱があがって苦しんだ経験がある方なら分かるかもしれませんが、とても辛いものですよね。

その状況を装うのです。

熱が具体的に何度あるのかを伝え、もう歩くことも出来ないとか頭痛がひどいなんて理由をプラスすれば、休める確率があがります。

また、電話で休暇をとる際には、かなりひどい状態であるように演技をすることです。

そうすることで仮病を使っているとバレずに、むしろ心配されるかもしれません。

それに熱が高く上がっているのに、無理やり出勤させるような会社はないはずです。

もしもそうであるならば、ブラック企業を疑うべきでしょう。

頭痛

頭痛がひどいと歩くだけで脳に痛みが響き、呼吸さえも辛くなってしまうものです。

ただ単に頭が痛い…という理由だけでは、痛み止めでも飲んで出勤してこい!なんて言う方がいます。

だからこそ、頭痛を理由に欠勤する場合は、その頭痛のひどさを伝えなければなりません。

頭痛がひどすぎて吐き気までするとか、頭痛薬を飲んだけど一向によくならなくて熱もあるなんて言えば、会社に来いなんていえません。

また、これまでにヒドイ頭痛を経験したことがある方は、その時の様子を思い浮かべて話してみるといいでしょう。

吐き気

吐き気も普通の人であれば、たまに引き起こされることがあります。

吐き気は風邪でも起こりますし、食べ合わせ、食中毒、ストレスなどでも引き起こされますよね。

また、吐き気と同時に吐いてしまったり、本当に吐きそうな状態になっているのあれば、会社にいられても迷惑なだけです。

その原因が分からないため、もしものことを考えると会社側としても休みを承諾するしかないのです。

それに吐き気をとめる風邪薬などはありますが、多くの人は吐き気専用の薬なんて常備していないはずです。

吐き気ほど気分が悪くなるものはありませんから、電話の受け取り手が同じ経験をしたことがあればあるほど休める確率が上がります。

腹痛

腹痛はストレスや冷えでも起こりますね。

腹痛の度合いによっては、歩くことも出来なくなったり、冷や汗はがひどくなってしまうこともあります。

単なる腹痛だけだったら痛み止めなどを飲めばおさまるため、もしかしたら休む理由にならないかもしれません。

そのため、腹痛で休むのであれば「どれくらいの痛みなのか」「どれくらい続いているのか」などを伝える必要があります。

冷や汗も止まらないことも伝えれば、病院へ行くことを指示されるかもしれませんが確実に休めるでしょう。

だって、あなたが出勤しているときに隣でおなかを抱えながら冷や汗たらしている人がいたら、仕事に集中することができませんよね?

生理痛

女性特有の生理痛を休む理由に使うことができる場合があります。

しかし、これは特定の職業に限られてしまうことが多いです。

男性が多い職場だったりすると、生理痛のひどさを分かってもらえず休ませてもらえないことがあります。

休むどころか「こんな時に女性らしさを出すな」なんて冷たい声をかけられてしまうことも。

生理痛を理由に休ませてくれるのは、女性が多い職場や上司や社長が女性の職場になります。

やはり、女性ならではの生理ですから人によってはひどい生理で苦しんだ経験のある方もいます。

そのような人は生理痛のひどさを分かってくれるため、安静にしてくれるようアドバイスしてくれますよ。

また既婚者の男性も女性特有の生理について詳しくなっているため、休みを承諾してくれます。

この生理痛を理由にして休むのは、少し難易度が高いですが女性ばかりの職場で働いているのであれば使えるはずです。

病院に行くと伝える

もしも、病気が原因で休むことにする場合は必ず「病院に行く」旨を伝えるようにしましょう。

そうでなければ、仮病と疑われてしまいますし、原因不明の病気のためにクビになってしまうこともあるかもしれません。

とことん休んだ後はしっかり職場復帰するためにも、病院に行くと伝えてください。

病院に行かなくてでも、です。

そして復帰した際には、ただの風邪といわれて風邪薬を出してもらった~なんてありきたりなことを話す必要があります。

また、会社によっては医師の診断書を提出するように言われることもあるため、インフルエンザやノロウイルスなど危険な病名を理由に休まないことにしましょう。

診断書が貰えずに仮病だと、後になってばれることになります。

子供の用事

もしもお子様がいるのであれば、そのお子様を理由にして休むことも出来ます。

特に福利厚生のしっかりしている会社や子供を大事にしている方が多い会社では、通用する理由になります。

子供は、いつなにが起きても分からないもの。

だからこそ、子供を理由にして急に休む方もいるんですよ。

では、具体的にどのような理由を使うのかを見ていきましょう。