CoCoSiA(ココシア)

係長に対する世間のイメージと実際のところ


どの会社組織にも役職があり、それぞれの働きをしていますが、大企業になるとたくさんありすぎて順位がわからなくなってしまったり、一体どんなポジションなのかこんがらがってしまうかもしれません。

しかし、社会人として役職を把握することは、不可欠な要素ですので、今後のためにも、基本となる組織の順位をしっかり確認しておきましょう。

まず、組織のトップは「代表取締役」で、名前の通り会社を代表する人です。

次が「取締役」。

会社の業務執行機関で、経営を担っているところで、複数いることが多いです。

そして、名誉職の「会長」→代表取締役が兼ねていることも多い、会社の最高責任者の「社長」(CEO)→「副社長」(COO)と続きます。

最近では、英語で役職を表現することも多いので、CEO、COOくらいは覚えておきましょう。

それから、社長の業務を補佐し、会社の全般的な業務を管理する「専務」→会社の日常の業務を管理する「常務」となり、ここまでは、取締役や執行人のための役職となっています。

その後、部と呼ばれる組織のトップになる「部長」→部門責任者の代理となる「次長」→室という組織単位のトップの「室長」→課のトップになる「課長」→会社の組織の中で最小単位である係における監督的立場になる「係長」です。

️あなたの係長へのイメージは?

ざっと会社における組織図を見てきましたが、規模や、民間か行政かなどの違いにより、多少の差はありますが、どの役職にも、組織として配置されたポジションを全うすることが求められています。

ドラマなどでも、派閥や権力争い、出世競争などでこれらの役職を聞かれた方も多いことでしょう。

その中で今日は、管理職としてはもっとも下に位置する「係長」に注目したいと思います。

皆さんは係長という立場にどんなイメージをお持ちですか?

ポジション的に「理不尽なことを求められていそう」「上と下の板挟みになってそう」など、苦労しているイメージが多いことでしょう。

実際に、会社で働いている人の多くにとっては、一緒に業務をこなす身近な存在であったり、時には厳しく指導してくる怖い上司だったり、またある程度の社会経験がある人なら、自分か係長として日々格闘していたり、任命されたばかりで一体何をすれば良いのかと迷っておられるかもしれません。

ですから、これから係長に対して人が抱いているイメージと、実際はどんな働きや役割が求められているかを見ていきたいと思います。

係長という役職

係長の男性
会社には、先ほど見たような役職がつく立場の人と、「平社員」「一般職」と呼ばれる、何も役がつかない社員とがいます。

組織図でもお気付きのように、「係長」は、その役がつく人の中では一番下のポジションになります。

しかし、役がついているので、もちろん一般社員よりは上の立場になります。

この世の中では、立場が下というのは、常に上の意図を組んで、指示通りに動くことが求められますよ。

この関係は、日本人なら、学生時代の先輩後輩、部活での立場などから学んできていますよね。

ですから、組織の一番下というだけで”大変そう”と言われることが多いのでしょう。

「主任」がいる会社もあるかもしれませんが、主任は、一般の従業員の中で、勤続年数や資格取得により与えられる肩書きで、管理職とはみなされません。

ですから立場的には、当然係長の下になります。

係長の仕事とは

ではこれから「係長」に求められている役割について考えていきましょう。

簡単にいうと「一般職よりも仕事ができ、自らの責任で高度な仕事を完成できること」さらに「プレイングマネジャーとして、部下を管理し引っ張ること」と言えます。

ではこれから、それら係長の仕事をポイントごとに詳しく見ていきましょう。

現場のリーダー

取締役のよな役職では管理することが主な仕事になりますが、「係長」は、現場で一緒に働いているチームのリーダーとして、行動することが求められています。

「リーダー」となりうるのはどんな人でしょうか?

自ら率先して仕事をこなし、常に積極的に考え、困難な時でも挑戦し続ける人ではないでしょうか?

そのように、勇敢でエネルギッシュというイメージがありますよね。

さらに、周りの人よりも明らかに仕事ができることも必要になります。

技術が高いこと、専門知識が豊富なこと、処理能力が高いことは、リーダーになるなら当然求められることでしょう。

加えて、人格者というイメージもあるかもしれません。

自己中心的でなく、チーム一人一人に気を配り、くじけそうな人がいたら励まし、ミスをする人がいたならフォローしながらしっかり教え、仲間割れをした時には、冷静に、そして謙虚に問題解決のために、自分の時間やエネルギーを惜しみなく注ぐ人を、皆は自分たちのリーダーとして、尊敬と愛情を持って呼ぶのではないでしょうか?

プレイングマネジャー

プレイングマネジャーの男性
プレイングマネジャーとは何でしょうか?言葉を分解して考えていきましょう。

まず、プレイとは、自分自身の仕事のことで、係長本人がプレイヤーとして、自分個人のノルマや目標を達成することを表しています。

そしてマネジャーとは、チームを統率し、係全体として結果がだるように部下を管理することです。

つまり、プレイヤーとマネージャー両方の仕事をこなすということです。

これは非常に大変なことです。

なぜなら、これら二つは全く違うスキルが必要ですし、広い視野や、現実的な実務能力の高さが求められるからです。

一般職の場合は、ひたすら自分に与えられた仕事をこなす毎日だったでしょうが、係長になると、チーム全体のことを考えて、人も仕事で結果を出すようにアドバイスをしたり、サポートをしないといけないのです。

さらに、係長はチームのトップとして、難しい案件や、会社にとって非常に大事な仕事を任されることになるので、自分の仕事だけでも相当な責任をおうことになります。

ですから、その分野で十分に経験を積んだ仕事のできる人、実力のある人が係長に選ばれるのです。