なにか新しい物事を始めようとするときに、「思い立ったが吉日だよ!」と人から言われた経験がある人もいるのではないでしょうか。

また、本当は何かをしようと思っていたのに、日を待っていたら実行する絶好の機会を失ってしまった…ということもあるでしょう。

この記事では、「思い立ったが吉日」の意味や、思い立ったが吉日は本当だといえる理由をご紹介していきたいと思います。

ことわざ「思い立ったが吉日」

日本のことわざには、日頃の日常の事柄をとても便利に表現することのできるものがたくさんありますよね。

こちらの「思い立ったが吉日」という言葉もとても良いことわざで、自分の行動の指針としても生かすことができますし、人に伝えてあげる場合にもとても良い言葉なのです。

「思い立ったが吉日」の意味

では、こちらのことわざにはどんな意味があるのかを解説していきますね。

思い立ったが吉日とは、「しようと思い立ったのなら、今すぐに始めたほうが良い」という意味があります。

物事を始める時はすぐに始めるのが良い

経験がある人は共感してもらえるかもしれませんが、何か自分が新しいことにチャレンジしようとしているとき、なぜか今すぐに始めるというのは少しだけ勇気がいるものです。

始めるための準備はもちろん必要ですし、始めてしまって本当に良いのか?という葛藤もある場合もあるでしょう。

様々な要因により、物事を始める時には少なからず日にちを少し待ってから始めたいと思う人がおそらく多いなかで、こちらのことわざは「物事を始める時はすぐに始めよう」とすすめている言葉なのです。

行動しようと思ったその日が吉日である

なぜこのことわざでは「思い立ったらすぐに行動しよう」とすすめているのか?ですが、思い立ったときに行動をしないと、あとになってから思うように実行できないということが案外とても多いからなのです。

「買おうとあのとき思ったのに、あとから買おうと思ったらもう販売終了になってしまった」「昨日旅行の予約をしようと思ったけど、今日になったらもう予約がいっぱいで旅行に行けなくなってしまった」など、あとになってから「すぐに行動すればよかった」と後悔することが世の中にはたくさんあるのです。

「吉日」の意味とは

なぜこのことわざに「吉日」という言葉が使われているのか?ですが、吉日というのは言葉のとおり「良い日」という意味があります。

日取りの良い日


日本人のカレンダーには、六曜というものがあります。

六曜といえば「大安」「先勝」「先負」「友引」「赤口」「仏滅」とそれぞれにあり、冠婚葬祭の日取りをこれに合わせて決めたりする風習がありますよね。

結婚式やお祝いをする日には「大安」を選ぶのが良いという風習があるのは、めでたいことを行うには吉日が良いとされているからでしょう。

そのため、吉日には日取りの良い日という意味があるのです。

おめでたい日

吉日には、おめでたい日という意味合いもあります。

これは、結婚式などのお祝い事をするならば大安を好む人が多いように、おめでたい日になにか良いことをしたいと思うからなのでしょう。

また、「思い立ったが吉日」の意味からくるように、思い立ったときに行動をすればきっといいことがある、いい日になるよという意味にもつながるのでしょう。

運の良い日

吉日とは、運の良い日のこともそう呼びます。

運が良いということは、その日1日がとても良い日だったということになるため、おみくじでも良いことを「吉」と表現するのと同じで、良い日のことは「吉日」と表現することができるのです。

「思い立つ日が吉日」とも

「思い立ったが吉日」はよく聞かれる言葉ですが、それと似たことわざで「思い立つ日が吉日」という言葉もあります。

これはどちらも同じ意味になるので、どちらを使っても間違いはありません。

思い立つが吉日よりも、より丁寧に表現されたのが「思い立つ日が吉日」なのでしょう。

こちらのことわざも同じく、思い立った日に行動することで良いことが起こる、思い立ったならば日を選ばずに行動してみよう、などの意味となります。

「思い立ったが吉日」の類語


「思い立ったが吉日」には、いくつかの類義が存在します。

どれも似たような意味となるため、使うときはどれを使っても間違いはありませんが、類語を学ぶことでよりこちらのことわざの理解を深めていきましょう。

善は急げ

「善は急げ」という言葉は、日頃から使われる親しみのある言葉かもしれません。

こちらの言葉も、思い立ったが吉日と同じように意味があり、「良いと思ったことはためらわずにすぐに実行するべきだ」ということを表しています。

「善は急げとよく言うでしょ?ほら、今から行ってきなさい!」などと、お母さんや目上の人から背中を押される場面でも使われることが多い表現かもしれません。

好機逸すべからず

こちらは、良い機会は逃さないほうが良いという意味があります。

良い機会を逃さないためには、思い立ったときに行動をしないとあとになって後悔することがありますよね。

こちらの言葉も、思い立ったが吉日にとてもよく似ていますね。

鉄は熱いうちに打て

こちらの言葉は、決して熱いものを持って火傷をしなさいという意味ではありません。

精神が柔軟で、吸収する力のある若いうちに鍛えたほうが良いという、教えのたとえを表現したものになります。

また、たとえば物事の内容によっては、関係者が熱意を持っているときに事を進めていかないと、あとからその熱が冷めてしまってせっかくのチャンスを逃してしまうこともありますよね。

そのようなことのないように行動をするべきという教えを表現したのが、こちらの「鉄は熱いうちに打て」なのです。

一寸の光陰軽んずべからず

こちらの言葉は、少し難しい2語をいくつか使っているので、あまり親しみのないことわざかもしれませんね。

意味としては、人の若いときは短いため、やりたいことや学問は完成しにくくあるので、わずかな時間も無駄にしてはならないということを言っています。

人生100年時代と近年は言われていますが、本当に人が100年生きるとしたら若い頃というのは本当にそのうちの数年しかありません。

人の記憶力も体力も、若い方が有利に働くので、やりたいことがあるならば若いときに行動したほうが良いということなのでしょう。

思い立ったが吉日が本当だと言える11個の理由

「思い立ったが吉日」という難しいことわざを聞くと、少し説教じみているような?本当かな?別に今すぐに行動しなくても、あとからでも間に合うでしょ!と感じる人もいるかもしれません。

しかし、こちらのことわざが現代でも使われているのは、現代でもより多くの共感が多いからなのでしょう。

こちらのことわざが本当だと言える理由について、それぞれご紹介していきます。

時間には限りがあるから

人の人生がもしも無限だったら…それは確かにいつでも始められると思います。

いつまでも若くて健康で、いつまでも同じ文化があり、いつまでも生きていられるとしたら、今すぐに始めなくてもゆっくりで大丈夫ですよね。

しかし、残念なことに人の細胞はどんどん衰えていきます。

そしてその衰えはいずれ人を老化させ、人を死に追いやるでしょう。

時間に限りがあるのなら、確かに始めるのは一刻も早いほうが良いかもしれません。

その気持ちが大切だから

人の気持ちというのは、そのときにそうだと思っても、ときが過ぎれば気持ちが変わってしまうこともありますよね。

それはよくある事なので仕方がないことなのですが、そのときに感じた「やってみたい」という気持ちの感覚はじつはとても大切なものです。

そのときに感じた感情こそが、もしかしたら自分の素晴らしい可能性のスタート地点かもしれません。

その機会を逃さないためにも、その気持ちのまま行動してみるのが良いのでしょう。

人より早く成長できるから

思い立ったときに始めることで、もしかしたら他の人よりも早くにそれをスタートさせることができるかもしれません。

始めるのが早ければ、その分人より早く成長することができるため、成長スピードは他の人を追い越していくでしょう。

遅すぎることは決してないから

思い立ったときに始めることができれば、あとになってから「あのとき始めていればよかった」と遅すぎたことを後悔することにはなりません。

遅すぎることは後悔に繋がってしまうため、思い立ったときに始めることのが間違いないでしょう。

チャンスを掴みやすいから

思い立ったときに始めることで、その挑戦が大きなチャンスを掴みやすい環境へと導いてくれます。

何事も自分ができる!と思ったときに行動をすることでそれが成功につながり、自分が目標としていた良い結果が生まれるのです。

モチベーションが高いから

自分が思い立ったときというのは、自分が「やりたい」「欲しい」という意欲が1番高まっているときになるため、モチベーションが高い状態ですよね。

自分のモチベーションを高いときに自分の望みを叶えてあげることが1番良いことかもしれませんよ。

やる気が出やすい

まず、モチベーションが高いときというのは何よりもやる気が出やすいはずです。

自分が「やりたい!」と強く思っているので、そのままそれを実行する意欲に繋げることができるのです。

情熱が燃えている

「やりたい!」という感情は、まさに情熱の証です。

どんなことも情熱を持って頑張ることで、それが長く続く秘訣だったり、良い結果をうむことにつながります。

情熱があるというのは、それだけで素晴らしいことなのです。

テンションが高い

なにかを「やりたい!」「ほしい!」「挑戦したい!」と思っているときは、自分のテンションが高まっているときです。

テンションというのはそのまま自分のモチベーションに繋がるため、テンションが高まっている状態というのは集中力にもつながりとても良い状況です。

後に回すとやらなくなるから

とても残念ですが、人は後に回すと自然とやらなくなることが多々あります。

あのときはあれほど「やってみたい」という意欲があったのに、時間が経って他の情報を見聞きしているうちに、そのときの感情がどうでもよくなってしまうのです。

しかし、そのときにやっていたら大成功をしていたかもしれませんし、チャンスを1つ逃したことになるかもしれません。

自分らしく生きられるから

思い立ったときに行動するというのは、まさに自分が自分らしく生きられているということです。

自分のしたいと思ったことをそのまま行動できる環境というのは、じつはまったく当たり前のことではありません。

行動したいけど出来ないことも世の中にはたくさんあるため、できる環境があるのならば自分が思うままに行動したほうが良いのです。

それが自分らしく生きる喜びにつながります。

その経験が学びとなるから

自分がしたいと思ったそのときにきちんと行動することで、その経験は自分の学びとなります。

しかし、そこで思い立ったのに行動しなかった場合、自分の経験値はなにも増えないままですよね。

どんな事でも、まずはやってみるというチャレンジが大切なのです。

人生の良い習慣となるから

思い立ったときにすぐに行動できる人というのは、それが人生でも仕事でも様々な場面で習慣化されます。

すると、周囲の人から「あの人は行動が早い」と良い評価をされる可能性もあるため、自分にとっての人生のプラスになります。

見切りをつけるのも早くなるから

人は、なにか新しい行動をしてみることで、過去の行動をリセットすることができます。

どうしても忘れられない悔しい体験さえも、これから始める新しい挑戦により、見切りをつけるきっかけができるのです。

見切りをつけるのが早くなることは、とても良いことです。

いつまでも出来ないことを後悔したり、くよくよと悩み続けるよりも、今自分が関心のある新しいことに挑戦したほうが前向きに楽しい毎日を送ることができます。

悩んでいることがあるならば、新しい何かを見つけるのが1番の薬なのかもしれません。

何かをやろうと思ったらすぐに始めてみよう!

今回は、「思い立ったが吉日」についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

おそらく、みなさんの中にも「何かをしようと思いついたのにやめてしまった」という経験のある人はいると思います。

あのとき行動していればもしかしたら?と後悔をしても、もうそのときの時間は戻ってきません。

行動したいと何かをひらめいたのなら、次の機会なんて待たずにぜひ行動してみましょう。

もしかしたらその行動が、あなたを幸せな道へと導いてくれる架け橋となるかもしれません。

「思い立ったが吉日」を胸に、明日から新しい何かにチャレンジしてみましょう!