分かりやすい人は、その時々にどのようなことを考えているのか一目で分かる傾向があります。

それは、周りの人からすると相手の求めているものが提供しやすかったり、相手の悪だくみをキャッチできるヒントになりえます。

逆に分かりにくい人が目の前にいると、相手に対してどのように接していけばいいのか分からないと思います。

この記事では、分かりやすい人の魅力と恋愛での特徴についてご紹介していきたいと思います。

分かりやすい人ってどんな人?

あなたにとって「分かりやすい人」とは、どのような特徴を持っている人でしょうか。

冒頭文でもお伝えしたようにリアルタイムで何を考えているのかが分かりやすいとか、気持ちをしっかりと伝えてくれるので一緒にいて安心できるし信頼できると感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし、分かりやすい人と一概に言っても良い印象と悪い印象を受ける場合があります。

相手が良いことを考えていたり、悪いことをたくらんでいないと分かる場合には誰しも良い印象を持てるのではないでしょうか。

逆に悪いことをたくらんでいることが分かってしまうとか、相手が常に怒りや悲しみの感情を持っていることが分かってしまうと、そっとしておくことはできるものの、相手に対してどのような態度をとっていけばいいのか分からないですよね。

好きな人や大切な人がわかりやすい人であれば、一緒にいても何も疑うことなく安心して相手を信頼できますよね。

でも、好きな人が何を考えているのが分からない…いわゆる”分かりにくい人”であり、”何を考えているのか分からない人”だと困ってしまいますよね。

人は、コミュニケーションを取るうえでアクションを起こす際に「相手が今現在どのようなことを考えているのか」「相手に対してどのような態度をとれば、相手に対して悪い印象を持たせないのか」「相手にとって良いものを伝えるのはどうすればいいのか」を考えるものです。

あなたも、誰かに対して何かアクションを起こす際にはそのようなポイントを考えているのでありませんか。

そのような点からみても、分かりやすい人というのはアクションを起こしやすいというメリットがあります。

分かりやすい人の15個の魅力

分かりやすい人に対して良い印象を持つ人が多い傾向にあります。

ここでは、分かりやすい人にはどのような魅力があるのかご紹介します。

1.親しみやすい

分かりやすい人は、リアルタイムで何を考えているのかが分かりやすい傾向があります。

そのため、一緒にいる人からすると「親しみやすい」と思われることが多いです。

1度でも「親しみにくいな」「なんだか話しにくいな」「呼吸が合わない気がする」などのように第一印象を受けた相手に対しては、その後も仲よくすることは難しいのではないでしょうか。

相手が何を考えているのか分からないうえに、分かろうとしても相手が意思表示をしてくれない場合は親しみを持ちたくでもできません。

反対に分かりやすい人は、自分に対してもどのような気持ちを持っているのかが分かりやすいので、気持ちに裏表がないことがわかります。

そのため、一緒にいても苦痛に感じることがありません。

2.一緒にいて楽しい


分かりやすい人は、一緒にいて楽しいと思われます。

なぜならば、相手も本気でその場(あなたと一緒にいる時空間)を楽しんでくれているのが分かるからです。

相手に聞かなくても、相手と一緒にその場を楽しんでいることが相手から伝わってくるんですよね。

そのため、「何をしても楽しい」「この人とであれば○○をしても楽しいだろうな」と感じることができます。

逆に何を考えているのか分からない人というのは、その時に行っていることに対して相手がどのような気持ちを持っているのかもわからないため、楽しむどころか「こんなことをしていて大丈夫なのかな」と不安な気持ちが強くなります。

3.感情表現が豊か

感情表現が豊かなのも分かりやすい人の特徴です。

あなたの周りにいる感情表現が豊かな人を思い返してみれば、喜怒哀楽をしっかりと表現できているのではないでしょうか。

こちら側がなにか行動を起こした際に相手がそのアクションに対してどのように思っているのか瞬時に判断できますよね!

また、感情表現が豊かな人に対しては、「自分も同じように感情を出してもいいのだ」と思えるので接しやすい印象を持つこともできるんですよね。

4.正直

あなたは、周りの人たちに対して常に正直でいますか。

正直な人と関わっていると「この人は嘘をつかない」と安心してコミュニケーションをとることができます。

そのため、正直でいる人というのは周りの人たちから信頼を得やすいのです。

時に、正直でいることによって被害を被ることもありますが、周りの人に対する印象の良さはピカイチです。

分かりやすい人は、どんなことであっても自分の気持ちに正直でいるので会話も楽しめるんですよね。

また、常に正直な態度で接してくる人に対しては、自分自身もその人に対して正直になろうと思えるものです。

正直な人は、周りの人たちを巻き込んでその場をよい環境に変えていくのです。

5.性格に裏表がない

正直でいるということは、考えていることを常に”そのままの感情”で周りの人に伝えているということになります。

相手が自分のことをどう思っているのかに加え、何をするにしても正確に裏表がないことがわかるんですよね。

つまり、とてもピュアな性格であり、時にバカ正直に感じられることもあります。

では、あなたは性格に裏表があるでしょうか。

生きていく中でいやなことも感じるものですが、そこで防衛本能だけが働くようになると性格に裏表が出るようになってしまいます。

その点、分かりやすい人は何を考えているのかが周りの人に分かりやすいのですが、本人としては目の前で起こっていることに対して鈍感であることが多いです。

6.思ったことを素直に言ってくれる

思ったことを素直に伝えてくれるのも分かりやすい人の特徴といえます。

あなたは、感じていることや相手があなたに対して何かをしてくれたことに対して感じた感情をそのまま相手に伝えることができるでしょうか。

分かりやすい人はもともと”誰かに何かを伝えること”に対して何も問題に感じていないし、思っていることをそのまま伝えることが当たり前だと感じています。

そのため、思ったことを素直に言うのも当たり前ですし、相手が自分に対して思っていることをそのまま話してくれるものだと感じています。

7.相談などをしたときに自分のことかのように聞いてくれる


誰かにあなたの悩みを相談した時、常に共感して話を聞いてくれてあなたの親身になってくれる相手がいたら、悩んでいることなんてちっぽけなことに思えるのではないでしょうか。

分かりやすい人というのは、共感能力が高いことも特徴の一つです。

そのため、誰かが悩んでいるところを見たらその人を放っておくことができません。

相手にとって、その時々にどのように関わればいいのかを考え、そしてコミュニケーションをとっています。

また、分かりやすい人に悩みを聞いてもらっている側としては、常に自分のことのように話を聞いてくれるので「話を受け入れてくれている」と感じます。

そのため、分かりやすい人以外の人たちには話すことのできなかった悩みまでも話すことができるんです。

8.共感力が高い

ひとつ前の項目でもお伝えしたように、分かりやすい人は共感能力が高いのも特徴です。

そのため、悩みを聞くならば親身になって解決策を一緒になって考えてくれます。

また、元気に楽しそうにしている人を見れば、同じように一緒になってその場で楽しむことができるのです。

共感能力が高いということは、心が純粋であり、常に誰かの視点に立って考えることのできる柔軟力も持ち合わせていることも意味しています。

また、相手の立場になって考え、その人にとって”今すべきこと”や”今やるべきこと”がよくわかるんですよね。

自分よりも周りにいる人たちを大切にするところもあります。

9.相手を否定することが少ない

分かりやすい人は、誰かの視点に立って考えることができます。

そのため、どのようなポイントで相手を褒めれば喜んでくれるのか分かります。

また、相手に対してアドバイスするようなことがあったとしても、そのアドバイスをしたことによって相手はどのように感じるのかを考えられるのです。

「今はコレを伝えるべきだけど、それをあの人に今伝えてしまったらあまりよく思わないし、もう少し落ち着いてから伝えよう」と考えられるのです。

分かりやすい人というと周りの人のことを考えていないように思えますが、本当に分かりやすい人というのは周りにいる人たちの気持ちを考えるのも上手なのです。

10.喧嘩が長引かない

喧嘩が長引いてしまうと、気が滅入ってしまいますよね。

そのような経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

分かりやすい人が喧嘩の相手になると、そうではない人に比べると喧嘩が長引くようなことはありません。

なぜかというと、分かりやすい人は反省しているのか、あなたに対して喧嘩をした理由として何を考えているのかが他の人よりもとらえやすいからなんです。

相手がいつまでも怒っているように感じるとこちらまで戦闘態勢に入り、「どうすればいいのか」が分からなくなり、怒りの体制に入ってしまうのではないでしょうか。

相手の気持ちが透明化していれば、対応する方法も決めやすいので喧嘩が長引かずに済みます。

11.褒め上手

分かりやすい人は、周りの人を褒めるのがとても上手です。

その理由として、これまでに何度もお伝えしているように相手の立場になって考えることができるという点をあげることができます。

褒め上手になるということは、相手の良いところを見つけるのが上手になるということです。

相手のことをもともと見下すようなことがない、それも相手のことをどこかで敬っている態度を持っている場合にのみそのような態度をすることができません。

つまり、分かりやすい人というのは、常に相手の立場に立って考えることもできるし、さらに周りにいるほぼ全ての人を敵とみなさず信頼しているということになります。

12.愚痴をあまり言わない

あなたは、何か嫌なことが起こったときに愚痴を言ってしまいますか。

それとも自分の中でそのいやなことを消化できるでしょうか。

分かりやすい人というのは、いやなことが起こってしまったときにはそれらを自分の中で消化することができます。

それに、もともと周りの人たちに対して愚痴を言うようないやなことを感じることもありません。

なぜならば、相手の立場に立って考えることができるので、相手は今どのような心境におかれているのかやその際にどのように対応すればいいのかまでも悟ることができるからなんですよね。

また、愚痴を言ってくる人にはあまり良い印象を持たないものですが、その逆で愚痴をあまり言わない人には好感を持つ方が多いものです。

そのため、分かりやすい人は人気者になりやすいといえます。

13.自分勝手に行動することが少ない

自分勝手に行動することについてあなたはどのように感じますか。

自分勝手に行動してばかりいると、時には周りの環境の秩序を乱すことになります。

そのため、一般的には自分勝手に行動し、周りの人たちの行動を邪魔することがないのです。

その理由としては、やはり分かりやすい人たちは周りの人たちの立場に立って考えることができるからなんですよね。

そのため、「今どのように行動すべきなのか」「どうすればみんなが幸せになれるのか」を考えて行動できています。

その理由から、分かりやすい人は滅多に自分勝手に行動することはないのです。

しかし、時に「絶対に譲れないもの」ができると自分勝手に行動することもあります。