CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

分かりやすい人の15個の魅力と恋愛での15個の特徴


分かりやすい人は、その時々にどのようなことを考えているのか一目で分かる傾向があります。

それは、周りの人からすると相手の求めているものが提供しやすかったり、相手の悪だくみをキャッチできるヒントになりえます。

逆に分かりにくい人が目の前にいると、相手に対してどのように接していけばいいのか分からないと思います。

この記事では、分かりやすい人の魅力と恋愛での特徴についてご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

分かりやすい人ってどんな人?

あなたにとって「分かりやすい人」とは、どのような特徴を持っている人でしょうか。

冒頭文でもお伝えしたようにリアルタイムで何を考えているのかが分かりやすいとか、気持ちをしっかりと伝えてくれるので一緒にいて安心できるし信頼できると感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし、分かりやすい人と一概に言っても良い印象と悪い印象を受ける場合があります。

相手が良いことを考えていたり、悪いことをたくらんでいないと分かる場合には誰しも良い印象を持てるのではないでしょうか。

逆に悪いことをたくらんでいることが分かってしまうとか、相手が常に怒りや悲しみの感情を持っていることが分かってしまうと、そっとしておくことはできるものの、相手に対してどのような態度をとっていけばいいのか分からないですよね。

好きな人や大切な人がわかりやすい人であれば、一緒にいても何も疑うことなく安心して相手を信頼できますよね。

でも、好きな人が何を考えているのが分からない…いわゆる”分かりにくい人”であり、”何を考えているのか分からない人”だと困ってしまいますよね。

人は、コミュニケーションを取るうえでアクションを起こす際に「相手が今現在どのようなことを考えているのか」「相手に対してどのような態度をとれば、相手に対して悪い印象を持たせないのか」「相手にとって良いものを伝えるのはどうすればいいのか」を考えるものです。

あなたも、誰かに対して何かアクションを起こす際にはそのようなポイントを考えているのでありませんか。

そのような点からみても、分かりやすい人というのはアクションを起こしやすいというメリットがあります。

分かりやすい人の15個の魅力

分かりやすい人に対して良い印象を持つ人が多い傾向にあります。

ここでは、分かりやすい人にはどのような魅力があるのかご紹介します。

1.親しみやすい

分かりやすい人は、リアルタイムで何を考えているのかが分かりやすい傾向があります。

そのため、一緒にいる人からすると「親しみやすい」と思われることが多いです。

1度でも「親しみにくいな」「なんだか話しにくいな」「呼吸が合わない気がする」などのように第一印象を受けた相手に対しては、その後も仲よくすることは難しいのではないでしょうか。

相手が何を考えているのか分からないうえに、分かろうとしても相手が意思表示をしてくれない場合は親しみを持ちたくでもできません。

反対に分かりやすい人は、自分に対してもどのような気持ちを持っているのかが分かりやすいので、気持ちに裏表がないことがわかります。

そのため、一緒にいても苦痛に感じることがありません。

2.一緒にいて楽しい


分かりやすい人は、一緒にいて楽しいと思われます。

なぜならば、相手も本気でその場(あなたと一緒にいる時空間)を楽しんでくれているのが分かるからです。

相手に聞かなくても、相手と一緒にその場を楽しんでいることが相手から伝わってくるんですよね。

そのため、「何をしても楽しい」「この人とであれば○○をしても楽しいだろうな」と感じることができます。

逆に何を考えているのか分からない人というのは、その時に行っていることに対して相手がどのような気持ちを持っているのかもわからないため、楽しむどころか「こんなことをしていて大丈夫なのかな」と不安な気持ちが強くなります。

3.感情表現が豊か

感情表現が豊かなのも分かりやすい人の特徴です。

あなたの周りにいる感情表現が豊かな人を思い返してみれば、喜怒哀楽をしっかりと表現できているのではないでしょうか。

こちら側がなにか行動を起こした際に相手がそのアクションに対してどのように思っているのか瞬時に判断できますよね!

また、感情表現が豊かな人に対しては、「自分も同じように感情を出してもいいのだ」と思えるので接しやすい印象を持つこともできるんですよね。

4.正直

あなたは、周りの人たちに対して常に正直でいますか。

正直な人と関わっていると「この人は嘘をつかない」と安心してコミュニケーションをとることができます。

そのため、正直でいる人というのは周りの人たちから信頼を得やすいのです。

時に、正直でいることによって被害を被ることもありますが、周りの人に対する印象の良さはピカイチです。

分かりやすい人は、どんなことであっても自分の気持ちに正直でいるので会話も楽しめるんですよね。

また、常に正直な態度で接してくる人に対しては、自分自身もその人に対して正直になろうと思えるものです。

正直な人は、周りの人たちを巻き込んでその場をよい環境に変えていくのです。

5.性格に裏表がない

正直でいるということは、考えていることを常に”そのままの感情”で周りの人に伝えているということになります。

相手が自分のことをどう思っているのかに加え、何をするにしても正確に裏表がないことがわかるんですよね。

つまり、とてもピュアな性格であり、時にバカ正直に感じられることもあります。

では、あなたは性格に裏表があるでしょうか。

生きていく中でいやなことも感じるものですが、そこで防衛本能だけが働くようになると性格に裏表が出るようになってしまいます。

その点、分かりやすい人は何を考えているのかが周りの人に分かりやすいのですが、本人としては目の前で起こっていることに対して鈍感であることが多いです。

6.思ったことを素直に言ってくれる

思ったことを素直に伝えてくれるのも分かりやすい人の特徴といえます。

あなたは、感じていることや相手があなたに対して何かをしてくれたことに対して感じた感情をそのまま相手に伝えることができるでしょうか。

分かりやすい人はもともと”誰かに何かを伝えること”に対して何も問題に感じていないし、思っていることをそのまま伝えることが当たり前だと感じています。

そのため、思ったことを素直に言うのも当たり前ですし、相手が自分に対して思っていることをそのまま話してくれるものだと感じています。

7.相談などをしたときに自分のことかのように聞いてくれる


誰かにあなたの悩みを相談した時、常に共感して話を聞いてくれてあなたの親身になってくれる相手がいたら、悩んでいることなんてちっぽけなことに思えるのではないでしょうか。

分かりやすい人というのは、共感能力が高いことも特徴の一つです。

そのため、誰かが悩んでいるところを見たらその人を放っておくことができません。

相手にとって、その時々にどのように関わればいいのかを考え、そしてコミュニケーションをとっています。

また、分かりやすい人に悩みを聞いてもらっている側としては、常に自分のことのように話を聞いてくれるので「話を受け入れてくれている」と感じます。

そのため、分かりやすい人以外の人たちには話すことのできなかった悩みまでも話すことができるんです。

8.共感力が高い

ひとつ前の項目でもお伝えしたように、分かりやすい人は共感能力が高いのも特徴です。

そのため、悩みを聞くならば親身になって解決策を一緒になって考えてくれます。

また、元気に楽しそうにしている人を見れば、同じように一緒になってその場で楽しむことができるのです。

共感能力が高いということは、心が純粋であり、常に誰かの視点に立って考えることのできる柔軟力も持ち合わせていることも意味しています。

また、相手の立場になって考え、その人にとって”今すべきこと”や”今やるべきこと”がよくわかるんですよね。

自分よりも周りにいる人たちを大切にするところもあります。

9.相手を否定することが少ない

分かりやすい人は、誰かの視点に立って考えることができます。

そのため、どのようなポイントで相手を褒めれば喜んでくれるのか分かります。

また、相手に対してアドバイスするようなことがあったとしても、そのアドバイスをしたことによって相手はどのように感じるのかを考えられるのです。

「今はコレを伝えるべきだけど、それをあの人に今伝えてしまったらあまりよく思わないし、もう少し落ち着いてから伝えよう」と考えられるのです。

分かりやすい人というと周りの人のことを考えていないように思えますが、本当に分かりやすい人というのは周りにいる人たちの気持ちを考えるのも上手なのです。

10.喧嘩が長引かない

喧嘩が長引いてしまうと、気が滅入ってしまいますよね。

そのような経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

分かりやすい人が喧嘩の相手になると、そうではない人に比べると喧嘩が長引くようなことはありません。

なぜかというと、分かりやすい人は反省しているのか、あなたに対して喧嘩をした理由として何を考えているのかが他の人よりもとらえやすいからなんです。

相手がいつまでも怒っているように感じるとこちらまで戦闘態勢に入り、「どうすればいいのか」が分からなくなり、怒りの体制に入ってしまうのではないでしょうか。

相手の気持ちが透明化していれば、対応する方法も決めやすいので喧嘩が長引かずに済みます。

11.褒め上手

分かりやすい人は、周りの人を褒めるのがとても上手です。

その理由として、これまでに何度もお伝えしているように相手の立場になって考えることができるという点をあげることができます。

褒め上手になるということは、相手の良いところを見つけるのが上手になるということです。

相手のことをもともと見下すようなことがない、それも相手のことをどこかで敬っている態度を持っている場合にのみそのような態度をすることができません。

つまり、分かりやすい人というのは、常に相手の立場に立って考えることもできるし、さらに周りにいるほぼ全ての人を敵とみなさず信頼しているということになります。

12.愚痴をあまり言わない

あなたは、何か嫌なことが起こったときに愚痴を言ってしまいますか。

それとも自分の中でそのいやなことを消化できるでしょうか。

分かりやすい人というのは、いやなことが起こってしまったときにはそれらを自分の中で消化することができます。

それに、もともと周りの人たちに対して愚痴を言うようないやなことを感じることもありません。

なぜならば、相手の立場に立って考えることができるので、相手は今どのような心境におかれているのかやその際にどのように対応すればいいのかまでも悟ることができるからなんですよね。

また、愚痴を言ってくる人にはあまり良い印象を持たないものですが、その逆で愚痴をあまり言わない人には好感を持つ方が多いものです。

そのため、分かりやすい人は人気者になりやすいといえます。

13.自分勝手に行動することが少ない

自分勝手に行動することについてあなたはどのように感じますか。

自分勝手に行動してばかりいると、時には周りの環境の秩序を乱すことになります。

そのため、一般的には自分勝手に行動し、周りの人たちの行動を邪魔することがないのです。

その理由としては、やはり分かりやすい人たちは周りの人たちの立場に立って考えることができるからなんですよね。

そのため、「今どのように行動すべきなのか」「どうすればみんなが幸せになれるのか」を考えて行動できています。

その理由から、分かりやすい人は滅多に自分勝手に行動することはないのです。

しかし、時に「絶対に譲れないもの」ができると自分勝手に行動することもあります。

14.真面目

真面目であるのも分かりやすい人の特徴になります。

分かりやすい人は、自分自身が成長できることには進んでトライする傾向があります。

また、自分で決めたことはもちろんのこと、周りの人に頼まれたことであっても必ずしっかりと成し遂げてくれるんです。

そのため、周りの人からはやはり信頼されやすい性格といえるでしょう。

常に目の前にあるやるべきことや進んでやろうとしたことはきっちりこなすので、久しぶりに再会するととても成長していることがあります。

久しぶりに会った友達に「変わったね!」と言われたほうが嬉しいのではないでしょうか。

15.友達が多い

あなたは友達は多いほうでしょうか。

友達が多いとそれだけ様々な情報を得ることができるので、得することもあります。

分かりやすい人は、常に周りの人たちに共感することができ、状況によっては周りの人たちの相談にも親身に話を聞くことができますよね。

そのため、分かりやすい人は友達がとても多いのです。

分かりやすい人が恋愛するときの15個の特徴

分かりやすい人の魅力ポイントについてご紹介しました。

ここからは、分かりやすい人が恋愛するときの特徴をご紹介します。

1.恋の駆け引きができない

分かりやすい人は、さきほどお伝えしてきたように何をしても周りの人たちに何を考えているのかが見透かされてしまいます。

そのため、恋の駆け引きをすることができません。

恋の駆け引きとは、好きな人を振り向かせるために”気持ちを押したり引いたり”することです。

恋の駆け引きができると、相手が自分のことを好きになってくれるように仕向けることもできます。

そのため、相手から愛の告白をさせることもできるのです。

しかし、分かりやすい人というのはそれができません。

なぜならば、「好き」という気持ちを周りの人に伝えなくても周りの人たちには「この人はこの子のことが好きなんだな」と知られてしまうからなんですね。

2.包容力がある

分かりやすい人とお付き合いすると、その相手は安心してお付き合いすることができます。

その理由として「包容力がある」からなんですよね。

包容力があるとは、相手の考えていることを察知し相手が安心してその場にいられるようにすることをいいます。

つまり、何を考えているのかをいちいち相手に伝えなくても、相手の考えていることを考えては行動し、相手のために何かを提供することができます。

そんな相手がいたら、どんなことでも頼りにできるし、それに分かりやすい人は常に何を考えているのかがわかるので安心なんですよね。

3.一途で誠実

分かりやすい人は、一途で誠実な傾向があります。

なぜならば、自分が浮ついた気持ちになるとお付き合いしている人に対して浮気を隠すような嘘をつけないと自分自身で気づいているからです。

また、付き合っている相手がどんなに自分のことを愛してくれているのか、大切にしてくれているのかも理解しています。

それにその相手がどんなに素晴らしい人間であるか…という”人間性”についてもわかってくれているので、浮ついた気持ちになることがないんですよね。

自分のことを考え大切にしてくれる恋人なんてかなり理想ではありませんか。

4.甘え上手

もし甘えられるのが好きな場合は、「分かりやすい人」とお付き合いするとうまくいきます。

なぜならば、分かりやすい人というのは甘えるのがとても上手だからなんです。

その理由としては、やはり何を伝えなくても相手には”甘えたがっている”という気持ちを悟られてしまいやすいこと、常に誰かのために考えて行動しているので心から許している相手にだけは”好きな気持ち”から”この人だけには甘えたい”と感じていることが多いのです。

5.積極的にアピールする

分かりやすい人は、自分が考えていることはすぐに顔に出やすいことも理解しています。

また、積極的にアピールするという概念を持っていなくても、相手のことを考え「相手の恋人になりたい」と少しでも思うようになれば、自然と相手へと積極的にアピールすることができるのです。

また、アピールされた側としても分かりやすい人から分かりやすすぎるくらいのアピールをされるので、その純粋な気持ちに応えようと思えるようになります。

結果として、分かりやすい人は素敵な恋愛関係を築きやすいのです。

6.目を合わせる

分かりやすい人は、好きな人に対して好きな気持ちを伝えようと思っていなくても自然とその相手を見てしまいます。

好きな人に「好きな気持ち」を悟られないように相手と目が合いそうになると逸らす人も多いですが、分かりやすい人は相手の目を見入ってしまう傾向があります。

そのため、周りの人たちに好きな人がバレてしまいがちです。

7.頻繁に感謝の気持ちや好きな気持ちを伝える

日ごろから感謝の気持ちを伝えてくれる相手を理想の恋人として挙げる人は多いです。

その点において、分かりやすい人は好きな人に対しては常に感謝の気持ちを伝えます。

それだけではなく、好きという気持ちもしっかり伝えてくれるんです。

なかには、”釣った魚にエサはやらない主義”で、付き合い始めると愛情表現が少なくなる人もいますね。

そのタイプとはまるで真逆で付き合い始めたら、より一層愛の言葉を伝えてくれるようになるのです。

8.約束を守る

恋人として約束を守るのは、その後のお付き合いを決めていく上でも重要視しなければいけません。

約束を守ることができるのも分かりやすい人の特徴です。

分かりやすい人は、何度もお伝えしているように”相手の立場になって考えることができる”人が多いです。

そのため、約束を守らないと相手がどのように感じるのか、それによって自分自身はどのように思われてしまうのかを理解しています。

そう考えると、分かりやすい人は誰よりも一番に計算高い人ともいえますね。

9.警戒心がなくはじめから距離が近い

初対面の相手がいると、ほとんどの方は相手の反応や相手の立場などを探りながら関係を築いていきます。

しかし、分かりやすい人は誰に対しても平等に接することができるので、はじめから距離感が近いのも特徴の一つです。

10.嫌なことは嫌と言う

分かりやすい人は、何を考えているのかが周りの人に分かりやすい傾向があります。

そのため、何かを依頼されたときや何かをされたときに「嫌だな」と思う態度は、そのまま相手に伝わりやすいです。

それだけではなく、分かりやすい人はきちんと「それは嫌だ」と周りの人に伝えることができます。

嫌なことは嫌と言うことによって周りの人が傷つくことも想定していますが、分かりやすい人本人ができることもキャパシティを超えていると判断するとしっかり断ることができます。

つまり、自己管理ができているということなんですね。

11.決断力がある

決断力があるのも分かりやすい人の特徴です。

何かを決断する時、少しは悩んでしまうようなことがあっても分かりやすい人は自分で考え、自分で決断をします。

どうしてそれができるというと、これまでにもさまざまな友人や知人から相談を受け、自分が面していない問題でもあたかも自分の問題のように解決策をアドバイスしてきたからです。

そのため、自分の前に同じような問題がやってくるとすでに答えが出ているので、決断をすることができます。

12.相手の悪いところも指摘する

相手の悪いところを見ても黙ってしまう人が多いですが、分かりやすい人というのは相手の悪いと思うところは指摘できます。

そのため、時には敵を作ってしまうこともあるのですが、それでもそのことを想定していても”相手の立場や相手の今後の人生”について考えているのでやめません。

厳しくしてくれるけれどそれは自分のためであり、それ以外では愛をささやいてくれる異性ほど大切にすべきものはないのではありませんか。

13.良く見せようと見栄を張らない

人は誰しも実力以上に自分をよく見せようとしがちです。

しかし分かりやすい人は、常に等身大の自分で周りの人たちや恋人と接しているので、自分をよく見せようとすることがありません。

今の自分で勝負する…それが当たり前であるからこそ、常に成長する毎日を送ることができるんですね。

14.嘘を見抜いて指摘する

嘘をつかないのは分かりやすい人の特徴だとお伝えしました。

それに関連するのですが、分かりやすい人はたとえ相手が愛している相手だったとしても、その嘘が自分自身を傷つけることだとわかっていても指摘します。

それまた根拠のあるものを持ち出して嘘を見抜くため、相手は言い逃れできません。

つまり、分かりやすい人とお付き合いするようになったときには、決して浮気なんてものはできないんですね。

15.聞き上手

話をしているとき、聞いてくれる恋人や旦那さんはとてもありがたい存在です。

分かりやすい人もまた、聞き上手であるため恋人の話をしっかりと聞いてくれます。

あなたは過去に付き合った恋人に話をしているのに無視をされたことはありませんか?

無視はされなくても聞いているのか聞いていないのかがわからないのは、とてもつらいんですよね。

その点で分かりやすい人は、恋仲を長続きさせやすいといえます。

愛される分かりやすい人になるためにすぐに行動しよう!

今回は、分かりやすいと言われる人々の魅力および恋愛しているときの特徴についてお伝えしてきました。

あなたが”なんだか関わりやすい”と感じたり、”話すのが楽”と感じる人はよくよく考えると何を考えているのかがリアルタイムに分かりやすい人なのではないでしょうか。

つまり、分かりやすい人というのは、通常の人間関係を築くにしても、恋愛をするにしてもうまくいきやすく、信頼関係を築きやすいということなんです。

あなたも、恋愛するのであればその相手から「愛されたいし、大切にされたい」と心から願うのではないでしょうか。

相手から大切にされるためには、あなた自身が相手にとって”分かりやすい人”であるべきなのです。

また、もっと深くいえば愛して欲しい人だけに”分かりやすい人”でいればいいということになります。

あなたも分かりやすい人になって、愛される人生を送りませんか。

そのために今すぐにでも、今回ご紹介してきた内容をあなたの人生や生活の中にあてはめて行動してみてください。

願うよりもまずは行動することで、あなたの人生を変えることができます。

ページトップ