CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

「支持」とはどういう意味?多くの人から支持される人の19個の特徴


支持は信頼関係を表す“写し鏡”なので“支持”と“信頼関係”は、セットで捉えることが必要です。

人同士の間に“信頼関係”が築かれていることで、初めて“支持”が成り立つのです。

あなたが、他の人から支持されることを望むなら、周りから信頼される人間にならなければなりません。

周りの人との信頼関係は、一朝一夕で築けるものではありません。

日々の生活の中で、課せられた責任と真摯に向き合うことの積み重ねがあってこそ、信頼されるに値する人になっていくのです。

安易な損得勘定に流される生活をしているなら、“支持される”人になるのは難しいでしょう。

また一方、あなたが他の人を支持する立場にあるなら、信頼できる人かどうかを見極める観察眼を身に付けることが大切です。

的確な観察眼を身に付けるためには、日常生活の中で難しい物事に直面しても、逃げずに立ち向かう姿勢を貫くことです。

難しい場面を乗り越えることを積み重ねることで、“人を観る目”が養われてきます。

人を観る目が養われることで、相手の人が支持するに値するかどうかを的確に判断できるようになります。

安易な考えで、人を支持すると、後々大きな損失を被る可能性もあります。

あなたが、他の人を支持する立場にあって、的確な判断が出来るなら、結果として自分自身を守ることになるのです。

この記事の目次

「支持」の意味とは?

「支持」の由来は、人が重たいものを運ぶ際に、その人の身体を“支え”てあげ、重たいものを“持ち”上げる手伝いをする様子を表すコトバといえます。

つまり、“重要”な物事を解決する立場にある人をサポートすることが、支持をする意味なのです。

また、支持を受ける立場にある人は、“支持に値する人”かが問われます。

あなたが支持されることを望むなら、あなたの人間性や責任感が問われます。

日々の仕事と真正面から向き合い、乗り越えることを積み重ねることで、人間性が成長していきます。

また、難しい物事に直面しても、逃げずに真摯な姿勢を貫き解決することで、責任が果たせるのです。

目の前の物事を解決するために取り組んでも、思い通りの結果を出せるとは限りません。

思い通りの結果を出せないことがあっても、自分が責任を持ちましょう。

どのような状況であっても、絶対に他の人の責任にはしない潔さが大切です。

あなたが厳しい状況に陥っても、自己責任を貫く決意で臨むなら、周りから支持される人になっていきます。

支えること

世間の様々な立場にある人の中には、難しい状況に直面した経験を持つ人は、少なくないことでしょう。

時には、独りでは乗り越えることが難しい仕事や出来事があります。

独りで立ち向かうことが無理なときは、他の人から支えてもらうことが必要になります。

あなたが、困っている状況に陥ったとき、支えてくれる人が居るか居ないかが問われます。

あなたを支えるために快く行動できる人が居るなら、あなたは過去に人を助けた経験があり、周りから信頼されていることを表しています。

一方、あなたが困っている状況に陥っても、支えてくれる人が居なければ、あなたの今までの人生で、人を助けた経験が無いことを意味します。

人は、人生を歩む中で、他の人を支えて助けることがあります。

また時には、自分が厳しい状況に追い込まれて、他の人に支えられて乗り越えることもあります。

人生を過ごす中で人同士がお互いに支え合うことで、お互いの間に信頼関係が育まれてきます。

信頼関係が育まれることで、支持関係へと発展していきます。

持ちこたえること

世の中には、様々な難しい状況に直面しながら、努力を惜しまずに取り組んでいる人が大勢います。

難しい状況に立ち向かうとき、早期に解決できるケースは、多くありません。

早期に解決できずに、長期間にわたって難しい状況と向き合うときには、持ち堪えることが出来るかが問われます。

長期間持ち堪えることで、解決に至ります。

持ち堪えるためには、独りでは無理なケースが少なくありません。

独りで解決することが無理な状況では、他の人からの手助け、支持が必要になります。

世間の人たちは、助けたり助けられたり、「持ちつ持たれつ」を繰り返していくことで、信頼関係が築かれていくのです。

意見に賛同し後押しをすること

世の中の様々な物事を乗り越えて解決するためには、“支持する人”と“支持される人”とが手を組み、協力し合うことが必要です。

支持を望む人の意見に賛同した人が、後押しをすることで、難しい物事を解決できます。

支持を望む立場の人と支持する人との間に、お互いの考え方や価値観に共通点があることで、支持関係が生まれます。

考え方や価値観に共通点があり、支持を望む人の意見に賛同し後押しをすることで、“支持”が成り立つのです。

「支持される人」といえば?

世の中には様々な立場で、自分に課せられた責任を果たさなければなりません。

課せられた責任範囲の重要性が増していくに従い、世間に与える影響力も増していきます。

世の中に大きな影響力を持つ人の言動には、人々が注目します。

世間に名前が知れ渡った政治家や芸能人、スポーツ選手など、有名人の言動は人々の考えに大きな影響を及ぼします。

世の中に大きな影響力を持つ人は、「支持される人」の立場にあります。

政治家や芸能人などは、世間から支持されなければ、存在価値が薄れてしまいます。

「支持される人」は、常に“世間の目”に囲まれているため、安易な損得勘定に流される言動は慎まなければなりません。

「支持される人」の言動は、常に世間の人から評価される立場にあります。

このため、世間の人からの賛同を得ることが出来なければ、「支持される人」としての立場を失います。

「支持される人」になるためには、他の人から信頼を寄せられる人柄を目指すことが必要です。

他の人から信頼を寄せられるためには、冷静に物事を判断できる客観的視点を持つことです。

また、果たすべき物事が思うように進まない状況であっても、他の人に責任転嫁せずに、自己責任で取り組む姿勢を心掛けることで、“支持される人間像”になっていきます。

政治家や活動家


政治家や活動家といわれる人は、世の中を動かしたり、変えたりする重要な立場にあります。

人々の日常生活の色々な面に影響を与え、変えたり良くしたりします。

政治家や活動家の影響範囲は、人々の日常生活のあらゆる面にわたります。

政治家や活動家の言動が社会に大きな影響を及ぼすため、人々からの支持がなければ、存在価値が薄れます。

政治家や活動家が世間の人々から支持されるためには、自己中心的な考えを捨てて、人々の立場に立って物事を考える視点が必要です。

人々の視点に立って、物事を客観視できる姿勢を心掛けることで、“支持される政治家、活動家”になっていきます。

芸能人やアーティスト

芸能人やアーティストが世間から「支持される人」になっていくためには、秀でた能力を発揮しなければなりません。

芸能人にとっては、演技、得意技など、世間の人々の心を引き付ける秀でたタレント性を備えていなければなりません。

アーティストにとっては、美術の分野や音楽の分野などの芸術面で、優れた作品を世に送り出す才能を発揮できなければなりません。

人々の感性を魅了する音楽や絵画など、芸術性豊かな作品や演技に心を奪われた人たちは、“支持者”として、芸能人やアーティストを応援する存在になります。

スポーツ選手

スポーツの世界は、記録の数字が全てです。

記録を表す数字には、走るスピードや泳ぐスピード、ジャンプの高さがあります。

また、相手との試合による得点や投げる距離など様々です。

いずれも、点数やスピードを表す数字で優劣が決まります。

スポーツ選手が、世間からの支持を得るためには、オリンピックなどの世界的な大会に出場して皆が驚く記録を出すことです。

スポーツの世界は、スピードの秒数や試合結果の点数など、数字の多少によって順位付けされる厳しさがあります。

人々から支持されるスポーツ選手になるためには、皆の期待に応える記録を出さなければなりません。

スポーツ選手は、心身の限界を超えるまでの厳しい練習を繰り返し、オリンピックなどの大きな大会に出場して、世界的に優れた記録を出すことで、人々から支持される存在になっていきます。

クラスのリーダー

学校のクラスは、小さなコミュニティーと言えます。

クラスを構成する数10人または数人の中から、クラスのリーダーが決められます。

クラスのリーダー選出では、支持する生徒の多さで決まります。

クラスのリーダーになるためには、生徒の皆から信頼される存在になることが一番大切です。

信頼を得るためには、自分の考えがクラスの皆から賛同してもらえることです。

リーダーとして、クラスの皆の考えを代表する立場にあることを心掛けることが必要です。

自分の考えがクラスの皆から理解されることで、「支持される人」になっていきます。

会社の上司


会社の仕事環境を大きく左右するのが、職場における人間関係です。

職場における上司と部下など、仕事をする社員同士の間に快い人間関係が築かれていると仕事の質と効率が上がります。

会社における人間関係の中心となる“柱”は、上司と部下の関係です。

上司の人柄が部下から支持される人間性を備えていると、職場全体の人間関係が快い雰囲気になっていきます。

良い人間関係が築かれている職場では、社員同士のコミュニケーションを通して自然な意思疎通ができるため情報共有がスムーズになります。

社員間の情報共有が高まることで、仕事の質が向上し結果として、お客様が喜び、顧客満足度が向上します。

自社にとって大切な顧客の満足度が向上することで、会社の経営も上向きに発展していきます。

会社が発展するためには、部下から支持される上司の存在がキーポイントとなります。

多くの人から支持される人の19個の特徴

多くの人から支持される人になるためには、周りから信頼される人間性を育むことです。

周りから信頼される人になるためには、一朝一夕でなれるものではありません。

日々の生活で繰り返される様々な経験を積み重ねることが大切です。

職場における日々の仕事と真摯に向き合うことに応じて、人間性も成長していきます。

人間性が成長していくことで、難しい状況に直面しても、冷静に的確な判断が出来るようになります。

的確な判断ができることで、周りから“信頼される人”になっていきます。

“信頼される人”になることで、難しい物事に直面したときには、周りから“支持される人”として協力してもらえるようになります。

多くの人から支持される人には、立場は違っても共通点があります。

幾つかの共通点の中には、信頼関係や責任感、人間性が備わっていることが挙げられます。

言葉より行動で示す

多くの人から支持されるためには、“不言実行”を心掛けることです。

言葉より行動で示すことで、周りの人は納得します。

人が発するコトバには、“重み”と“軽さ”があります。

安易で軽率な人が発するコトバには、重さが無く、“軽さ”を漂わせていますので、他の人の理解を得ることは出来ません。

一方、思慮深さを持つ慎重な人が発するコトバには、他の人を納得させる“重さ”があります。

言葉よりも強力な説得力を持つのが、“行動”です。

行動する様子は、見た目でもハッキリ分かるため、良い結果を出すことで、周りの人に強い印象を与えます。

カッコいいコトバは、周りの人が不信感を招くだけです。

言葉は観ることが出来ませんが、行動の様子は観て確認できますので、大きなインパクトがあります。

ですから、言葉で説得するよりも行動で示すことで、他の人が理解し易くなり、支持を得ることが出来るようになります。

その人なりの個性がある

人に印象を与える個性を持つためには、世間一般の個性が埋没した平均的な人物像よりも、個性あふれる人物像の方が人間味を感じさせます。

人間味を感じさせる雰囲気は、周りの人に快い印象を与えます。

一方、個性が感じられない無味乾燥な人物像には、“得体の知れない”雰囲気を感じます。

職場でも、自分の人柄を自然に出すことで、周りの人からの理解が得やすくなります。

その人なりの個性があることで、周りの人から観ても人柄を理解し易くなり、支持を得ることに結びついてきます。

一方、その人なりの個性を出さないケースでは、その人の人柄を知ることが出来ないため、周りからの支持を得ることは難しいです。

周りの人を大切にする

今の時代、自己中心的な人が多い中にあって、周りの人を大切にする場面を観ることは多くありません。

周りの人を大切にする人は、自分を大切にする人でもあります。

人々の生活に気持ちの余裕が持てない社会の中で、周りの人を大切にする人間性を備えている人は少なくなっています。

自他を問わず、周りの人を大切にする人間性を持つ人は、貴重な存在と言えます。

性別や世代を問わず、いろいろな人を大切にする人生観を持つ人は、多くの経験を積み重ねてきたことを物語ります。

多くの経験を積み重ねてきた人は、いろいろな価値観を持つ人たちを認め、周りの人を大切にする心の広さを持っています。

周りの人を大切にする心の持ち主は、冷静で的確な判断力を備えていますので、多くの人から「支持される人」になります。

思いやりの気持ちがある

思いやりの気持ちがある人は、周りの人を大切にする心の持ち主です。

自分を大切にすると共に、周りの人も大切に思う人は、物事を広い視野に立って観る観察眼をもっています。

物事を広い視野に立って観ることのできる人は、自己中心的な狭い考えに陥ることはありません。

職場の中でも、自分の仕事に専念すると同時に、周りの人の仕事の進み具合にも気配りをしています。

周りで困っている状況があれば、躊躇せずにサポートします。

周りをサポートすることを心掛けている人は、思いやりの気持ちがあることを表しています。

思いやりの気持ちがあることで、周りの人から信頼されるようになります。

周りから信頼されるようになることで、自然発生的に、多くの人から支持される立場になっていきます。

明るくポジティブ思考

人の思考タイプには色々ありますが、明るくポジティブ思考の持ち主は、周りに好印象を与えます。

日々の仕事の中で、時には難しい出来事に直面することがあります。

難しい場面を乗り切るためには、ポジティブ思考で臨むことで良い結果を出せます。

ポジティブ思考は、物事を良い方向に導くために効果があります。

一方、ネガティブ思考は一見、慎重に取り組む印象を与えますが、消極的になるため良い結果を出すことは稀です。

人は、自分独りで対処することが難しい状況に直面すると、ポジティブ思考の持ち主の積極性に頼りたくなります。

決して、ネガティブ思考の人に頼ることはしません。

明るくポジティブ思考の持ち主は、周りに、“頼り甲斐がある人”という印象を与えます。

仕事の中で困った状態に陥ったときは、明るくポジティブ思考の持ち主に助けを求めたくなります。

明るくポジティブ思考の人は、周りから頼られる存在になっていきます。

周りから頼られる存在になっていくことで、「支持される人」として認められるようになります。

引き付けられる笑顔

“引き付けられる笑顔”には、人柄が表われます。

相手の人柄を知る一番の近道は、その人の笑顔を観ることで分かります。

笑顔の中心は、目の輝きです。

目の表情で笑顔が創られます。

「目は嘘をつかない」という諺どおり、目を観ることで人柄が分かります。

ですから、笑顔を観ることで、その人の人間性が分るのです。

引き付けられる笑顔の持ち主は、人を安心させる人間性を備えていることを表しています。

安心させる人間性を備えている人は、周りから頼られる存在になっていきます。

周りから頼られる存在になることで、「支持される人」になっていくのです。

人の立場で考えられる

社会の色々な職場や学校で繰り広げられる複雑な人間関係の中で、自分の立場を守ることに疲弊している人が増えています。

心が疲弊してくると、気持ちに余裕が無くなり、自己中心的な考えに終始するようになります。

自己中心的な心境に包まれると、物事を客観的な視点で考えることが難しくなります。

今の社会では、物事を第三者の視点で考えることの出来る人が少なくなっています。

世の中や職場を良い方向に変えるためには、客観的な視点で考えることの出来る人が必要なのです。

物事を第三者の視点で考えることの出来る人は、人の立場で考えられる人です。

人の立場で考えられる人は、今の時代の中では貴重な存在です。

社会や職場を良くするためには、人の立場で考えられる人が必要です。

ですから、人の立場で考えられる人は、周りから「支持される人」になっていくのです。

リーダーシップがとれる

リーダーシップがとれる人は、広い視野に立って、社会の出来事を冷静に見極める判断力を身に付けていると言えます。

物事を的確に進め、良い結果を出すためには、リーダーシップがとれる人が必要です。

組織や会社などにとって、社会の変化の流れに乗るためには、リーダーシップがとれる人材が求められています。

様々な職場にとって、世の中の変化に対応していくためには、的確な判断力をもつリーダーシップがとれる人が欠かせません。

リーダーシップがとれることが、多くの人から支持される大切な条件になります。

心に余裕がある

心に余裕がある人は、他の人への気配りも出来ます。

世の中の経済状態が厳しくなるに伴い、人は自分の生活を守るために、心の余裕を失くしていきます。

厳しい社会環境の中で、時には、自分の事を優先するために、他の人を踏み台にすることもあります。

社会や職場、学校を良くしていくためには、周りの出来事を広く見渡せる観察眼が必要になります。

日常生活の中で、社会や職場、学校が良くなることを誰もが望んでいます。

日々の生活環境を良くしていくためには、周りの出来事を広く見渡せる、心に余裕のある人が求められています。

心に余裕がある人は、社会や職場、学校を良くするために期待される存在です。

周りから期待される人は、多くの人から支持される存在になっていきます。

謙虚な姿勢である

謙虚な姿勢を心掛けている人は、自分自身と共に他の人も大切に考える人です。

一方、プライドが高い人は、自分を最優先に考えますので、謙虚さは全くありません。

プライドが高いため、自己中心的な生き方に拘り、自身のコトを最優先に考えるため、他の人を“踏み台”にしてまで、自分の欲望を通そうとします。

このため、自己中心的な人は、周りからの賛同を得ることが出来ずに孤立して、孤独感に陥ります。

しかし一方、謙虚な心の持ち主は、自分の人生は「他の人のお蔭様があってこそ」と考えていますので、周りの人を大切にする姿勢が身に付いています。

日々の生活の中で、他の人を大切にする姿勢を貫くことで、周りの人との間に信頼関係が育まれてきます。

謙虚な姿勢は、周りの人の目には“信頼できる人”として映るのです。

信頼関係が築かれることで、多くの人から支持されるようになっていきます。

落ち着いて対処する

人生経験が豊富な人は、何事にも落ち着いて対処することができます。

人は、難しい物事を乗り越える経験を積み重ねていくことで、自分に自信が持てるようになります。

自分に自信が持てるようになることで、物事に落ち着いて対処する姿勢が身に付きます。

また、様々な経験を積むことに伴い、目の前の出来事にも的確に判断できる観察眼が備わります。

物事を的確に判断できる観察眼をもつことで、落ち着いて対処できるようになります。

落ち着いて対処できることで、周りの人から“頼られる”存在になっていきます。

頼られる存在になることで、多くの人から支持される立場になります。

意見をハッキリ示す

自分に自信を持てる人は、自分の意見をハッキリ示すことができます。

閉塞感に包まれた今の日本では、自分に自信を持てない人が増え続けています。

今の日本社会は閉塞感に包まれて久しい年月が流れています。

人々は、周りの人と比べる度に、周りの人との違いが気になり、自信を失くして疲れ切っています。

閉塞感に包まれた社会では、周りの人と異なる意見を発すると、孤立した状態に追い込まれることがあります。

人は、孤立感に包まれないようにするため、自分の考えが周りの人と異なることがあっても、意見をハッキリ言うことをしません。

ですから、自分の意見をハッキリ示す人が少ない世の中になっています。

このような状況の中で、自分の意見をハッキリ言う人は、周りから注目される存在になります。

日本の常識が海外から観て時代錯誤になっているとき、自分の意見をハッキリ示すことで、人々の“目を覚まさせる”キッカケになることがあります。

世の中を良くしたい考えを抱いている人は、自分の意見をハッキリ言うことができます。

自分の意見をハッキリ示す真摯な姿は、多くの人から支持される存在になっていきます。

今の世の中は、日々の生活を良くするための意見をハッキリ示す人が待ち望まれているのです。

誠実さがある

誠実さがある人は、他の人の事であっても、真摯に考えて対応できる人です。

世の中の生活が厳しさを増すに伴い、他の人の事を考える気持ちの余裕が無くなっています。

自分自身の生活のことで、心が疲弊している人が少なくありません。

気持ちの余裕が無くなることで、誠実さが影を潜めてしまいます。

このような状況の中で、誠実さのある人は、周りからは“信頼できる人”として映ります。

信頼できる人として観られることで、周りから「支持される人」になっていきます。

異性にも同性にもモテる

他の人の事を大切に考えることの出来る心の持ち主は、異性であっても同性であっても同様に大切に考えます。

他の人の事を大切に考えて行動する人は、相手の性別や世代によって考え方を変えることをしません。

目の前の些細な事に捕らわれずに、広い心を持つ人は、他の人を大切にする考えで積極的に行動します。

他の人が良くなるために行動する姿は、多くの人から支持される存在になります。

ですから、異性にも同性にもモテるようになるのです。

見返りを求めない

見返りを求める人は、物事を損得勘定で判断する人です。

損得勘定で判断する人は、他の人を“踏み台”にしてまでも、自分が得をすることしか考えません。

ですから、他の人から支持されることはないでしょう。

一方、見返りを求めない人は、損得を抜きにして、他の人の事を大切に考える人です。

たとえ自分が損をしても、他の人にとって良い結果を出せるなら、躊躇せずに行動できる人は見返りを求めません。

今の世の中は、損得勘定で物事が進められるケースが蔓延しています。

このような状況の中で、見返りを求めない考え方ができる人は、貴重な存在と言えます。

世の中や職場を良くするためには、時には、見返りを求めない考えが必要です。

見返りを求めない考えのできる人が、多くの人から支持される世の中になっていくことが待ち望まれています。

責任感が強い

責任感は自分の事を大切にすると共に、他の人の事も大切にする人生観から生まれてくるものです。

心が広く自分の人生を大切にする人は、他の人の人生も大切に考えますので、責任感が強くなっていきます。

しかし一方、自分本位の狭い考えをもつ人の気持ちからは、責任感は生まれてきません。

「今の人生は自分独りの努力の結果」と考えている人の心には、責任感がありません。

しかし、日々の生活が、様々な人の「お蔭様で成り立っている」ことに気付いた人の心には、「他の人のために役立ちたい」という責任感が芽生えてきます。

責任感の強い人は、周りに困っている人が居れば、親身になってサポートするために行動します。

他の人のために親身になって行動できる人は、周りから信頼されて、支持される存在になっていきます。

自分に自信がある

世の中には、自分に自信が持てる人と自信が持てない人が居ます。

自分に自信が持てない人は、難しい出来事に直面すると立ち向かわずに、“逃げ道”を探すことに専念します。

難しい場面から逃げることを繰り返していると、成功体験を積むことが出来ないため、自信が身に付きません。

一方、難しい出来事に直面しても真摯に立ち向かう姿勢を貫く人には、成功体験が積み重なっていきます。

成功体験を積み重ねることで、自分の中に自信が育まれてきます。

成功体験を持つ人の中には、自分が積み重ねてきた体験を、他の人のために役立てたいと考える人もいます。

自分の経験知を他の人のために役立てる考えは、多くの人から賛同を得るようになります。

多くの人から賛同を得ることは、多くの人からの支持を得ることに繋がっていきます。

成功体験により育まれた自信を他の人のために役立てたいと考える人は、多くの人から支持されるようになります。

常識やマナーを弁えている

忙しい生活の中では、常識やマナーを弁えることは、容易ではありません。

常識やマナーは、日々の生活の中で色々な経験を積むことで身に付いていくものです。

難しい物事に直面したとき、自分にとっても、他の人にとっても最善な解決策を模索する立場に追い込まれることがあります。

積極的に、最善な解決策を模索しながら考えて行動することを繰り返す中で、常識やマナーが育まれてきます。

他の人を大切にする考えに基づき育まれた常識やマナーは、多くの人に理解されるようになります。

多くの人から理解される常識やマナーを弁えている人が、他の人のために行動を起こすとき、多くの人から支持されるようになります。

ありがとうやごめんが言える

ありがとうやごめんが言える人は、周りの人のことを大切に考えている人です。

しかし、自己中心的な人は、世の中は自分中心に回っていると考えていますので、他の人に、ありがとうやごめんを言うことはありません。

日々の生活の中で、仕事やプライベートで関わる人に、ありがとうやごめんが言えることは、周りの人の立場も大切に考えている心の表われです。

周りの人の立場を大切に考えることで、信頼関係が芽生えてきます。

お互いの間に信頼関係が育まれていく中で、ありがとうやごめんが言える人は、周りから頼られる存在になっていきます。

周りから頼られる存在は、多くの人から支持される存在になります。

あなたの周りにも支持される人はいる?

閉塞感に包まれた今の世の中にあって、人は気持ちに余裕を持てない日々を過ごしています。

気持ちに余裕が無いため、周りの人に気遣う心を持つことができません。

自分本位の考えが蔓延している今の世の中にあって、他の人を大切にする考えを持ち、「支持される」に値する人は多くないと言えます。

今の世の中の閉塞感に“縛られない”ようにするためには、「周りの人の考えに合わせる」という世間の風潮に捕らわれない自由な感性を持つことが大切です。

今の日本の職場や学校の中に蔓延している、「周りの人の考えに合わせる」という考えは、一人一人の個性を大切にしない面があります。

一人一人の個性が発揮されない世の中では、周りから支持される人は輩出されません。

人の個性を大切にする世の中に変わることで、人は自分に自信を取り戻すことができます。

自信を取り戻すことで、自分の考えをハッキリ言えるようになります。

あなたも、自分の考えをハッキリ言うことを心掛けましょう。

自分の考えをハッキリ言うことで、自分の考えの誤りを周りから指摘されて、欠点に気付くことが出来ます。

自分の誤りや欠点が改善されていくことで、人間性の成長が観られるようになります。

あなたの人間性が成長することで、周りには賛同者が増えていきます。

賛同者が表れると共に、周りの人との信頼関係も育まれてきます。

あなたの周りに「支持される人」が居なければ、あなた自身が「支持される人」になることを目指しましょう。

人から支持されるためには、賛同者の存在や信頼関係が大切です。

あなたの将来に向けた人生を考えるとき、難しい状況に陥っても、賛同者の存在や周りとの信頼関係が築かれているなら乗り越えることができます。

賛同者や信頼関係を築いている人と共に、難しい状況を乗り越えることで信頼関係が強まり、「支持される」存在になっていきます。

あなたが日々の生活の中で、支持される人間像を目指すなら、将来に向けた人生も大きくステージアップしていきます。

周りから支持される人になることを目指す中で、一日一日の生活の積み重ねの大切さに気付くことでしょう。

人生には、“一朝一夕”は通じません。

ページトップ