CoCoSiA(ココシア)

ロシア人は美人がなぜ多い?綺麗と言われる6個の理由をご紹介!

どの国であっても綺麗な人というのは多く存在するものですが、中でも ロシアは美人が多い国 として有名ですよね。

「美人が多い国ランキング」でも必ずと言って良いほど上位にランクインしており、美しい金色の髪にはっきりとした目鼻立ちというのは、「アジアンビューティー」と評されることの多い我々日本人にはないものなので、憧れる人もたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、なぜロシアにはこれほどにも美人な女性が多いのでしょうか。

ここからはロシアに美女が多い6つの理由と代表的な有名人をご紹介していきます。

大国ならではの理由もあるので、ぜひ知識としても知っておきましょう。

️ロシアに美人が多い6つの理由

ロシアの女性と聞いた時どのような特徴が思い浮かびますか?

きっと透き通るような白い肌、きれいな瞳、美しい金色の髪などを思い浮かべる人がほとんどなのではないでしょうか。

その特徴は挙げるときりがないかもしれませんが、その美しさからモデルとして活躍するロシア人女性が多いのも頷けますね。

そんなロシア人女性の美しさの秘密に迫ります。

1.紫外線が少なく肌が白い

ロシア人女性は肌が白くきめ細やかであることが多いです。

これはロシアが 緯度の高い場所に位置していること が関係しています。

北のほうに国が位置しているため太陽の影響を受けにくく、紫外線を浴びる機会も少ないということ。

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られ肌が黒く見えますが、紫外線を浴びる機会が少ないロシア人はメラニンを生成することが少ないため、その結果肌の白さに繋がっています。

小さな日本の中でも「秋田美人」という言葉があるように、北のほうに位置する秋田には肌が白く美人が多いと言われていますがこれも同じ理由です。

また暑いところに住んでいると汗をかきやすいですが、汗をたくさんかくということは汗腺が多いということになります。

しかしロシアは北国で暑さとは無縁なので、汗をかきにくく汗腺も少ない傾向にあります。

汗腺が少ないと肌のきめも整うため、より美しく見えるのでしょう。

2.青色の瞳

青い瞳を持つロシア人女性が多いですが、実はこの瞳にも 紫外線 が関係しています。

瞳の色はメラニンを多く吸収するほど黒くなりますが、紫外線を浴びることが少ないロシアの人々の瞳は色素は薄く青色になります。

その反対に、アジア人に青色の瞳が少ないのは太陽の紫外線を多く浴びるからです。

また遺伝子も関係していて、青い瞳は劣性遺伝子で作られています。

優性遺伝子の黒や茶色の瞳と掛け合わせると大抵の場合は優性遺伝子の黒または茶色の瞳になります。

青い目のロシア人同士の遺伝子は劣性遺伝子になると思われるので、ロシアの中では青い瞳が受け継がれていくのでしょう。

ちなみに瞳の色素が薄いと太陽の光に弱い側面があります。

海外の人がサングラスをかけているのは日本の日差しに瞳が耐えられないからなのでしょう。

3.綺麗な金髪

ロシア人モデルなどを見ると皆綺麗な金色の髪をしているので、黒い髪の日本人からするとついつい憧れてしまいますよね。

これまでにメラニンの話をたくさんしてきたため察している方も多いかもしれませんが、髪の色にも メラニン が関係しています。

メラニンが多いほど黒の色素が出やすいので、紫外線を浴びる機会が多いと肌・瞳に加え髪の毛も黒いことが多いです。

そのためメラニンが少ないロシア人は肌が白く瞳も青くなり、同時に髪の毛も色素の薄い金色になりやすいです。

しかし髪が生まれつき金色という人はロシアの中でも3%ほどと実は少なく、金色に染めている人もいます。

青い瞳と同じで金色の髪も劣性遺伝子なので、成長に伴って色が変わることも珍しくありません。

4.様々な血が混じっている

ロシアは非常に大きな国なので、 170もの民族が住んでいます 

これほどにたくさんの民族がいるロシアですが、多くの民族の中でも優れた遺伝子を残そうと、今のような色白・青い瞳・金髪の遺伝子を残してきたと言われています。

様々な遺伝子から優勢と思われるものを受け継いできたのだとしたら、何万年もかけて今のような美しい遺伝子ができたのかもしれません。