CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

一見わからない?実は裏で性格が悪い女の特徴や行動25個


女というのは、少なからず表と裏があるもの。表面上はうまく取り繕っていたとしても、時間が経過するとともに、本性が見えてくるのです。

今回のテーマは「裏で性格が悪い女」の特徴や行動について。こじれた女性と仲良くなると、私生活にも影響を及ぼすので、要注意!変な女に近づかないためにも、「裏で性格が悪い女」の特徴や行動を把握しておきましょう。

この記事の目次

一見わからない?いい人に見えて実は裏で性格が悪い女の特徴や行動25個

裏で性格が悪い女というのは、表面上はいい人を取り繕っています。

しかし、注意深く見ていれば、本性がどことなく見えてくるもの。

では、裏で性格が悪い女の特徴を具体的にお伝えしていきましょう。

1.できる女風を装っているのに、ガサツ

会話の節々に、「仕事ができる。」「プライベートが充実している。」とキラキラした出来る女をアピールするようなトークが入っているにも関わらず、ガサツで配慮がない人は要注意です。

できる女というのは、配慮が行き届く人で、丁寧な人がほとんど。

言葉や行動が「ガサツだな。」と感じる人は、発言と行動が伴っていません。

2.聞き上手に見えて、実は話を聞いていない

リアクションが大きくて、興味ありそうに話を聞いてくれるのにも関わらず、話したことを全く覚えていないという女は、話を聞いていません。

話を聞いていないということは、あなたの発言を軽視しているということ。

興味がある人の会話であれば、きちんと記憶しているはずです。

あなたの存在を重要視していないと言わざるを得ません。

3.女の子っぽいのに、実はタバコを吸っている

見た目が可愛らしくて、女の子らしいにも関わらず、タバコを吸っている現場を目撃してしまった。

タバコ愛好家の人が性格が悪いというわけではないですが、ギャップが激しい人というのは、何かしら問題を抱えている可能性が高いです。

4.必要以上に人をほめるのに、裏では馬鹿にしている

表では人をほめているのに、裏では馬鹿にいている女というのは、間違いなく性格が屈折しています。

褒めておけば相手のご機嫌を取れると考えている傾向が強く、そのくせ人を馬鹿にしている傾向が強いため、人の悪口を言いがちです。

5.おとなしい人だと思いきや、SNSでの発言が激しい

普段はおとなしくて、自分の意見を言わない人なのに、SNSでは厳しめのコメントが多い。

間違いなく、SNSの発言が本性なので、気を付けて付き合う必要があります。

この手のタイプは、SNSだと気が強くなるタイプで、平気で人を傷つける発言をします。

SNSであれば、本音を言っても許されると考えている勘違いタイプです。

6.男女平等といいながら、女の子扱いをしてほしがる

「男女平等」という言葉を使いがちな女というのは、本音は男女は平等だと思っていません。

男性は女性に尽くすもの。

レディーファーストであることが当たり前。

そんな一昔前の考え方を持ち合わせています。

そのため、誰よりも男性に女の子扱いをしてほしいという願望が強く、少しでもぞんざいに扱われると、機嫌が悪くなります。

7.サバサバしている風を装いながら、過去の出来事を根に持っている

「私ってサバサバしているから。」という発言をする自称サバサバ女子は、確実にサバサバしていません。

何か発言するごとに、「あの人って昔は…。」と過去の話をしがち。

過去の出来事を未だに根に持っており、ドロドロした感情が渦巻いている可能性が高いです。

8.話しやすい雰囲気を醸し出しながら、根も葉もない噂をする

コミュニケーション能力が高く、話しやすい人というのは、気を許してしまいがち。

でも、会話の節々に、人の噂や悪口が多い女には注意が必要です。

特に。

真実を確かめもせず、噂話を繰り返す人というのは、性悪な確率が高いため、仲良くなるのを避けるべき相手です。

9.外見をほめているように聞こえるけど、実はディスりが入っている

「それ可愛いねー!」と褒めているかと思いきや、「私は絶対着れない(笑)」とディスりが入った発言をする女。

褒めておけば、ディスった発言が目立たないと考えていて、本音は確実にディスった方の発言です。

言葉に騙されないように注意が必要です。

10.興味津々に人の話を聞きながら、人の粗探しをする

人の話を興味深く聞いているように見せかけて、実際は粗探しをしているというケースもあります。

矛盾点を見つけて言いふらして、自分が優位に立とうとしているケースがほとんど。

一生懸命話を聞いているのは自分が優位に立つためです。

11.理解力があるふりをしながら、自分の考えを曲げない

同調するそぶりを見せながら、自分の意思を貫き通そうとする女性もいます。

理解があるふりをして、相手を油断させ、実は自分の考えを押し通している場合があります。

「わかるわかる!」と言いながら、「でもみんなが…」とか「こっちの方が…」と、自分ではない、他のことを理由にして、考えを押し通そうとしています。

12.すぐ謝るそぶりはするものの、心の底から自分が悪いと思っていない

いつも「ごめんなさい。」を簡単に言う女は、心の底から反省していない証拠。

謝ればいいと思っている傾向が高く、「ごめんなさい。」という言葉に気持ちがのっていないことがほとんど。

誠意のかけらも感じられないことが多くあります。

13.人の話を聞いているふりをしながら、「でも」と否定をする

「うんうん。」と理解があるそぶりを見せながら、すぐに「でも」と否定し、自分の意見を押し付けてくる人は注意が必要です。

うなずいているので、同調をしてくれているのかと思いきや、気持ちは違うところにあります。

自分の考えが優先なので、意見が通ることはありません。

14.「すごーい!」と言いながら、実は自分が一番だと思っている

人を過剰に褒める人は、大概、自分が一番だと思っています。

人を持ち上げつつ、腹の底では大したことないと考えているケースがほとんど。

褒めていたにも関わらず、自分がその人以上のことを成し遂げて、自尊心を高めようとしています。

15.理解力があるふりをして、実は誰も認めていない

理解力をすぐに示す女は、実は自分以外の誰も認めていません。

自分の考えが一番優れていると思っているため、人の意見は適当に聞き流しています。

「そんな考えもあるだね。」と理解力を示していながら、裏では「考えが浅い。」等、文句を言っている。

まさに裏の顔がある女です。

16.料理ができる風なのに、ネット上で転がっているレシピ通りの調理

料理ができる自慢をしながら、実はネット上のレシピを完コピしている見栄っ張り女もいます。

もちろん、レシピをまねるということは悪いことではありません。

しかし、料理が得意と豪語しながら、よくあるレシピをまねているだけというのは、見栄っ張りと言わざるをえません。

17.自分をよく見せるための嘘をつき、話のつじつまが合わなくなっている

自分をよく見せたい女は、よく嘘をつきます。

小さな嘘から大きな嘘までつき続けるので、だんだんと会話のつじつまが合わなくなってきて、周囲から疑問を抱かれるということが良くおきます。

嘘をついてまで自分の価値を高めようとしていますが、結果、周囲を疑心暗鬼にさせ、価値が下がっています。

18.自分が犯したミスと気づきながら、しれっと他人のせいにする

自分がミスを犯したのにもか関わらず、そのミスをあたかも他人がやったかのように言いふらす女。

裏で上司にチクったり、嘘の報告をしたりして、自分のミスを他人のミスに巧妙にすり替えるので質が悪いとしか言いようがありません。

19.「ごめんね。」といいながら、感情的になって泣き始め、周囲を困惑させる

泣いて相手を困らせるという行為は、大人がすることではありません。

しかし、世の中には泣けばゆるされると考えている女がいます。

泣いて強引に許してもらう。

その後は、あの涙はなんだったのだろうかと思うくらい、ケロッとしているケースがほとんどです。

20.ほめ上手でありながら、裏では手柄を横取りしている

ほめ上手で、気分を良くさせ、人に成果を出させるのが上手な女。

それだけならよいのですが、他人が頑張った仕事を、あたかも自分が頑張ったかのように周囲に言いふらし、手柄を横取りするケースも。

自分の成果のために、他人を動かせて、おいしいところだけ、独り占めするタイプです。

21.自分を輝かせてくれる利用価値がある人としか付き合わない

仲良くするか否かは、自分をキラキラみせてくれるかどうかとしか考えていない女。

この人と付き合っていてメリットがあるか。

自分の魅力を高めてくれる人かどうかという判断で、打算的に人と付き合っているため、自分が認めない人に対しては冷たい態度を取りがちです。

22.自虐風自慢が多い

自分を下げているように見せて、よくよく聞くと自慢話をしているという女は要注意。

マウントを取っている傾向が強いです。

太ったといいながら、体重が標準より下だったり、モテて困っている等の自虐風自慢は聞いていてイラっとするだけです。

23.自分を認めてもらうためには、作り話もする

承認欲求が強い。

人から一目置かれたい。

そんな願望が強い女は、賞賛を得るために、平気で作り話をします。

自分のことではないのに、あたかも自分のことのように話したり、自分がいかに素晴らしい人間かを伝えたがります。

認めてもらえないとたちまち不機嫌になるので、要注意です。

24.他人の評価は興味ないと言いながら、人に好かれることに生きがいを感じている

「他人は他人、自分は自分」と人には言いながら、自分の評価を一番気にしているという女。

実は一番「他人からどうみられているか」を気にしているタイプ。

人に好かれるためには手段を択ばないタイプなので、要注意です。

25.「おめでとう!」と祝福しながら、実は人の幸せを素直に喜べない

「おめでとう!」と言いながら、人の幸せを妬み、心の底から喜んでいない女。

自分が幸せでないからこそ、人の幸せを受け入れられないのです。

「おめでとう。」と言いながら、表情が曇っている、祝福している気持ちが感じられないという場合は、祝福したいという気持ちがない表れです。

実は性格が悪い女と上手く付き合っていくには?

人間関係は難しいもので、「この人とは付き合いたくない。」と思っても、スパッと切ることができないもの。

そのため、どんなに嫌な人であっても、うまく付き合っていかなくてはなりません。

当たり障りのない付き合いをしていくために、心掛けることをお伝えしていきましょう。

1.適度な距離を保つ

上手く付き合うためには、距離感が大切になります。

いわゆる「知り合い」の関係性を維持し、それ以上の関係にはならないことです。

会ったら、当たり障りのない会話を笑顔でする。

しかし、壁一枚挟んだコミュニケーションをすることで、適度な距離を保ちましょう。

2.自分の弱みを見せない

性格が悪い人というのは、弱みが見えると、そこに付け込んできます。

そのため、自分の弱みを簡単に見せないこと。

悩みや不満などを話すこともNGです。

弱みを見せないためには、その人と接するときには、プラス思考でいるというマインドが大切です。

3.真に受けない

性格が悪い人の発言というのは、確実に嘘が混じっています。

自分が優位に立つためであったり、人を傷つけるために、言葉巧みなコミュニケーションをとってくるため、思わず信じてしまいがち。

しかし、絶対に真に受けないことが大切です。

4.一緒になって悪口を言わない

一緒になって悪口をいうと、「この人は仲間だ。」と認識されるため注意が必要。

また、話を合わせていただけなのに、「あの人がこんなことを言っていた。」というデマを流される可能性があります。

相手が悪口を言ってたとしても、自分は悪口を控えること。

「へぇー、そうなんだ。」くらいの軽い対応をしましょう。

5.聞き流す

性格の悪い人の発言というのは、聞き流して、相手にしないことが重要です。

真剣に話を聞いたり、きちんとした対応をすると、相手もよかれと思って、どんどん話してきます。

会話を長引かせないためには、聞き流して、軽い返答しかしないということが重要です。

質が悪い人は厄介!上手に距離感を置いて付き合おう!

質が悪い人とうまく付き合っていくには、仲良くならないことが大切です。

友達には絶対にならない。

あくまで知り合いのスタンスを貫き通すこと。

そのためには、当たり障りのない会話を身に着けたり、話を聞き流すという技を身に着ける必要があります。

誰と付き合うかというのは、人生を謳歌するうえでとても大切なことです。

性格が悪い人に時間を費やすくらいなら、自分が心を許せる大好きな人との時間を大切にすべき。

だからこそ、性格が悪い人とは、上手に距離感を置いて付き合うようにしましょう。

ページトップ