異性の好みは人それぞれ。

そんな中でも、B専…つまりブサイク専門と言われる人達がいるんですよね。

美男美女のカップルがいる一方で、美女と野獣カップルも、その逆の組合せのカップルも、実際沢山見かけます。

美女にはイケメンって決まっているわけでもないし、ブサイクはブサイク同士でって決まっているわけでもありません。

世の中いろんなカップルがいて当然!なんですけど…

傍から見るとどうしても「どうしてあの組合せになったのかな?」と疑問が沸いてくるのも確かなんですよね。

筆者は、そういう人たちはやっぱり外見よりも中身を重視しているからなんだろうなって思っているんです。

けれど、調べてみると、どうやらそんな純粋な動機だけではないみたい!?

今回は、そんなB専の人の特徴と言い分についてご紹介します♪

B専を分析しよう!

ブサイクと付き合う側は、自分の好みなんだからいいんですよね。

でもその相方になる彼氏彼女側としては、なんだかちょっと複雑な気持ちですよね。

B専の人のお相手になる人たちって、相手がB専だって知ってるのかな?どんな気持ちで付き合ったりするのかな?と、疑問に思ってしまいませんか?

もし自分の彼がB専だって知ったら…やっぱりショックかもしれません。

自分がブサイクだってことになるし、ブサイクだって思われていることになりますもんね。

もちろん自分が美人だとは思っていなくても、かといってブサイクと思われるのはちょっとショックですよね。

たとえそれが彼の好みで、「ブサイクなところがいいんだよ~♡」と言われても、喜んでいいのかどうか。

中身を重視した結果、顔はブサイクでも、他に良さを見い出してくれたということなら嬉しいですけど…。

「ブサイクだから付き合った」と言われたら、やっぱりなんかちょっと、納得いきませんよね!

では、B専の人って一体どういうつもりなんでしょうか?

B専とは?

B専とは、これまでもお話してきた通りブサイク専門の略語です。

ブサイクな男性ばかりを彼にする女性や、ブサイクな女性を好む男性が、B専と言われています。

中身重視で外見を気にしないから好きになったというわけではなく、むしろ外見がブサイクであることが条件。

中身どうこうの問題ではないので、B専の人達はブサイクしか好きにならないし、ブサイクとしか付き合わないってことになるんです。

B専になる心理とは?

そもそもブサイクって、どうやって決まるのでしょうか。

マッチョやぽっちゃりなら、その見た目や数値なんかで一定のラインが引かれると思うんです。

でもブサイクって、ある意味範囲は広いと思いませんか?

その人の見方、趣味、好みによっても、ブサイクかどうかって、意見は結構分かれる気がします。

なのでB専の人と付き合っているお相手本人は、自分がブサイクだとは思っていない可能性もあると思うんですよね。

ましてや、ブサイクだから選ばれたなんて、夢にも思っていないかもしれません。

こういったことからも、B専の人のブサイクを好む理由には、B専の人側の心理的な意味合いが強いようにも感じますよね。

つまり、“自分が優位にいられると思える相手”を選んでいるということです。

自分よりレベルの低い(と思える)相手と付き合うことで、気楽でいられるという気持ちが隠されていたりもするということなのかもしれません。

これって良く言えば、“肩ひじ張らずに等身大の自分で居られる居心地の良さ”かもしれません。

ですが結局は、自分よりレベルの低い相手といることで、自分が優位にいられて安心出来るってことになりますよね。

相手を見下しているからこそ生まれる心理だと思います。

なので、B専は自分より劣る相手ならいいということにもなります。

つまりB専でも、お相手のブサイク度合いはまちまち。

もしかしたら人を見下したい心理の強い人ほど、自分との差が大きい(と思える)ブサイクな相手を選ぶ傾向もあるのかもしれません。

ブサイクが好き?ブサイクでも好き?


ブサイクが好きというB専。

でもやっぱり中には、「ブサイクでも好き」という人も、B専に見られちゃうこともあるみたいですね。

正確には、「ブサイクでも好き」というのはB専ではないのかもしれません。

中身を見て、外見を気にしない。

好きになった人がたまたまブサイクだったとか。

たとえブサイクだったとしても、それで嫌いになることはないとか。

そういう、「ブサイクでも好き」という人達は、純粋に、人をちゃんと見る人でもあります。

でも、付き合う相手がブサイクだと、B専と見られたりもしちゃう。

傍から見ては区別がつきません。

ブサイクが好きなのか、ブサイクでも好きなのかで、その本質は真逆。

似ているようで全然違いますよね。

B専の割合はどれくらい?

近頃、男女ともにB専の人が増加しているとも言われているようですが…その割合ってどのくらいなんでしょうか?

正確な調査結果は見当たりませんでしたが、多くの人の意見では1~2割。

面食いかB専かで言ったら、やっぱり面食いな人のほうが多いのでしょう。

それでも、1~2割はB専の人がいるのは案外多い気もします。

それに、この1~2割というのは周囲の人から見た印象。

その中には「ブサイクが好き」という人と、「ブサイクでも好き」という人が含まれているでしょう。

それに、周囲からはB専とは思われていなくても“自分よりレベルの低い人を選ぶ”といういう意味でいったら、隠れB専の人こそ結構多いんじゃないかなとも思います。

B専な人の10個の特徴とは

B専な人の特徴を見てみると、ちょっと歪んだ恋愛への価値観も見えてきます。

具体的にどんな特徴があるのでしょうか。

1. 劣等感が強い


B専の人には、劣等感が強いという特徴があるようです。

つまり、自分の劣等感の強さを、優位性の保てる相手と付き合うことで紛らわしているということになりますよね。

もしくは、劣等感の強さゆえの反動なのでしょうか?

どちらにしても、結局は自分の心を満たすためだけに、ブサイクな人を相手に選んでいるということになります。

しかしB専になることで自分の劣等感を一瞬忘れることが出来たとしても、それはただ見ないようにしているだけのこと。

劣等感は自分の中に消えずに残っているはずです。

自分が優位になれる環境を無理やり作ったとしても、それは本当に自分の劣等性がなくなったことにはなりません。

そもそも、人を優劣で判断していること自体が、自分が劣等感から逃れられない原因なのかもしれませんね。

自己満足の為にB専になっているのなら、相手に対して失礼だと思います。

それに気づくことが出来なければ、その劣等感から解放されることもないでしょう。

2. 優越感を感じたい

B専な人が劣等感が強い人なら、当然優越感を感じたいからブサイクと付き合っていることになりますよね。

恋人は、優越感を満たす道具ではありませんが、自分の欲求を満たす為にブサイクを選んでいる人もいるということです。

内面こそ、誰よりも自分が劣っていると思っているから、内面で勝負する自信も無いのかもしれませんね。

3. 外見より内面を重視している

B専の人の特徴として挙げられている“外見より内面を重視している”という特徴。

内面を重視した結果、相手がブサイクな場合もあればそうでない場合もある。

それが、内面を重視している人達になります。

これは正確に言えば、B専とは言えないかもしれません。

ただ、傍から見るとB専に見えますよね。

本人は外見を気にしていないのですからB専だなんて思ってもいないはずだし、周囲からそう見られているとは思いもしないかもしれませんね。

たとえB専と言われても、「そう?」なんて気にもしないでしょう。

4. 過去に顔が良い人にフラれた苦い経験がある


過去に顔が良い人にフラれた苦い経験…こんな経験があったりするのも、B専の人の特徴のようです。

それがトラウマになっているのかもしれません。

過去にイケメンに酷い浮気をされたり騙されたことで、酷く心が傷つき、イケメンは信用できないという女性は実際にいます。

その逆に男性も同じような人がいるでしょう。

その過去の経験から、ブサイクな人は性格が良いし自分のことを騙したり裏切ったりしないと思っているのかもしれませんね。

その考えからB専へと発展していったと言えそうです。

5.ストライクゾーンが広い

B専な人は、ストライクゾーンが広いという特徴もあるかもしれません。

この場合、美人やイケメンでもブサイクでもOKというとになります。

こういう人は顔で判断しないのかもしれませんね。

どんな人でも自分が良いと思った人を好きになるのでしょう。

正確に言えば、こういう人をB専とははっきり言い難いかもしれません。

しかし周りからすると「B専だよね」と思われることも多いでしょう。

6. 簡単に相手を捕まえたい

「簡単に相手を捕まえたい」こんな気持ちがあるのも、B専の人の特徴かもしれません。

イケメンや美人なら、相手に困ることも無い分狙うにはハードルが高いですよね。

その点ブサイクなら、周りからのアプローチも少ない分、簡単に落とせるかもしれないということなのでしょう。

これは恋愛に対して少し軽い気持ちを持っている人に多いかもしれません。

B専の人がみんなこのような気持ちだとは限りません。

7. 他の人に取られる心配がないと思っている

「他の人に取られる心配がない」と思っているのも、B専の人の特徴といえそうです。

美人やイケメンは、きっと多くの人からもアプローチを受けています。

もし自分がそんな美人やイケメンと付き合えたとしても、いつ他の人に奪われてしまうかわからない不安が付きまとうのでしょう。

浮気されたり裏切られたりして傷付きたくないと思っているのかもしれません。

そのため、最初から他の人に取られる心配がないブサイクな人を選んでいる人もB専の中にはいるでしょう。

8. 支配欲が強い

支配欲が強い人は、自分に自信がなくて、自分ひとりで生きていけない、人に依存する人なのかもしれません。

そのため、恋人を自分だけのものにしたいと考えています。

自分のことだけを好きでいてほしいし、他の人には絶対に取られたくないと思っているのです。

そのため、自分にだけ惚れてくれるようなブサイクな人を選んでいるのかもしれませんね。

9. 美男美女に対して偏見を持っている

B専な人は、美男美女に対して偏見を持っていたりもするようです。

確かに、美人やイケメンは性格が悪いなんて言われることもあります。

でも、だからといってブサイクなら性格がいいとはなりませんが、そう思っている人もいるようです。

10. ナルシストが大嫌い

美人やイケメンは自分に自信を持っている人がほとんどでしょう。

自分が美人イケメンだと自覚しているのです。

それはまったく悪いことではありません。

ですが、劣等感が強い人はそんな人たちのことを嫉んでしまうのです。

そのため、そういう人たちは絶対に恋愛対象にはならず、決して出しゃばらないような謙虚なブサイクな人を選んでしまうのかもしれませんね。

B専の人達の言い分

特徴だけ見ていると、ちょっと身勝手な印象を抱くB専な人。

では実際、本人たちにはどのような言い分があるのでしょうか。

1. 浮気されたくないから

「浮気されたくないから」という、B専の人は多いのかもしれませんね。

実際には、ブサイクな人が恋人なら浮気されないという保証はありません。

ですが、イケメンや美人と付き合うよりもその確率が低いと思っているのかもしれません。

しかし、ブサイクであろうとなかろうと、浮気されたくないなら相手を尊重し、大切にすべきですよね。

浮気されたくないのは誰でも同じですし、それでブサイクな人を選んでしまっているのなら相手に失礼かもしれません。

2. 気を遣わなくて良いから疲れない

美人やイケメンを目の前にすると緊張してしまうという人は多いでしょう。

それが恋人ともなれば、いつも気を遣って自分も相手に見合う人でなければならないと思い、疲れてしまいます。

そんな考えもあり、ブサイクなら気を遣わなくて良いから疲れないと考えるB専の人もいるようです。

3. 尽くしてくれるから楽

尽くしてくれるかは相手の性格にもよります。

ですが、ブサイクな人は恋愛にも慣れておらず、自分を好きなってくれる人なんていないと感じている人もいるでしょう。

そんな時に自分のことを好きだと言ってくれて、付き合い始めた恋人がいたらどうでしょうか。

尽くしたくなりますよね。

自分のことをはじめて好きだと言ってくれた、もっと好きになってもらいたい。

そんな思いから尽くしてくれる人が多いのかもしれません。

4. B専だと自分が目立てる

B専だと自分が目立てるというのは、劣等感を感じているからこそだと思います。

自分に自信がある人なら、他の人を使って自分が目立とうとは思いません。

ですが、このような考え方のB専の人は、劣等感が強いため、ブサイクな恋人を連れて自分を際立たせたいと思っているのでしょう。

または、イケメンや美人なのにブサイクな人と付き合ってるなんて、心が優しいと思われたいのかもしれません。