CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

B専な人の10個の特徴と、B専の言い分

異性の好みは人それぞれで、B専つまりブサイク専門と言われる人達もいます。

美男美女のカップルがいる一方で、美女と野獣カップルも、その逆の組合せのカップルも、実際沢山見かけますよね。

多くの人が見た目が良い人に惹かれてしまうなか、なぜB専なのか疑問に思うこともあるのではないでしょうか?

この記事では、B専な人の10個の特徴と、B専の言い分をご紹介します。

B専には様々な思いがあるようです!

B専を分析しよう!

ブサイクと付き合う側は、自分の好みなんだからいいんですよね。

でもその相方になる彼氏彼女側としては、なんだかちょっと複雑な気持ちですよね。

B専の人のお相手になる人たちって、相手がB専だって知ってるのかな?どんな気持ちで付き合ったりするのかな?と、疑問に思ってしまいませんか?

もし自分の彼がB専だって知ったら…やっぱりショックかもしれません。

自分がブサイクだってことになるし、ブサイクだって思われていることになりますもんね。

もちろん自分が美人だとは思っていなくても、かといってブサイクと思われるのはちょっとショックですよね。

たとえそれが彼の好みで、「ブサイクなところがいいんだよ~♡」と言われても、喜んでいいのかどうか。

中身を重視した結果、顔はブサイクでも、他に良さを見い出してくれたということなら嬉しいですけど…。

「ブサイクだから付き合った」と言われたら、やっぱりなんかちょっと、納得いきませんよね!

では、B専の人って一体どういうつもりなんでしょうか?

B専とは?

B専とは、これまでもお話してきた通りブサイク専門の略語です。

ブサイクな男性ばかりを彼にする女性や、ブサイクな女性を好む男性が、B専と言われています。

中身重視で外見を気にしないから好きになったというわけではなく、むしろ外見がブサイクであることが条件。

中身どうこうの問題ではないので、B専の人達はブサイクしか好きにならないし、ブサイクとしか付き合わないってことになるんです。

B専になる心理とは?

そもそもブサイクって、どうやって決まるのでしょうか。

マッチョやぽっちゃりなら、その見た目や数値なんかで一定のラインが引かれると思うんです。

でもブサイクって、ある意味範囲は広いと思いませんか?

その人の見方、趣味、好みによっても、ブサイクかどうかって、意見は結構分かれる気がします。

なのでB専の人と付き合っているお相手本人は、自分がブサイクだとは思っていない可能性もあると思うんですよね。

ましてや、ブサイクだから選ばれたなんて、夢にも思っていないかもしれません。

こういったことからも、B専の人のブサイクを好む理由には、B専の人側の心理的な意味合いが強いようにも感じますよね。

つまり、“自分が優位にいられると思える相手”を選んでいるということです。

自分よりレベルの低い(と思える)相手と付き合うことで、気楽でいられるという気持ちが隠されていたりもするということなのかもしれません。

これって良く言えば、“肩ひじ張らずに等身大の自分で居られる居心地の良さ”かもしれません。

ですが結局は、自分よりレベルの低い相手といることで、自分が優位にいられて安心出来るってことになりますよね。

相手を見下しているからこそ生まれる心理だと思います。

なので、B専は自分より劣る相手ならいいということにもなります。

つまりB専でも、お相手のブサイク度合いはまちまち。

もしかしたら人を見下したい心理の強い人ほど、自分との差が大きい(と思える)ブサイクな相手を選ぶ傾向もあるのかもしれません。

ブサイクが好き?ブサイクでも好き?


ブサイクが好きというB専。

でもやっぱり中には、「ブサイクでも好き」という人も、B専に見られちゃうこともあるみたいですね。

正確には、「ブサイクでも好き」というのはB専ではないのかもしれません。

中身を見て、外見を気にしない。

好きになった人がたまたまブサイクだったとか。

たとえブサイクだったとしても、それで嫌いになることはないとか。

そういう、「ブサイクでも好き」という人達は、純粋に、人をちゃんと見る人でもあります。

でも、付き合う相手がブサイクだと、B専と見られたりもしちゃう。

傍から見ては区別がつきません。

ブサイクが好きなのか、ブサイクでも好きなのかで、その本質は真逆。

似ているようで全然違いますよね。

ページトップ