声が小さいことで悩んでいる方は意外と多いといいます。

あまり大きな声も考え物ですが、普段から声が小さく、会社の会議やしっかり意見を伝えたい時に声が小さいと上手く伝わらずに支障が出てしまいます。

また、声が小さいことにコンプレックスを感じると、ますます声が出なくなるという悪循環に陥る可能性もあります。

本人にとっては深刻な問題です。

そこで声が小さい人の原因を10個挙げ、原因を究明していきます。

また原因をお伝えした後には具体的な対策法もお伝えしていきます。

現在声が小さくて悩んでいる方は、一日でも早くその状態から抜け出しましょう。

仕事で役立つことはもちろん、コンプレックスから解放されるメリットもあります。

それでは声が小さい13個の原因についてお伝えします。

️声が小さい原因は?

本人が望んでいないのに声が小さかったり、必要な時に大きな声が出ないという人も多いのではないでしょうか。

病気やケガなどの明らかな原因がないにも関わらず声が小さい人の場合、周りと上手くコミュニケーションが取れずに内向的な性格になってしまうこともあります。

内向的な事自体は悪いことではないのですが、本人がコンプレックスを感じてしまうと精神的に辛い状態が続きます。

その様な状態から抜け出すために、まずは声が小さい人に共通する原因を探っていきましょう。

自分に思い当たる原因が見つかれば、対策も立てることが出来るでしょう。

それでは一つ一つ原因を見ていきましょう。

姿勢が悪い


姿勢が悪いと声の通り道を狭くしてしまうので、声が小さくなってしまう可能性があります。

例えばあごが前に突き出たような姿勢や、反対にあごを引いている姿勢はどちらも自然なあごの位置からずれています。

そのため、首の内側に圧迫感を覚えたりのど仏の辺りが詰まったような感じになるので、発声が上手く出来ずに声が小さくなってしまう可能性があります。

普段から自然な首と頭の位置を保っている人にはそのような事はありませんので、スムーズに発声が出来ます。

あごは出し過ぎず、引きすぎず、自分の感覚で一番楽で自然な位置をキープしましょう。

そうすると体内でも声帯や首周りの筋肉も適度に緩み、声が出しやすくなります。

また、無意識に口元が緊張している人も上手く口や舌の筋肉が使えないので声が小さくなる傾向にあります。

口元や舌が緊張していないか、意識的に確認して、緊張していたら緩ませてみましょう。

またウエストに合っていないきつめのズボンを履いていると、お腹が常に圧迫されるため声のボリュームが大きく出来ずに小さな声になります。

声優さんや舞台役者さんは、ハッキリとしたセリフをしゃべるために皆腹式呼吸をして発声をしています。

お腹から息を出して、その息に声を乗せると大きくて通る声になります。

声や息の通り道であるお腹から気道、声帯、そして口までムリな緊張がない姿勢にすると声の質や音量の改善につながります。

まずは無駄な緊張がないか自分の体をチェックしてみましょう。

そして意識して緊張を解いていくのです。

そして吐く息に合わせて声を出してみると、段々と大きな声が出せるようになっていきます。

まずは一人でいる時などにリラックスをして緊張を解き、吐く息に声を乗せる練習をしてみましょう。

口の開きが小さい

口の開きが小さいことも声が小さい人の特徴です。

声は口から発声するので当然といえば当然ですが、気づかないでいると、本人は口の開きが小さいと感じていないので改善しません。

口の開きが小さいと感じる方は、まずは意識して口の開きを大きくしてみましょう。

まずは日本語の母音である「あいうえお」の口の開き方を練習します。

あ、の音でしたら口を大きく縦に開きます。

い、の音は口を横に、う、の音は口をすぼめます。

え、の音はあといの中間くらいの開き方になります。

そしてお、の音はうの音より少し縦に口をすぼめます。

以上の5つの音を基本に日本語の音は形作られていますので、この5つの音の口の開き方をしっかりマスターすれば、他の音も改善されていきます。

自分の部屋などで鏡を見ながら行うと良いでしょう。

始めはちょっと大げさだと感じるくらいに口を動かした方が、顔の筋肉の運動にもなるのでしっかりとそれぞれの口の開き方をマスター出来るでしょう。

また、顔の表情筋が鍛えられるので表情も豊かになり、若く見えるようになるメリットも期待できます。

声帯が閉じていない


声帯を閉じることがよく通る声を出すポイントになります。

声帯を閉じる、とはあまり聞きなれない表現だと思います。

私たちの声帯は普段息をしているだけの時は開いています。

そして声を出そうとすると、声帯が閉じて振動して声を出すことが出来るのです。

声が小さい人も声を出す時には声帯が閉じるのですが、閉じ方が十分では無かったり、振動が十分でない場合は声が小さく聞き取りにくい声になってしまいます。

そこでしっかりと声帯を閉じて声帯を振動させることが大切になります。

声帯をしっかり閉じてよく振動させることが出来ると、地声のボリュームがアップします。

声帯を閉じた感覚は練習によって身に付けることが出来ます。

やり方は、口を大きく縦にも横にも開きます。

母音の「あ」と「え」の中間の音が出ると思います。

この時声帯はしっかり閉じられていて、よく振動した声が出るようになります。

この時に得られる感覚を意識して、段々と普段の声にもよく振動する声に変えていくと声の音量が改善されていきます。

声とは音であり、音は空気の振動ですから、いかに空気を振動させればよいかを考えていきます。

振動の感覚を覚えると、大きい声を出そうと頑張らなくてもよく通る声が出るようになってきます。

最初は一番楽な音域で出せる地声で練習を始め、慣れてきたら地声よりも高い声や低い声でもより振動する声が出せるように練習をしてみましょう。

十分な空気が出せていない

声は空気を振動させて聞く人へ伝わっていきます。

そのため、吐く息の力が弱い人は声が小さくなってしまう傾向にあるようです。

吐く息が弱いと自覚がある方は、肺活量を上げる訓練や、吐く息を強くする練習を行うと声の大きさも変わってくるでしょう。

そのためには腹式呼吸をマスターするのも良いかもしれません。

腹式呼吸は胸式呼吸よりも空気を多く取り込めるので、肺活量のアップにもなりますし、吐く息もお腹から出せるので自ずと強くなります。

もちろん空気自体は肺にいくのですが、横隔膜が深く下がるので、肺からお腹全体を使った深い呼吸になるのです。

練習の際は、まず口から息をゆっくりと吐き切ります。

ただし、力んでふり絞るように吐き切ると、肺を傷めてしまう可能性があるので少し肺に空気が残るくらいにします。

そうすると自然と息を吸いたくなると思います。

今度は鼻からゆっくりと息を吸い込みます。

その際におへその下あたりを意識して、そこをめがけて吸い込んでいきます。

そして吸い込んだ息を、「ハ~」と声を出しながら今度は口からゆっくりと吐いていきます。

その時に遠くの目標に吐いた息と声を届けるイメージを持つと、よく振動する声が出せるようになっていきます。

この練習を続けると、酸素がよく取り込めて健康にも良いですし、徐々に声量も上がって来るでしょう。

そして普段から深い呼吸を心掛けていると、吐く息の量も増え、十分な空気が出せるようになり声も大きくなってきます。

緊張している

性格的に人と接すると緊張してしまう人もいます。

その様な人は緊張で声や息の通り道である気道や、声帯のある喉、腹式呼吸で使うお腹が固くなってしまい、上手く声を出すことが出来なくなってしまっているのかもしれません。

そうなってしまうと小さい声しか出なくなってしまいます。

焦って緊張を解こうとすると、かえって逆効果になることもあります。

過度な緊張は精神的にも余裕のなさを生み出してしまうのでよくありません。

緊張をして小さい声しか出ない場合は、まずその状態は認めて受け入れることです。

人により個人差はありますが、緊張している自分を認めて受け入れると緊張は和らいでいきます。

自分自身が自分の味方になりますので、落ち着いてきます。

また、ほとんどの場合、人に対して緊張をして声が小さくなるので、人に慣れることも大切です。

ちょっと勇気をもって人と話す機会を増やしてみるといいかもしれません。

例えばコンビニやスーパーなどの店員さんに商品の説明を聞いたり、街中で人に道を尋ねたりと軽い会話を繰り返して慣れさせていきます。

例え上手くいかなくても気にせずに、トレーニングだと思ってしてみましょう。

もちろん同じ人に長時間話しかけたり、何回も話しかけることは迷惑になりますので人を変えて行いましょう。

また、人の目を見ることが苦手で緊張してしまう人は、無理をして目を見るのではなく、目の辺りをゆるく眺めるようにしましょう。

時々目が合えば十分です。

人に慣れてゆくことで、徐々に緊張が緩和されて声も大きく出せるようになっていくと思います。

【緊張をほぐす方法は、こちらの記事もチェック!】

発言に自信がない

自分の発言に自信がない場合、声もそれに伴い小さくなってしまいます。

普段は普通の声が出せるのにプレゼンや人に何かを伝える際に発言に自信がないと声も小さくなり、その自信の無さが相手に伝わってしまいます。

この様な場合は自分の発言に自信が持てる様に、自分が発言したい内容についてよく調べて自信を付けましょう。

人間は自分が好きなことやよく知っていることには自信を持って大きな声で話すことが出来ます。

まずは自分自身で納得出来るくらいに発言したいことをよく調べて自信を付けましょう。

また、過去に自分の発言で何らかのトラブルを発生させてしまった場合や、自分自身に対して自信がない場合もあります。

そんな状態の人は過去の自信を無くした出来事を思い出して、心の中で解決する必要があります。

自分一人で難しい場合は、心理カウンセラーや精神科医のカウンセリングや診察を受けてみることもよいでしょう。

相手の反応を気にしすぎ

話をする相手の反応を気にし過ぎると、声が小さくなってしまいます。

元々相手の顔色をうかがって話しているので、上手く会話のペースをつかむことが出来ずに声も小さくなってしまいます。

相手の反応を気にすることは、必ずしも悪いことではありません。

むしろ相手を気づかいながら話しが出来る素晴らしい性格です。

しかし、気にし過ぎてしまうと相手の反応に左右され過ぎてしまうので、上手く会話が進まずに声も小さくなってしまう可能性があります。

この様な場合は、会話をするにはお互いが対等な立場で話をする必要があることを自覚して話しましょう。

もちろん相手が上司や先生など目上の人の場合、その様な上下関係を保った上で話すようにしましょう。

怒られるのが怖い

話をする相手に過去に手ひどく怒られた経験がある場合、また怒られることが怖くなり声が小さくなることもあります。

さらに小さい頃に親や身近な大人に頻繁に怒られ、そのことがトラウマになっている場合、人と話をする際に無意識で相手を恐れてしまう場合もあります。

また現在進行形で上司など目上の人にいつも怒られてしまう環境にあると、会話をする前にまた怒られてしまうのか、という恐れの気持ちが表れてきて会話の際に声が小さくなってしまいます。

あまりにも会話の相手が理不尽な怒り方をする場合は、その人に問題があります。

その場合は声が小さい人の問題ではありません。

環境を変えることが解決への早道です。

トラウマが原因の場合はカウンセリングなど、心のケアをすることで声の小ささも改善される可能性があります。

その様な方はカウンセリングを受けてみることもひとつの解決の手段です。

声を出すための筋肉が弱い

声を大きく出したい人の中には、声を出すための筋肉が弱い人もいます。

声を出すために必要な筋肉は、口の周りの筋肉や、舌の筋肉、肺活量に関係する呼吸筋などがあります。

また表情を作る表情筋も豊かな声質を作る際に大切な役割があります。

呼吸に関係する横隔膜も発声に関わっています。

これらの筋肉を鍛えることで声を大きくすることが出来るでしょう。

まずは腹式呼吸を続けることで横隔膜がよく動くようになり、肺も大きく使うことが出来るようになるので、呼吸筋が鍛えられます。

そして息をお腹から吐きながら発声をして声帯を振動させると、声帯も鍛えることが出来ます。

さらに母音の「アイウエオ」5音の発声をしながら息を吐くと、口の周りや舌の筋肉も鍛えられていきます。

このトレーニングの際は母音の各口の開き方で、普通の開き方より大げさに口を開いて動かしましょう。

そうすることで口の周りの筋肉を鍛えることが出来るのです。

そして舌の筋肉を鍛えるには、舌を口から延ばして出し、上下左右に動かしたり、右回り左回りと回すことで鍛えることが出来ます。

このようにして発声に関係する筋肉を鍛えると、だんだんと大きな声が出るようになってくるでしょう。

余裕のある方は、表情を作る際に使われる表情筋を鍛えることもすると、より一層効果的です。

喜怒哀楽を自分なりに表情で表現しながら、その感情をのせ声を出すのです。

人前では流石に出来ませんが、声のボリュームを上げるにはかなり効果的です。

実際プロに声優さんや役者さんは感情に合わせて発声をする訓練をします。

なぜ声優さんや役者さんの声がよく通るのかというと、もちろん発声に必要な筋肉を日々のトレーニングで鍛えている面もあるのですが、彼らが感情をうまく表現出来るからということも関係してくるでしょう。

どなたでも嬉しくなって歓声を上げたり、つい怒ってしまい大声を出した経験があるかと思います。

感情が豊かになると、自然と声も出るようになり、声のボリュームも上がっていきます。

育ちや家庭環境

声が小さい人の生まれ育った家庭環境も大きな原因になり得ます。

家庭内で両親や兄弟の声が小さいと、その影響を受けて本人の声も小さくなることもあります。

本人はそれが普通の状態として育っているので、学校や社会で指摘されるまで気づきません。

それでも特に問題がなければよいのですが、仕事や人間関係で支障が出る場合があります。

その様な場合は本人が自覚して改善が必要になります。

また親からの虐待など不幸な家庭環境で育った人の場合、自分の身を守るために控えめな性格となり声が小さいこともあります。

育った環境は思いの他声の大きさにも影響があります。

先ほどの例とは反対に、声が大きい家族の下で育った人は、本人の声も大きくなる傾向にあるかもしれません。

声が小さい原因が思い当たらない場合、案外育ちや家庭環境が影響している可能性もあります。

️声が小さいことの対策法は?

ここまで声が小さいことの原因を10個に分けて解説してきました。

実際に当てはまる原因はありましたでしょうか?

各原因ごとに具体的な対処法もお伝えしましたが、この章では誰でも出来る簡単な対策法をお伝えしていきます。

自身に合った方法を行ってみてください。

肉体的や精神的に個人差があるので、無理はし過ぎずに空いている時間で行いましょう。

すぐに効果が出るものではないかもしれませんが、焦らずに楽しみながら行いましょう。

口を大きく開く

簡単な対策法は口を大きく開くことです。

物理的に口の開きが小さいとそれなりの声しか出せません。

まずは大きく口を開く意識をするだけで大分変ります。

その際に日本語の口の形である母音に合わせて口を開くことを心掛けましょう。

日本語の口の開きは「アイウエオ」の5音を基本に構成されているので、この5つの口の開き方さえマスター出来れば他の音も大きく出せるようになってきます。

忙しい人は朝の外出前と夜寝る前だけでも母音の口の開きをしてみましょう。

それだけでも大分違うはずです。

ハキハキ話すことを意識する

意識を少し変えるだけで声の音量も上げることが出来ます。

気持ちの上でハキハキ話す意識を持つと、実際に声質も変わってくるでしょう。

劇的に変わる人もいれば、少しづつ変わる人もいるので人により様々ですが、効果が実感できると思います。

例えばボールを遠くへ投げようとする場合、なるべく遠くへ飛ぶように腕や体の力を使いますよね?

同じ様にハキハキした声を出して話そうと、意識するとハキハキと話せるようになるのです。

もちろんボールを投げることが得意な人とそうではない人がいるように、ハキハキ話すことが苦手な人もいます。

それでも今よりは良くはなりますので、是非意識してハキハキ話そうとしてみて下さい。

表情筋のトレーニング

感情を表現する表情筋を鍛えると、声の音量を上げ、声に表情を持たせることが出来るようになります。

声に表情というと、少し不思議な表現に聞こえますが、声優さんは声だけで芝居をして、アニメのキャラクターに命を吹き込みます。

表情筋を鍛えると感情表現も豊かになってくるので、自ずと声による情報の伝え方が上手くなっていきます。

結果、声の音量も上がってくるでしょう。

具体的には喜怒哀楽のそれぞれの表情の時に使う筋肉を意識してみることです。

例えば楽しい時にはどんな表情をするのか、その表情を実際作ってみましょう。

そうすることで、その表情の筋肉を鍛えることが出来ます。

可能でしたらその表情に合った気持ちを声で表現してみます。

これは声優さんや役者さんのトレーニング法ですが、より豊かで大きな声を出すことに役立ちます。

変に力まない

力みは緊張を生み、声を小さくしてしまいます。

意識的に緊張を感じたらリラックスするようにしましょう。

特に発声に関わるお腹から胸、首から喉、舌や口の周りの筋肉を柔らかく使うようにします。

簡単なリラックスの方法として、緊張を感じた部分を少し揺さぶるようにするとほぐれていきます。

その際に深呼吸もすると一層効果的です。

自然な心地よい緊張感はパフォーマンスを上げてくれますが、変な力みはその都度ほぐしていくようにしましょう。

ボイストレーニングを習う

経済的に余裕がある方は、プロのボイストレーニングのレッスンを受けることも声を大きくすることにつながるでしょう。

客観的な支持も受けられるのでおすすめです。

歌のレッスンや、台詞を使ったレッスンなどレッスン内容もコースによって色々あります。

自分に合ったレッスンを受けることが大切です。

また、講師の先生との相性もありますので、無料の体験レッスンなどで相性の良い先生を見つけましょう。

経済的に余裕のない方は、友人や家族に聞いてもらうことも、客観的な意見を元に声を改善していくことに繋がるので、効果があるのではないでしょうか。

自信をつける

自信は声に現れます。

堂々とした自信家は声も大きくよく通ります。

自信を付けるには何でも良いので自分の得意分野を伸ばすことです。

その得意分野で認められたり、友人が出来ると段々と自信が付いてきます。

その自信が声を大きくしてくれるのです。

無理に自信を付けようとするのではなく、一端声のことは忘れて好きなことや得意分野の才能を伸ばすことに集中してみるのです。

自分に自信が付くと、声も自然と大きくなることでしょう。

人間関係のトラウマを克服する

過去に声が小さくなる原因になる出来事があり、そのことがトラウマになっていると声が小さくなる場合があります。

個人では解決が困難な場合もあるため、専門家の助けを受けることが良い場合もあります。

心理カウンセラーや精神科医の助けを借りて、トラウマを克服すると声の大きさも改善されることが期待出来ます。

こちらもボイストレーニングの先生と同様に、カウンセラーや精神科医との相性が大切になります。

相性の良い先生との共同作業でトラウマを克服すれば声だけでなく、人生そのものの好転にもつながるでしょう。

声を録音してみる

自分で話した声を録音してみることもおすすめです。

客観的に自分の声が聞けるのでどうすれば改善出来るかが分かるからです。

自分でも明らかに聞き取りにくいと自覚出来れば対策も立てやすいでしょう。

例えば、単語がよく聞き取れないと感じれば、口をハッキリ開けようと意識出来ます。

この様に改善への道筋が分かれば半分は解決した様なものです。

後は対策法を実行すれば結果が伴ってくるでしょう。

カラオケで大声で歌う

カラオケで大声で歌うことも効果的です。

恥ずかしい場合はひとりで行くことも出来ます。

もし同じような悩みを持つ友人がいたり、理解のある友人がいれば一緒に行ってもらいましょう。

ここでは技術や効果云々よりも、カラオケを大いに楽しむようにします。

元々カラオケはマイクで声が大きくなりますので、大きくなった自分の声を楽しむのです。

声を出すことの楽しさを十分に味わうことで、声を出すことの楽しさを経験として覚えるのです。

楽しみながら声の小ささを改善出来ることがこの対策法の良い所です。

他の対策法にも楽しさがあるのですが、このカラオケで大声で歌う方法は特に楽しんで出来るのでおすすめです。

️声が小さい悩みを解消しよう!

ここまで、声が小さいことの色々な原因や対策法をお伝えしてきました。

声が小さくて悩んでいる人は意外と多いと思います。

もしあなたが声が小さくて悩んでいるのであれば、今回お伝えした内容を元に原因を見つけて解決していきましょう。

また声が小さい事自体は決して欠点ではありません。

中には小さい声が魅力的だと思える人もいます。

ですのであまり自分を責めずに声を大きくする練習をしていきましょう。

その努力自体が尊いものです。

声を大きくしようと努力するあなたを、周りの人たちはきっと認めてくれるはずです。

声が大きく出る様になったらどんな嬉しいことがあるかを想像しながら、楽しんで対策法を実践してみてください。

繰り返しますが、声が小さいことは欠点ではありません。

声が大きくなると便利というだけです。

あなたの人生をもっと良くするために、声が小さい悩みを解消しましょう!