「お前は天才だ!」という言葉を聞いたことがある人はたくさんいるでしょう。

中には、そういった言葉を当たり前のようにかけられたきた人のいるかもしれませんね。

相手の能力を褒めるときに使われる定型句のような言葉が、実際にどのような人のことを指すのかは度存知でしょうか。

「天才」という、良く使われる言葉ではあるものの、実際に出会ったことがない人であろう人間について、ここでは詳しく紹介します。

天才という言葉について知ってみると、意外と自分の周りにいる人が、意外と「秀才」ではあっても「天才」ではないということを知るかもしれません。

また、変わっていると思った人が本物の天才であると言こともあるかもしれませんね。

天才とは?

 そもそも天才とはどのような人のことを言うのでしょうか。

天才という言葉を簡単に使うことはあっても、本物の「天才」がどのような人のことを言うのかは知らないということもあるかもしれません。

そもそも、天才が本当にこの世の中にいるのかどうか不思議に思っている方もいるかもしれませんね。

天才という言葉は、軽々しく使われるその状況とは異なり、実際にはあまり見ることができない人のことを言います。

ここでは、実際の天才について見てみることにしましょう。

天性の才能を持った人の事


 天才とは、天性の才能を持った人のことを言います。

天賦の才を持っているので、通常人に使われるような「ただ単に優秀なところがある人」のことを言うのではありません。

生まれたときからの才能に恵まれており、小さなころからその才能の一端を見せているというようなこともあるのではないでしょうか。

もちろん、才能にも種類がありますから、何にでも優秀であるというわけではありません。

一つの分野においてだけでも驚くほどの優秀さを見せているような様子なら、天性の才能がある「天才」だと思ってよいのではないでしょうか。

努力ではカバーできないほどの才能の持ち主

 「天才」は一般的に言われる「1%のひらめきと99%の努力」出で来ているわけではありません。

もちろん、天才が努力をすることによって、さらにその能力を高めることはできるでしょう。

天才の主観からすると、自分の努力こそが能力を高めて大成に至ったということになるかもしれません。

ですが、これはあくまで天才の主観的な感想であって、一般的に見たときには全く異なる答えが出てくるのです。

天才の能力は、一般人が努力で補うことができるものではありません。

一般人の努力では補うことができないほどの才能を持っているのが天才なのです。

つまり、天才と一般人ではスタートラインが違い、天才のスタートラインには、どう頑張っても普通の人がたどり着くことができないのです。

努力ではどうすることもできないような才能を持っている人は実際にはあまりいませんので、それと照らし合わせると、天才と呼ばれる人がどれだけ少ない人であるのかということが大体想像できるでしょう。

天才と秀才の違いは?


 天才と同時に良く使われることがある言葉が「秀才」です。

秀才という言葉との違いはどこにあるのでしょうか。

 基本的に、上述の通り、天才とは天賦の才を持った人のことを言います。

それに対して秀才は天賦の才を持っているわけではありません。

もちろん、普通の人よりも優れたところがあることは確かでしょう。

優れた一面を持っているために、一般的な人に比べると色々な面で「できる」ことが多いはずです。

ですが、天才級の人が何事も自ら生まれ持った才能で処理することができるのに比べて、秀才はもっと人間的な方法での能力の高め方をします。

それはやはり努力でしょう。

秀才の人は人より優れたところがありながらも、人より優れたところを支えているのは努力なのです。

基盤がなければ努力をしても意味がありませんが、秀才の人は努力をしなければ、人から優秀であると認められることはありません。

天才型の人とはそこに違いがありますね。

天才型の人は努力に頼らないという一面があります。

秀才型の人間が何も優れた素質を持っていないというわけではありませんが、優れた能力を裏打ちする努力が必ず陰にあるのです。

秀才型の人を「天才」だと褒めることで、その人の努力を見逃してしまうかもしれません。

天才という言葉は軽々しく使われる言葉ではありますが、そう簡単に自分の目の前に現れる人のことではありません。

自分の目の前にいる人間が天才であるのか、それとも見えないところで努力を繰り返す秀才であるのか、それによってはその人にかけるべきほめ言葉の種類も異なってくるでしょう。

決して違いを見逃すことがないように、しっかりと見極めたいところですね。

天才と凡人の差は

 天才と呼ばれる人がいる一方で、凡才と呼ばれてしまう人もいます。

凡才と呼ばれるのは、主に一般的な人々のことです。

凡才というとネガティブなイメージを持ってしまう方もいるかもしれませんが、凡才というのは字のごとく平凡な人であるという意味であり、そこにネガティブな意味は含まれていません。

秀才や天才、異才ではない人のこととも言えるでしょう。

普通に生きており、特に人に誇ることができるような才能を持っていない、また努力で秀才と呼ばれるようなところを持っていないという方は「凡才=平凡な一般人」に当たるのではないでしょうか。

この凡才と天才の違いは主にどのようなところに当たるのか、才能という面以外からも見てみることにしましょう。

自分の未来像が見えているかそうでないか

 天才と凡人の違いは、自分の未来像がしっかり見えているかどうかというところにもあるようです。

天才はしっかりと自分の未来を見ることができます。

自分の才能を持っているがゆえに、自分の運命と言ったものに想いを馳せることも多いでしょう。

一方で、凡才の場合にはその日一日を生きることに必死になっており、そう遠い未来のことを具体的に思い浮かべることができないという特徴があります。

才能を持っている人が必ずしも賢いというわけではありませんが、自分が天賦の才を持っているという事実には気づいているケースが多いのが天才です。

その才能ゆえに未来像が見えてしまうということもあるのでしょう。

自分を持っているかそうでないか

 天才の人間はしっかり自分のことを持っていることが多いようです。

特に、自分の才能に逆らわずに生きることを決めた人はそうでしょう。

人とは異なる優秀な才能を持っているからこそ、自分の生き方が限定されてしまうということもあるのかもしれません。

その意味では、凡才は”自分”というものを持っていなくても、それなりに生きていくことができます。

それには良い面も悪い面もありますが、確固たる自分を持たずに「自分探し」をする人が多いのは、凡才の特徴かもしれませんね。

独創的であるかそうでないか

 天才には独創性が高いことが多いようです。

特に、クリエイティブな面での才能を持って生まれた天才には、この特徴が大きく表れるようですね。

しっかりとした発想力があるために、他の人では思いもよらないような独創的なアイデアを出すことができるのが天才なのです。

また、この独創的な面は努力で補うことができないところですから、秀才型の人間が追いつけない部分でもありますし、まして凡才にはまねできるものではありません。

天才と凡才を分ける境目には多くの特徴が見られますが、その中でも独創性を持っているかどうかというのは、大きく目立つ違いだと言えるのではないでしょうか。

天才と言われる人が歩む人生はどういうものなのか?

 天才と言われるタイプの人がそう多くいるわけではないことはご説明しました。

それでは、天才タイプの人はいったいどのような人生を歩むのでしょうか。

天才と呼ばれ、人にはない素晴らしい能力を持っているからこそ、その生き方は一般的には理解できないものであるかもしれません。

天才と呼ばれるほどに素晴らしい能力を有しているからと言って、必ずしも素晴らしい人生を送れるというわけではないのです。

天才であるからこそ、普通の人の人生とは異なる苦難もあるかもしれません。

また、逆に、天才であるからこそ楽しみを感じることができる部分もあるのかもしれません。

なかなか一般の人は体験することができないような「天才の人生」の一部をご紹介します。

孤独を経験する

 天才の人生の中では、なかなか人から理解されないという孤独を経験することが多いようです。

自分の持っている才能が人を敬遠させてしまったり、理解者が得られないことで人との壁を作ってしまうことが孤独の原因となります。

また、才能を持っているがゆえに、同じ立場に立ってくれる人がいないという絶望感が、自らの孤独を作り出すことにもなってしまいます。

人から羨まれるような才能を持っているということは、人との違いがあからさまに分かってしまうということでもあります。

それは、才能を持たない人間にとっては羨ましいことかもしれませんが、才能を持っている天才からすると孤独を作り出す原因にしかなりえないこともあるでしょう。

天才の中には、才能こそが自らの寂しさを作り出しているものだと思って、自分の才能を恨んでいるというようなことも珍しくないようですね。

人の妬みから疎外感

 天才は、人から羨まれるような才能を持っています。

本人がそれを喜んでいるかどうか、また、その才能によって良いことばかりであるかどうかという現実的な問題はあまり考えられることはなく、人はその良い面しか見ようとしません。

そのため、天才的な才能を見て、妬みの感情を持つ人もいます。

嫉妬はその人への壁を作り出します。

また、一緒にいると凡才の自分をじかくさせられるようで嫌だと敬遠されてしまうこともあるでしょう。

天才的な才能を持っていると言うだけで、人から避けられて疎外感を味わってしまうこともあるのが天才なのです。

必ずしも人からチヤホヤされて良い思いをできるというわけではありません。

自分の考えを理解してくれる人がいない

 天才は、天才であるがゆえに自分を理解してくれる人がいないというのが大きな特徴です。

それは、人と違う才能を持っているために、当たり前であるともいるかもしれません。

自分の考えを全員が理解してくれるのなら、それは誰もが持っている才能、アイデアなので、天才ということはできないでしょう。

天才であるということは、人と異なるということです。

人は自分と違うものをそう簡単に受け入れることができないものですから、天才的な人のことも簡単に受け入れられません。

それが天才の人生の中ではネガティブなポイントとなってしまうこともあります。

噛み下して伝えようとしても伝わらない

 天才は、自分の能力を当たり前のものとして持っています。

つまり、他の一般人のレベルに降りることはできないのです。

最初から高い位置にいるので、下の段に降りることができないのです。

そのため、自分の考えをしっかりと伝えることができないという特徴もあるかもしれません。

噛み下して伝えようとしても、下のレベルの人の「分からない」を理解することができないので、理解されるように話しているつもりでも理解してもらうことができないのです。

自分の考えを分かりやすいように説明しようとしても、分かりにくい難しい説明しかできないようでは、理解してもらうことなどできるはずがありません。

それが「理解者を作ることができない」状況を作り出す一因にもなるのでしょう。

小さい頃から注目を浴びる

 天才とは天賦の才を持っている人のことです。

この才能は努力によって花開くタイプのものではないので、小さなころから目立った能力を出すことが多いでしょう。

世間は、子どもの才能を「神童」として扱うことが多くあります。

世間一般に「凄い」と言われている子どもの中には一般人も混ざっていますが、中には天才級の子どもがいることも確かでしょう。

最も、才能を生かす機会が大人になってから現れたということもあるかもしれません。

能力を活かすことができる場に触れ合うことができたのが遅かったということもあるでしょう。

そういった場合には子どもの頃はパッとしなかったこともあるかもしれませんが、対手の場合には子どものころから注目を浴びる存在であったことには間違いありません。

大人が驚くことを簡単にできる

 子どもの才能というのは、大人に比べて知れたものです。

「子どもだからこそ」凄いと言われるのであって、実際に大人では普通にできるレベルのことをしているという場合もあるでしょう。

ですが、天才の場合には、子どもの段階で見せている能力が大人のそれをはるかに超えていることがあります。

天才は凡才が努力しても追いつくことができない才能を持っている人のことを言うのですから、子どものころから大人を圧倒する能力を出していても驚くことではありません。

直感が働く

 直感が働きやすいというのも天才の特徴だと言えるかもしれませんね。

直感というのは天才的なひらめきと言われるものです。

直感にも間違ったものと正しいものがありますが、天才の直感は大抵は正しく、優れているものです。

なぜかは分からないけれどそう思った、というのが直感ですが、普通の人が50%の確率で正しいと思われる直感が、天才にとってはそれ以上の確率で正しいということがあるのです。

まるでエスパーのように思えてしまうこともあるかもしれませんね。

物事を把握することに優れている

 直感は「なぜだか分からないけれど何となく」という種類のものです。

ですが、その考えに至るまでに、意識されていないな柄にも、人は色々な考えを巡らせています。

直感を生み出すものは経験値であり、その場の状況の把握力でもあります。

自分の中の何らかのセンサーが反応することで、直感を生み出すのです。

物事をしっかりと把握していれば、そのセンサーも働きやすいでしょう。

その場の状況を理解して、それらを合理的に理解することでアイデアが「直感」として生まれるのです。

人よりもずっと冷静にその場を把握することができるのが天才の能力とも言えるかもしれません。

最も、その頭の中での働きは意識化されていないので、それが「直感」として扱われてしまいますが、天才の「直感」が外れないのが、それが完全なるヤマ勘とは異なるからだと思っておきましょう。

発想力が豊か

 天才は発想力が豊かだという特徴があります。

特に、職人的に何かを細かく行う才能を持っているのではなく、アーティストや科学者としてクリエイティブな才能を持っている人は、人よりもずっと頭が柔らかいのではないでしょうか。

それまでの経験にこだわることなく新しい発想を生み出すことができるのは、努力では補うことができない分野ですね。

努力型の人の中には、発想の転換をこまめに行うことで、そこを補っている人も多くいます。

一方で、天才型の人は「ぱっと思いついた」「コペルニクス的考え方の転換」をできるのが特徴です。

1つの考えにとらわれず色んな考え方を持っている

 天才の人は、一つの考え方にとらわれることがありません。