CoCoSiA(ココシア)

天才と言われる人が歩む人生はどういうものなのか?


 「お前は天才だ!」という言葉を聞いたことがある人はたくさんいるでしょう。

中には、そういった言葉を当たり前のようにかけられたきた人のいるかもしれませんね。

相手の能力を褒めるときに使われる定型句のような言葉が、実際にどのような人のことを指すのかは度存知でしょうか。

「天才」という、良く使われる言葉ではあるものの、実際に出会ったことがない人であろう人間について、ここでは詳しく紹介します。

天才という言葉について知ってみると、意外と自分の周りにいる人が、意外と「秀才」ではあっても「天才」ではないということを知るかもしれません。

また、変わっていると思った人が本物の天才であると言こともあるかもしれませんね。

天才とは?

 そもそも天才とはどのような人のことを言うのでしょうか。

天才という言葉を簡単に使うことはあっても、本物の「天才」がどのような人のことを言うのかは知らないということもあるかもしれません。

そもそも、天才が本当にこの世の中にいるのかどうか不思議に思っている方もいるかもしれませんね。

天才という言葉は、軽々しく使われるその状況とは異なり、実際にはあまり見ることができない人のことを言います。

ここでは、実際の天才について見てみることにしましょう。

天性の才能を持った人の事


 天才とは、天性の才能を持った人のことを言います。

天賦の才を持っているので、通常人に使われるような「ただ単に優秀なところがある人」のことを言うのではありません。

生まれたときからの才能に恵まれており、小さなころからその才能の一端を見せているというようなこともあるのではないでしょうか。

もちろん、才能にも種類がありますから、何にでも優秀であるというわけではありません。

一つの分野においてだけでも驚くほどの優秀さを見せているような様子なら、天性の才能がある「天才」だと思ってよいのではないでしょうか。

努力ではカバーできないほどの才能の持ち主

 「天才」は一般的に言われる「1%のひらめきと99%の努力」出で来ているわけではありません。

もちろん、天才が努力をすることによって、さらにその能力を高めることはできるでしょう。

天才の主観からすると、自分の努力こそが能力を高めて大成に至ったということになるかもしれません。

ですが、これはあくまで天才の主観的な感想であって、一般的に見たときには全く異なる答えが出てくるのです。

天才の能力は、一般人が努力で補うことができるものではありません。

一般人の努力では補うことができないほどの才能を持っているのが天才なのです。

つまり、天才と一般人ではスタートラインが違い、天才のスタートラインには、どう頑張っても普通の人がたどり着くことができないのです。

努力ではどうすることもできないような才能を持っている人は実際にはあまりいませんので、それと照らし合わせると、天才と呼ばれる人がどれだけ少ない人であるのかということが大体想像できるでしょう。

天才と秀才の違いは?


 天才と同時に良く使われることがある言葉が「秀才」です。

秀才という言葉との違いはどこにあるのでしょうか。

 基本的に、上述の通り、天才とは天賦の才を持った人のことを言います。

それに対して秀才は天賦の才を持っているわけではありません。

もちろん、普通の人よりも優れたところがあることは確かでしょう。

優れた一面を持っているために、一般的な人に比べると色々な面で「できる」ことが多いはずです。

ですが、天才級の人が何事も自ら生まれ持った才能で処理することができるのに比べて、秀才はもっと人間的な方法での能力の高め方をします。

それはやはり努力でしょう。

秀才の人は人より優れたところがありながらも、人より優れたところを支えているのは努力なのです。

基盤がなければ努力をしても意味がありませんが、秀才の人は努力をしなければ、人から優秀であると認められることはありません。

天才型の人とはそこに違いがありますね。

天才型の人は努力に頼らないという一面があります。

秀才型の人間が何も優れた素質を持っていないというわけではありませんが、優れた能力を裏打ちする努力が必ず陰にあるのです。

秀才型の人を「天才」だと褒めることで、その人の努力を見逃してしまうかもしれません。

天才という言葉は軽々しく使われる言葉ではありますが、そう簡単に自分の目の前に現れる人のことではありません。

自分の目の前にいる人間が天才であるのか、それとも見えないところで努力を繰り返す秀才であるのか、それによってはその人にかけるべきほめ言葉の種類も異なってくるでしょう。

決して違いを見逃すことがないように、しっかりと見極めたいところですね。

天才と凡人の差は

 天才と呼ばれる人がいる一方で、凡才と呼ばれてしまう人もいます。

凡才と呼ばれるのは、主に一般的な人々のことです。

凡才というとネガティブなイメージを持ってしまう方もいるかもしれませんが、凡才というのは字のごとく平凡な人であるという意味であり、そこにネガティブな意味は含まれていません。