CoCoSiA(ココシア)

好きな人に好きになってもらう12個の方法


あなたは今、好きな人がいますか?

その人に、もちろん自分のことを好きになってもらいたいですよね。

今回はそんな人のために、好きな人に好きになってもらうための方法を12個提案していきます。

今、あなたができることから少しずつ行動してみてはいかがでしょうか。

この記事の目次

好きな人に好きになってもらうための12個の方法

今のあなたと好きな人の間にはどれくらいの距離がありますか?

一方的にあなたが好きで、相手は自分のほう向いている気配がない…という人にもオススメな方法をご紹介していきたいと思います。

こちらの記事を読むだけでなく、今日から行動できる事はすぐにでも始めてみてください。

明日やろう明日やろうと思っていても時間ばかりが過ぎていくだけです。

まずは思い切って行動してみることが大切です。

後で後悔してしまわないよう、今日から少しずつ好きな人と距離を縮めていけるように行動してみてくださいね。

1.偶然ばったり会えるようにする

好きな人が通る時間帯や、乗る電車、同じバスなどを偶然を装い、相手と接っする努力をしてみてください。

何度も会えば顔を覚えてもらえますし、話す機会も訪れるかもしれません。

既に顔見知りの場合は、あなたに運命を感じやすくなるかもしれません。

しかしあまりにも偶然が続いてしまえば、逆に不信感を持たれてしまいますのであくまでもやり過ぎには注意が必要です。

やりすぎてストーカーと勘違いされてしまえば、完全に距離を置かれますので、あくまでも偶然ばったりと、相手が思える範囲で行うようにしてください。

2.好きな人の視界に入る機会を増やす


そして、好きな人に顔を覚えてもらうために好きな人の視界に入ることを意識してください。

さらに、その好きな人の視界に入るための機会を増やして、あなたの顔を印象づけ自分の存在をアピールするのです。

朝、通勤や通学で顔を合わせる機会があるなら一言挨拶をしてみるのもいいでしょう。

また、隣の席や目の前の席に座ったり、満員電車で立って通勤の場合は隣のつり革につかまってみるなど、とにかく好きな人に接近し、自然に相手の視界に入るようにします。

会社や学校などですれ違うだけの関係であれば、相手がよくいる場所に足を運んでみてください。

とにかく好きな人の視界に入る機会を増やして、自分の存在をアピールすることが大切です。

3.意識して目を合わせる

目は口ほどにものを言うといいます。

目と目が合うと言う事は、どちらかが必ず相手を意識しているとい言うことです。

そのため、意識して目を合わせる行為というのは、相手にもあなたを意識してもらいやすくします。

ただしここでの注意点は、目が合った時にじっと相手の目を見続けることはやめましょう。

ずっと見つめられれば怖いと感じてしまいますし、好意よりも不気味な印象が残ってしまいます。

相手と目が合ったら微笑んでみたり、恥ずかしそうに逸らすなどして、1日に何度か目を合わせるようにするといいでしょう。

4.相手のことをリサーチする

好きになってもらうためには、まず相手を知っておかなければいけません。

趣味やハマっていること、好きな食べ物、好きなタイプなど、好きな人のことをリサーチしましょう。

共通の話題ができれば話しが盛り上がりますし、距離が縮まるはずです。

それがきっかけでデートの約束を取り付けられるかもしれません。

5.こまめに連絡をとる

好きな人のLINEの連絡先を知っていますか?

もし連絡先を知らないのであれば、なにかきっかけを作って好きな人に連絡先を教えてもらいましょう。

直接「連絡先教えて」と言われるのが、男女ともに一番好印象なんだそうですよ。

また、既に連絡先を知っているのなら、好きな相手とこまめに連絡をとって距離を縮めていきます。

LINEするきっかけが難しいと思うかもしれませんが、質問や相手が興味のありそうな話題、共通の趣味の話しなら会話も続きやすいです。

なるべく長文にならないように短文でテンポよくやり取りしましょう。

6.ボディタッチをする


ボディタッチをすることで相手との距離感が縮まる効果が期待できます。

また、ボディタッチをすることでドキドキして、あなたのことを意識してくれるようになるかもしれません。

しかし、かなりこれはハードルが高い行動ですよね。

顔見知り程度の関係性の場合、いきなりボディタッチをすると軽いと思われたり、不快な気持ちにさせてしまうかもしれないので注意が必要です。